ここから本文です

投稿コメント一覧 (2307コメント)

  • 直近IPO銘柄全体に出来高激減している中にあって、パークシャーは一枚当たりの金額も大きいにも関わらす検討しています。

    買い需要があるのは明らか。あとはいつ上がりだすかだが、9600円からの切り返し中、OVERとUNDERが拮抗してきており期待しましょう。なんかじらしている感じがしますがね。

  • 7日営業日ぶりの陽線引け、10320円は物足りないが合格としましょう。VWAPは10235円、値動き2110回のうち値上がり1064回、値下がり1046回 総合的に見て400円の値上がりは良し。

    明日、大事ですね。継続は力なり。買い方に期待しつつ、板のOVERがどうなるか注視。

  • 現在、OVERは41300 UNDERが67200 と昨日までの流れと違うのは明らか。
    大口さんの意図は何か興味津々ですが、昨日は良い意味でのチキンホルダー、イナゴは排除されたのかな・・

    大引けまでにもう一段の上昇が欲しいところ、 下落基調のチャートを変化させること大事。

    串カツ田中のようなIR担当がいるわけでもなく、パークシャー側からプレスリリース出すのも取引相手があってのことだから、なかなか難しい。水面下での成果を信じて行くしかない。

    ただ、現在の時流に乗ったど真ん中の注目企業であることには変わりない。動くときの瞬発力は凄いです。

  • 今のところ本日のボラ、たったの220円と様子見姿勢が強い。売り買いともに警戒しているね。

    10月13日から今日までの約1か月の間に11000円から11100円近辺までの下げが7営業日あるが見方を変えると逆に7回の下げ圧力に耐えた強さも見てとれる。

    出来高も少なくなっているが、ここを離れたイナゴが多いのと大口さんの参入少ないので仕方ない。普通ならもっと下落した株価になっていてもおかしくないが、値持ちしている点はポジティブに捉えられます。

    投稿も悲観的なものが多数になっている今、そろそろ昇竜拳が見られる時が、近づいている様に思えてならない。今日の大引けにかけてなのか、明日なのかは分からないが、11000円を割らないという条件付きではあるが、可能性は高いと個人的には思っちゃうんだな。買い方大口さんは虎視眈々と狙っているに違いないと思う。

    株は自己責任でお願い致します。

  • 現在出来高476千株と昨日の約2倍と好調を維持しています。
    このままだと100万株超えそうな気がしますが、後場も前場ほどでもないにしても、そこそこの
    出来高ないと売り方が調子こいてくるので油断は出来ない。

    勝って兜の緒を締めよで売り仕掛けられたらチャンス到来、買い増し姿勢で臨みますよ。

  • 日経平均大きく下落の中、マザーズ指数は連れ安していないのは資金が回帰してきているのかもしれない。

    開始後20分で出来高14万株ですね。順調順調。

    欲しい人沢山いますね。業績確認出来たことで買い安心感が広がった。

    このあとチキンの売りをこなしながら早いとこ高値更新へと向かっていきましょう。

  • 決算は前期事前予想を超過して着地。今期も四季報のコンセンサスを上回る数字で増収増益予想。

    今日までここ1か月間のボックス相場から脱却できそうな感じがしますがね。
    今期の数字も保守的なものと捉えていますので期中での上方修正の可能性も高いでしょう。

    ある意味良いあく抜けが出来たので今日からはモンスター銘柄の片鱗を見せつけてやりましょう。
    大口さんも決算期待からの上値をとりに行っていなかったのも個人投資家の決算持越を不安にさせる戦略的なものだと思います。

    現在チャート的にもすこぶる健全な位置にあり、今日窓を開けない程度のGUから大きく反発してくれれば面白い。

    日経平均も大きく調整しそうな中、出遅れ感の高い新興市場に資金が回帰してくれば、ここは予想以上に上昇して大引けになるかもね。

  • 東大発・ガチの人工知能ベンチャー「パークシャテクノロジー」 決算期待で持越しましたが、大方の予想は明日売られると見ているようだが、大体株価はその逆を行きます。なんせ本日の終値は5日移動平均線、25日移動平均線を下回り過熱感全然ないですから。

    パークシャーの目立ったコストは研究者・技術者たちの「頭脳」への報酬だと思うので、究極の低資本経営というか、驚くような利益率を叩き出してくるのは間違いない気がします。

  • 株式会社KDDIエボルバ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中澤 雅己、KDDI株式会社100%出資、以下「KDDIエボルバ」)は、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下「LINE」)が提供する法人向けカスタマーサポートサービス「LINE カスタマーコネクト」によるAIチャットボットサービスを、株式会社ジャパンネット銀行様(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村 充広、以下「ジャパンネット銀行」)に、2017年11月1日(水)提供を開始しました。

    本サービスの提供にあたり、AIエンジンとして株式会社 PKSHA Technology(本社:東京都文京区、代表取締役社長:上野山 勝也)の子会社である株式会社BEDORE(本社:東京都文京区、代表取締役社長:安野 貴博)が提供する、自動応答エンジン「BEDORE(べドア)」を採用しました。

    昨日投稿されていたが、着実に大手との成果が出でいる一例。取引先との関係もあり、なかなかパークシャーサイドからのプレスリリース発表は困難であることは承知しておく必要がある。今後も次々と取引先からパークシャーを採用しましたといったプレスリリースは出てくるでしょう。

    しかし本日はなかなか上に行かせてもらえない展開が続いていますが、後場はモンスター銘柄の片鱗を見せつけてもらいたいですね。

  • 25日移動平均は11616円、乖離率+9.76%と前日から3.51低下、過熱感なし。陰線で反落したものの、ローソク足としては陰のコマ悪くない、むしろ小休止といったところ。

    ふるい落としに空売りが乗じて大きなガラが大引けにかけて来そうと思いきや、下髭を作り終わってみれば下落率1.09%と買い方大口さんの綿密さが見てとれた感じ。

    本日はどんな戦略で望むのか楽しみだ。
    高値更新まで、あと1760円。

  • 昨日は出来高減っては来たものの、チャートは理想的な形を作って上昇中で3日続伸。

    25日移動平均は11379円、乖離率+13.27%とほぼ前日と変わらず、過熱感なし。買い方大口さんの堅実さが見てとれた。

    本日はどんな戦略で望むのか楽しみだ。
    高値更新まで、あと1620円。

  • 27日より25日移動平均線が出現となりました。
    現在、11097円 移動平均からの現株価乖離率は+13.36%と過熱感なく10月11日からの調整局面が功を奏している感じ。

    本日の株価動向で26日から潮目が変わったか確認出来そうだ。

    マザーズ銘柄に割高、割安は、エネルギーがある時は当てはまらない。株価は需給で決まるもの。

    まずは高値更新、シコリをなくして青天井へと突き進んでもらいたいですね。

    ただ戻り待ちの売りと空売り組をどう対処していくのか買い方大口さんに注目、NKと比較してマザーズ指数は出遅れており資金が流入しやすい環境になっている今週に高値更新期待します。

  • 現在、出来高435千株、そこそこ出来て順調ですね。

    本日は寄りにある程度の利確が出ての下げは予想できた。その後買い上げ開始するも12500円から13000円の価格帯が上場後一番出来高出来ていることから、処分売りしていないホルダーがこのタイミングでの戻り待ちの売りを出している様に思える、そこにつけこみ空売り組が上値を抑えている。

    この状況をどうするのか、大口さんとしては上手くふるい落としをかけながら、何度か上下運動をしての
    大引けでは高値引けと持って行ければ最高だが・・・

    簡単には行かないだろうがモンスター銘柄であるところを見せてもらいたいですね。

  • 6日続落で2590円の下落演じたあとは、本日たったの出来高約81万株で1070円戻したことの意味は?

    ある程度のチキンは退場して外野から売り煽り、連日の後場のガラというか売り仕掛けを警戒して近づけないこともあり、大口さんが買い姿勢転換したとしたら明日には高値更新を一気に抜くことも考えられますね。

    タイミング的にも明日から庶民の方への東京モーターショー開催に合わせてきたように思えます。

    どこまで上昇して行くかは図りしれないが、15000円は通過点、現在の時流に乗った国策銘柄、楽しみです。

    このように投稿すると、やれ買い煽りが多数を占めてきたので、一旦のリバウンドに過ぎないとか、日をまたいだ売り方の騙しだなんだとかの投稿が湧いてくる。人の不幸は密の味と思っている輩に、うらやましさを味あわせてやるよ。

  • ほぼ高値引けおめでとう。

    6日続落で、相当のマグマが溜まっていましたので、このくらいのことでは驚きはしませんよ。
    明日からが本当の意味でのバークシャーの実力が試されます。

    モンスター銘柄としてのパワーを見せつけてやれ。

  • 先週は高値圏でもみ合い、金曜日にかけて過熱感払拭、出来高から買い意欲は衰えていない事は読み取れる。

    今週は、いよいよもう一段ギアを上げて行くと見ています。

    今週の新興市場は、日経平均の続伸記録がストップし、上げ一服となれば、個人投資家の関心は出遅れ感のあるマザーズ銘柄に向かうでしょう。
    マザーズ市場のリード役として引っ張ってもらいたいですね。
    ちなみにイベントは27日からなので、そこに合わせて期待は膨らむ。早いとこ、まずは高値更新することが大事だ。

  • 2017/09/11 14:55

    再度2時半張り付きましたが、今回は大引けまでは剥がれないで買いがどんどん増加して大引け段階では10万株以上の買いを残して明日に持ち越しかな。

    大事なのは明日だぜ。反落か続伸か、大口さん次第だが、反転前の株価とプレスリリースのサプライズから
    すると続伸の可能性が高いが上下の揺さぶりはザラバを見ていると心臓に悪いかもね・・・

    明日も値幅500円ですから最短でも高値更新は13日になる。超えるには、それ相応のエネルギーが必要だが大口さんの手が入っていれば、更新して青天井だな。ただリスクとしては北のカリアゲ君が厄介。

  • 2017/09/11 13:22

    上下の揺さぶりに個人は一喜一憂したら後悔すると思う。

    金曜日のポジティブなプレスリリースは、トランザスにとっては願ったりに叶ったりなこと。

    上場前まで初値5000円という予想もあったくらいだが外部環境等により低く抑えられたことで割安感が台頭してきたところでの金曜日のプレスリリース。やはり前評判どうりの銘柄だね。公開価格1300円だからテンバーガーで13000円。

    需給次第ではあるが出来高増加が継続すればありえない話ではない。今月に入りポジティブなプレスリリースは2件、このように積極的なIR姿勢は新規上場銘柄には大事なことです。

  • 2017/09/11 10:31

    >>No. 345

    > 決算発表と同時に出たポジティブなプレスリリースはインパクトのあるものでした。冷静に考えても凄いことです。反発するのに申し分なしの内容。
    >
    > 今期の業績に乗せることは第4四半期に可能ではと個人的には思いますし、元々第4四半期に売上・利益共に数字が集中する傾向から上方修正もあると思います。
    >
    > トランザスのIR姿勢も好感が持てるので当面はホールド姿勢。5000円到達したら保有の一部売却考えてみようかな・・・
    >
    > 今はチキンの売りを待っているのか、大きく動きませんが、いずれ昇竜拳出現しそうな感じ。
    > 果報は寝て待て。大引け期待しています。

    やはり出ました。昇竜拳。 ホルダーさんおめでとう。

  • 2017/09/11 09:44

    決算発表と同時に出たポジティブなプレスリリースはインパクトのあるものでした。冷静に考えても凄いことです。反発するのに申し分なしの内容。

    今期の業績に乗せることは第4四半期に可能ではと個人的には思いますし、元々第4四半期に売上・利益共に数字が集中する傾向から上方修正もあると思います。

    トランザスのIR姿勢も好感が持てるので当面はホールド姿勢。5000円到達したら保有の一部売却考えてみようかな・・・

    今はチキンの売りを待っているのか、大きく動きませんが、いずれ昇竜拳出現しそうな感じ。
    果報は寝て待て。大引け期待しています。

本文はここまでです このページの先頭へ