ここから本文です

投稿コメント一覧 (1845コメント)

  • 日本シリーズが面白くなってきた。
    初戦で大勝、第二戦では相手の拙守と神の手スライディング、第三戦でも得意の先制逃げ切りパターンでの三連勝。

    「しょせんセリーグ三位の弱小チーム!雨と台風のおかげで勝ち上がってきただけのラッキーボーイ!ウリナラのチョンバンクの相手では無いニダ!ホルホル・・・」
    「4連勝したら利益分配金が少ないニダね。」

    もう優勝した気になっていた。
    確かに守備・走塁、細かなプレーの精度で、チョンバンクはベイスを圧倒し、12球団一の年棒のチョンバンクが、12最下位の年棒で勝ち上がってきたベイスを見下し、そしてそのとうりの結果だった日本シリーズ序盤であった。

    しかし、第三戦・・・私はベイスの反撃が始まるかもしれない、かすかな兆候を感じていた。柴田と倉本の必死の粘り。比較的淡泊なベイス野球において、シーズン中ではまずおめにかかれないレアな現象が同一ゲームで2度も観測できたわけだ。
    そして第四戦、第五戦は、打てそうも無い完璧な内容の投手から、ベイスらしい一発で流れを引き寄せ勝った。特に第五戦は先制点を許したシーソーゲームを制し、チョンバンクの勝利パターンを崩壊に追いやった。

    冷静に考えれば、第二戦・・・倉本がキャッチボールをできていさえいればベイスが逃げ切っていた公算が大きい。第三戦も、再三のチャンスにあと一本出ていればベイスが勝っていた可能性がある。つまり、日本シリーズの雰囲気に飲まれていた「初心者」が本来の実力を発揮できなかっただけのようにも思える。そして今、この「初心者」は場の雰囲気にも慣れてきた。

    ラミレスも筒香もシリーズ前からこう言い続けている。
    「4勝すればいい。」
    「目の前の試合に勝つだけ。」
    ・・・一見普通のように見えるこの言葉だが、在日アカピーはこういう表現をしない。
    「絶対負けられない戦いがそのにはある・・・ニダ」

    ポジティブ思考とマイナー思考。実はこれには大きな差がある。分かりやすく言えば、

    「ストライクを打て!」と「ボール球に手を出すな!」・・・の違い。

    パリーグの圧倒的王者の誇りを背負っているために、未だに
    「ホークスの力を見せつけてやるニダ!」(by千賀 産経新聞)
    などと言いセリーグ代表を見下しているチョンバンクを、失うものの無い積極思考の、カープの無念さも背負った若いベイスが残り二戦、おそらく圧倒するだろう。

  • >>No. 188856

    >
    大丈夫、大丈夫
    世界最優良民族の朝鮮人なら、自国だけでなんとかなるから(笑)
    <

    ・・・だよね。

    北は死体を食い、南は糞を食えばいい。性欲?・・・近親相姦でいいだろ?63000個の人類外遺伝子を持つ亜人が大量生産されるわけだ。
    日本が併合してやる前の糞半島本来の姿に戻るだけだ。何の問題も無いどころか、ヤツらが言うところの日帝残滓を排除した糞民族の誇らしい生活・文化を取り戻せるわけだ。

    日本に密入国しようとする害虫は、外来種として駆除しなきゃな。ニュージーランドと同様島国の日本は、環境保全のために、環境を破壊する外来種には厳しい対応をしなければいけない。これも地球環境を大切にする先進国の責務だ。

  • 反キンペーのチン狂惨党員って日本に来ないのか?
    もうすぐ主席が決まるんだろ?

      「日本様のお墨付きを得られれば、シナ狂惨党のトップになれるアル!」

    チン狂惨党トップになるためには、日本がそれを認証しなければいけないんだろ?
    キンペーの場合はそうだったよね。このままなら、前回の日本の承認がそのまま引き継げられるぞ。
    キンペーがシナの統治を引き続き日本から許されるわけだが、それでもいいのか?反キンペーで粛正受けそうなシナチス要人よ!

    それとも、キンペーから国外(日本)へ行くことを禁じられているのか?

    2000年以上の歴史を持つ日本から、誕生後70しか経っていない幼児国家もどきにアドバイスしてやろう。
    この地球上で皇帝はただ一人しかいない。天皇陛下だ。
    独裁者がその国の統治をしたいのならば、唯一の皇帝である天皇陛下からのお墨付きが必要だということだ。

    シナチスはそのことが良くわかっている。だからキンペーは汚沢を動かして、無理矢理天皇陛下と合わせて欲しいと言ってきた。当然、シナチス中でそれが報道されたのだろう。

    「世界唯一の皇帝である天皇陛下にお会いできたキンペーこそ、次期シナチスを統治する資格のある唯一の政治家だ。」

    ・・・・みたいな。
    もろ、天皇陛下の政治利用ってヤツだ。

    んで?もう反キンペーのシナ狂要人は、代表になることをあきらめたのか?
    ま、今政権握っているのは安倍首相だからな。朝鮮人の汚沢とは違うから、土下座しても天皇陛下との面会なんぞできるわけがないからな。

    あと5年・・・キンペーで決まりだな!これも汚沢のせいだ。

  • 皆さん、お久しぶりです。

    アカピーや変態、自称評論家のパヨクども、辻本やミズポなどの在日反日政治屋、太鼓ドンドンの在日糞の偏差値28集団どもは、すでに日本は戦争してもいい国だという認識でいいんだよね?

    つまり、日本がシナチョンと今積極的に戦争して、ヤツらをアポーンさせても、アカピーなどのパヨクどもは一切文句を言わないってことでいいんだよね?
    戦争に反対し、日本が積極的に戦争を行うことができず、防衛しかできないと考えているのは、自民、維新、サンケイ新聞だけってことでいいんだよね?

    ・・・・え?意味が分からないですか?
    ・・・・だって、安保法案が成立したでしょ?完璧なる民主的手法によって。

    この安保法案をアカピーなどの在日カスゴミやパヨクどもは何て言ってましたか?

      「戦争法案ニダ!日本は戦争できる国になるニダ!」

    ・・・・ね?日本が積極的に戦争しても、アカピーやパヨクどもはそれには法的根拠があるというお墨付きを与えたということですよ。もっとも、サンケイや自民、維新はそれを認めていないけどね。

    逆に言えば、パヨクどもが政権を担ってしまったら、安保法案を盾に戦争やりたい放題にやる可能性もあるということです。ヤツらのことだから、チンクと戦争やってわざと負けるか、アメリカと戦争やらかす可能性すらあるってことです。

  • 終盤、怒涛の貢献をしてくれた阪神様
    2連戦で手を抜いてくれた広島様。
    この御恩は忘れません。
    この御恩を甲子園・広島で、ベイスのSweeeepという形でお返ししたいと思います。

  • 阪神の中継ぎはグレートだ!
    頼もしいぞ!最高だ!
    ・・・・ベイスより。

  • どこからどう見ても、広島様が手を抜いて下さっている。
    ありがとうごぜぇ~ますだぁ~。ありがとうごぜぇ~ますだぁ~。

    王者カープは、CSに向けて調整試合ということなのでしょう。

  • >>No. 11855

    >横1 1ー7 広 まだ6点取らんといかん。

    えええええ!
    あと4点あればなんとか勝てそうと思っている私は甘いの?

  • 下園などの功労者に引退試合をさせてやるためにも、今日CSを決めたい。

  • しかし、カープ打線は本当に凄いな。全部自前で育成してんだからなおさらだ。
    これだけ凄い打線なら、誰かがスランプになってもその代わりが出てくるから、あれだけ強力な得点力が生まれるんだろう。足もあるし・・・。
    やはりベイスとは、その強さの次元が違いそうだ!
    ・・・・と賞賛させていただいたので、今日はもうこの辺で勘弁してね。

  • まず戸柱を代えて様子見て、それでもダメなら投手交代でどうよ?

  • ウィーランドの打順、8番ってのはおかしいだろ?
    7番・・・いや、カープ戦に限っては6番、大瀬良相手なら5番もありだろ?

  • >>No. 6636

    >5失点・・・でも4打点。

    ・・・失礼!自責点は4だった。
    よって、自責分はチャラということで5回まで・・できれば6回まで投げてくれれば・・・。

  • 阪神様!ベイスは今日も危なっかしいのでよろしくお願いします。
    一緒にCSやらせて下さい。

  • 広島さん・・・ありがとう。
    ベストメンバーを組んで本気モードのそぶりをしながら、やはりそこはFAで搾取されている盟友同士・・・ベイスへの愛情をヒシヒシと感じています。昨日は、あからさまなその愛に応えれなくて申し訳ありませんでした。
    どうかあと8回・・・よろしくお願いいたしますm(_ _)m

  • ライトスタンドのベイス応援団は、試合終了ちゃんとタイガースにエール送ったんだろうな?

  • ベイスは今日の試合高度な技術が必要だった。
    例えば完封などは絶対NG。阪神様の調子を落としては絶対いけない。
    理想的には、終盤阪神様の打線を解凍させ、特にクリーンナップに当たりを復活させておくことが絶対必要だった。
    今のところ、そのシナリオどうりに進んでいる。
    ベイスが阪神様の打線、特に糸井を復活させたことにより、金満巨人投手を滅多打ちしてくれることだろう。

    このシリーズ3勝1敗1分・・・ベイスにとっても阪神様にとっても文句のつけようのない5連戦であった。

本文はここまでです このページの先頭へ