ここから本文です

投稿コメント一覧 (628コメント)

  • いや、よく頑張ってると思うよ佐川にしては
    寄りは1800ぐらいだと思っていた。証券会社その他がきっちり仕事した感じだ。

  • >>No. 335

    割りと、ダークな企業の方が株価上がったりしますからね
    PCデポなんかよく上場してられるなと思ってしまう

  • >>No. 336

    まあ、シャレだと思って下さい。
    我々がいくら騒ごうが、もう明日の値動きは決まっているはず。

  • >>No. 332

    もろにSGHDの副幹事証券じゃねーかw
    まあ「下かな~」と思って臨んだほうが実際上だったとき嬉しいでしょ?
    あまり期待しすぎないほうが良いよ

  • >>No. 312

    ワシもそう思いますわ
    LINEのときなんてグレーマーケット15%上で大騒ぎだったのに
    複数当選するような銘柄で公募割れないだけでもありがたいと思わんと

    >>316
    どっちかと言うと貴方が言ってる海外の話は日通の仕事に近い。佐川は後発でやっとベトナムで目鼻付き始めた感じだと思う。ヤマトも別の東南アジアで佐川以上のことをやっている。いわゆるロジスティクス。
    商流なんて簡単だからどこでもやれてるわけで。難しいのは圧倒的に宅配、それも拠点から家庭までの宅配。(BtoBでも宅配があるという人がいるので一応w)
    宅配はすぐクレーム入る、配達時間にいない、交通混雑なんかも読みにくい。
    商流は時間に行くと必ず担当者が居る。
    難しい宅配を克服して配達するから大きな利益が入る。
    佐川清はかつて、「宅配だけはやってはいけない」と言い遺した。
    しかし跡継ぎの栗和田榮一は宅配業界に切り込んでいった。そうでないと儲からないから。
    清は「難しいことからは逃げる、強いものには下手に出る、弱いものには強く出る」を徹底して佐川を大きくした。その路線で、宅配などの下流ができないから上流工程の商流でやっていくと決断したなら結構だけど、それだと今後生き残っていけないと思うよ。

  • >>No. 289

    失礼。一株あたりの利益が6億1千万の訳がない。普通の利益と同じ単位で見てた。
    ヤマト一株あたりの半期利益が61円、通期120円、佐川は約103円となりますな。
    まあ指標や利益から直接株価は測れないのが現状で、それに需要や人気、将来性が絡んでくるわけで。
    私はこの銘柄は個人の人気というよりも、証券会社や金融機関のサポートで公募割れは無く
    彼らのメンツにかけてちょい上で推移すると考えております。長期的には日本郵便と同じぐらいへっぽこかと。

  • データ見てると面白いですねー
    ヤマトは2016年4-9月期の利益115億5400万円から、2017年4-9月期マイナス120億8700万円に転落してます。この幅は236億円となりちょうど従業員に払った未払い時間外手当242億に該当しますよね。

    ところが2017年10-3月期の利益は昨年の65億円から241億円にジャンプアップで4倍に膨れ上がってます。早くも値上げ効果があったということです。
    一株あたりの利益も半期で6億1千万となり、通期12億としても佐川の10億より上です。

    来期は佐川にこの未払金アタックがかかってきますから大変ですよー
    佐川は千代田営業所だけで未払金2億と言われていて、全国の営業所を足したらヤマト以上になるかもしれませんね。

    どっちが上り調子の企業なのかは一目瞭然だと思うんですけどねー

  • >>No. 271

    あー分割したんですねー
    秋前の水準だと公募の1640円は5000円ぐらいということになりますねー
    あわてて分割したっぽいですねー

  • PERとかROEなどの指標を出して株価を出している方がいますが、ヤマトの指標は時間外手当の未払い分を払った後の数値でしょう?たしかこれだけで242億のマイナス。佐川も今年、2年遡って時間外手当を支払うと言ってますよね。
    ところで株探のデータを見てると、佐川の一株辺りの利益が今季61%落ちて前期比39%にまで激減する予定ですが、経利も最終益も悪くないのになんでこんなに落ちてるんでしょう?株式を大量に発行して薄めたりしましたか?

  • IPOで濡れ手に粟を狙うのも良いですが、投資する企業や業界の動向ぐらいは最低でも調べておいたほうが良いですよ。

    ヤマト契約打ち切り「とりつく島がない」 通販業者悲鳴
    http://www.asahi.com/articles/ASK4V5R6FK4VULFA029.html

    ヤマトが強気値上げ、ネット通販業者の苦悩
    http://toyokeizai.net/articles/-/192077

  • 私は運送株は買いませんが、ヤマトは「実にうまい企業」で、佐川がやりたくても出来ないことをやってきます。残業手当未払い問題で通常なら叩かれるところ、実は人手不足で困っているのでこういう事態になった。と言い訳をし、運賃を上げる交渉をあちこちでしています。世論に訴えかける方法は見事に成功し、首相クラスも巻き込んで運送の人手不足を社会問題にしてしまいました。

    賃上げに応じない企業はあっさり斬り、高収益を上げる環境作りをしているわけです。最初から人手が足りていないのですから、利益が薄い不良顧客の始末が出来ると同時にたくさん運賃を払ってくれる企業で利益をあげ、人手不足も解消するという一石二鳥の取り組みです。
    今こういう不良顧客や、ヤマトが運ばない重量級の荷物などのゲテモノ輸送を拾っているのが佐川です。その佐川も運賃値上げを予定していると言います。

    今後どういうシェアになっていくのかわかりませんが、ヤマトの営業所が1つの市町村に2,3あるところ、4~5の市町村を一つの営業所で賄っているような佐川では永遠に宅配でヤマトに勝つことはないです。株取引するならトップシェアの会社に投資した方がいいですよ。

  • 日立物流との合流を材料に考えている方がおられるようですが、日立物流は本丸の日立から連結を外された「長期的に見たらお荷物になると判断された企業」ですよ。要するに佐川急便と一緒で、人件費を削ってそれを利益に組み入れているリストラ企業です。リストラは短期的に見ると業績が上がったように見えますが、人材が流出し優秀な人材も警戒して入ってこなくなる諸刃の剣です。また、日立物流は商流一辺倒の会社で、佐川は宅配のノウハウだけ吸い取られる運命です。そして転職口コミサイトなどの労働者の生の声による評判は両社ともよろしくありません。次代でこの2社の面倒を見る羽目になる経営者を可哀想に思います。

    勝ち組・日立、「中国失速」と「事業売却」で陰り
    http://toyokeizai.net/articles/-/118075

    しかし私はこの銘柄は初値は割りと上に行くのではないかと思います。公募が1620なら1800程度は行くのではないでしょうか?佐川はブラックマネーの使い方を心得ており、銀行筋などにも大きなパイプがあります。過去に東京佐川急便事件で倒産レベルの借金を背負った時も、銀行とズブズブの関係を利用して倒産を免れ、ついには完済することが出来ました。まあその影には労組ナシでシャンシャンお手盛りのベースダウンを何度も行い、労働者から給与を削ってきた歴史があるからなのですが・・・むしろブラック企業を好む短期投機家向きの銘柄かもしれません。

  • ブルームバーグの記事などを見ますと、佐川は商流(BtoB)が得意なのでヤマトより有利だとか書かれていますが、これはそうとは言い切れません。今後商流より宅配の比重が大きくなっていくのは火を見るより明らかであり、拠点の数や質、宅配に特化した車両を備えているヤマトのほうが圧倒的に有利です。もともとヤマトでは商流は簡単であり宅配は難しいと見ており、宅配で日本を制すれば商流など後からいくらでも整備できると考えていたために、商流は後回しにしたのです。結果的にこれは正解でしたが、ダンピングして輸送価格を下げる業者がいたために良いようにアマゾンに使われる結果となりました。
    今後ヤマトが本気で価格を正当なものにし、ドライバーの確保と配備を済ませたらもう佐川に勝ち目は無いと思っています。だからこそ日立物流との提携を進めていずれは合併という話が出たのでしょう。つまりは佐川の上層部にはこれから日本で戦っていくための策を持ち合わせている人がいないのです。
    ただ、国外に目を向けたのは良いことだと思います。今後佐川が生き残っていくには国外で成功する以外に無いでしょう。いずれは国外でもヤマト・日通との激突は避けられず、そのときに人材が薄い佐川が勝てるかどうかはまた別の話です。

  • スレが変わってしまいましたが私が書いたことは全部真実です。
    地方ののんびりした営業所ではたしかにのんびり勤務している従業員がいるでしょう。
    しかし地方でも2009年の新潟店のパワハラ自殺を見るように、過酷なノルマによって死を選ぶ人がいます。毎年のようにどこかの営業所で死んでいる人がいると言われています。
    現在も多くのドライバーが信書便や母の日カーネーション、そして電報のノルマをこなすために自腹営業しています。これは佐川だけではなく日本郵便でも同様ですが・・・だから運送業界というのはワーストレベルで「就職したくない業界」カテゴリにいるのです。
    そして勤続数十年というドライバーは別として、入社三年ぐらいは契約社員で雇い、手取りが10万円台のドライバーもおります。給料が高い佐川の伝説というのは過去のものなのです。
    長年佐川は上場しないでやってきました。上場しないほうが一般株主の言うことを聞く必要がなく、また決算が不透明でも追求されないという利点があったためです。
    ここに来て上場したのは、「いつまでたっても浄化できない社内」を外部の力をもって改革したい、という一念でしょう。それ自体は悪いことではないですが、必要以上の幻想を持つのは危険といえるでしょう。佐川は優秀な人材を定着させない土台が出来ています。歴代のトップを見てみればそれはわかると思います。

  • なぜでしょうか?実際に佐川急便では昨年末に交通違反の替え玉を仕立てて警察に出頭させています。しかも調べが進むと一件二件ではなく芋づる式にどんどん出てきました。あるニュースでは会社ぐるみという表題を出してこれを糾弾していました。替え玉出頭というのはもともとヤクザの常套手段で、ヤクザの幹部が敵対する暴力団の幹部を殺傷し、下っ端がやったことだという話にして警察に出頭させるという手口が元になっています。他人を犠牲にして自分は助かるというとんでもない発想からくる犯罪です。

    ここにいる方たちは投資をする会社がどれだけ素晴らしいか、共感できるかということは考えず、とにかくIPOによって利ざやを稼ぎたい人たちばかりでしょう。SGホールディングスだか何だか知りませんが、この持ち株会社の前身は清和商事という会社で、ここで働いていた人の中には、東京佐川急便事件の責任を押し付けられて皇居前で焼身自殺した人すらいます。そういう無茶苦茶な会社だと言うことを本当に理解して投資しているのですか?嘘だと思ったら調べてごらんなさい。調べれば調べるほどこの会社が恐ろしい会社だということがわかってきます。ただ脊髄反射で相手をけなしたりすることはアタマがおかしくても出来ますが、事実はきちんと歴史として残っているのですよ?

  • いやー数字だけ整えとけばどんなに内部がぐちゃぐちゃで、つい昨年末に集団で逮捕者が大勢出た会社でも平気で投資しようという人たちが多いので驚きました。この会社はおじいさんおばあさんに人気が有るということですが、悪意がある人たちに無防備で、名前が知られているので投資してしまうような感じでしょうか。初値がどうなろうと知ったこっちゃないですが、上場する前にまず法令遵守を最優先で考え、働く人たちにきちんと休みを与え、彼らがみんな笑顔になるような会社経営を心がけてほしいものです。中で働いている実際の労働者は「割に合わない」労働に疲弊し、「いつ事故に遭うかわからない」恐怖に怯え、自腹の営業をし、運送と言う仕事自体に絶望しています。特に都心では新規募集しても外人さんの割合が非常に多いようです。労働者に見放されても投資家には人気というあたり、日本は本当におかしな国になってしまったと心から思います。

  • 変な会社ばかり上場してて、東証にはコンプライアンス関連の審査基準は無いんだろうなあ・・・

  • 公募価格が仮条件の上値行かなかったのか。郵政ですら上限値だったのに。
    公募割れるかもしれないな。幹事も郵政の時より弱い。
    企業は人がすべてだが、この会社は表面をよく見せようとするだけで内部がズタズタだ。優秀な人が入ってもその異様な体質ゆえすぐ逃げてしまう。投資目的ではなく投機目的で入るべき。

  • まる一年ぐらい前と全く同じ話の繰り返しですよねw
    で、結局株価が上下するのは空売り機関の大きな売り買いだけ
    それにつられて損切する人だけがバカを見るっていう
    まあ、それには大口の買い方も含まれてたので500円水準からは下がったわけですが・・・

  • 機関の空売り情報みると、狼狽売りした人が見事にモルスタの餌食になってますな

本文はここまでです このページの先頭へ