ここから本文です

投稿コメント一覧 (1コメント)

  • 体内動態解析により、PEG-ZnPPの大幅な血中半減期の延長、EPR効果による時間依存的な腫瘍への集積、緩やかな糞便からの排泄、各組織中での時聞依存的な分解が明らかになった。
    ↑「EPR効果に基づく活性酸素生成型高分子薬の固形癌ターゲティング療法」より
    研究代表者 前田 浩 崇城大学, 薬学部, 教授

    PEG-ZnPP・・・シンバイオが世界的独占販売権(シンバイオの2007/08/31IR)
    EPR効果・・・前田教授の研究内容でノーベル賞候補に挙がっている理由

    前田さんが顧問なだけと言っている奴が定期的に沸くので投下。

本文はここまでです このページの先頭へ