ここから本文です

投稿コメント一覧 (5856コメント)

  • 丸山の戦前著作に対する戦後の批判などとっくに丸山自身が気づいていた部分にすぎないということがよくわかる。執筆時の時代背景の説明も貴重。

    丸山眞男集第12巻所収。

  • 世の中にはテメエの思考の限界を他人の思考の限界と考えるトンマがいる。キリスト教徒なんてのはその典型で澄み切った顔で大量虐殺したり原爆落としたりするから油断がならない。懐さえいたまなきゃこれも神の思し召しとつぶやいて終わり。ところが自分の口座から現金が抜かれてたりしようもんなら暗殺部隊を送ったり銃を乱射したり大暴れ。聖書を振りかざして大嘘をまくしたてる詐欺師、気に入らないヤツの庭に三角頭巾で集合して火のついた十字架を立てる嫌がらせ集団、サブマシンガンを持ってほふく前進してるキチガイ…こいつらも日曜には迷彩服来た牧師のインチキ教会に全員集合。

    楽な精神だよな〜

    そいつらが行く天国が万が一あったとしても絶対行きたくないね。どんな天国もそいつらがいるだけで犬小屋天国とわかるから。となりの豚小屋天国には芸能人のブログを炎上させて何か成し遂げた気になってるひきこもりが集められてるんだろな。友好条約でも締結してろ!

  • ゴダールの1970年代公開映画、「ヒア&ゼア こことよそ」「うまくいってる?」「パート2」の3作を収録。現在にいたるゴダールの音と映像の実験(“ソニマージュ”)を知るには欠くことのできない作品が、待望のブルーレイリリース。「パート2」は国内初ソフト化!

    紀伊国屋だけに分厚いブックレットついてるのかな〜

    おれも映画を撮ろうと思ったことがあってね。ゴダールのパクリで「裏庭における闘争」。裏庭で野良猫が喧嘩してるだけの映像にシュトックハウゼンや一柳慧風のピキン、パカン、シュルシュル〜という効果音をつける。途中にアルカイダの戦闘訓練やナチ党大会の記録映像をいれて何か深遠なメッセージがあるかのように深読みさせるわけ。

    試写には保健所からもらってきた猫100匹を招待。大騒ぎだろな。

  • スポーツはクズ白人というかジョックスの匂いがするんだよ。

    拍手乞食や勲章乞食の拝金試合など見とうない!

    石切場や廃工場でヤクザの雇った武道家くずれと対決し勝っても黙って去っていく。見ているのは野良猫やコオロギだけというのがおれの考える真のスポーツ。

  • 「なぜ少子化対策の担当大臣が必要か、わからない。地球の有限性を考えれば少子化の方が絶対に望ましい。世界人口が10分の1になっても人類は存続できる。たかだか数百年前はその程度の人口でした」

    朝日新聞 オピニオン 2月8日

    m9(^Д^)プギャー

  • そのうち野良猫も労働力にしかねないな。

    ネコの社会進出っていらねえだろ!

    そもそも労働自体が貧乏くさい。

    できるだけ労働をしない世界を目指したいと思わんか?

    今の労働者など下手すりゃ江戸時代の百姓より働いてるとみた。

    それには欲望をじわじわと変化させる。

    一日一食でも労働しないほうを選ぶニュータイプへの進化。

    奇怪な主張をすれば労働しなくていいとかおれに都合のいい社会こないかな~

  • >>No. 277

    シュヴァルの理想宮からノイシュバンシュタイン城まで暇人の思いつきのほうが人類への貢献度は高い。

    南アフリカの鉱山で朽ち果てた労働者の掘ったダイヤは成金の情婦の首飾りにしかならない。

    労働は貧乏人への刑罰であってカルヴァン的屁理屈で神聖化してはならない。

  • この夫人をくびり殺して
    捕はれてみたし
    と思ふ応接間かな

    人の来て
    世間話をする事が
    何か腹立たしく殺し度くなりぬ

    自殺しようか
    どうしようかと思ひつゝ
    タツタ一人で玉を撞いてゐる

    一里ばかり撫でまはして来た
    なつかしい石コロを
    フト池に投げ込む

    地平線になめくぢのやうな雲が出て
    見まいとしても
    何だか気になる

    ↑ 。。。

  • 号外の真犯人は
    俺だぞ………と
    人ごみの中で
    怒鳴つてみたい

    これも猟奇歌。ポオの作品にもありましたが、人間にはやってはならないことだからこそやってみたいという願望がありましてな。断崖で下を見たとき飛び降りてみたくなるとか。ドストエフスキーの地下室男も完全な世界ができたら人間は耐えられくなってわざとブチ壊すだろうと述べておりました。

  • >>No. 326

    少女死ぬまで炎天の縄跳びのみづからの円駆けぬけられぬ

    医師は安楽死を語れども逆光の自転車屋の宙吊の自転車

    塚本邦雄

    今になってみるとうまく説明できない3番目の歌のほうがいい感じ。

  • スウェーデンの大都会。若い看護婦シブ・エスルート(E・ペルソン)は街で若い男と知りあい、その夜、逢う約束をした。彼を待つ彼女の胸には、過去の数々の情事が、走馬灯のようによみがえってきた--。シブは小さな町の宗教的な家庭に育ち、フィアンセのスエン(P・マールト)は熱心なクリスチャンだった。かたぶつのフィアンセ、いかめしい環境--若いシブはがまんできなかった。町の病院につとめているとき、患者のハインツと肉体関係をもった。しかし病気快復した彼が彼女に求婚した時、それを断って大都会にでた。誰からも縛られない自由な生活とセックス。両親からも、フィアンセからも離れ、完全な自由を求めて大都会へ出ていった。そして市の病院の手術室つきの看護婦となった。ある日、湖畔のレストランで、航海から帰ったばかりの船員と会い、たちまち新しい情事が始まった。一方、病院の外科医とも関係をもった。彼女には男を夢中にさせるものがあったのだろう。そして船員は、二週間すれば航海に出るからと、求婚した。これが彼との情事の終りだった。やがて外科医との関係も終止符をうった。彼には他に女性がいたのだ。結婚してくれれば、その女性は捨てる、と迫ったが、しょせん無駄だった--。夜、約束の時間がきた。シブは新しい情事のスタートに胸を躍らせながら男の足音に耳をすました。やがて情事が終った。男の名前をシブは聞いた。だが彼は答えなかった。“これ以上、関係を続けたら結婚したくなるからな”と言って消えていった。この皮肉なめぐり合わせに、シブは、男があっ気に取られるほど、ヒステリックに笑い続けるのだった。

    ↑ Movie Walker

    モノクロだし地味。そこらの事務員にしか見えないヒロインなんとかならんのか。要するに結婚に向かない女の話なんですわ。正直おれはこういう女のほうが良妻賢母より好きですけどね。一人の女を食わせるだけの根性がおれにはない…それは大前提としても一人の女と生涯を共にする意味がわからないわけよ。なんだその拷問は! そういう無理を世間の常識に据えるから家庭内暴力がおこるんでないの? 適性のない人間もいるんだと覚悟したほうがいいよ。女もそのような常識に自分をあわせなくていいと思う。一人が好きな女のどこが悪い…と開き直ってしまうと楽だよ。無理に世間にあわせると幼児虐待したり鬱病になるぞ!

  • 看護婦シブ(G・ペトレ)は若くてハンサムな美術骨とう商ハンス(L・ルネー)と結婚して二年になる。情事はしても、結婚はいやがったシブ。その彼女が結婚したのだから、ハンスはよほどいい男に違いない。だが彼は、お金があれば美術品を買ってしまう男。それ故いつも借金に苦しめられていた。そのうえ彼はシブを裸にし趣向をこらして写真をとるのを好んだ。そして彼女のヌード写真はハンスの上客スベンドセンの目にふれ数日後、夫の命ずるままに彼女はスベンドセンと関係をもった。多額の報酬金。だがそれもハンスは美術品を買ってしまう。その夜から、シブの肉体は、ふたたびもとの女にもどっていった。ハンスとの生活は表むきだけで、再びつとめた病院で、あくことなき情事を、つみかさねていった。まず外科医レオと、よりをもどしこれを手始めに気の向くままに体を売っていった。ある夜、若い女性が救急車で病院に運びこまれた。彼女の告白はシブを戦慄させるに十分だった。彼女はハンスの前の妻であり、彼女のヌード写真をとりまくったという。そのうえその写真をみたすべての男と関係を結ばせたというのだ。彼は彼女を堕落させ破壊してしまうと、あっさりと捨ててしまったという。シブは初めて夫の正体を知った。そして、きっぱりと別れを告げるのだった。

    ↑ Movie Walker

    あれ、今度はヒロインが美人だけど小じわの目立つ厚化粧のおばさんだ。吸血鬼顔の薄気味悪い亭主の正体は元武装親衛隊。「おれは今でもナチだ! クズどもはみな死んでしまえ!」と騒ぐものの妻が出ていくと急に廃人のようになってしまいます。そこに現れて介抱するのが老母。嫁に「あんなクズ殺してちょうだい」と拳銃渡してたじゃん「愛よりも強いのが憎しみの感情なのよ!」ともいってたぞ。脚本が前作と同じおなごですがエロとスリルと変態度が大幅に増加。妻に売春させておいて「昨夜の出来事は美しい芸術だよ」と居直るバカ亭主がまるで自分のようでいやになるね。

  • ベーシック・インカムでいいんじゃないのか?

    ちょっと世の中働き者を称賛しすぎてるだろ。ベーシック・インカムもらって世界文学全集読みふけるか大企業がスポンサーの拝金イベントに頻繁に行くか。世の中は後者のために設定されている。前者は協調性や社交性がないと国家が判定、徹底的に弾圧され、秘密警察の監視対象となり、人格改造収容所で再教育…はないが似たような扱い。

    上場企業の社長ごときの人生訓などネコの顔洗い程度のインパクトしかないと知れ!

    金持ってるだけの凡人の寝言は日めくり便所カレンダーに小文字で印刷しておけ。

    労働は強制収容所も会社も同じ。くだらない小理屈で美化するのやめろ。やることがないから働いてるマヌケも相当いるし裏庭権力を他人に行使する快感で働いてるウスラバカもいる。

    労働は貧乏人の刑罰…おれの第四法則

  • >>No. 339

    葛原妙子

    信仰なんか関係ねえ! ただクズ世界のいやいや人生を終えるときくらいは醜いもん見たくないってこと。

    …おれ解釈でした。

  • >>No. 343

    練習問題1.10

    HがGの正規部分群、KがHの正規部分群であっても、KはGの正規部分群とは限らないことを、対称群S4を例にとって示せ。

    …群論の本20冊調べてあったのこの本だけ。

    凡人は物量作戦をとれ…おれの第五法則

  • 天皇を中心とし、それからのさまざまの距離に於て万民が翼賛するという事態を一つの同心円で表現するならば、その中心は点ではなくして実はこれを垂直に貫く一つの縦軸にほかならぬ。そうして中心からの価値の無限の流出は、縦軸の無限性(天壌無窮の皇運)によって担保されているのである。

    丸山眞男「超国家主義の論理と心理」

    あ~やっとわかってきた。インテリが酔うこのケチのつけようがない美しい図式。だが違う。丸山よりはるかに劣るおれの皮膚感覚として違う。万民というか大衆は普段天皇のことは考えていないしその垂直の軸から価値が流出してるなどと考えたことすらない。大衆はどんな体制下でも無責任だし適応してしまう。なぜならどんな体制も大衆の思いつきにすぎないからだ。垂直な軸はキリスト教だろうがイスラム教だろうが拝金原理主義だろうが一緒。

    中国にしても祖霊信仰という形で多数の垂直な軸がある。日本の場合中国の祖霊信仰に皇室という特別な軸が加わっただけ。

    この垂直な軸をつぶすには生命至上主義という生物の本能を消す以外ない。

    天皇制を廃棄しても日本人は丸山眞男やチョムスキーにはならない。やってくるのはむき出しの大衆独裁制。

  • >>No. 358

    大衆独裁制が徹底的に効率を重視すれば優秀でない人間を収容所で抹殺したり障害者の強制避妊になる。何が優秀なのかは大衆の決め事だから大衆が認めない優秀というのはない。するとその「優秀」はすでに大衆により精神汚染されていることになる。大衆が政治にのめりこめばナチズムだよ。

    よって大衆の政治不参加こそが明るい未来をつくる。大衆の選挙権を剥奪する。人類の5%くらいの秀才や天才以外がすべてを決める。残り95%のクズが5%になりたい場合は激烈な試験に挑むわけ。秀才も油断してるとクズに転落するためサボれない。

    以上クズの主張でした。

  • デンマーク人は日本人よりバカが少ない。なんせ人口550万くらいだからね。バカの数も540万くらいだろ。日本なんて1億1千万のバカをかかえて日々苦労してるわけだ。

    バカが少ないほうが優雅な生活してるじゃねーか!

    な~にが少子化だ。バカ減らしで優雅に暮らそうぜ。

    以上全国バカ連合日陰派の意見でした。

  • リリー・パルマー55歳…ジョン・モルダー・ブラウンが息子ですが溺愛しすぎ! マザコン少年の末路は変態殺人鬼かホモなので要注意ですな。ばっちりアイメイクした院長リリー・パルマーの欲求不満演技が妙にエロい。

    わけあり少女たちばかり集まる寄宿舎のため夜になるとレズビアンいじめ大会、くじびきSEX大会、恍惚の鞭打ち折檻で大盛り上がりです。昼はスカートのプリーツは乱さないように、白いセーラーカラーは翻さないようにゆっくりと歩いてます(ウソ)。

    http://www.youtube.com/watch?v=Ig0d9e_soLw

本文はここまでです このページの先頭へ