ここから本文です

投稿コメント一覧 (6コメント)

  • トランプ リスク に振り回される市場

    減税法案、ロシア ゲート懸念に左右されるアメリカの株式市場に日本の株式市場も振り回される状況が当分継続する地合いで如何に対応するか難しい局面のような気がする。

    メイコーは、個別の業績見通しから判断すると、上昇は、あっても、下落はないと思われるが今後地合いの影響で一時的に下落することも考えられる。
    現在の持ち株数を減少させたくないが、地合いの悪化のリスクがあるので、信用取引を活用することを考慮している。

    2018年度は、優先株を処理し、更に業績その他の一部上場の要件を満たし、一部上場が実現するものと推測している。
    1年後は、皆さんで「祝杯」の状況が迎えられることを願っています。

  • >>No. 506

    任天堂銘柄 アルプス

    「ニンテンドースイッチ」が会社側の想定を大きく上回る売れ行きをみせており、市場では同社の増産の行方に注目が集まっている。前週末は19年3月期にスイッチの生産ペースを引き上げるとの観測が米大手メディアなどを通じて報じられ、株価を改めて刺激する格好となっている。スイッチが投入2年目に1400万台を販売できれば、大ヒットしたゲーム機 「Wii」に匹敵する規模になることからマーケットでも期待が高まっている。

    日経平均急落の地合いで、株価に反映するかどうか?

  • 懸念していた為替予約

    円安にも拘わらず 為替差損 マイナス237百万円
    売上総利益の増益で吸収しているが、為替管理に課題が残っている。
    株主総会で追求する。
    たられば:
    為替差益なら、上期の経常利益は、31億円超だったのに。

  • >>No. 144

    通期業績予想修正

    朗報でしした。
     過去の例から上期が業績好調でも「修正無し」と推測。それにしても

    超保守的な修正と思います。
     下期の経常利益を第二四半期並みとすると、通期は、65億円以上と推測します。
     場合によては、1株当たり利益 200円超過があり得るように判断しています。

    来週以降の株価への反映を期待しています。
     各種の株式情報のコメント好調は、皆さんご存知の通りです。

    同じ 10日の決算発表 5706も会社予想及びコンセンサスを超過する業績修正予想で期待しています。

  • ココ金曜日の株価上げは何故でしょうか?

    経験的に金曜日は、上昇しているので、「アノマリーの金曜日」

    アノマリーとは:
    効率的市場仮説では説明のつかない証券価格の変則性。明確な理論や根拠があるわけではないが当たっているかもしれないとされる相場の経験則や事象である場合が多い。英語表記はAnomaly。

    強いて、理由を挙げれば、プログラム売買の影響か?

  • 経営統合するアルパイン

    無借金企業=キャッシュリッチ会社

    今期は、事業構造改善費用計上のため、赤字だが、経営統合前に、経営体質改善し、統合後は、収益向上に貢献する。

本文はここまでです このページの先頭へ