ここから本文です

投稿コメント一覧 (282コメント)

  • 「クオカ、まだぁー?」ってとこですね。

  •  カルロス・ゴーン氏は、国税庁からの所得税の請求についてですが、まず所得総額の約50%相当に対して、過去7年間遡って所得税がかかります。

     そこに最大35%の特別重加算税がかかります。特別重加算税とは、過少申告に至った手法などが悪質と判断された場合に加算されるのですが、ゴーン容疑者の場合は課される可能性が指摘されています。

     さらに、その所得税の脱税行為であるパーマネントトラベラーをいつからやっていたか?という判断の年限によりますが、税の延滞税として14.6%が加算されます。

    ◆日産自動車ゴーン容疑者問題は、「永遠の旅行者」「永遠の旅人」らの”租税回避・税逃れ”の手口問題です!
    http://chiba-jp.work/?eid=566

     「カネカネカネ」とやってきたカルロス・ゴーン氏の金を貯めるという発想は、第一次世界大戦でドイツに多額の賠償を課したベルサイユ条約の愚かさと似ているように思えます。
    古典派経済学に反論したジョン・メイナード・ケインズ氏は、多額の賠償金を課すことに反対しました。結果的に供給力増強=ドイツの国力増強ということになるから。その後ナチス政権誕生を許した一因ともされています。

     いくらお金を内部留保しようが、個人で蓄財しようが、企業の供給力を毀損したり、品質低下を招くようでは、本末転倒です。

  • >>No. 763

    aji 様

    黒鉛電極の値段の値上がりという背景、よくわかりました。
    情報ありがとうございました。

  • 中国とは仲良くしてはいけない国です。
    法輪功問題で取り上げられましたが、死刑囚から臓器を麻酔をかけず摘出するような野蛮な国。
    その臓器を日本人が買っているということについて、私は規制すべきではないかと思います。

    ◆武力行使でなく民族洗浄による中国の日本に対する侵攻を助長する移民政策推進
    http://chiba-jp.work/?eid=554

    ◆高度な能力や資質を有する外国人を受け入れる」の欺瞞と「中国による洗国(せんこく)」の恐怖
    http://chiba-jp.work/?eid=372

  •  パーマネントトラベラーで日産自動車の寄生虫だったゴーン氏を追放したのは、日産自動車にとって好影響とみます。

    ◆日産自動車ゴーン容疑者問題は、「永遠の旅行者」「永遠の旅人」らの”租税回避・税逃れ”の手口問題です!
    http://chiba-jp.work/?eid=566


     安倍首相にお願いしたいのは、ついでに外需に頼るのではなくて国内需要拡大のための財政出動をお願いしたいです。そうすれば日産自動車も中国(東風汽車)とビジネスしなくてよくなります。

    ◆グローバル輸出で稼ぐというのは、自国の繁栄を他国の犠牲の上に作るエゴむき出し政策です!
    http://chiba-jp.work/?eid=562

  • 新宿東口のビックロを見ていて思うのですが、ファーウェイのエスカレーターの宣伝は辞めていただきたい。
    ついでにいえば、ファーウェイ製品の販売を禁止していただきたい。

    ◆中国Huawei・ZTE問題と、国家安全保障にかかわる次世代通信システム5Gサービスについて
    http://chiba-jp.work/?eid=567

  • ファーウェイ、ZTE問題は、日本の企業においても真剣に考える必要があると思います。
    普通に内需主導シフトすれば、外需に頼らなくても、日本は人口の増減に関係なく豊かになれます。

    ◆親日家の投資家ジム・ロジャーズ氏が指摘する日本の財政破綻に反論する!
    http://chiba-jp.work/?eid=323

    ◆グローバル輸出で稼ぐというのは、自国の繁栄を他国の犠牲の上に作るエゴむき出し政策です!
    http://chiba-jp.work/?eid=562

  • ノンホルダーですが、欲しくなった銘柄の一つです。

    売上高営業利益率が、2018年12月期以降予想値で20%近くまで上昇している理由について、
    どなたかご教示いただけるとありがたいです。

  •  ゴーン氏の問題は、パナマ文書で問題になった「パーマネントトラベラー」問題であり、絶対に許してはいけない「税逃れ」です。
     法令の効力には、米国などが採り入れる属人主義、日本と欧州が採り入れる属地主義があるのですが、欧州にはさらに183日ルールと呼ばれるものがあります。そうしたルールを悪用して、日本に1円も税金を払っていない疑義があるため、逮捕されたと思っています。

     それだけではありません。カナダでファーウェイの孟CFOが逮捕された事件もそうですが、ZTEやファーウェイら中国への技術流出を恐れた米国が、同盟国に対してZTE・ファーウェイ製品を使うのをやめるよう呼び掛けています。

     一方で、日産自動車は今年2018年1月に中国へ1兆円の投資をすると発表しています。ゴーン氏は2018年6月の株主総会でルノーとの経営統合を否定していたにもかかわらず、秋になって経営統合を言い始めました。

     日産自動車のフランスへの技術流出を食い止めるという意味でも、仮想敵国中国への技術流出を食い止めるという意味でも、東京地検特捜部を動かさざるを得なかったのだと考えられます。

    ◆日産自動車ゴーン容疑者問題は、「永遠の旅行者」「永遠の旅人」らの”租税回避・税逃れ”の手口問題です!
    http://chiba-jp.work/?eid=566

  •  ゴーン容疑者が悪事不正で蓄えたものをすべて吐き出させるため、西川社長以下日本国籍を持つ日本人の役員の皆様には、東京地検特捜部への協力をお願いしたいと思います。

    ◆日産自動車ゴーン容疑者問題は、「永遠の旅行者」「永遠の旅人」らの”租税回避・税逃れ”の手口問題です!
    http://chiba-jp.work/?eid=566

  • 水道や空港のコンセッション法導入には大反対です。
    この国は、終わっています。詰んでいるといえます。

    仮に民営化するとしても、なぜ外資規制をかけないのか?
    安倍政権は、典型的なレントシーキング支援政権。
    許せないのは外資規制をかけないこと、これに尽きます。

    もちろん、民営化せず公務員国有化して、ちゃんと予算を付ければ、民営化なんてしなくてもよい。
    「予算を付ける=政府支出する=公共事業として生産する=公務員の給料になる」

    GDP3面等価の原則で、支出=生産=分配(給料)で経済成長でデフレ脱却するのですが、
    支出を抑制しなければならないとする家計簿発想で国家の財政運営を考えている国会議員がほとんどであるため、
    水道法改正をなんとも思わない国会議員らが多いということです。

    ◆安全でおいしい水を廉価で飲める日本のすばらしさを考える!
    http://chiba-jp.work/?eid=442

    ◆電力サービス、空港サービスなど、大災害時にサービスを維持するために赤字になっても復旧作業できるのは、どういう場合か?
    http://chiba-jp.work/?eid=542

    ◆インフラファンドとレントシーキング問題
    http://chiba-jp.work/?eid=311

    ◆刑務所の民営化は、正しいのか?
    http://chiba-jp.work/?eid=286

    ◆レントシーキングについて!(格差を作る方法とは?)
    http://chiba-jp.work/?eid=279

  • ◆日産自動車ゴーン容疑者問題は、「永遠の旅行者」「永遠の旅人」らの”租税回避・税逃れ”の手口問題です!
    http://chiba-jp.work/?eid=566

     日本人の日本国籍を持つ西川社長を応援したいという気持ちになりました。

     カルロス・ゴーン事件は、日産自動車にとっても、三菱自動車にとっても、日本の国益を考えた場合でも、技術流出を食い止めたという点で、よかったかと。

     何しろゴーン容疑者は、株主総会ではルノーとの経営統合はしないと言っていたにもかかわらず、秋に日産自動車を経営統合するといっていたのですから、デタラメもいいところです。裏ではバリバリのグローバリストでEU推進のマクロン大統領が手を引いていたとのうわさもあります。

     ゴーン容疑者は日産自動車の寄生虫であり、ゴーン容疑者のような「永遠の旅人」として税逃れをする輩こそ、グローバリストの正体です。三菱自動車もゴーン容疑者を追放したのは正解といえるでしょう。

     マクロン大統領でさえ、大企業経営者優遇で一般庶民を軽んずる政策を推進して、フランス国民が反発しており、マリーヌルペン、メランションらと次回の大統領選挙で大苦戦することに違いありません。

  • ◆日産自動車ゴーン容疑者問題は、「永遠の旅行者」「永遠の旅人」らの”租税回避・税逃れ”の手口問題です!
    http://chiba-jp.work/?eid=566

     日本人の日本国籍を持つ西川社長を応援したいという気持ちになりました。

     カルロス・ゴーン事件は、日産自動車にとってもいいことですが、技術流出を食い止めたということもいえます。
    何しろゴーン容疑者は、株主総会ではルノーとの経営統合はしないと言っていたにもかかわらず、秋に日産自動車を経営統合するといっていたのですから、デタラメもいいところです。

     ゴーン容疑者は日産自動車の寄生虫であり、ゴーン容疑者のような「永遠の旅人」として税逃れをする輩こそ、グローバリストの正体ともいえます。

     マクロン大統領はバリバリのグローバリストで、暴動などで支持率下がっていますが、ますます反グローバリズムの流れが加速するかもしれません。

  •  京セラ200株、信越化学100株保有しているのですが、保守的な信越化学と比べますと、京セラはいつも下方修正というイメージがあります。
     下方修正の常連というと言いすぎでしょうか?
     上方修正したときは、たしか会計基準の変更とかそんな感じ。今回の下方修正は、ポリシリコンの減損と聞いております。

  • 11/30の昨夜というより、12/01のAM01:30に渋谷の道玄坂の磯丸水産に行きました。
    終電に乗り遅れたため、始発AM04:45頃までお店にいました。

    AM01:30 客席稼働率15%
    AM02:45 客席稼働率50%
    AM03:45 客席稼働率75%
    AM04:30 客席稼働率95%

    上記の稼働率の数値は、席の埋まり具合の見た目なので、かなりアバウトなのですが、
    AM02:30頃から、急に混み始め、AM04:00にはほぼ満席。

    その時間帯でも
    「(客)これから10人なんですけど、入れますか?」
    「(店員)満席で難しいですね!」
    というやり取り。

    渋谷という立地条件がそうさせているのかもしれませんが、びっくりです。
    お店の人に聞いたところ、クラブ帰りの若者たちが、AM02:00~の時間帯で来店するらしく、
    珍しいことではないそうです。

    因みに、渋谷の道玄坂の磯丸水産は、外国人労働者はいませんでした。
    日本人の従業員の給料がUPできて彼らの働きも報われるといいなと感じました。

  • 随分と値下がりしたなぁーと思ったら、台湾の合弁事業は中止になったのを知りました。
    代わりに日本で工場を作るとか、するのでしょうか?
    台湾と合弁といっても、中国系ということもあり得えます。中国と合弁となれば技術流出のリスクが高まるので、そういうシナリオにはならないようにしていただきたいです。

  • ここの優待カードは、ピーコックでも使えるということに気付きました。
    近所にイオンはありませんが、ピーコックは、よく使っているので、ウォッチ銘柄に入れました。

  • >>No. 486

    なか 様

    貴殿の説明でよくわかりました。
    広告の媒体が違うと理解しました。
    同じ土俵で語るのは確かに間違ってます。

    比較するのは間違っていることを承知で気付いたのですが、バリューコマースの場合、例えばメルカリだけを中心に広告するというメリットもあると思いました。グーグルのアドセンスでは、広告の種類を指定できないなと思った次第です。

    大変失礼しました。

  • トップライン拡大よりもボトムアップ徹底でのし上がったと言えるのが、カルロス・ゴーン。
    ボトムアップ徹底に貢献するのは、コストカット。
    だからカルロス・ゴーンがコストカッターと言われるゆえんなのでしょう。

    でも、よくよく考えると、カルロス・ゴーンこそがコストです。

  •  弱小優待乞食ホルダーで100株保有です。

     四季報をみますと、増配予定とあるのですが、これ以上配当は増やさなくてもいいので、安全面に力を入れていただきたいと思います。安全へのコストを削減してまでして、鉄道事業は公共事業ですので、配当を増やす必要はないと思うのです。

本文はここまでです このページの先頭へ