ここから本文です

投稿コメント一覧 (2593コメント)

  • >>No. 3072

    トピを作る時に、「 [そう思わない] ボタンは表示しないというイカサマ・オプションがあるの?

  • 老舗の「邪馬台国論争が好きな人集まれ!!」は、キ印の巣窟になってしまった。
    良識は無力。

  • >>No. 235748

    馬鹿珍は、オマエは日本語で考えているから「故無き火起こり」より「故無く、火起こり」の方が落ち着くと感じるのだ、みたいなネゴトを言ってたが、、、。
    訓読された日本語で考えたらそれぞれ意味は明白なので、どちらかしか、「落ち着」かないよな。
    で、ワシはもちろん漢文ネイティブではないので、この「落ち着き」は漢文でも日本語でもない、個々の言語より一段抽象化されたレベルから出てくると考えられる。
    「故無き火」ってのは不審火のようなニュアンスではないかな。普通の石は燃えないから、石が燃えたら不審火ではなく不審石だ。これに対して「故無く、火起こり」なら「火起」という現象が摩訶不思議なわけで、ぴったりくる。

    こんな処理をしているとすれば、脳内の言語エンジンはすばらしいね。(事実はどうなのかわからんけど。)

    今日はこれからお出かけ。外はクソ暑そう。

  • >>No. 36698

    》それが短期間でみな色が白くなった

    あほくさ。

  • >>No. 235752

    》まあ、がんばんなさい。

    はい、先生、ありがとうございます。
    馬鹿が「故無く」エラソーにしてるのを発見したら、また馬鹿にしてやります。

  • >>No. 235750

    ありゃまぁ、いつもの引きこもりモードですか。
    くだらん野郎だねぇ。

    ま、お勉強して答えが見つかったらまた教えてね :
    >>>>>>
    その文法書には
    ● たとえ強調のためでも、副詞句とそれが修飾する動詞は切り離せない。
    と書かれているのか?
    <<<<<<

  • >>No. 231

    このトピに関しては「タイトル通り」になったけれど、ワシのFB友だちでも「大虐殺」を信じている人はたくさんいます。困ったものだけれど、FBではワシはおとなしくしてます。

    そして、250人ほどの日本政府公認の被害者について考察したかったのだけれど、相手してくれる人がいないと元気が出ない。

  • >>No. 235748

    そうかそうか、馬鹿珍のレスが
    「・・・・・?
    いつもの自問自答か。」
    となっているということは、まったく追いついてくる気配はない、ってことだな。

    オマエさぁ、レスする前に、とりあえずワシの発言をちゃんと理解しろ。
    エラソーにするのはその後。わかるか?馬鹿珍。

  • >>No. 235745

    》つまり、
    詞の置かれる位置により、その職分が決まる。《

    そんな『アホ文法原理主義』を信奉しているアホはオマエだけだと思うぞ。
    アホ文法原理主義では倒置の説明ができないだろうが、アホ、と百万回言わせるな。

    あのなぁ、オマエのネゴトはとっくに反論済みなのだ。さっさと、ワシが論じている地点まで追いついて来いよ。

    》ところで、
    君が根拠とする「文法」とは何?《

    オマエの「根拠とする文法」の意味が、やっとわかったよ。例えば「高等國文法」だったりするわけだ。
    でその文法書には
    ● たとえ強調のためでも、副詞句とそれが修飾する動詞は切り離せない。
    と書かれているのか?(と、これまた反論済み。)
    文法ってのはそれほどかっちりした規則ではない、そう考えるべき根拠も(何度も)説明済み。

    で、オマエのアホ文法原理主義に従って「故無き火起こり」と解釈しても、意味は「故無く、火起こり」とたいして変わらんから、ドーデモいいだろ。
    オマエは逃げ回ってるだけなんだよ。(と、これが最初にワシがつけたイチャモン。)

    とユーことで、台風一過、今日も馬鹿は無敵。

  • >>No. 235582

    なにしろ、mkpoは「卑彌呼以死大作冢徑百余歩」を、
    ● (死んだ)卑彌呼が大いに冢を作った
    と読むほどのアホです。
    いくらなんでもアホ過ぎでしょう。

  • >>No. 235558

    「ワイもそのあたりまあり知識がない」のですが、1000人という数字はきいたような。
    人数にも増して、日本軍の武器弾薬が提供されたことも大きいと思います。

  • >>No. 235528

    》動詞から切り離し、連用修飾語だけを前に出すことは、
    日本語文では出来るが、漢語文では出来ないのよ。《

    そんなアホ規則は(オマエのピーマンアタマの中にしか)ありません。

    》たしか、受験用漢文の参考書にも 「被修飾語のすぐ上につく」と書いてあると思うが・・・

    「副詞(句)+動詞」の結びつきは極めて強いので、強調や文の調子を整えるためにも、切り離すことはできない」とは書いてありません。
    できるに決まっている、その文法的根拠は提示済み :
    >>>>>>
    この文で、「火+起」の結びつきは「無故+起」の結びつきより強いので、「火+起」が一つの述語単位として認識されることに人は違和感を持たないのだ(オマエのようなアホを除く)。
    <<<<<<

  • >>No. 235519

    》君が誤訳をみて落ち着くのは、
    それが単に「日本語」だからである。《

    ワシは「文法」の解説をしてやっただろうが、アホ。
    ※ 強調のために前へ出した : 火無故起 → 無故火起

    この文で、「火+起」の結びつきは「無故+起」の結びつきより強いので、「火+起」が一つの述語単位として認識されることに人は違和感を持たないのだ(オマエのようなアホを除く)。

  • >>No. 235511

    キミの議論相手は無視リストに入れているから、キミの発言しか見えないけれど、

    》だからといって、戦前の日本が、東南アジア各国の独立勢力に独立を与えたわけではなく占領を続けていたのだし、《

    受け皿をきちんと作らないで既存秩序を壊した結果が、アフリカの殺し合いとか、最近のイラクやアフガニスタンやアラブの春なのだから、宗主国を追い出した後の治安・行政の責任を持つのは当然の手順でしょう。現に戦争中だったのだから、理想通りにはいかない。

    「東南アジア各国は・・・自ら独立を勝ち取った・・・。解放戦争だったかのように言うのは・・・傲慢」の部分は異論ありません。私は右寄りだが、「解放戦争だ」と主張するアホは困った連中だと思う。

  • >>No. 235446

    》だったら、最初の君のコメントは余分じゃのう。

    馬鹿はオマエに決まってるだろうが。簡潔そのもので余分などナシ。
    >>>>>>
    「故無く火が起こり」とフツーに(←「の」の誤り)人は読みます。
    だから、「故無火起」(原文のママ)でOK。これを(連用修飾語+(主語+自動詞))(=A)と理解するだけ。
    <<<<<<

    》「漢文の文法に従って、“故無く火『が』起こり”と読みます。」と言えばよい

    「漢文の文法に従って」読むのはあまりに当然なので、わざわざ書かん。アホ。

    》(漢語文法的には間違っているが・・・)

    ところで、
    オマエの「漢文の文法」って、
    どんな文法なのか?
    オマエが考案した、
    オマエだけの「漢文の文法」か?
    もし、それなら、
    そんなものを持ち出されても、
    「アホ」としか言いようがない。

    今夜も、馬鹿は無敵。

  • >>No. 207

    なぜかセレちゃんのこの投稿は非表示になっているが、ちょっと納得できないので。

    》震災当時の地方紙の記事はデマだよ。

    地方紙の記者が現地取材していないのは当然だが、何の根拠もなく空想で記事を書いているわけではない。首都圏の新聞がネタ元であり、平時から記事の供給を受けているのだ。

  • >>No. 235424

    (ホントに馬鹿の相手は疲れる。)

    》君は、
    >「》「阿蘇山が有って、その石は”故無く火を起こし”天に届く」
    で、
    >「我々庶民もその解釈に満足してます」
    じゃないのか?《

    「じゃない」に決まってるだろ。漢文の文法に従って、“故無く火『が』起こり”と読みます。
    “故無く火『を」起こし”と読むアホな先生もいるのか? そりゃアホな先生だ。

    とユーことで、「バカタレ」は常にオマエ。

    》離れていても用言に関連させれるが、 漢語はそうはいかない。《

    そりゃ、オマエのアホ文法。→

    》漢語は「語尾変化」も所謂「格助詞」も無いので、 漢字が置かれた位置で語の働きを考える。《

    オマエは馬鹿すぎて知らないだろうが、この規則はそれほど厳密ではないのだ。
    ま、「規則は厳密だ」と信じたいなら「強調のために副詞句を前にもってきたのだ」とでも考えなさい。

    》無知は可哀想にのう。

    ほんとに、馬鹿は無敵よのう。

  • >>No. 235361

    》それは、
    君の気持ちが、君自身で整理できていないと言う事であろう。《

    この馬鹿はホントに馬鹿でこまったものだな。
    どうして、何万回指摘されてもおのれが馬鹿であると自覚できないのだろうか。

    #235298 m》
    そもそも
    「故無く火を起こし」だと、
    漢文では、
    「故無起火」(連用修飾語+他動詞+目的語)となるが、
    原文は「故無火起」(連体修飾語+体言+自動詞)で、
    「起」の主語は「故無火」である。《

    >「故無く火を起こし」だと、

    「故無く火が起こり」とフツーに人は読みます。
    だから、「故無火起」(原文のママ)でOK。これを(連用修飾語+(主語+自動詞))(=A)と理解するだけ。

    >「起」の主語は「故無火」である。

    まあ、これ=「故無き火起」((連大修飾語+主語)+自動詞)(=B)もありだろうが、ワシは(A)の方が落ち着く。

    馬鹿は(A)はアリエナイ、と信じ込んでいるらしいが、文法的には何の問題もない。馬鹿珍がただただ馬鹿なだけ。

    そして(A)の方が落ち着くのがなぜかはわからん理由も、何度も説明済み。
    文法は完璧に解明されている状態からは程遠い。もし解明されているなら、半世紀前にコンピュータによる翻訳が実現している。
    したがって、(A)の方が落ち着く理由が文法的に説明できないことに何の不思議もない。


    》脳科学的に言えば、

    ワシが12年前に教えてやった話をワシにエラソーにする馬鹿。

    馬鹿がエラソーにするのは困ったものだが、まあ馬鹿は無敵なので仕方がない。

  • 暇なので自分の発言をさかのぼって読んでみたが、
    HTO は自分の発言をすべて削除しちゃったね。やることが姑息。

  • >>No. 235346

    》言語とは、主語や動詞の種類が変われば、
    意味は変わるのよ。《

    ↑今日の、「馬鹿は無敵」。
    「故無く火起こり」と「故無き火起こり」は、意味は同じですなぁ。

    でも、「故無き火起こり」はなんとなく相応しくないとフツーの人は感じるので、mkpo以外は「故無く火起こり」と解釈します。
    ワシがどうして「なんとなく相応しくないと感じる」のか、わからんけど。

本文はここまでです このページの先頭へ