ここから本文です

投稿コメント一覧 (14659コメント)

  • ■朝日新聞 (南鮮版) 見出し・記事

    ●1938年(昭和13年)3月1日

     「貴婦人装ふ誘拐魔、
      男女四名を手下に使ひ
      全鮮から小娘二十八名を誘拐」

    京城府内を転々盥廻しに誘拐した娘の周旋料を稼いでいた
    魔の手が鎧路署に検挙され府内の周旋業者を取り調べ中であるが
    首謀は慶尚北道 李鎮玉 妻金副順(35)で同人は夫を捨てて
    京城に出奔、美貌の同女は常に貴婦人を装って
    大邱南山町李鎮玉(45)ほか四名の男女を使って
    昭和10年12月21日大邱駅の待合室から連れ出し
    小娘28名を誘拐、首謀自ら京城府内の周旋屋に出没、
    小娘の李斗順(17)ら最初十五円で小金町で売られた身代金は、
    二十四件目の最後の周旋社で百五十円で売られていた。

  • ■朝日新聞 (南鮮版) 見出し・記事

    ●1939年(昭和14年)3月28日

    「一家総がかりで
    農村の娘を誘拐
    12名監禁中を逮捕」

    京城東大門署で検挙した大誘拐事件を契機として
    府内各署で同様事件を探案中のところ果然このほど
    西大門署に被害者50人とみられる誘拐事件が
    槍玉にあげられた。
    京城府老姑山町 金奥萬は一家5人で共謀、
    四年前から各地の農村家庭から養女にすると称して
    娘を譲り受け満洲方面に売り飛ばしていたと発覚、
    西大門署は時を移さず26日金奥萬他1名を逮捕したが、
    他の3名は逃走したので同署で追跡中。

  • ■朝日新聞 (南鮮版) 見出しと記事

    ●1938年(昭和13年)3月2日

    「闇の女狩り」

    釜山署で闇の女の一斉検挙を行い
    これの健康診断を行っていたが
    これが終了した。
    検挙された闇の売春婦は
    殆ど一帯に巣食う
    朝鮮人飲食店の賄い女で62名、
    このうち梅毒患者は27名、
    他は殆どが淋病患者であり
    同署では説諭の上放免した。

  • ■朝日新聞 朝鮮版 見出し

    ●1933年(昭和8年)5月11日

     「歴史的光景裡に、
      無事!道議選挙終わる」

     「当選者約8割が朝鮮人」

  • ■朝日新聞 (中鮮版) 見出し
     1940年(昭和15年)3月6日

     「氏の創設は自由、
     強制と誤解するな、
     総督から注意促す」

  • ■朝日新聞 見出し・記事

     ●1944年(昭和19年)8月11日

      「屠り去れこの米鬼 
      仇討たでおくべきか」

    われわれは怒りの眼を
    かっと見開いて野獣の正体を正視しよう。
    この野獣性こそ東亜の敵なのだ。
    敢えてここに掲げる英霊の前に
    われわれは襟を正して
    ”米鬼撃滅”を誓おう

  • ■朝日新聞 見出し・記事

     ●1942年(昭和17年)5月15日

    「今こそ真に日本人」 朝鮮の徴兵制に血書の感謝状

    ああこの日本帝国に生れ合はした幸運、
    朝鮮人も祖国日本のため米英撃滅に
    参加出来る喜びをお察し下さい、
    今こそ靖国の英霊の仇を討って見せます、
    天皇陛下万歳、大日本帝国万歳

    <朝鮮人投稿手記>

  • ■朝日新聞 見出し

     ●1945年(昭和20年)7月25日

    「本土決戦必ず勝つ 
    敵近づけば思ふ壺 
    その機掴んでわが戦力爆発 
    特攻隊に学ぶ」

  • ■朝日新聞 見出し・社説原文

     ●1945年(昭和20年)8月14日

     「敵の非道を討つ」

     「いかに敵が焦慮の
     新戦術を実施しようとも、
     一億の信念の凝り固まった火の玉を
     消すことはできない。
     敵の謀略が激しければ激しいほど、
     その報復の大きいことを
     知るべきのみである。」

    (終戦玉音放送前日)

  • ■朝日新聞 朝鮮版 見出し

    ●1933年(昭和8年)5月11日

     「歴史的光景裡に、
      無事!道議選挙終わる」

     「当選者約8割が朝鮮人」

  • ■朝日新聞 (中鮮版) 見出し
     1940年(昭和15年)3月6日

     「氏の創設は自由、
     強制と誤解するな、
     総督から注意促す」

  • ■朝日新聞 見出し・記事

     ●1944年(昭和19年)8月11日

      「屠り去れこの米鬼 
      仇討たでおくべきか」

    われわれは怒りの眼を
    かっと見開いて野獣の正体を正視しよう。
    この野獣性こそ東亜の敵なのだ。
    敢えてここに掲げる英霊の前に
    われわれは襟を正して
    ”米鬼撃滅”を誓おう

  • ■朝日新聞 見出し・記事

     ●1942年(昭和17年)5月15日

    「今こそ真に日本人」 朝鮮の徴兵制に血書の感謝状

    ああこの日本帝国に生れ合はした幸運、
    朝鮮人も祖国日本のため米英撃滅に
    参加出来る喜びをお察し下さい、
    今こそ靖国の英霊の仇を討って見せます、
    天皇陛下万歳、大日本帝国万歳
    <朝鮮人手記>

  • ■朝日新聞 見出し

     ●1945年(昭和20年)7月25日

    「本土決戦必ず勝つ 
    敵近づけば思ふ壺 
    その機掴んでわが戦力爆発 
    特攻隊に学ぶ」

  • ■朝日新聞 見出し・社説原文

     ●1945年(昭和20年)8月14日

     「敵の非道を討つ」

     「いかに敵が焦慮の
     新戦術を実施しようとも、
     一億の信念の凝り固まった火の玉を
     消すことはできない。
     敵の謀略が激しければ激しいほど、
     その報復の大きいことを
     知るべきのみである。」

    (終戦玉音放送前日)

  • 閉会中国会審議の報道で
    NHKが酷い偏向報道を行った!
    国会審議、この目で見た!
    放送法で偏向報道は禁止されており、
    偏向報道は大事な国民の知る権利、
    それに基つく民主主義を破壊する!
    NHKに受信料を支払う行為は
    違法犯罪行為への幇助であり、
    真面目に受信料納入する行為で
    国民を違法犯罪の共犯とする!
    よって、国民は放送法のもと
    受信料を払えない状態に陥った!
    この様な事態は違法行為を行う
    NHK自体がが引き起こした!
    受信料取って視聴者に
    公平報道出来ないNHK、
    断じて公共放送ではない!

  • NHK!
    受信料取って
    違法偏向報道か!
    最低だ!

  • NHKの閉会中国会審議の
    偏向報道は放送法違反だ!
    国会を直接見ていたが
    その後のニュースは完全な
    偏向報道だった!
    こんな局が国民から
    受信料を徴収している!
    違法報道を行う報道機関には
    受信料を支払えない!
    支払うことは反社会行為を
    幇助することになる!
    国民から受信料まで取って
    違法報道を行うNHKに
    厳罰を要求する!
    集団訴訟を起こすなら
    ぜひとも参加したい!
    NHKは民主主義の敵、
    国民の敵だ!

  • 朝日や毎日、
    テレビ朝日、TBS
    やってることが
    戦前戦中の報道と同じ!
    都合の悪い事は国民に
    一切知らせないという事だ!
    靖国の遊就館に展示されている
    朝日や毎日の戦争扇動記事と
    全く同じだな!
    新聞社なんて、
    結局こんなもんだ!

  • ■日本一の「大嘘付き」 朝日新聞社が誇る 名誉社員 警視庁表彰!

    ●鍋谷督成(39)→朝日新聞整理部記者、大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕
    ●古屋聡一(30) →朝日新聞経済部記者、タクシーの車内で運転手の顔を爪でひっかいて現行犯逮捕
    ●山川幸生(30) →朝日新聞社会部記者、女子中学生にいかがわしい行為をし、強要の疑いで逮捕
    ●藤芳浩(39) →朝日新聞広告第五部次長、女性の前で下腹部を露出。公然わいせつで現行犯逮捕
    ●永島学(31) →朝日新聞外報部記者、都迷惑防止条例違反(粗暴行為の禁止)で現行犯逮捕
    ●山田遣人(29) →朝日新聞記者、交通切符処理されたが反則金を納めず、出頭にも応じなかった
    ●西村章(60) →元朝日新聞社部長、 都迷惑防止条例違反(粗暴行為の禁止)で現行犯逮捕
    ●奥村恒彦(60) →朝日新聞嘱託、覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で大阪府警が逮捕
    ●永島学(31) →朝日新聞外報部記者、都迷惑防止条例違反(粗暴行為の禁止)で現行犯逮捕
    ●吉岡英児(50) →朝日新聞スポーツ部記者、小田急線登戸駅で大学生の頭や顔に暴行、逮捕
    ●村井靖人(59) →朝日新聞出向常務、ゆりかもめ駅員を「態度が悪い」と暴行し現行犯逮捕
    ●脇本慎司(44) →朝日新聞本社地域報道部員、女性を背後から倒し胸を触る強制猥褻容疑で現行犯逮捕
    ●関口徹(33) →朝日新聞出向社員、女子中学生に猥褻な行為、児童買春禁止法違反で神奈川県警逮捕
    ●持井明(58) →販売管理部社員、 タクシー乗り場で船橋市の男性会社員と口論、顔面に頭突き現行犯逮捕
    ●細川卓(27) →朝日新聞本社写真センター記者、63歳のタクシー運転手を殴り防護板を蹴って器物破損
    ●長玉樹(44) →朝日新聞東京本社編集センター次長、飲食店店員を殴り、駆けつけた警官を蹴って逮捕
    ●新谷祐一(33) →朝日新聞東京本社文化くらし報道部記者、都内で覚醒剤を使用、緊急逮捕
    ●山田雄介(35)→朝日新聞長野総局記者、新宿区で白昼スカウトと偽り女性につきまとい現行犯逮捕
    ●宇野彰一(53)→朝日新聞デジタル本部社員、尾山台駅電車入口で、女性を突き飛ばし、頭をたたき逮捕。
    *朝日新聞社方針: 本名非公開(通名のみ)

本文はここまでです このページの先頭へ