ここから本文です

投稿コメント一覧 (6コメント)

  • 昨夜の NHK プレディシン メディシン。
    ご利益あったのは、ピクセル とグリーンのようだ..

  • 昨日のNHK スペシャル の放送中見

    それは、試してガッテン と変わらなかった。
    見てガッカリ。遺伝子治療とか HGF新薬とかが
    紹介されると思ったら普通の健康番組でありました。

  • 雑誌 ダイアモンド・ザイによると,この秋,
    株価上昇余地の大きな銘柄として, アンジェスMG が第1位になって
    おりました。上昇余地100% だそうです。
    300円以下の現在,買っておくのが得策だと思います。

  • 日本経済新聞 8月 8 日 月曜日
    朝刊より,

    [ 東京理科大 と阪大,医療機器や 新薬の 研究開発で 包括連携 した ]

    理科大の持つ成果と阪大の医学系の研究者と協力して実用化に繋げる。
    理科大の成果は、阪大が包括連携している企業にも情報を出す。
    理科だには投与した薬物を,幹部に集中させるDDS技術や注射を使わない投薬方など,医療応用できる成果は多い。
    阪大は病原体から身を守る免疫などで世界的な研究者が多い。
    医療現場のニーズと理工分野のシーズとをすり合わせ,先端
    医療技術の応用研究と実用化につなげる

    再生医療や遺伝子治療,手術の革新など
    医療技術が大きく変わりつつある。 大学の成果に関わる企業の期待も高まっており、理工薬医 の連携を進めることで,産業界への成果還元を進める。


    以下略

  • 「森下仁丹」

    まだ動かないのですが、なぜですか?

  • 今朝の朝日新聞より,
    「厚労省, 創薬ベンチャー 支援へ」
    厚生労働省は医療系ベンチャー企業向けの優遇税制や
    薬価の加算などの新制度を導入する方針を固めた。
    ( 中略 )
    新しい薬や医療機器の恩恵を今後も受けるには, 国内
    ベンチャーの育成が欠かせない,と判断した。
    ( 中略 )
    米国では新薬の半数をベンチャー由来の素材が占める
    一方、日本では厳しい規制や制度が資金難のベンチャー
    には障壁で, 大学などにある優れた素材も十分生かせて
    いないとした。

    そこで厚労省はベンチャー支援を強化するため,
    ・特許など知財を保有する会社の減税,
    ・研究開発を高く評価する薬価制度
    ・薬の審査の迅速化
    などを導入する。
    規制部門の職員らをベンチャーや金融機関に出向かせ, 人材
    やノウハウの交流も進める。
    厚労省は ベンチャー支援部署を今年度にも省内に
    設ける。

    とのことです。

本文はここまでです このページの先頭へ