ここから本文です

投稿コメント一覧 (547コメント)

  • >>No. 5331

    こんにちは!

    少し寒い日が続いてますが、もう大丈夫でしょう!
    私も先週にタイヤをノーマルに戻しました。

    数年前に3月末に雪が積もった事が有りますが余程のことがないかぎり道路に積もることが無いかと思います。
    でも3月末まではトランクにタイヤチェーンを積んでいます!

    盗難とかイタズラは今のマリーナでは発生していません。
    隣町とかのマリーナでは無い係留場所ではガソリンが抜かれたり室内が荒らされたりしている模様ですが・・・

    随分昔に和歌山の由良のマリーナにボートを置いていた時、室内を荒らされましたが安物の釣り具だったのか実害は有りませんでした。(南京錠が壊れただけです)
    マリーナ内のボートの一部は釣り具が盗まれたみたいですが・・・
    昔なので現在みたいにヤフオク等で気軽に売れないので盗んだ釣り具をきっと自分で使っていたのでは?
    そんなので釣りを楽しめるのかな?と思いますが!

    エンジンジンクは設計段階で決まっているのかな?と思いますが、ヤンマーやボルボは付いている事が多いです。
    ヤマハ(日野)やトヨタなどは汎用型や車のエンジンをマリナイズしているので基本的に付いていない?のが多いです。
    まあ海水の通る所はジンク有った方が安心ですがどうなんでしょうか?
    でもエンジンアースは所々から取っていた方が良さそうですが・・・

  • >>No. 5321

    おはようございます。

    TAFUさんは忙しい中着々とメンテをし何時でもクルージングに行ける下準備をしていますね!
    今週末は春らしい天気ですが・・・仕事と野暮用(確定申告等)でマリーナに行く予定は有りません。
    マリーナボートの陸地配置の加減も有って3月末に足場の組める場所に移動してハルの再塗装に挑む予定です。
    オイル、インペラ交換、船底塗料、ペラクリン等は5月に入っての作業になります。

    先週に若干歪んだ左舷ペラを叩いて修正しました。
    初めはシャフトに着けたまま叩いたのですが綺麗に治らず、結局ペラを外しての作業になりました。
    おかげで修正後歪は殆ど解らないようになりました。
    昨年夏ごろの夜間に航行中”ゴンっ”といったのが原因で中速で僅かな振動が有りました。
    気にはなっていたのですが巡航時には振動も無く速度もあまり変わら無かったのでシーズンオフで大丈夫だろうとの判断でした。

    オイル交換後に油圧低下の警告音が鳴ることは有りますよ!
    エアーを噛んでいてうまくオイルが回っていないかもしれません。
    オイルは圧送されますのでアイドリングなどの低い回転では圧送圧力が弱い場合が有りますので少し回転を上げてたり圧送に脈動をつけたりして強制的にオイルを回すなどで解消されませんか?
    小さいエンジンは圧送圧力も弱く顕著に出る場合が有ります。
    でも何回やっても警告音が止まらなければ・・・センダ―の不良、接触不良やオイルが本当に回っていないなど考える必要が有りますね!

  • >>No. 5312

    こんにちは!

    漁港を見ていると全く動いていない船が沢山あります。
    おそらく話が合えば、格安あるいは貰う事が出来るのではと思いますが、その様な船のオーナーは殆ど船に来ませんので人から紹介しか中々話は進みません。
    しかしながらその様な船をもらっても現実はかなり手を入れなければならないので大変です。
    それが嫌になると末路は・・・同じような港に繋げたままの船になる様な気がします。

    マリーナの船はプレジャーが多いので無料は有りません。
    多少なりとも金額が発生しますね。
    マリーナは売った限りは初期の修理など面倒は見ていますね!

    どうにもならなかったら廃船になるのですが悩みの種です。
    業者に頼むと数十万は掛かりますので・・・

    マリーナで去年、他海域で座礁し浸水(ガソリンエンジン完沈)したのをディーゼルエンジン替装にリビルトしています。
    それもVドラシャフト2機からドライブ2機にです。
    まあ室内は浸水していなく綺麗なので・・・

    昨日から本日はマリーナに行っていました。
    シフトのアクチュエーター調整、オートビルジ設置などなどです。
    ビルジも少しはスッキリしました。

    本日は雪で道路は大丈夫でしたが、車は少し積もってました。
    北風が強く寒かったですね!

    道の駅でご当地?柿の種(白えび味)有りましたのでゲットしました(笑)

  • >>No. 5301

    こんばんは!

    せとうち丸さん
    わかりますよ!
    現在、応急的にペットボトルで代用している物ですね(笑)
    足を着けてシッカリと固定できそうですね!

    しかしながら暖かくなれば少し船底シートのメンテナンスが必要では?
    私は船底シートなる物を使用した経験が無く・・・なんとなく構造はわかっているのですが?
    どうすれば修理できるのか?藤壷などの付着物の除去は?などなど
    全て陸に上げれば良いのでしょうけど・・・クレーンも無いし多分不可能?でしょう!
    満潮時に向かいの岸辺に持って行き干潮時にメンテするのは?
    潜って剥がすのかな!

    明後日は法事ですが、月曜日にマリーナに行って全て隔壁のビルジを綺麗にしてスターン隔壁のオートビルジの設置とシフト、スロットルのアクチュエーターの調整を予定しています。

  • >>No. 5294

    こんにちは!

    昨日は北風が強く非常に寒い一日でした。
    おかげで少し喉が痛いような感じが有ります。

    一応外海は無理と判断し内海で糸を垂らしましたが・・・残念な結果になってしまいました。
    でも、ボートのメンテは午前中シッカリと行っています。

    私も次の日曜日は法事が有りますので週明けの月曜日にマリーナの方に出向き少しボートの方を突いてきます。

    カップ麺類は今変わり種の物をたくさん出していますよ!
    例えば、一平ちゃんのショートケーキ味!、UFO焼きそばのお好み焼き味(焼きそばでお好み味ってどっちやねん!)
    ぺヤングチョコレート焼きそばギリ、など有りますね!
    私は食べませんけど・・・でもショートケーキ味は一口食べましたけど・・・う~ん!もう食べないと思います(笑)

  • >>No. 5290

    こんばんは!

    せとうち丸さん
    土日はお世話になりました!
    両日共に天気良くクルージングも気持ちよかったですね。

    初日の金比羅は初めての参拝で…あれほどの階段が有るとは(笑)
    少し息があがりそうになりましたが船に乗るものとして何とかお参り出来て良かったです!
    骨つき鳥は2回目ですがジューシーな若鳥は本当に美味しいです。
    前回は友人と、親鶏と若鶏を頼み…親鶏の歯ごたえの有る肉には中々の顎の力が要りますね!
    今回は若鶏です!
    まぁ〜金比羅で足が疲れて顎まで疲れると大変ですから(笑)

    又、多度津は20年ほど前に徳島から日本海に回航した時に停泊した港で、少しは雰囲気が変わりましたがすご〜く懐かしく当時の事を思い出しましたね!
    当時は、立ち寄った与島を出港後夕刻になりタマタマ入った港で桟橋に居られた地元の人?に繫留場所、燃料屋やコンビニなど親切に教えて貰い助かった記憶が有ります。

    本日は三虎案内に北木に寄りお土産を頂き美味しいラーメンを食べ戻り帰宅しました!っと言っても私のマリーナに直行です!
    明日は友人のボートで波が無ければ釣りの予定です。

    TAFUさん
    腰痛はある意味上手く付き合って行かなければならないかも?
    神経症状が有るとか、生活に支障が有るなら積極的な治療も必要かも知れませんが…体重を落とせとか適度な運動をとか腰痛体操をとか勧められる状況ですかね〜〜ご自愛を…

  • >>No. 5282

    こんばんは!

    TAFUさん、さすがに錨地とその周辺の情報は詳しいですね!
    私の所のボート遊びはほとんどがマリーナを出てマリーナに帰ってきます。
    ボートで出て何処かで錨地を探して・・・と言うのは有りません!
    その辺りの楽しさは瀬戸内ならではなのですね!

    せとうち丸さん
    いつも私の旅(車)の計画はタイトです(笑)
    一回で色々と回りたいとよくばりです。

    でもボートは少々ノンビリ派かな?
    陸路と違い天候に左右されますし、少しでも天候が悪ければ出航自体も断念するか早帰りします。

    当日はメンテ次第で多度津又は北木(白石)に泊まるのは?
    でも多度津の錨地は予約を入れなければならないんですよね!
    それなら少々メンテが手間取っても、早くなったらゆっくりする多度津に錨地なのかな?
    因みに多度津まで1時間30分チョットですかね。

  • >>No. 5277

    こんばんは!

    昨日は風が結構吹きましたよね!
    多分マリーナ辺りでも20m/sec~30m/secほど吹いていたのではと思います。
    そして今日は一段と寒くなってますね。
    明後日辺りに雨模様ですがその後は天気が良くなり週末は回復しそうですね!

    バキューム式のオイルポンプを使用した後洗っているのですか?
    私なら廃油を捨てた後適当に拭いてお終いにしますよ!
    マリーナのバキューム式は全く洗っていません。
    使用頻度が多いのですが、廃油を捨ててそのままの状態で置いています。
    特に問題が有るとも思えませんが・・・

    今度のオイルポンプはインペラ式なのでオイル漏れの心配は余りないかなと思っています。
    ただ、ホース径がジョイントで合わせなければならないのと、陰圧で潰れないホースを調達しなければなりません。
    まあオイル交換は5月に予定していますのでそれまでにと思っています。

    来週中には3月に入り少しは暖かくなることを期待しています。
    でも今年は少し寒いみたいで中ごろまでは中々難しいのでは?と思っています。
    どうも寒いとメンテするのに億劫になります(あまり暑いのも同じですが・・・)

  • >>No. 5273

    こんばんは!

    牡蠣は比較的?好物です。
    比較的?と言うのは昔は大好物でしたが・・・
    やはり生ガキを一杯食べすぎてお腹を壊した過去が有り、少し降格して比較的好物になった訳です!

    夏は湾内で“岩牡蠣”が沢山取れます。
    夏の岩牡蠣は絶品で”海のミルク”の通りジューシーです。
    私は冬の真牡蠣より夏の岩牡蠣は定番です!

    TAFUさんオイル交換ですか?
    電動オイルポンプの安物はホントに吸わないですね!
    また良い物でも使いこんで来るとオイル漏れが多いです。
    今回はオイル漏れの為新調しましたが性能は使ってみないとわかりません。

    今まで使用したオイル抜きでバキューム式が一番良かったです。(吸引力も結構あります)
    ただ私のエンジンは片舷20Lほど入りますので両舷で40L、6Lバキューム式で7~8回ほど狭いエンジンルームでペール缶に廃棄しなければならないのでこの頃は電動で抜いています。
    ただ電動でもオイルを抜くのに結構時間が掛かりますね!

    小さいエンジンで少量のオイルなら私はバキューム式がお勧めです!
    (発電機やマリンギアオイルなどはバキュームでオイルを抜いています)

    手動式でも電動でも後片づけは一緒の様な気がしますが・・・どうなんでしょうね?

  • >>No. 5263

    こんばんは!

    なんだかんだでOFFシーズンは忙しいです。
    と言うのも6月から11月まで出来るだけ土日の仕事を勘弁してもらっています。
    だから冬に頑張っているのです(笑)
    それと3月頃から自分と友人のメンテ、修理や改造がなぜか入ります!

    月末はお世話になります!
    と言うのが受ける手になると悩みますね!
    金毘羅は行った事ないです・・・ウドンや骨付き鳥などなど大好物です!
    まあ天候にもよりますが当日決めましょう!
    真鍋(猫)も一度見て見たい気もしますが・・・

    シフトですがやはりワイヤー式は重たくなってきます(当然か)
    電気式は2機2操作は高いですね!
    WMでもソコソコ値段はしていたと思います。

    また電気式のシフト、スロットルの中古は中々出ませんね!
    液圧式ならたまに中古が出ます。(電気式に交換する時に・・・電気式から他に交換する事が無いので出ません)
    私は液圧式中古セット(2機2操作)で7万円弱で購入し自分で配管及び設置しました。
    液圧式の(2機2操作)中古の相場は15万~はしますので格安で購入できました!(ヤフオクで出ていますが)
    まあ快適です!

  • >>No. 5261

    こんばんは!

    少し前に家に帰ってきました!
    道路は凍結や雪は無くまた今日は寒くなく快適でした。
    ただマリーナ全体歩くところ雪が20cm以上積もっていてスニーカーだったので大変です。
    (長靴も持って行ったのですが脱ぎ履きを頻繁にするので結局使わず)

    船の状態は全体が綿帽子です。
    早速、雪下ろしから始めスターンビルジの排水です。(今回は思ったほど溜まっていません)
    雪下ろしは明後日まで気温が高いようなので溶ける事を期待してサッとです。
    残念ながらブロアではまず飛ばない雪です。
    降って直ぐならブロアは使えそうですが・・・

    オートビルジは電源を繋いでも作動せずですので新品に交換予定です。
    現在のオートビルジは15年以上の物なので致し方ないか!

    後はシフトのアクチュエーターの交換でしたが外してみて台座が汚かったので塗料で綺麗にしてみました。
    1液性のウレタン塗料でしたが塗料が硬化せずに装着は次回に回しました。

    陸置きで雪が積もったらそれなりに重量が加算されるでしょうね!
    一応、陸置きにしたとき板木の部分とキールの船首船尾の前後で重量を分散させる様に工夫しています。

    マリーナで聞く話によると近くの漁港で小さな船が数艘転覆したらしい・・・

    寒暖差は今週は激しいみたいですね!
    明後日は4月並みと言う事でその後また寒波見たいですね!

    3月は足場を組んでハル塗装の予定をしていますが4月まで掛かるかもしれません。
    その後は友人のボートの屋根修理とメンテも待っていますので・・・GWまでに仕上げればと思っています。

  • >>No. 5257

    こんばんは!

    わたしの方も掲示板な表示がおかしかったです。
    なんだか、非表示がどうたらとなっていてそこをクリックすると表示されると言ったものです。
    でも今は普通です。

    一つ前のせとうち丸さんの専門用語の解説は全くもって何処の言葉???って感じです(笑笑)

    今日は仕事終わってボート近くの滞在先に直行でした。
    到着したら駐車場が雪で車が停めれない!
    50cm位積もってましたので雪かきでやっとこさ停めれる様になりました!
    マリーナスタッフ情報では余り積もって無いよとの事で来たのですが…

    まぁ明日は朝からスターンビルジとオートビルジポンプ確認です、
    後、シフトアクチュエーターの交換かな!
    それとバッテリー補充電も有りました。

    天気は良いみたいですが寒いんだろうなと思いますが今週末は仕事なので…

  • >>No. 5251

    おはようございます。

    TAFUさん
    すこし味付けが違うかもしれませんがやっぱり日本食ですよね!
    大分仕事の方も片付いたのでしょうか?帰国の目途はたちました?

    ボートの場合、少しの(藻など)船艇の汚れはスピードは余り変わりませんが燃費に影響します。
    シッカリと汚れればもちろんスピードに影響しますが・・・

    少しは寒さましになってきました。
    鳥取ではボートや漁船に雪が積もって20艘ほど転覆していますね!
    雪が積もって少し解けてまた積もってを繰り返すと雪の重量は想像以上の重さになって海上なら転覆します。

    だからこの時期陸地に保管しているけど雪の重みを心配して雪が降った後は雪下ろしに行きます。
    まあマリーナのスタッフに言えばある程度は降ろしておいてくれますが・・・

  • >>No. 5245

    こんばんは!

    TAFUさん、食べ物もそうですが人の動きも日本と違い色々と大変ですね!
    まあ数日ですので諦めて元気で帰ってきてください。

    今回の寒波は前回より強くまた期間が長いですね。
    例のようにライブカメラで見てみるとマリーナ近辺は少しマシな様です。
    まあ雪国ほどでは無いし海岸線は言うほど雪は積もりません。

    OFFシーズンの数回エンジンを掛けると言うよりバルブの位置を変えています。
    その方が良いかな?と気休めみたいな感じですが、ドライスタートのデメリットも考え最小限にしています。

    インペラは変形防止も有りますが傷みの確認も兼ねています。
    最大2年持たせますので2年目は外しません(シーズンONの時に交換をします)
    一応今年は2年目なので外してチェックしています。
    もし僅かでも変形や傷が有ったりゴム自体硬くなっている様なら必ず交換しますよ!
    一番良いのは毎年交換が良いのですが・・・経験上2年は持ち今まで20年以上不具合は有りません。
    2年目以上は見た目良くても必ず交換します。

    オイルは昨年までスタンレーのポンプを使ってましたが機械の中?でオイル漏れがすごくポンプ自体ベタベタです。
    今年はネットで良さげなポンプを買いましたので期待です!
    バキュームポンプもマリーナに有りますので昔は良く使ってました。
    エンジンを温めオイルを少し熱いぐらいにしておけばすぐ抜けますよ!
    アイドリング位で温めただけではまだオイルは硬いですよ!

  • >>No. 5240

    こんばんは!

    そうかTAFUさん出発ですか!
    多分日本以上に寒いでしょうから気を付けて・・・
    今はホテルならネット繋がるのではないでしょうか?
    でも毎晩宴会と言う事みたいでどうかな?(笑)

    夕刻にマリーナ近くのライブカメラで見てみると結構雪が積もっています。
    行く道中の峠の道路は車のわだちも良く見えない位に雪が積もっています。
    これからまだまだ積もる予想ですのでボートも上には雪ですごい事になりそうです。
    軽い雪質なら良いですが重たい雪質や、雪が融けきらぬうちにまた積もると雪の重量が想像以上に重たくなります。
    海上ならこの雪の重みで小さなボートは転覆も有るので注意が必要です。
    その為今週末と来週の土日は仕事なので来週の水曜日位にマリーナに行く計画を立ててます。(雪下ろしに?)

    タコが完成しましたか!
    一応頭の中でメーター周りに設置とセンサーの取り付けなどは完了しています。
    (実際は配線なども有りイメージ通りかどうかはわかりませんが)
    ただ本格的にエンジンを動かすのはGW前になりそうですので焦らずに取り付けたいと思います。
    今でも陸置きで10秒~20秒ほどのアイドリングは陸で掛けています。(バルブの位置を変える為)
    まあインペラを抜いているので少々ならエンジンを掛けていられますのでタコの確認は出来ますが・・・

  • >>No. 5237

    こんばんは!

    ヒステリシスと言えば昔勉強しましたね!
    ヒステリシス曲線やヒステリシス損・・・交流電圧などで勉強した記憶が有りますが覚えているのは曲線の形と言葉だけです!

    日本近海でもサメは多いですよ!
    まあダイバーが良く見るのはメジロザメ、ホワイトチップ、ネムリブカやシュモクザメ等ですかね!
    伊豆辺りではシュモクザメが出たと言うとダイバーが押し寄せますよ!(昔は私もその一人でしたが)

    外洋のホオジロザメやイタチザメは会いたくありませんが・・・

    釣った魚を食べられるのは多いですね!
    メジロをガッポリといかれるのはほぼサメでしょうね!

    取ってが破損したのですか!
    日本製のボートならほぼ”TAKIGEN”製を使用しているのが多く手に入れやすいですね!
    寸法が合いそうならどうでしょうか?
    https://www.takigen.co.jp/jp/contents/eyesearch/detail.do?id=23005860100
    ちょうど昨年私のボートもハッチの取っ手が壊れて先週交換しました!
    京都に支店が有るのでそこで購入しました!

  • >>No. 5234

    こんにちは!

    せとうち丸さん
    フロートスイッチのスイッチ位置はその様な構造だったのですか!
    知らなかったな~!
    一度確認してみます。

    ON/OFFを繰り返すのは毎回では無くたまにその様な事が有って配線を外しています。
    それと思いだしましたが、何か異物が挟まって回りっぱなしと言うのも重なった事も有ったので・・・

    カバーに包まれたスイッチかスイッチ一体型のビルジポンプに変えて配管からの戻りのビルジが極力少ない様に工夫するかして見ます!
    一応逆止弁も着けていますがその機能も確認してみます!

    そう言えばこの頃瀬戸内のサメ被害は聞かなくなりましたね。
    昔は数年に一回ほど漁師さんが被害に有ったとニュースで見た事が有りましたが!

    サメは水面で浮いて動いている物に興味を示します。
    水中でのダイバーはほとんど興味ないみたいですよ!
    でも瀬戸内の漁師の被害は水中でしたよね・・・
    まあこれはかなり危険な外洋性のホオジロザメと言う事みたいですから・・・

    またサーファーが良くやられるのは、パドリング時でどうやら下から見ると大好物のカメに見えるみたいです!
    サメの気持ちはわかりませんがその様に言われています。

    因みにメキシコでダイビングに行った時に外洋でホオジロザメをおびき寄せてゲージの中にダイバーが入って見学すると言うツアーが有ります。
    場所がかなり離れていたので行きませんでしたが・・・
    私は水中でアシカとたわむれていました(何度も手など甘噛みされましたが・・・)

  • >>No. 5231

    こんにちは!
    TAFUさん中国に出張ですか!
    たまには海外も良いではないですか!
    昔、冬に中国へ行った事有りますが・・・
    寒い事!寒い事!でも雪は積もりません!
    お気をつけて・・・

    今週末は寒波到来ですね。
    まあ私は仕事です!
    先週はマリーナに行って少しのメンテをしてきました。
    スターンの船底には大量のビルジが溜まっていました!
    以前から溜まりやすいのはわかってましたが・・・オートビルジで対処しようかな?
    実はオートビルジが付いているのですが、船外に出す配管との相性が悪く?少し考えないといけません!
    ビルジスイッチは正常に働くのですが、水位が下がってフロートスイッチでポンプがOFFになるのですが配管の中の水が戻ってきてその水で水位が上がってまたまたフロートスイッチがONになる繰り返しが起こります。
    一応配管に逆止弁を付けたのですがもう一つ効果が有りません!
    その為電源を切っています。
    なにか良い知恵は無いかな?
    配管はポンプから直ぐに上に持ち上げそのまま平行に側面ハルから排出しています。
    平行に配管している所を少し下にたるませてビルジをトラップさせれば戻ってこないかな?と思ってますが・・

    今は別のビルジポンプをON,OFFで排出しています!

    南の海は良いですね!
    でも私も一日”ボーと”しているのは少し苦手かも・・・
    過去に南太平洋、インド洋、カリブ海、紅海・・・などなど同じ所も複数回行きましたがダイビング三昧です!
    まあかなりコッテリダイビングした最後の日は飛行機に乗るため(減圧症予防)ダイビングせずにユックリする程度です。
    でもタヒチは行きたかったのですがまだ行ってないですね
    ボラボラ島に限らず全ての島は美しいみたいです!
    でもタヒチはサメが多いですよ!(特にランギロア島だったかな?数十~数百群れています!)
    まあ海外でダイビングするとサメは良く遭遇しますが・・・
    日本人ダイバーはマンタ、サメ、カメに合うと”ラッキー”と喜びます!

  • >>No. 5210

    こんにちは!

    先週末はマリーナに行く気満々でしたが・・・事情により行けなくなりました・・・
    理由は言えませんがもし行ったとしたら生涯言われ続けられるかもしれません(笑)

    せとうち丸さんその係留索はメインのロープでは・・・
    22mmのロープでも毎回毎回スレでやせ細っていったんでしょうね!
    構造的な問題ですか?
    その部分だけでもチェーンを使用するとか対策もいるのでは?

    船検は簡単ですよ!
    救命胴衣(定員分)、船灯確認、音響信号、その他法定備品の確認だけです。
    たまにエンジン掛けて!とかエンジン番号の確認が有るだけです。
    ごくたまにシフトを入れてエンジンが掛からないかの確認も有ります。
    いずれにしても検査官のさじ加減で検査は終了します。
    言われた事をそのまますれば良いだけですよ!
    本検査も中間検査もさほど変わりません。

    私はほとんど自分でしますが都合がつかなければ法定備品を出しておいてマリーナスタッフ付添をしてもらいます。

    検査官は船検書は持って帰りますので後日取りに行くか郵送で送ってもらいます。

    でも急遽検査出来るのかな?
    申請書なり検査料の振込を事前に済ましておくのは必須だし、普通検査の場所は検査官が曜日ごとに巡回して決まってますので・・・随分融通の利く検査機構ですね!

  • >>No. 5195

    こんばんは!

    明日の朝と金曜日も雪の予想が出ていますね!
    私はマリーナに行くときに天気予報はもちろん、行く道中の峠などの道路をライブカメラでチェックして行きます。
    現在はと言うと一番の峠は路面が見えない位に雪がビッシリと積もっています。
    マリーナ辺りだと走行路面は雪が無く路肩にチラホラと雪が積もっています。

    一応今週末か日曜日にマリーナに行って様子を見て来ようと思っています。
    雪が積もっていれば雪下ろし、ビルジ掃除とシフトアクチュエーターの取り外しです。

    付近の高速道路でチェーン規制が出れば一旦IC等で車を誘導し、スタッドレス(4輪)ならOK!,夏タイヤならチェーンをはめれば通行可!無ければ強制的に下ろされます!
    4輪駆動などは関係なくタイヤで判断している見たいです。

    昔は5台ほど4輪駆動を乗り継ぎましたが確かに雪道は安心感は有りますね!
    エンブレなどは良いですがフットブレーキでの制動で滑り出したら2輪駆動と変わりません!
    ただ発進に関しては4輪駆動は最強ですね!
    今まで雪道に強い車は、初代パジェロ(MT)とスペースギア(AT)でした!ほんとに滑らない感じです。
    後はレガシーも比較的強かったです。

    1週間ほど前寒波が来た時に住居地でもかなり風が出てたのですが、マリーナは台風並みで30m/sほど吹き上がった見たいです。
    1艇被害が出たみたいでFBの屋根が吹き飛んだとの事です。
    マリーナスタッフによると当日風が吹きあがった時は岸壁に近づくと体が持って行かれそうな位だったそうです。

本文はここまでです このページの先頭へ