ここから本文です

投稿コメント一覧 (35コメント)

  • >>No. 13

    アメリカの最先端技術はUFOをリバースエンジニアリングしたものです
    中国はこれを狙ってスパイ行為をしています
    米軍がUFOを撃墜しUFOをリバースエンジニアリングしたから科学技術が急速に進んだといわれています

    「外に出て車や飛行機を見たりすると恐竜時代の技術を見ているようだ。今の文明は笑いものだ。今より1世紀は発展しているべきだ」

  • 月旅行をするZOZOは虎の尾を踏んでいます
    モルガンが温暖化対策に20兆円投資する(インドが新たに140基の石炭火力発電所を建設するのを阻止しようとしている)
    つまり最高権力組織(エリザベス女王、CIA、アメリカ軍、軍産複合体、大企業)は現在の古いテクノロジー社会をまだまだ続けようとしてるってことです
    ロシアのガスも安泰(ロシアも最高権力組織側)
    最高権力組織が持っている宇宙人のUFOテクノロジー、フリーエネルギーを使えば、ガス、電気、電気自動車、ガソリン、石炭、核燃料、
    太陽光発電、風力発電は不要になります
    製造業や農業のコストがゼロに近づく。
    スモッグなどの大気汚染をなくせる。
    ZOZOが月旅行したら宇宙人のUFOに遭遇するので隠してることが公になってしまう

    「非認可」(ネットフリックスのドキュメンタリー番組)

    ハル・パソフ博士(理論・実験物理学者)
    「真空は本当は空っぽではない。実はエネルギーで溢れている。真空は静かな湖ではなく、滝の底に沸く泡のようなものだ」

    マーク・マカンドリッシュ(軍航空イラストレーター)
    「時空での立方メートルのエネルギー量は10の26乗だ。つまり1立方あたり10の26乗ジュール。そのエネルギー量はコーヒーカップ1杯分で
    地球上の海水を蒸気に変える事ができる」

    スティーブン・グリア博士(著名なUFO研究家 医師)
    ・「テスラの全ノートの行き先は国防省から直接FBI長官へ 情報取り合いの縄張り競争後に封印した」

    ・「(フリーエネルギーなどの)5135件の特許が没収された。国家安全保障用の押収の名目で。偉大な開発が発明されるとこうなる」

    ・「スタン・マイヤーは水力式自動車を作った。有名ではないがドーナツ型の装置も作った。注入量以上のエネルギーを
      発する量子真空エネルギー場のゼロ値へと達するからだ。これには国家安全保障省が大騒ぎした。特許を取得する前に押収され却下された」

    【参考動画】
    ・開星塾 プロローグ 第一部 「UFOは不都合な真実」  ←最近アップされたYOUTUBEの動画
    ・「非認可」   ←ネットフリックスのドキュメンタリー番組
    ・アンテロープバレーの飛行物体 当局からの圧力 「オカルト部」部室トーク2017 その2 #4 ゲスト 宇佐和通 ←最近アップされたYOUTUBEの動画

  • アメリカの最先端技術はUFOをリバースエンジニアリングしたものです
    中国はこれを狙ってスパイ行為をしています
    米軍がUFOを撃墜しUFOをリバースエンジニアリングしたから科学技術が急速に進んだといわれています

  • 月旅行をするZOZOは虎の尾を踏んでいます
    モルガンは温暖化対策に20兆円投資する(インドが新たに140基の石炭火力発電所を建設するのを阻止しようとしている)
    つまり世界最高権力組織(エリザベス女王、CIA、軍産複合体、大企業)は現在の古いテクノロジー社会をまだまだ続けようとしてるってことです
    ロシアのガスも安泰(ロシアも世界最高権力組織側)
    世界最高権力者が持っている宇宙人のUFOテクノロジー、フリーエネルギーを使えば、ガス、電気、ガソリン、石炭、核燃料、太陽光発電、風力発電は不要になります
    製造業や農業のコストがゼロに近づく。スモッグなどの大気汚染をなくせた。
    ZOZOが月旅行したら宇宙人のUFOに遭遇するので隠してることが公になってしまう

    「非認可」(ネットフリックスのドキュメンタリー番組)

    ハル・パソフ博士(理論・実験物理学者)
    「真空は本当は空っぽではない。実はエネルギーで溢れている。真空は静かな湖ではなく、滝の底に沸く泡のようなものだ」

    マーク・マカンドリッシュ(軍航空イラストレーター)
    「時空での立方メートルのエネルギー量は10の26乗だ。つまり1立方あたり10の26乗ジュール。そのエネルギー量はコーヒーカップ1杯分で
    地球上の海水を蒸気に変える事ができる」

    リチャード・ドッティ(米国空軍特別捜査局捜査官 現在は退役)
    「長方形のプレキシガラスらしき物が見つかった。何年もUFOのエネルギー装置だと思われていた。この装置は小さな時計から街全体規模の電気を賄える。
    需要によって電気量は変わるからUFOはこの装置を備えている」

    スティーブン・グリア博士(著名なUFO研究家 医師)
    ・「テスラの全ノートの行き先は国防省から直接FBI長官へ 情報取り合いの縄張り競争後に封印した」
    ・「(フリーエネルギーなどの)5135件の特許が没収された。国家安全保障用の押収の名目で。偉大な開発が発明されるとこうなる」
    ・「スタン・マイヤーは水力式自動車を作った。有名ではないがドーナツ型の装置も作った。注入量以上のエネルギーを発する量子真空エネルギー場のゼロ値へと達するからだ。これには国家安全保障省が大騒ぎした。特許を取得する前に押収され却下された」

    【参考動画】
    ・開星塾 プロローグ 第一部 「UFOは不都合な真実」  ←最近アップされたYOUTUBEの動画

  • 核兵器がある施設の近くでUFOがよく目撃される(宇宙に影響を与える核兵器を警戒しているらしい)。

    UFOはアメリカ軍のUFOと宇宙人の本物のUFOの2種類がある。

    アメリカはロシアと組んで宇宙人を攻撃できる態勢を作ろうとしている。

    フランスは宇宙人と対話して仲良くしようとしている、アメリカは宇宙人に敵対している。

    アメリカとフランスは対立している。

    アメリカのマスコミにはCIA工作員が入り込んでいる。

    マスコミにいるCIA工作員は「重要な情報を隠蔽し、国民を混乱させるような情報を流す」ことをしている。

    CIAは「UFOを信じてる人は馬鹿だよね」という世論を作り出す工作をしていた。

    スミソニアン博物館のトップに元CIA職員がなったことがある。

    アメリカ空軍の士官学校の教科書に「実に不愉快な結論だがUFOは5万年前から来ている」「異なった宇宙人が4種類ほど来ている」と書いてある。

    地球がある銀河系には、非常に知能が高く地球人以上に技術的に高度に発展した宇宙人が少なくとも2~6種類いて、地球人以上の知能がある生物がいる可能性がある星が40万個ある。

    月にはUFOの基地がある。

    アポロ計画の宇宙飛行士は月でUFOを目撃していた。

    人類で6番目に月を歩いたエドガー・ミッシェル博士「(月で)地球外生物の訪問があった。(月で)墜落した飛行船が発見され素材と船体が回収された」

    カール・ウルフ(米軍の最高機密情報取扱許可者 軍曹 現在は退役)
    「月の裏側にUFOの基地が見つかったと言われた。基地は幾何学的図形のタワーに球状の建物があった。とても高いタワーでレーザーアンテナのような物もあった。大きかった」

    宇宙人は地球人に敵意を持っていて嫌いで恐れていて警戒している。

    フィリップ王子(イギリス女王エリザベス2世の夫)は軍の戦闘機がイギリスのストーンヘンジ付近に現れたクルーズ船のようなUFOを捕獲しようと追跡した事実を知ってた。

    【参考動画】
    ・開星塾 プロローグ 第一部 「UFOは不都合な真実」  ←最近アップされたYOUTUBEの動画
    ・「非認可」   ←ネットフリックスのドキュメンタリー番組
    ・アンテロープバレーの飛行物体 当局からの圧力 「オカルト部」部室トーク2017 その2 #4 ゲスト 宇佐和通 ←最近アップされたYOUTUBEの動画

  • ・ZOZO、ホリエモン、テスラ、中国は虎の尾を踏んでいます
    ・宇宙人、ロケット、月、フリーエネルギーに関わった人は全員失脚もしくは消されてきた

    「要約」
    宇宙人は地球人に敵意を持って嫌っています。

    アメリカの最高機密は「宇宙人のUFOテクノロジー」です。

    アメリカ大統領より権力がある最高権力組織(軍産複合体、アメリカ軍、CIA、NASA、大手企業、エリザベス女王)は宇宙人のUFOテクノロジーを秘密裏に独占して軍事利用して地球を支配しようとしている。

    ジョン・F・ケネディ大統領を暗殺したのは最高権力組織です(当時、第41代大統領ジョージ・ブッシュがCIA高官をしていた)。

    ケネディ大統領は暗殺される直前、宇宙人とUFOの情報を集めようとしてCIAと揉めていた。

    マリリン・モンローはケネディ家の男性2人と交際していた、CIAに電話を盗聴されていた。

    マリリン・モンローも宇宙人とUFOを公表しようとして暗殺された。

    アメリカ大統領がUFOテクノロジーを尋ねても断られて教えてもらえない(大統領でも深く関わると暗殺されるので追求できない)。←大統領に情報を提供しないのは憲法違反だか罷り通っている

    米国統合参謀本部のトム・ウィルソン指令長官がUFOテクノロジーを尋ねたら「知る必要がありません」と断られた。

    アメリカ軍には、いままで合計220兆円の使途不明金があり、現在もUFOテクノロジーの開発などに1日100億円ほど使っている(年間4~8兆円)。←大統領と議会は関知していない

    アメリカは非公式の闇計画に使われる極秘の非公式予算が少なくとも年間12~22兆円ある。←大統領と議会は関知していない

    アメリカ軍は1.5秒で19キロメートルほど超音速衝撃波を生じないで移動するUFOを開発しているが、本物のUFOのような性能はまだない(コロラドの空軍基地の地下などで開発している)。

    アメリカ軍は過去に何度か宇宙に核ミサイルを発射したが、すべてUFOのレーザー攻撃により無効にされた(宇宙人は宇宙に核を持ち出すことを認めていない)。

    NASAは1970~1980年台初頭にかけて、月で核兵器を爆発させる実験をしようとしたが月に届く前にUFOに破壊された(宇宙に送られた2、3の核兵器はUFOに破壊された)。

  • 続き

    ■核兵器がある施設の近くでUFOがよく目撃される(宇宙に影響を与える核兵器を警戒しているらしい)。

    ■アメリカ軍は過去に何度か宇宙に核ミサイルを発射したが、すべてUFOのレーザー攻撃により無効にされた(宇宙人は宇宙に核を持ち出すことを認めていない)。

    ■NASAは1970~1980年台初頭にかけて、月で核兵器を爆発させる実験をしようとしたが月に届く前にUFOに破壊された(宇宙に送られた2、3の核兵器はUFOに破壊された)。

    ■人類で6番目に月を歩いたエドガー・ミッシェル博士「(月で)地球外生物の訪問があった。(月で)墜落した飛行船が発見され素材と船体が回収された」

    ■カール・ウルフ(米軍の最高機密情報取扱許可者 軍曹 現在は退役)
    「月の裏側にUFOの基地が見つかったと言われた。基地は幾何学的図形のタワーに球状の建物があった。とても高いタワーでレーザーアンテナのような物もあった。大きかった」

    ■宇宙人は地球人に敵意を持ってて嫌ってます、そして恐れていて警戒している。
     宇宙人から見れば地球人は猿やゴキブリなので滅ぼそうとしなかったが核を持ってる今は?

    【参考動画】
    ・開星塾 プロローグ 第一部 「UFOは不都合な真実」  ←最近アップされたYOUTUBEの動画
    ・「非認可」   ←ネットフリックスのドキュメンタリー番組
    ・アンテロープバレーの飛行物体 当局からの圧力 「オカルト部」部室トーク2017 その2 #4 ゲスト 宇佐和通 ←最近アップされたYOUTUBEの動画

  • ★月旅行をするZOZO、ホリエモン、テスラ、中国は虎の尾を踏んでいます

    アメリカ大統領より権力がある最高権力組織はどんな手を使ってでも宇宙人のUFOテクノロジーを秘密裏に独占して軍事利用して地球を支配しようとしている(これが最高機密)。
    最高権力組織は数年後には宇宙人に勝てると思っています。

    ■ロズウェル事件 (1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で米軍に撃墜されたUFOが米軍に回収された事件)

    ロサンゼルスUFO空襲事件(1942年2月) 

    ニューメキシコ州で核兵器の実験(1945年)

    日本に原爆投下(1945年)

    ロズウェル事件(1947年7月2日) ←米軍が強力なレーザーを照射してUFOを撃墜した事件

    CIA創設(1947年9月18日) ←宇宙人UFO対策のために急遽創設された

    トランプ米大統領が宇宙統合軍(宇宙軍)を創設(2018年12月)

    ロズウェル事件があった当時、ロズウェルには世界で唯一の核武装した戦隊があった。
    宇宙人は核兵器を調べるためにロズウェルに来ていたと思われる。

    ゴードン・クレイトン(英国外務次官 現在は退職)
    「UFOが以前から存在していたとして何故 今我々に興味を持つのか?1947年の後のこの大きな侵入(米軍のミサイル施設にUFOが現れ複数のミサイルを
    停止させた事件)に、彼は少し考えて"明らかに我々には原子爆弾があった"と」
    「多次元理論を受け入れるなら(核兵器を使用したことで)莫大な被害をもたらした可能性が高い。地球外の戦地ならもっと多くの被害を与えていただろう」

  • ・月旅行をするZOZO、ホリエモン、テスラ、中国は虎の尾を踏んでいます(月には宇宙人の大きな基地があります)

    ・アメリカ大統領より力がある組織(軍産複合体、アメリカ軍、CIA、NASA、ユダヤ権力者、大手企業、イギリス?)は宇宙人のUFOテクノロジーを秘密裏に独占して軍事利用して地球を支配しようとしている


    「開星塾 プロローグ 第一部 「UFOは不都合な真実」  ←最近アップされたYOUTUBEの動画


    高野誠鮮
    「アポロ計画の最後の船長がジーン・サーナンといいます。

    僕、彼に招かれて自宅に遊びに行ったんですよ。

    食事を奢ってやるといわれて厨房のテーブルに招かれたんです。

    そしたら大声を出されるんです。

    『高野、UFOなんかいるわけねーじゃないか』と言ってものすごい大きな声を出されるんです。

    そしてキッチンの上の戸棚からある本を出すんですよ。

    で僕の机の上にそっと置いて指をさされるんですね。

    それ見てみたらUFOを書いてあるんですよ。

    表面にG2マニュアルと書いてありました。

    これコード表でした。

    地球圏内でUFOを見た場合にはボギーといいなさいと書いてある。

    海抜4万キロ越えて月の軌道に入るまでの38万キロ、そこでUFOを見た場合はスカンクといいなさいと書いてある。

    月の軌道上に乗って月の表面にきたときUFOを見たらサンタクロースといいなさいと書いてある。

    つまり通信コードでボギー見た、スカンク見た、サンタクロース見た、これはUFOを意味していた。

    彼は大きな声でUFOいないじゃないかといいながら指差して教えてくれたんですよ。

    G2マニュアルは自宅に持って帰っちゃいけないものです。

    彼は盗聴されてることを前提にして大きな声を出していたんです。

    彼は最後はカナダで大きなヘリコプター会社の社長してました。

    彼は『月、最後の男』という本を出すんですね。

    この本にはUFOのことは書いてないんですね、なぜか?、かん口令敷かれていましたから。

    見たことを見たといえないようになってました。

    言うと科料もしくは懲役刑になるんです。

    宇宙飛行士になったら規定があり、むやみに口外すると法に触れると書いてある。」

    【参考動画】
    ・「非認可」   ←ネットフリックスのドキュメンタリー番組

  • >>No. 1064

    ちなみに、
    宇宙人は地球人に敵意を持ってて嫌っている。
    宇宙人は5万年前から地球にきていた。
    5万年前の地層から宇宙人の痕跡が見つかっているがスミソニアン博物館(CIAの下部組織)などが隠蔽してきた。
    現在4種類の宇宙人が地球に来ている(宇宙に影響を与える核兵器を持つレベルの低い地球人を監視している)。
    地球がある銀河系には、非常に知能が高く地球人以上に技術的に高度に発展した宇宙人が少なくとも2~6種類いて、地球人以上の知能がある生物がいる可能性がある星が40万個ある。

  • ・月旅行をするZOZO、ホリエモン、テスラ、中国は虎の尾を踏んでいます
    ・宇宙人、ロケット、月、フリーエネルギーに関わった人は全員失脚もしくは消されてきた

    アメリカ:宇宙人UFOテクノロジーを秘密裏に独占して軍事利用して地球を支配しようとしている(これが最高機密)。ロシアと組んで宇宙人を攻撃しようとしている。

    フランス:宇宙人と対話して仲良くしようとしてる。欧州軍の創設を提案、ドイツが賛同した(アメリカ軍と対立)。アメリカのUFOテクノロジーの独占を阻止しようとしてる。

    中国:月の裏側に無人探査機を着陸させた。

    ビル・クリントン:第42代アメリカ合衆国大統領だったときに宇宙人UFOテクノロジーを調べようとしたが断られて教えてもらえなかった。

    ヒラリー・クリントン:大統領になったら宇宙人UFOテクノロジーを調べると発言。

    ロシア:アメリカ大統領選挙でヒラリー・クリントンの評判を悪くするフェイク動画を多数作成してトランプ大統領を応援した。
        最近開発に成功した極超音速ミサイル兵器「アバンガルド」はおそらく宇宙人を攻撃するためのもの。

    ベンジャミン・フルフォード:フォーブスのアジア太平洋支局長。おそらくアメリカCIA工作員。マスコミにはCIAの工作員が多数入りこんでいる。
                  フランスのユダヤ人(ロスチャイルドのフランス分家)が悪いことをしようとしてると宣伝中。
                  CIA工作員は「宇宙人UFOテクノロジーを隠蔽し、世論を混乱させる」ことが仕事。

    ↑このようないきさつでアメリカとフランス中国が対立してる

    【参考動画】
    ・「開星塾 プロローグ 第一部 「UFOは不都合な真実」  ←最近アップされたYOUTUBEの動画
    ・「非認可」   ←ネットフリックスのドキュメンタリー番組
    ・アンテロープバレーの飛行物体 当局からの圧力 「オカルト部」部室トーク2017 その2 #4 ゲスト 宇佐和通 ←最近アップされたYOUTUBEの動画

  • ★月旅行をするZOZO、テスラ、中国は虎の尾を踏んでいます
    アメリカ大統領より権力がある最高権力組織はどんな手を使ってでも宇宙人のUFOテクノロジーを秘密裏に独占して軍事利用して地球を支配しようとしている(これが最高機密)。

    ■ロズウェル事件 (1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍によって回収された事件)

    ニューメキシコ州で核兵器の実験(1945年)

    日本に原爆投下(1945年)

    ロズウェル事件(1947年7月2日)

    CIA設立(1947年9月18日) ←宇宙人UFO対策のために急遽設立された

    ロズウェル事件があった当時、ロズウェルには世界で唯一の核武装した戦隊があった。
    宇宙人は核兵器を調べるためにロズウェルに来ていたと思われる。

    ゴードン・クレイトン(英国外務次官 現在は退職)
    「UFOが以前から存在していたとして何故 今我々に興味を持つのか?1947年の後のこの大きな侵入(米軍のミサイル施設にUFOが現れ複数のミサイルを
    停止させた事件)に、彼は少し考えて"明らかに我々には原子爆弾があった"と」
    「多次元理論を受け入れるなら(核兵器を使用したことで)莫大な被害をもたらした可能性が高い。地球外の戦地ならもっと多くの被害を与えていただろう」

    ■アメリカ軍は過去に何度か宇宙に核ミサイルを発射したが、すべてUFOのレーザー攻撃により無効にされた(宇宙人は宇宙に核を持ち出すことを認めていない)。

    ■NASAは1970~1980年台初頭にかけて、月で核兵器を爆発させる実験をしようとしたが月に届く前にUFOに破壊された(宇宙に送られた2、3の核兵器はUFOに破壊された)。

    ■人類で6番目に月を歩いたエドガー・ミッシェル博士「(月で)地球外生物の訪問があった。(月で)墜落した飛行船が発見され素材と船体が回収された」

    ■カール・ウルフ(米軍の最高機密情報取扱許可者 軍曹 現在退役)
    「月の裏側にUFOの基地が見つかったと言われた。基地は幾何学的図形のタワーに球状の建物があった。とても高いタワーでレーザーアンテナのような物もあった。大きかった」

    ■宇宙人は地球人に敵意を持ってて嫌ってます、そして恐れていて警戒している。
     宇宙人から見れば地球人は猿やゴキブリなので滅ぼそうとしなかったが核を持ってる今は?

  • 続き


    核兵器がある施設の近くでUFOがよく目撃される(宇宙に影響を与える核兵器を警戒しているらしい)。

    UFOはアメリカ軍のUFOと宇宙人の本物のUFOの2種類がある。

    アメリカはロシアと組んで宇宙人を攻撃できる態勢を作ろうとしている。

    フランスは宇宙人と対話して仲良くしようとしている、アメリカは宇宙人に敵対している。

    アメリカとフランスは対立している。

    アメリカのマスコミにはCIA工作員が入り込んでいる。

    マスコミにいるCIA工作員は「重要な情報を隠蔽し、国民を混乱させるような情報を流す」ことをしている。

    CIAは「UFOを信じてる人は馬鹿だよね」という世論を作り出す工作をしていた。

    スミソニアン博物館のトップに元CIA職員がなったことがある。

    アメリカ空軍の士官学校の教科書に「実に不愉快な結論だがUFOは5万年前から来ている」「異なった宇宙人が4種類ほど来ている」と書いてある。

    地球がある銀河系には、非常に知能が高く地球人以上に技術的に高度に発展した宇宙人が少なくとも2~6種類いて、地球人以上の知能がある生物がいる可能性がある星が40万個ある。

    月にはUFOの基地がある。

    人類で6番目に月を歩いたエドガー・ミッシェル博士「(月で)地球外生物の訪問があった。(月で)墜落した飛行船が発見され素材と船体が回収された」

    カール・ウルフ(米軍の最高機密情報取扱許可者 軍曹 現在は退役)
    「月の裏側にUFOの基地が見つかったと言われた。基地は幾何学的図形のタワーに球状の建物があった。とても高いタワーでレーザーアンテナのような物もあった。大きかった」

    フィリップ王子(イギリス女王エリザベス2世の夫)は軍の戦闘機がイギリスのストーンヘンジ付近に現れたクルーズ船のようなUFOを捕獲しようと追跡した事実を知ってた。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    【参考動画】
    ・「開星塾 プロローグ 第一部 「UFOは不都合な真実」  ←最近アップされたYOUTUBEの動画
    ・「非認可」   ←ネットフリックスのドキュメンタリー映画
    ・アンテロープバレーの飛行物体 当局からの圧力 「オカルト部」部室トーク2017 その2 #4 ゲスト 宇佐和通 ←最近アップされたYOUTUBEの動画

  • ★ZOZO、ホリエモン、テスラ、中国は虎の尾を踏んでいます
    ★UFOテクノロジー、宇宙人に関わった人たちは全員潰されてきました

    「要約」
    宇宙人は地球人に敵意を持って嫌っています。

    アメリカの最高機密は「宇宙人のUFOテクノロジー」です。

    アメリカ大統領より権力がある最高権力組織(軍産複合体、アメリカ軍、CIA、NASA、ユダヤ権力者、大手企業、イギリス?)は宇宙人のUFOテクノロジーを秘密裏に独占して軍事利用して地球を支配しようとしている。

    ジョン・F・ケネディ大統領を暗殺したのは最高権力組織です(当時、第41代大統領ジョージ・ブッシュがCIA高官をしていた)。

    ケネディ大統領は暗殺される直前、宇宙人とUFOの情報を集めようとしてCIAと揉めていた。

    マリリン・モンローはケネディ家の男性2人と交際していた、CIAに電話を盗聴されていた。

    マリリン・モンローも宇宙人とUFOを公表しようとして暗殺された。

    アメリカ大統領がUFOテクノロジーを尋ねても断られて教えてもらえない(大統領でも深く関わると暗殺されるので追求できない)。←大統領に情報を提供しないのは憲法違反だか罷り通っている

    米国統合参謀本部のトム・ウィルソン指令長官がUFOテクノロジーを尋ねたら「知る必要がありません」と断られた。

    アメリカ軍には、いままで合計220兆円の使途不明金があり、現在もUFOテクノロジーの開発などに1日100億円ほど使っている(年間4~8兆円)。←大統領と議会は関知していない

    アメリカは非公式の闇計画に使われる極秘の非公式予算が少なくとも年間12~22兆円ある。←大統領と議会は関知していない

    アメリカ軍は1.9秒で20キロメートルほど移動するUFOを開発しているが、本物のUFOのような性能はまだない(コロラドの空軍基地の地下などで開発している)。

    アメリカ軍は過去に何度か宇宙に核ミサイルを発射したが、すべてUFOのレーザー攻撃により無効にされた(宇宙人は宇宙に核を持ち出すことを認めていない)。

    NASAは1970~1980年台初頭にかけて、月で核兵器を爆発させる実験をしようとしたが月に届く前にUFOに破壊された(宇宙に送られた2、3の核兵器はUFOに破壊された)。

  • ちなみに、
    宇宙人は地球人に敵意を持ってて嫌っている。
    宇宙人は5万年前から地球にきていた。
    5万年前の地層から宇宙人の痕跡が見つかっているがスミソニアン博物館(CIAの下部組織)などが隠蔽してきた。
    現在4種類の宇宙人が地球に来ている(宇宙に影響を与える核兵器を持つレベルの低い地球人を監視している)。
    地球がある銀河系には、非常に知能が高く地球人以上に技術的に高度に発展した宇宙人が少なくとも2~6種類いて、地球人以上の知能がある生物がいる可能性がある星が40万個ある。

  • ・月旅行をするZOZO、ホリエモン、テスラ、中国は虎の尾を踏んでいます
    ・宇宙人、ロケット、月、フリーエネルギーに関わった人は全員失脚もしくは消されてきた

    アメリカ:宇宙人UFOテクノロジーを秘密裏に独占して軍事利用して地球を支配しようとしている(これが最高機密)。ロシアと組んで宇宙人を攻撃しようとしている。

    フランス:宇宙人と対話して仲良くしようとしてる。欧州軍の創設を提案、ドイツが賛同した(アメリカ軍と対立)。アメリカのUFOテクノロジーの独占を阻止しようとしてる。

    中国:月の裏側に無人探査機を着陸させた。

    ビル・クリントン:第42代アメリカ合衆国大統領だったときに宇宙人UFOテクノロジーを調べようとしたが断られて教えてもらえなかった。

    ヒラリー・クリントン:大統領になったら宇宙人UFOテクノロジーを調べると発言。

    ロシア:アメリカ大統領選挙でヒラリー・クリントンの評判を悪くするフェイク動画を多数作成してトランプ大統領を応援した。
        最近開発に成功した極超音速ミサイル兵器「アバンガルド」はおそらく宇宙人を攻撃するためのもの。

    ベンジャミン・フルフォード:フォーブスのアジア太平洋支局長。おそらくアメリカCIA工作員。マスコミにはCIAの工作員が多数入りこんでいる。
                  フランスのユダヤ人(ロスチャイルドのフランス分家)が悪いことをしようとしてると宣伝中。
                  CIA工作員は「宇宙人UFOテクノロジーを隠蔽し、世論を混乱させる」ことが仕事。

    ↑このようないきさつでアメリカとフランス中国が対立してる

    【参考動画】
    ・「開星塾 プロローグ 第一部 「UFOは不都合な真実」  ←最近アップされたYOUTUBEの動画
    ・「非認可」   ←ネットフリックスのドキュメンタリー映画
    ・アンテロープバレーの飛行物体 当局からの圧力 「オカルト部」部室トーク2017 その2 #4 ゲスト 宇佐和通 ←最近アップされたYOUTUBEの動画

  • ★月旅行をするZOZO、テスラ、中国は虎の尾を踏んでいます

    アメリカ大統領より権力がある最高権力組織はどんな手を使ってでも宇宙人のUFOテクノロジーを秘密裏に独占して軍事利用して地球を支配しようとしている(これが最高機密)。

    ■ロズウェル事件 (1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍によって回収された事件)

    ニューメキシコ州で核兵器の実験(1945年)

    日本に原爆投下(1945年)

    ロズウェル事件(1947年7月2日)

    CIA設立(1947年9月18日) ←宇宙人UFO対策のために急遽設立された

    ロズウェル事件があった当時、ロズウェルには世界で唯一の核武装した戦隊があった。
    宇宙人は核兵器を調べるためにロズウェルに来ていたと思われる。

    ゴードン・クレイトン(英国外務次官 現在は退職)
    「UFOが以前から存在していたとして何故 今我々に興味を持つのか?1947年の後のこの大きな侵入(UFOが米軍のミサイル施設に現れて複数のミサイルを停止させた事件)に、彼は少し考えて"明らかに我々には原子爆弾があった"と」
    「多次元理論を受け入れるなら(核兵器を使用したことで)莫大な被害をもたらした可能性が高い。地球外の戦地ならもっと多くの被害を与えていただろう」

    ■アメリカ軍は過去に何度か宇宙に核ミサイルを発射したが、すべてUFOのレーザー攻撃により無効にされた(宇宙人は宇宙に核を持ち出すことを認めていない)。

    ■NASAは1970~1980年台初頭にかけて、月で核兵器を爆発させる実験をしようとしたが月に届く前にUFOに破壊された(宇宙に送られた2、3の核兵器はUFOに破壊された)。

    ■人類で6番目に月を歩いたエドガー・ミッシェル博士「(月で)地球外生物の訪問があった。(月で)墜落した飛行船が発見され素材と船体が回収された」

    ■カール・ウルフ(米軍の最高機密情報取扱許可者 軍曹 現在は退役)
    「月の裏側にUFOの基地が見つかったと言われた。基地は幾何学的図形のタワーに球状の建物があった。とても高いタワーでレーザーアンテナのような物もあった。大きかった」

    ■宇宙人は地球人に敵意を持ってて嫌ってます、そして恐れていて警戒している。
     宇宙人から見れば地球人は猿やゴキブリなので滅ぼそうとしなかったが核を持ってる今は?

  • ちなみに、
    宇宙人は地球人に敵意を持ってて嫌っている。
    宇宙人は5万年前から地球にきていた。
    5万年前の地層から宇宙人の痕跡が見つかっているがスミソニアン博物館(CIAの下部組織)などが隠蔽してきた。
    現在4種類の宇宙人が地球に来ている(核を持つ危険でレベルの低い地球人を監視している)。
    地球がある銀河系には、非常に知能が高く地球人以上に技術的に高度に発展した宇宙人が少なくとも2~6種類いて、地球人以上の知能がある生物がいる可能性がある星が40万個ある。

  • ・ZOZO、ホリエモン、テスラ、中国は虎の尾を踏んでいます
    ・宇宙人、ロケット、月、フリーエネルギーに関わった人は全員失脚もしくは消されてきた

    アメリカ=宇宙人UFOテクノロジーを秘密裏に独占して軍事利用して地球を支配しようとしている。ロシアと組んで宇宙人を攻撃しようとしている。

    フランス=宇宙人と対話して仲良くしようとしてる。欧州軍の創設を提案、ドイツが賛同した(アメリカ軍と対立)。アメリカのUFOテクノロジーの独占を阻止しようとしてる。

    中国=月の裏側に無人探査機を着陸させた。

    ビル・クリントン=第42代アメリカ合衆国大統領だったときに宇宙人UFOテクノロジーを調べようとしたが断られて教えてもらえなかった。

    ヒラリー・クリントン=大統領になったら宇宙人UFOテクノロジーを調べると発言

    ロシア=アメリカ大統領選挙でヒラリー・クリントンの評判を悪くするフェイク動画を多数作成してトランプ大統領を応援した。
        最近開発に成功した極超音速ミサイル兵器「アバンガルド」はおそらく宇宙人を攻撃するためのもの。

    ベンジャミン・フルフォード=フォーブスのアジア太平洋支局長。おそらくアメリカCIA工作員。マスコミにはCIAの工作員が入りこんでいる。
                  フランスのユダヤ人(ロスチャイルドのフランス分家)が悪いことをしようとしてると宣伝中。
                  CIA工作員は「宇宙人UFOテクノロジーを隠蔽し、世論を混乱させる」ことが仕事。

    ↑このようないきさつでアメリカとフランス中国が対立してる

    【参考動画】
    ・「開星塾 プロローグ 第一部 「UFOは不都合な真実」  ←最近アップされたYOUTUBEの動画
    ・「非認可」   ←ネットフリックスのドキュメンタリー映画
    ・アンテロープバレーの飛行物体 当局からの圧力 「オカルト部」部室トーク2017 その2 #4 ゲスト 宇佐和通 ←最近アップされたYOUTUBEの動画

  • ★月旅行をするZOZO、ホリエモン、テスラ、中国は虎の尾を踏んでいます(月には宇宙人の大きな基地があります)

    アメリカ大統領より権力がある最高権力組織はどんな手を使ってでもUFOテクノロジーを秘密裏に独占して軍事利用して地球を支配しようとしている。

    ■ロズウェル事件 (1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍によって回収された事件)

    ニューメキシコ州で核兵器の実験(1945年)

    日本に原爆投下(1945年)

    ロズウェル事件(1947年7月2日)

    CIA設立(1947年9月18日)

    ロズウェル事件があった当時、ロズウェルには世界で唯一の核武装した戦隊があった。
    宇宙人は核兵器を調べるためにロズウェルに来ていたと思われる。

    ゴードン・クレイトン(英国外務次官 現在は退職)
    「UFOが以前から存在していたとして何故 今我々に興味を持つのか?1947年の後のこの大きな侵入(UFOが米軍のミサイル施設に現れて複数のミサイルを
    停止させた事件)に、彼は少し考えて"明らかに我々には原子爆弾があった"と」
    「多次元理論を受け入れるなら(核兵器を使用したことで)莫大な被害をもたらした可能性が高い。地球外の戦地ならもっと多くの被害を与えていただろう」

    ■アメリカ軍は過去に何度か宇宙に核ミサイルを発射したが、すべてUFOのレーザー攻撃により無効にされた(宇宙人は宇宙に核を持ち出すことを認めていない)。

    ■NASAは1970~1980年台初頭にかけて、月で核兵器を爆発させる実験をしようとしたが月に届く前にUFOに破壊された(宇宙に送られた2、3の核兵器はUFOに破壊された)。

    ■人類で6番目に月を歩いたエドガー・ミッシェル博士「(月で)地球外生物の訪問があった。(月で)墜落した飛行船が発見され素材と船体が回収された」

    ■カール・ウルフ(米軍の最高機密情報取扱許可者 軍曹 現在は退役)
    「月の裏側にUFOの基地が見つかったと言われた。基地は幾何学的図形のタワーに球状の建物があった。とても高いタワーでレーザーアンテナのような物もあった。大きかった」

    ■宇宙人は地球人に敵意を持ってて嫌ってます、そして恐れていて警戒している。
     宇宙人から見れば地球人は猿やゴキブリなので滅ぼそうとしなかったが核を持ってる今は?

本文はここまでです このページの先頭へ