ここから本文です

投稿コメント一覧 (131コメント)

  • 月の犬の
    お話したっけ
    まいごになった
    月の犬の子のお話さ
    その子は
    悲しみのなかで
    考えたものだ
    「えーっとあのね
    夢の思い出
    いっぱい おもちの
    大人はいませんかぁ-
    つらいお話も楽しく
    きかせていただきます」とね
    そしたら
    どこの家からも
    月の犬たち
    はずかしそうに
    顔だしたのさ
    つらいときには
    頭をつかうこと
    勇気を出して
    声を出すことなのさ

    こんばんは
    みたらしだんごさん♪
    これから梅雨になると
    湿気て辛い時期 
    体調を崩すさないよう
    お過ごしください 
    それでは^いってきます
    新しい一日に感謝です
    naru

  • 夜店で
    金魚を買ってきた
    金魚鉢の中に入れられて
    ジッとうごかない
    ここはどこだろう
    まるいおおきな目で
    哲学してるみたい
    ぼくは目をつむり
    哲学してみた
    なかなか金魚みたいに
    なれなかったけど
    気持ちよかった
    さかなたちが
    星空を
    泳いでいたころ
    ぼくもいっしょに
    泳いでいた
    やがてぼくは
    さかなでなくなった
    ときどき星空を
    見上げるだけだ

    こんばんは
    みたらしだんごさん♪
    ブルースカイブルー
    秀樹のバラードで
    一番好きです
    今夜のご飯は
    バーモントカレーです。
    天国でゆっくり休んで下さい
    合掌

  • くさむらに
    ねそべって 
    そらをみた 
    ごがつのそらだ 
    あおいいろした
    そらだ 
    ぼくのまわりで 
    くさたちが
    かぜにそよいだ 
    ごがつのかぜだ 
    かぜのいろは
    みえないけれど
    みどりいろした
    かぜにおもえた 
    あかい
    すかーとをはいた 
    おんなのこが
    かぜにうかんだ 
    ごがつの
    おんなのこだ

    こんばんは
    みたらしだんごさん♪
    あの日が。詩
    ありがとうございます
    蜂蜜は採る花によって
    香りや味に違いがあります
    試食して決めるか
    初めは少量が
    いいと思います
    今朝は紅茶に蜂蜜を。。
    新しい一日に感謝です

  • えのぐくんたちが
    話しています 
    「ぼくの色はどうして
    こんなに変わってしまうんだろう」
    「わたしもそうよ 
    うれしくなるような色に
    変わるときもあるけど
    いやだなあと思う色に
    なったときは悲しいわ」
    「たまにぼくそのままの色が
    ちょっとぬられただけで 
    絵がひきたつことがあるけれど 
    そんなときはほこらしいよね」

    こんばんは
    みたらしだんごさん♪ 
    風邪でせきが2週間続いて
    蜂蜜を試しました^利用して
    1週間もしないで治りました
    蜂蜜には殺菌作用や
    老化防止効果があり
    牛乳にスプーン1杯入れて
    飲み^楽しんでいます
    新しい一日に感謝です

  • 木は鳥がうらやましいです
    あちこちと飛びまわれるから
    鳥は木がうらやましいです
    えさを探しに
    いかなくてもいいから
    にんげんは
    木も鳥もうらやましいです
    どちらも生きることに
    悩んだりしてないみたいだから
    悩んでる木や
    悩んでる鳥を見かけたら
    一報くださいませんか
    そのときはぼくも
    宮沢賢治さんのように
    コワガラナクテモイイヨと
    声をかけてあげたい

    こんばんは
    みたらしだんごさん♪
    魔法の風。詩
    ありがとうございます
    先日^山菜採りに
    出かけてきました
    天候にも恵まれ
    まだ雪の残る山々
    水面に映る新緑に
    楽しんできました
    新しい一日に感謝です

  • なんだか
    しらないけれど
    親鳥がエサを
    くわえて戻ってきたら 
    いねむり人間
    ねていたよ 
    なんだか
    しらないけれど 
    いねむり人間
    ぱくぱく食べた 
    夢といっしょに
    もりもり食べた
    雨のあがった朝
    緑の葉の一枚一枚に
    丸い水滴が
    一つ一つ 一つ一つ
    言葉は風にちぎられて
    小さな雲になって
    霧のような雨になって
    飛んで行って
    あとに虹がかかったよ
    なんだか
    しらないけれど

    こんばんは
    みたらしだんごさん♪  
    雨上がりの虹。詩 
    ありがとうございます
    5月の暦に23日は
    ラブレターの日。
    5こい-2ぶ-3み-だとか
    不安定な天候です
    体調管理に気をつけてください
    新しい一日に感謝です

  • 声も出さずに 
    ぼくらは話した 
    音もたてずに 
    ぼくらは歩いた 
    そして 音もなく
    水が流れていた 
    或る日 ぼくらは 
    音もたてずに
    ヴァイオリンを弾いた
    水たまりの上を 
    曲が流れた 
    ぼくらは目を瞑り 
    ぼくらの音を 
    見つめていた

    こんばんは
    みたらしだんごさん♪ 
    夜の星。詩 
    ありがとうございます 
    気難しいし
    素っ気ない
    そんな世代かもね
    新しい一日に感謝です

  • 夜の静寂の中で
    マッチをすると
    明りは時間となり
    時間は過去をつくり
    過去は感情になり
    感情は夜を 二つに分け
    歌が生まれるだろう
    そして夜の歌が
    眠る子供らの
    耳もとに とどくころ
    親たちは子供らに
    めぐり逢うため
    家づくりをはじめ
    愛情というものを
    こしらえる準備の
    夜のしじまの中で
    心を休める時に
    つつまれるだろう

    こんばんは
    みたらしだんごさん♪ 
    夜になると
    労働のご褒美
    空いっぱいの星が
    手にとるように
    輝いている
    新しい一日に感謝です

  • 叔母さんと
    夕暮れの野道を
    歩いていたときでした
    叔母さんはもう一人で
    帰れるからいいよと言って
    木橋の欄干を
    ひょいとまたぐと
    あろうことか
    叔母さんは
    カタツムリになって
    小川にぽちゃんと
    飛び込んだのでした
    叔母さんの家は
    この小川を
    さかのぼった隣村です
    それにしても
    あのときの
    カタツムリになって
    帰っていった
    叔母さんは
    なんだったのかと‥

    こんばんは
    みたらしだんごさん♪
    飛行機音。俳句 
    ありがとうございます 
    空を見ろ 鳥だ! 
    ジェット機だ! 
    いいえ、スーパーマンです
    そのスピードは
    弾よりも速く
    その力は
    機関車よりも強く
    高いビルディングも
    ひとっ飛び
    彼はnaruと名を変えて
    みたらしだんごさんを
    日夜心配しているのです

  • 行ってみたい遊園地がある 
    今も昔のまま
    そんな
    ノスタルジーあふれる遊園地 
    どこかにきっとある気がする 
    入園料 無料で
    乗り物が10円50円で遊べる 
    懐かしい乗り物が  
    いっぱい入口の扉を開けると
    本当に昭和感たっぷり!
    飛行塔 豆汽車 豆自動車 
    ミニヘリコプター
    メリーゴーラウンド
    こどもにもどりたい 
    おとなたちのための
    遊園地

    こんばんは
    みたらしだんごさん♪
    水たまり。俳句 
    ありがとうございます
    寒くなると食べたくなる
    ぜんざい(善哉)が
    だいすきです
    あ!ひさしに
    スズメが
    巣作りしていました
    新しい一日に感謝です

  • 雨空のうっとしい天気が続く
    そんなときアジサイを見ると
    気持ちが落ち着く
    やはりアジサイは雨に似合う
    アジサイの葉に日が当たり
    雨の雫がキラリ輝いている
    ぼくはカタツムリを見つけ
    飼育ケースに入れて持ち帰ると
    「気持ち悪いから~」と母に言われ
    そのケースに
    アジサイの葉を数枚入れて
    カタツムリ2匹入れて見せたら
    「あら!いいわね~」

    こんばんは
    みたらしだんごさん♪
    雨音。俳句
    ありがとうございます
    沖縄では梅雨に入った
    梅雨の風景は好きです
    アジサイがあるから
    新しい一日に感謝です

  • 昔はみんな
    パチンコやってた
    自転車が
    店の前にびっしり
    軍艦マーチが流れていて
    タバコの煙が
    もうもうとしてた
    それから映画館も
    三本立てで
    ニュースもあったし
    予告編もあった
    最近の演歌は唄えない
    「歌は世に連れ
    世は歌に連れ」
    心に響かない詩ばかり
    千昌夫「星影のワルツ」
    父が好きな歌でした

    こんばんは
    みたらしだんごさん♪
    不意に眠りから
    目覚めてしまうことがあった
    再び寝つかれぬまま
    さきほどまで 見ていた夢の
    情景がすべり込んできました
    新しい一日に感謝です

  • 生まれてはじめて
    高い高い山に
    登ったときのこと 
    下山では
    膝が割れてしまって 
    カニの横歩き 
    家の階段を
    上がるのも四つん這い 
    ところが気がつけば 
    雑念どもは すっかり
    消えてしまって 
    頭の中は空っぽで 
    とても清々しいです 
    おお これこそが
    登山の効用かと
    あのときの私は 
    感激しました

    こんばんは
    みたらしだんごさん♪
    元気出せよと。俳句 
    ありがとうございます
    カニは自分の
    甲羅に合わせて
    穴を掘るそうです
    日々ゆるやかに
    つづきますように
    新しい一日に感謝です

  • >>No. 754

    唐突ですが
    「そして人生はつづく」
    好きな言葉です
    イラン映画の題名です
    映画は実際に起った
    地震後の人々の暮しを
    ドキュメンタリー風に
    えがいたものでした
    どんな悲しみに
    遭遇しようとも
    命がある限り
    時間が流れている限り
    そして人生は続く限り
    小さな車が
    ジグザグの道の丘を
    何度も 何度も
    ずり落ちそうになります
    丘の上はどんな風景か
    それは未知のことです

    こんばんは
    みたらしだんごさん♪ 
    転がり 転がされて。詩
    自分の心が
    ハッキリ答えてくれる
    ありがとうございます
    新しい一日に感謝です

  • ゴールデンウイークが
    おわって
    ふだんの生活に戻ります
    子どもは力なく
    運動靴をはき
    大人は
    はれぼったい顔を
    駅にはこびます
    そしてわたしは
    ぼんやりした顔で
    地図を
    眺めていました
    新しい地図
    古い地図
    ちかくの町
    遠い町
    または
    架空の町の地図

    こんばんは
    みたらしだんごさん♪
    思い出箱。俳句
    ありがとうございます
    朝晩との気温差で
    体調崩しませんように 
    新しい一日に感謝です

  • スイカのように
    ごろんところがっていたい
    タタミのうえでごろん
    砂浜のうえでごろん
    ごろんと この地上のどこかで
    ごろんごろんと
    ころがっていたい
    たっぷりと水をふくんで
    ちょっとした重さをもって
    それだけで
    じゅうぶんなんだ
    といっているような
    ごろんとした
    ものになりたい
    ごろんところがっていたい
      
    こんばんは
    みたらしだんごさん♪ 
    西瓜の出番。俳句
    ありがとうございます
    5月の移ろう
    湿り気を含むと南風 
    新緑を揺らすとほど
    なると青嵐と呼ぶ 
    欲しいのは薫風
    新しい一日に感謝です

  • 休日に父が
    「動物園行くか?」
    「うん行く行く」
    「あれっお父さん、
    ここの動物園、
    お馬さんしか いないよぉ!
    象さんお猿さんは?」
    競馬場にいくと
    ゴール前は柵が
    外れそうなくらい混んでいた
    馬が走ってくると
    父はぼくを持ち上げて
    見せようとしたが
    よく見えなかった
    それでも楽しかった

    こんばんは
    みたらしだんごさん♪
    こちらこそ すみません。
    お茶の友は、
    今の時期は かしわ餅です
    女性は7の倍数の年齢の時に
    体に変化が訪れるといいます
    花冷えの頃は
    体調を崩しやすいものです
    どうぞご自愛のほどを
    新しい一日に感謝です

  • 人に言葉が
    与えられているのは
    なぜだろう
    それは他人と
    意思の疎通を
    はかるためだと思う
    思っているだけでは 伝わらない
    言葉のキャッチボールが必要だ
    うまくいけば
    楽しいひとときが
    与えられるばかりか
    ひと一人では知り得なかった
    相手の歩いている道を
    知ることにもつながる
    一度きりの人生だ
    言葉を上手く使って
    心豊かな日々を送りたい

  • 町を流れる川には
    今は使われていない
    灯台が残されています
    川に灯台があったなんて
    ちょっと驚きです
    かっては いかだ舟が
    道路を走る車のように
    繁く往き交じっていたのでしょう
    時代劇のセットを
    見るような櫓の形をした
    川の小さな灯台は
    人々の暮らしのつつましさを
    彷彿とさせてくれます 
    過ぎた日々の
    哀しさと美しさに
    ふと涙が
    こぼれるときがあります

    こんばんは
    みたらしだんごさん♪ 
    時代の跳び箱。詩 
    ありがとうございます
    五月に入ったとたん
    暑いのが きつくなった
    冬生まれだからでは
    ないだろうが
    北限の茶どころ村上市で
    初夏の訪れを告げる
    茶摘みが始まった
    新しい一日に感謝です

  • 五月のひかりが
    かがやいて
    キラキラ キララ
    ぼくは 赤信号
    見落とした
    キラキラ アララ
    そこで
    気持ち 落ちつかせ
    水を ごっくん
    のんでみた
    ルラルラ ルララ
    涙の味して
    声がした
    ここまできたんだ
    だいじょうぶ
    だいじょうぶ
    ふりかえってごらんよ
    だいじょうぶ
    キラキラ キララ
    ラララ ラ ラルド
    だいじょうぶ ラララ

    こんばんは
    みたらしだんごさん♪ 
    なんでもキラキラ。俳句 
    ありがとうございます
    5月20日から3か月
    カンボジアに
    ミッションで
    行って来ますね
    新しい一日に感謝です

本文はここまでです このページの先頭へ