ここから本文です

投稿コメント一覧 (1コメント)

  • いつのまにか このいすにこしかけている
    遠い過去からであるような またつい今しがた
    であったようにも思える
    長すぎる時間 短すぎるじゃないかと腹をたてる
    どちらの感情もぼくのなかにある
    そしてもう一人のぼくは
    この人生でこしかけることの
    できるいすがあることに
    心は納得しやすらかになればいいんだと
    短い間ですが ありがとうございました

本文はここまでです このページの先頭へ