ここから本文です

投稿コメント一覧 (2174コメント)

  • 2018/09/18 20:30

    >>No. 525

    選挙と株。 と言う内容で先日の株式新聞に載っていました。
    バブルが崩壊した 1990年以降の解散・総選挙と株価推移を振り返ると、ポイントが2つある。1つは、【解散当日の株価を、投開票日前日の株価が上回るケースが圧倒的に多い】 2ツ目は投開票日から、1ヵ月後当たりになる言われています。
    良いチャンスと思い、今回の自民党統裁選挙に当てはめて見るのも一つの手です。 参考にまで。

  • 2018/09/18 20:22

    >>No. 524

    オヤジのひとり言で以下の様な言が掲載されていました。

    【佐賀市とミドリムシの大量培養で知られている。
    (株)ユーグレナとは公共下水道の処理水を使ったミドリムシの大量培養を目指した共同研究をしていますが,その一環として、26日は「さが環境フェスティバル」で,ミドリムシから精製したディーゼル油を使って市営バスを走らせました。県森林公園から市の清掃工場まで往復です。
    2020に年にはミドリムシから精製したゼット燃料で佐賀空港から羽田まで飛行機を飛ばし東京オリンピックを見に行くのが当面の目標ですが夢に一歩近づきました。】

  • 2018/09/18 20:18

    >>No. 523

    テストもイカもように行われていました。

    ANAは2012年4月に食用油を使ったバイオジェット燃料で、B787による太平洋横断フライトに成功。バイオ燃料を15%混合したことで、30%のCO2削減効果を確認している。ANAは今のところボーイング関連企業のバイオ燃料とミドリムシを天秤にかけているが、2014年中のテストフライトが期待されている。

  • 2018/09/18 20:15

    >>No. 522

    当時の計画、今でも守られています。

    年 経過 規模
    ① 2010年~2011年 要素技術基礎検討 屋内小規模
    ② 2012年~2013年 要素技術開発 屋外中規模 
              25平方メートルx2
    ③ 2014年~2017年 要素技術実証 一貫生産システム
              1000~10万平方メートル
    ④ 2018年~2019年 設備建設 商用規模
              100万平方メートル以上
    ⑤ 2020年~ 実用化

  • 2018/09/18 20:12

    足掛け6年ここを応援してきたが、当時以下の様に発表されていました。

    2013年12月に公募増資で約76億円調達。うち43億円をバイオジェット燃料に関する研究開発の設備投資に充当する。原材料の培養から油脂の精製までできる設備を作る。

  • 2018/09/09 14:37

    私の使用している証券会社は、NISA について下記の様に連絡がありました。
    2018、7,20 付で、メールが入っていました。

    2014年 NISA 買付株式等の非課税期間終了に伴う手続きについて。
    ①ロールオーバーする場合は、10月に書類を送ってくるので、書類で提出。
    ②期日がきた場合、NISA 口座より特定講座へ開設していない場合は、一般口座へ移管します。(この場合は連絡不要)その他は通常処理してください。

  • 2018/09/06 21:32

    >>No. 523

    家宝は寝て待てと言われる様に、しばらく離れていました。
    少し動き出しましたですね。
    期待しています。・・・ヽ(*´∀`)ノ・・・

  • 2018/09/06 21:25

    >>No. 521

    どの様な形でも良いから、上場継続ですね。
    ¥¥・・・((((´∀`))))///・・・(,,゚Д゚) ガンガレ!

  • No.520

    強く買いたい

    TOB は、良いが上場は維持し…

    2018/09/06 20:26

    >>No. 519

    TOB は、良いが上場は維持して欲しいです。
    ・・・((((´∀`*))))//・・・????

  • 2018/09/06 20:15

    >>No. 518

    小林社長に言っても・・・・KDDI 派ですからね。
    ・・・????・・・((((^ω^))))///・・・

  • 2018/09/06 20:10

    今日の様な電気的事故を起こさない様にするのが、エナリスの持つ特許と私は思っています。だから KDDI & Jパワーが何が何でも欲しいから・・・TOB を掛けると私は思っています。
    個人では太刀打ち出来ません・・・・残念です。

  • 2018/09/06 14:30

    >>No. 221

    下記の様に本プラントも検討されていますね。

     【最低でも日量2000バレルの製造能力を目指し、建設費は「さら地から作ると350億円程度。既存の石油プラントなどを転用すれば約180億円」と見積もる。国内で適した用地が見つからない場合、納入先として想定しているANAや日本航空の路線が充実していれば「ウルトラCとして海外の可能性もある」とした。】

  • 2018/09/06 14:23

    来月には、実証プラントが完成ですね。
    間もなく、実証プラントで生産されたジェット燃料で、
    テスト飛行が行われると、皆さん・・・・されると思います。
    期待しています。・・・ヽ(*´∀`)ノ・・・

  • 2018/09/06 12:02

    >>No. 215

    日本初、国際応用藻類学会(第7回)を2020年4月に幕張メッセにて開催
    ~ユーグレナ社×筑波大学ABES×藻類コンソーシアムが主催、藻類研究の活性化を支えます。

     【ユーグレナ社とABES、藻類コンソーシアムは協力して学会運営を行うことで、日本で行われている最先端の藻類研究に関する情報発信を世界に向けて行うとともに、藻類の学術的および産業的活用の発展への寄与を支えてまいります。】

    9月5日に発表したものです。

  • 2018/09/06 10:41

    >>No. 214

    日本初、国際応用藻類学会(第7回)を2020年4月に幕張メッセにて開催
    ~ユーグレナ社×筑波大学ABES×藻類コンソーシアムが主催、藻類研究の活性化を支えます~

     【国際応用藻類学会(International Society for Applied Phycology(通称:ISAP))は、1999年設立の藻類研究をテーマとした世界最大規模の学会です。国際応用藻類学会は、2002年のスペインでの第1回大会開催に始まり、国際学会を3年ごとに世界各地で開催していますが、今回初めて日本での開催の誘致に成功しました。】

  • 2018/09/06 10:30

    日本初、国際応用藻類学会(第7回)を2020年4月に幕張メッセにて開催
    ~ユーグレナ社×筑波大学ABES×藻類コンソーシアムが主催、藻類研究の活性化を支えます~

    株式会社ユーグレナ
    筑波大学 藻類バイオマス・エネルギーシステム開発研究センター
    一般社団法人藻類産業創成コンソーシアム

     【株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、社長:出雲充、以下ユーグレナ社)と筑波大学藻類バイオマス・エネルギーシステム開発研究センター(センター長:渡邉信、以下ABES)、一般社団法人藻類産業創成コンソーシアム(理事長:井上勲、以下藻類コンソーシアム)は、国際応用藻類学会の第7回大会の日本誘致に成功し、2020年4月に幕張メッセで開催することをお知らせします。】
    と昨日発表しています。

  • No.827

    強く買いたい

    最低でも日量2000バレルの製…

    2018/08/25 23:13

     最低でも日量2000バレルの製造能力を目指し、建設費は「さら地から作ると350億円程度。既存の石油プラントなどを転用すれば約180億円」と見積もる。国内で適した用地が見つからない場合、納入先として想定しているANAや日本航空の路線が充実していれば「ウルトラCとして海外の可能性もある」とした。

  • 2018/08/25 23:10

      同社の永田暁彦取締役はインタビューで、微細藻類などを原料にジェット燃料を製造する実証プラントが10月末に横浜市鶴見区に完成する予定で、より規模の大きな商用プラントの建設に向け「土地探しやパートナー交渉を既に開始している」と語った。国内大手石油会社数社にも接触。現時点の候補地として「横浜市鶴見区、鹿島市、四日市市」の3カ所を挙げた。

  • 2018/08/25 23:06

    ミドリムシなど微細藻類の研究や製品開発を手掛けるユーグレナは、2025年に日本企業で初となるバイオジェット燃料の大型商用プラントの稼働を目指している。既に候補地の選定を始めており、国内のほか海外も視野に入れて絞り込みを進めている。

  • 2018/08/25 22:58

    日本初の商用バイオジェット燃料工場、25年の稼働目指す:ユーグレナ

    2018年4月26日
    候補地は横浜市鶴見区、鹿島市、四日市の3カ所に加え海外も視野
    パートナー企業探しで既に国内大手石油会社にも接触

本文はここまでです このページの先頭へ