ここから本文です

投稿コメント一覧 (181コメント)

  • >>No. 799

    同意します。
    ただ「予定」じゃなくて「目標」なので、別に達成しなくても嘘つきにはならんわけです。
    そうしようとして目指して頑張ったけどダメでした(てへへ)。みたいな感じです。

  • >>No. 785

    495の投稿をしたものです。
    来期ではなく,再来期に営業利益400億円を目指すんじゃないんですかね?
    >現在取り組んでいる施策により来期の黒字化、2019年度の営業利益400億円達成を目標としています。

  • >>No. 656

    IRからの返答ですよ。
    疑問があるようならぜひ会社に直接言ってみて下さい。
    私は言ったので。

  • (続き)今期は事業構造改革に伴う変革期として、売上高の減を始めとする厳しい業績内容となりますが、現在取り組んでいる施策により来期の黒字化、2019年度の営業利益400億円達成を目標としています。
    上記の取り組みを行うと共に、当社では現在スマートフォンなどでの使用を想定した蒸着式有機ELの開発を進めています。当社が開発した有機ELは、現在市場に普及している製品に比べ高精細であるなどの特長を有しており、顧客から高い評価を得ております。有機ELの量産にあたっては、大規模な設備投資が必要となることから、当社では、現在グローバルパートナーとの戦略的提携関係を模索しており、すでに複数社と協議・検討を行っております。
    以上の取り組みにより、来期以降の業績回復を目指して参ります。
    下期も厳しい事業環境が続くことを見込んでいることから、今期の業績内容につきましてはなかなかご期待に沿えないものと思料いたしますが、来期の黒字化を目指して最善を尽くして参りますので、ご理解太変わりたくお願い申し上げます。

  • この度の第2四半期決算の内容につきましては、ご期待に沿えておらず誠に申し訳ございません。
    当社では、市場への有機EL浸透拡大や競合他社のLTPS液晶生産キャパの拡大などを背景に、今期は厳しい事業環境となることを想定しており、対前年比で15-25%の売上高減少を見込んでいます。
    加えて、白山工場の稼動増や有機ELの開発加速などに伴う固定費の増加を主因として、第2四半期の時点で対前年比では大幅な減益となっております。
    本状況を打破する為、当社では今期抜本的な事業構造改革を行い、固定費の削減を図る計画としております。

    具体的には、国内前工程工場である能美工場での生産停止、海外後工程製造子会社の統廃合、事業等資産・遊休資産の閉鎖、OLED試作ラインの統合、棚卸資産の評価、人員削減・報酬・給与削減などを実施してまいります。

    本構造改革の実施により、約1700億円の構造改革費用が掛かる見込みでありますが、今期、構造改革を断行することにより、来期からの固定費に関し約500億円の低減を図ってまいります。
    加えて、私共が開発した新型の4辺狭額縁ディスプレイ「FULL ACTIVE」に関し、現在複数の顧客と商談を行っており、来期以降の収益寄与が見込まれます。
    また、車載・ノンモバイル分野の事業拡大についても現在取り組んでおり、この成果が出てくることを想定しています。

  • 150円ぐらいで買おうと思っていましたが、なかなか下がりませんね。
    東入来氏の手腕、業務提携の可能性も模索しながら下がりきらず、上がらずといった状況でしょうか。
    個人的な予想では1Qの発表で何かあるはずです。なければ業績が悪いという話のみ。ダダ下がりかも。
    何かあれば、昨年末のように300円ぐらいにはいくかもしれません。資金が入ってくる話ならもっと上がるかも。

  • 度たびの投稿申し訳ございません。固定費の削減については,思いきってやらないといけません。
    ただ、労働契約法16条で解雇はひじょうに厳しく制限され、日本の裁判所は、よほどのダメ社員でも解雇を認めません(最近の日本IBMの事例もそう。昔からです。これがネックです。)。
    早期退職制度を否定はしませんが、逆に優秀な技術者が利用してしまい他社に転職してしまいます。
    組合に対して、整理解雇を提案しながら賃金体系の見直しをすべきです。
    まず、全体的に給与を下げます。シャープ並みでいいです(△年120万円)。
    ただ、優秀な技術者には影響を及ばせない、むしろ給与を上げてやるべきです(アステラス製薬のように報奨金数千万円出してもいいと思います。)。
    中間管理職のおっちゃんたちは給与に見合う仕事をしていないので、特にばっさりいって下さい。
    むしろ降格を念頭に思い切っていってくください。日本では悪名髙いIBM(欧米や中国では当たり前です。能力がないから首を切られる。)のように鬼になるべきです。
    せめて若手を積極的に引き上げる日産方式や管理職を交代制にするソフトバンクを参考にして下さい。
    長文失礼いたしました。

  • その期待を裏切るのが”官製企業JDI”です。
    給与を含めた賞与削減の話すら噂にもあがりません。
    あってもきっと微減なのでしょう。

  • かずさんの言う通りです。
    仮にシャープ並み給与として単純計算すると、JDIとシャープの給与の年収差額約120万円×JDI5000人(単体)=約60億円生み出される。
    人を切るのも致し方ないですが、成果も出していないのに根本的に給与が高すぎるのです・・・

  • <個人的な妄想です。>
    取締役や財務・総務の人達が、「やれやれ、今回の決算も乗り切ったわい。鰻でも食べに行きますか?」などとと会話をしていると勝手に想像すると腹が立ちます。
    今回の決算では、どの程度リストラ・給与改革が示されたんでしょうか?
    成果が出てない事務方に賞与なんてまさか出していないですよね???
    せめて現在のシャープ並みに平均給与を下げてください。
    それでも業績が上がることは、シャープが示してくれましたので。

  • この会社を延命させるにはどうしたらいいのか個人的意見です。
    (長文です。積年のもどかしさが積もり積もっています。)
    ① 中国の企業に引き受けてもらう。
      スマホメーカー、組み立てメーカー、中国の車載搭載機器メーカーなど。
    ② 鴻海と提携(独禁法が、とか言っているので興味をあまりもってはいないかもしれませんが。)
      
    ③ この際、早期退職ではなく、整理解雇で大幅に人員を減らす(4要件は満たすと思う。)。
      ただし、要件の兼ね合いで表向き公平にしなければいけませんが、研究職だけは確保。
      営業、その他事務系を優秀な人材だけにしぼる。工場はいくつか閉鎖。
      ゴーンがやったように、若くて優秀な発想豊かな人材を引き上げる。
      課長職以上は年功序列を崩し,能力のない人材は、ひら降格も徹底的にやる。
      営業は特に成果制とする。成果を出す人材には、今以上に給与をあげる(キーエンス参考)。
      研究職については、成果を上げた場合、アステラス製薬のように年収3000万円(取締役に支払う給与程度)もありえる形にする。

      このぐらい大幅にやらないとダメだと思う。早期退職でごまかしたり、中国・台湾だけは事業所閉鎖したり適当にやらないこと。ただし、優秀な人材には権限を与え手厚く。
      現状を、ピンチ、とにかく今だけ乗り切るという従来の対応ではなく、チャンスだと思い、筋肉質な会社にしないなら、価値が今以上に下がらないうちに早いとこ①②をとって下さい。

  • 「会社は誰のため?」
    数年前にJDIがちょっと儲けたらすぐに「パンパンフルフル」と調子に乗り給与を上げた時に私が給与を上げるのを批判したところ、この掲示板で返信をいただきました。その方は従業員が潤ってやる気がでて儲かるんだからいいじゃないかと、会社はまず従業員のためにあるのだから給与をあげるのに賛成との考えらしいです。
    ちょっと儲かってるぐらいで給与なんぞ上げず、固定費削減して構造改革、少ないながらも有機ELなどの研究開発をすべきだったのです。
    現状、構造改革しないといけませんが、大幅にリストラする金もない現状。
    給与を上げるどころか、早期退職で辞めてもらわないといけない現状。
    結論としてあの時給与を上げたのは失敗でした。。。
    「会社は誰のため?」 答えは、会社はまず儲けないとといけません。儲けるために顧客・株主・従業員(使用者含む。)のバランスを考えて経営すべきです。
    JDIは、株主のことを考えず,顧客のニーズを読み違え、賞をとることには邁進し、従業員だけには褒美を与えた結果、現状皆不幸にしています。
    (長文失礼しました。)

  • 株主招集通知に書いてあった、
    平成28年度 取締役5人(うち社外取締役3人)の報酬等額が、
    1億5千万円 ?
    「よく頑張りました!」ということでこの報酬額なのでしょうか?
    なめるのもいい加減にしてほしいです。”馬鹿で嘘つきのJDI”
    鴻海のおっさんを見習ってほしいです。

  • 「有賀じゃだめだ、有賀じゃ・・・」
    こいつの無能ポンコツぶりは、上場以来よーく知っている。
    こないだの決算の会見でも、こいつは技術のことは得意げに話し、やや自嘲気味に笑っていた場面があったのには、本当に腹が立った。
    こいつは決して経営者ではない。まともな会社であればよくいって部長どまり。
    何度も言う。「有賀じゃだめだ、有賀じゃ・・・」

  • この際、皆で空売りをして小銭を稼ぎ、140円を切ったら買うというのでどうでしょうか。
    正直、この会社へは言いたい批判が多すぎて少し疲れてきました・・・
    「株価が下がっても、有賀まま(経営者は他人事)」

  • ホルダーなので悲しい現状です。
    上場来安値が138円でしたね。はぁ。。。
    地合いは違うかもしれませんが、会社資金の状況からはそれに近づくこともありえるのではと思います。
    信用買の人は、もっと大変かもしれません。

  • 『「黒字化がかなわなかったことは経営者として非常に責任を感じている」。10日午後に東証で開いた決算発表記者会見で、有賀修二社長は最終赤字についてたんたんと語った。これまで四半期ごとに登壇していた本間充会長は欠席した。』この部分異様にむかつく。
    有賀、たんたんと語るな。他人事か! 非常に責任を感じているから何をどうするんだ!
    本間、欠席するな。せめて詫びろ!

  • 私も以前意見を言いましたが、ここのIRにいくら言ってもダメですよ。「やってます。」「貴重なご意見ありがとうございます。」等なーんにも改善されないので。
    経営陣も猿仕事なら、従業員も子猿のような仕事しかできないわけです。
    製品単価が安いのは、安売りをしてでも面目を作ろうとした大塚のせい。その流れが現在も生きています。エルピーダ系列のやつにろくな奴がいません。

  •  「1Q? 営業赤字ですよ。だって、中国のお客さんが有機ELの動向を見極めているんでしょうがないじゃないですか。」
     馬鹿みたいだ。この会社。

  • >>No. 22984

    菊池は、腰の具合がよくないそうです。
    無理させて出場というのはありえますが、古傷の膝も含め故障を悪化させると、今年のCS出場すら危ぶまれる状態になります。

本文はここまでです このページの先頭へ