ここから本文です

投稿コメント一覧 (96コメント)

  • >>No. 177

    添付の動画を参照。

    24分位から分割の話が出てくる。東証へも説明しているとのこと。
    実際に8分割して、1口当たりが1万円ちょっととなると話題にはなりそう。

    http://www.irbroadstreaming.net/ir/3298/29_10_7/m/tablet.html#pc=true

    明日の総会に参加される方は、何か分かったらお願いします。

  • これは酷い。今日発表の業績予想をもとにすると、

    2017/9~11(3ヶ月)の業績:
    売上:6,132百万円(前年同期6,793百万円→10%減)
    営業利益:▲613百万円(前年同期▲370百万円)
    経常利益:▲285百万円(前年同期+244百万円)
    当期利益:▲768百万円(前年同期+199百万円)

    四季報予想とはえらい違い。子会社配当がなかったら悲惨な状況だった。

  • >>No. 186

    自己株式の処分は、EPS及びBPSの希薄化ですよ。

    簡単に言うと、

    EPS = 当期純利益 ÷(期中平均発行済株式数ー期中平均自己株式数)

    当期純利益が1,000、期中平均発行済株式数が100、期中平均自己株式数が20
    のケースなら、

    自己株式の処分がない場合、1,000÷(100ー20)=12.5
    自己株式の処分がある場合、1,000÷100=10

    となる。自己株式の処分の結果、EPSは下落、PERは増加となる。
    ただし、期中平均は日数割のため、自己株式処分年度と翌年度ではインパクトは違う。

    勉強したいなら、添付を参照
    https://www.asb.or.jp/jp/wp-content/uploads/touki_1.pdf
    https://www.nomura.co.jp/terms/japan/ta/A02767.html

    なお、株価低迷は、四季報の情報にもよると思う。

  • 業績に関して言えば、2017/10期実績、2018/4期予想とも特段のサプライズはなかった。

    ただ、決算説明資料を読むと、「まだまだREIT価格上げていきまっせ」、という強い意思を感じる(個人的感想)。

    その意思が感じられる部分:
    ①内外機関投資家の保有比率:2016/10Eで58%→2017/10Eで71%と13%も増加させているが、一方でJ-REITの平均よりも低いことを記載しており(平均は81%)、「これからも頑張るぞ」という意思が読み取れる。

    ②アナリストのレーティング:2件のみだけど、123千円(野村)と145千円(SMBC)
     現時点のREIT価格は割安だという意思表示か?

    ③投資口の分割:実施時期の記載はないけど、8分割を考えている模様
     投資主の裾野拡大を図るとのこと。本当にやるのか分からないけど、分割IRが出ると株価急騰するケースあり(以前よりは少ないけど)。

    ④格付:AAーを中期目標として記載。

    他にもREIT価格最大化に向けての種々の取組みが記載されているけど、以前の説明資料と比べて目新しいポイントは上記の4点と思う。詳細は来年1月10日開催の投資主総会で明らかになるかも。

  • 上がっただけ良しと思うよ。
    何せ2割以上の希薄化だから、下がってもおかしくなかった。
    (当期のEPSは日数平均だから2割は減少しないけど、来期は通期で影響)

    自己株処分による資金流入は借入金の返済に使われるとのことだし、どうもイマイチ。

    この際、イマイチなことを述べると、
    ①自動車業界の業況はそれほど悪いとは思えないけど、何故に売上が10%、営業利益が20%も減少してるのか?(2Q実績)
    ②処分価格は、12/11~13の株価の9掛けになる可能性あり(需給状況次第で0.9~1.0)。
    ③自己株処分で40億円程度の資金を入手できるし、自己株式処分差益は20億円弱計上できそうだけど、増配は7千万円程度。まあ、元から配当は少ないけど。
    (9月末自己株式は3,672千株で2,484百万円(1株当たり676円)→ これを1,200円で処分したら、20億円弱の処分差益(P/Lにはヒットしない)にはなりそう。これは立派だけど、増配額はイマイチ)
    ④短信の定性的情報が簡潔過ぎて、①の理由がよく分からない。定性的情報が半ページというのは珍しいのではないか? 以下は2Q短信の抜粋。

    (1)経営成績に関する説明
    (中略)
    このような状況の中、当第2四半期連結累計期間における売上高は、主に北米における当社の主力車種の減産影
    響等により前年同期比9.8%減の57,469百万円となりました。損益面では、減収影響等により営業利益は前年同期
    比26.3%減の1,766百万円の一方、為替の影響により経常利益は前年同期比2.6%増の1,882百万円となりました。
    また、親会社株主に帰属する四半期純利益は前年同期比29.2%減の977百万円となりました。

    ネガティブな話ばかりで申し訳ないけど、株価低迷してるから、やけくそ。
    1部に行ったら、定性的情報はもう少し充実させた方が良いのでは?(最低限、法人税等が増加している理由は書いた方が良い)

  • 1部昇格と増配は好材料だけど、殆ど全ての自己株を処分するのは如何なものか?

    自己株控除後の株数(9月末):15,737千株
    処分される自己株数:3,650千株

    EPSの大幅な希薄化。PTSで買われてるけど、その点理解してるのだろうか?
    あるいは、自己株処分は織り込み済みと考えているのか?

  • 通期予想はEPS471円だけど、一時的な税金費用の減少というプラス要因と保守的予想(個人的見解)という
    マイナス要因が包含されている。

    プラス・マイナス要因の影響なんて分かるはずもないけど、EPS450円程度の実力はあるような気がする(為替がフラットである前提)。

    450円の6倍=2,700円、450円の7倍=3,150円、450円の8倍=3,600円

    業種は全然違うけど、5184のレベルまで行くと良いな。

  • 前2Q営業利益:1,724百万円、当2Q営業利益:1,771百万円
    前期営業利益:2,912百万円、当期営業利益(予想):2,550百万円

    上方修正したけど、相変わらず保守的な気がする。予想3,000百万円でも納得できたけど。

    1月に再度上方修正があることを期待(増配含めて)。

  • 大幅上方修正に期待して、直近急上昇してたから、今日の下げは仕方ない。
    当3Q(2017/6~8)の営業利益は、前3Q(2016/6~8)に対して11%減益だったし、ちょっと期待外れの決算。

    一過性の配当金がないとEPSは70円~80円程度だろうから、今の株価は割安とは言い切れないと思うよ。
    前4Q(2016/9~11)の営業損失は370百万円で、これをどれだけ減らせるか次第。

  • 週明けは、ここを含めて全般的に下落じゃないの?

    北朝鮮問題が落ち着いたら、好業績のニチリンは上がってくと思うけど。
    週明けは仕方ない。徐々に上がっていけば好いよ。

  • 緊張状態+3連休前だから仕方ないけど、安く売りすぎでは?

    前期(2016/12期)短信発表後の株価(終値)の動き
    2月15日(短信発表前):1,763
    2月16日       :1,815
    3月 8日       :2,200

    この間、日経平均はそれほど変動してないけど、短信の内容(前期の好決算+当期の好予想)を消化して、株価は徐々に上昇。今回も今日だけの上昇では終わらないと思うけど。

  • 明日ストップ高にならなくても良いんじゃない?
    大口は振るい落としをするだろうし。

    ただ、この増益率でPER6倍台のままということはないと思う。

  • PER6倍:2,826円
    PER7倍:3,297円
    PER8倍:3,768円

    短期的には7~8倍の3,500円辺りを目指すのかな?

  • 総会決議案の賛成割合:

    広瀬さん(会長) 82%
    その他取締役 90%以上(永野さん(社長)以外98%以上)

    これは余りにも残念。広瀬さん、頑張ってよ。
    取締役会において陰で囁かれていないと好いけど。

    フレー、フレー、広瀬 !!

  • 済みませんが、何か情報をお持ちでしたら教えて下さい(ダメもとだけど)。

    当1Q決算でP/L計上した海外の会社からの受取配当金:782百万円
    前期末連結B/S上に計上されている投資有価証券:3,423百万円
    前期有報に記載されている17銘柄の特定投資株式合計:3,406百万円

    この17銘柄は全て日本企業だから、株式簿価20百万円以下の海外会社から800百万円弱の配当金
    を受領していることになる(先見の明ある投資)。

    これは何気に凄いことで、今後も同様に多額の配当金を受領するチャンスはあるのだろうか?
    (隠れた収益源)

    知りたいのは、この海外会社の事業内容と財務状況なのだが、情報有りますか?
    (P/L計上されている以上、連結子会社、持分法適用関連会社ではない)

    上記に関し、勘違いがあったら、ごめん。ところで、何でコメント番号がこんなに飛んでるの?

  • 最近の株価は軟調で非常に残念。

    皆さん書いてるように、もう少し配当性向が上がればというところ。設備投資が必要な時期だから、
    配当は我慢と言いたいけれども、総会議案を見ると少し複雑。

    (総会議案)
    配当金:102百万円(ただし、このほか中間配当90百万円あり)
    役員賞与:104百万円(ただし、税効果あり)

    単純比較するのが馬鹿げているのは重々承知だけど、利益配分のバランスはどんなもんなんだろう?
    役員賞与がPL計上されない時代だったら(利益処分案の時代。上記は一表で開示されていた)、
    より不満の溜まるところであったかもしれない。

    総会、来週だから今更だけど。あと、タカタが中国資本の配下となると、日本の自動車メーカーは
    発注を他社にシフトするような気がするけど(裏付けは何もないが)、どうだろうね?

  • 自己投資口の件も好材料だけど、

    第7期(当期)の1口当たり予想分配金が2,879円と非常に良い。この法人のことだから、保守的に
    2,500~2,600円程度を予想してくるのかと思ってた(そう思ってた人が多かったのではないか?)。

    懸念材料だった、恵比寿、名古屋、仙台なんか、稼働率が軒並み大幅アップしてるよ。
    上手くいけば、1口当たり分配金3,000円もありうるのではないか?

  • 上方修正の公表日は以下の通りじゃない?
    第2期:5/7、6/2
    第3期:10/19、12/3
    第4期:4/11
    第5期:12/1

    前期(第6期)については、稼働率は予想より上。コストカットが出来ていれば、分配金アップだろうけど、
    IR出すほどのレベルかは分からない(慣例からすれば(第4期除く)、6月初めか?)。

    しかし、信用残は著しく減ったね。去年の11月には38千口だったのが、現在(5/26時点)では6千口ほど。

    短期の個人はいなくなってしまったのかも。掲示板のコメントも少ないし。

  • 今期は増資無しかね?

    後は、恒例の分配金上方修正IRを期待。

  • 酷い予想とは思うけれど、それでもPERは7.7倍。
    過度に悲観する必要はないと思うけどね。

本文はここまでです このページの先頭へ