ここから本文です

投稿コメント一覧 (3587コメント)

  • 【改名届】

    皆さん、こんにちは。
    管理人です。

    ところで、私は来場所より改名することを決意致しました。
    この改名はここ数場所のネットレでの低迷によるもので、
    「光源氏」のままだとどうしても”復帰”を意識してしまうので、
    心機一転新しい名前で上を目指すべく、全くテイストの違う名前で出直す運びとなりました。

    新しいハンドルネームは「勝双葉」(かつふたば)と言います。
    「勝」は本名に被せたものですが、勝ちたいという願いを込めました。
    「双葉」はもちろん双葉山のことで、誕生日が同じ双葉山に肖りました。

    今後もネットレの双葉山と形容されるくらいの強さで横綱を目指して頑張ります。
    皆さん、これからは新しい名前の「勝双葉」で宜しくお願い致します。

  • 【改名届】

    皆さん、こんにちは。
    管理人です。

    ところで、私は来場所より改名することを決意致しました。
    この改名はここ数場所の姉妹カテのネットレでの低迷によるもので、
    全くテイストの違う名前で出直す運びとなりました。

    新しいハンドルネームは「勝双葉」(かつふたば)と言います。
    「勝」は本名に被せたものですが、勝ちたいという願いを込めました。
    「双葉」はもちろん双葉山のことで、誕生日が同じ双葉山に肖りました。

    今後は自信一番の双葉山と形容されるくらいの強さの横綱を目指して頑張ります。
    皆さん、これからは新しい名前の「勝双葉」で宜しくお願い致します。

  • 皆さん、こんばんは。
    "元光源氏”です。

    ところで、私は来場所より改名することを決意致しました。
    この改名はここ数場所の自分のカテのネットレでの低迷によるもので、
    全くテイストの違う名前で出直す運びとなりました。

    新しいハンドルネームは「勝双葉」(かつふたば)と言います。
    「勝」は本名に被せたものですが、勝ちたいという願いを込めました。
    「双葉」はもちろん双葉山のことで、誕生日が同じ双葉山に肖りました。

    これからは新しい名前の「勝双葉」で宜しくお願い致します。

  • 【場所間アンケート「追悼、元大関貴ノ浪の思い出」】

    皆さん、こんばんは。
    場所が終わって10日ほど経ちましたが、いかがお過ごしでしょうか?

    さて場所間アンケートのお題は「追悼、元大関貴ノ浪の思い出」です。
    名古屋場所前に急死した元大関貴ノ浪の前音羽山親方の思い出や印象に残るエピソードをお聞かせ下さい。

    なおこのアンケートは強制ではありません。
    この大会の参加者ならどなたでも回答して下さって結構です。
    レース同様、こちらの投稿も宜しくお願い致します。

  • 【場所間アンケート「引退、元関脇旭天鵬の思い出」】

    皆さん、こんばんは。
    場所が終わって10日ほど経ちましたが、いかがお過ごしでしょうか?

    さて場所間アンケートのお題は「引退、元関脇旭天鵬の思い出」です。
    名古屋場所を最後に現役引退を表明した元関脇旭天鵬の思い出や印象に残るエピソードをお聞かせ下さい。

    なおこのアンケートは強制ではありません。
    この大会の参加者ならどなたでも回答して下さって結構です。
    レース同様、こちらの投稿も宜しくお願い致します。

  • >>No. 14597

    【勝双葉のアンケート回答「追悼、元大関貴ノ浪の思い出」】

    私が相撲を見始めた頃の貴ノ浪は大関を目指しているバリバリの若手でしたが、
    そんな貴ノ浪の思い出をいくつか挙げますと、
    まずトドさんも挙げておられた平成6年初場所7日目の曙戦。
    私はこの相撲で初めて「河津掛け」という決まり手を知りました。
    トドさんは「貴ノ浪と言えば河津掛け」と仰っていましたが、
    この一番を皮切りに大事な一番になるほど河津掛けを繰り出していたため、
    定着したイメージだったと思います。

    この一番でもう一つ印象的だったのは、時間いっぱいで半身の仕切りを敢行したことです。
    それまでの曙戦は9戦全敗。
    これが功を奏したかどうかはわかりませんが、
    大関昇進へ向けて最大の牙城を崩すべく考えに考え抜いた作戦だったと思います。

    場所後にライバルの武蔵丸と共に大関に昇進。
    その後しばらく大関で低迷した頃には「何であんな相撲しか取れないんだ」と、
    貴ノ浪の相撲に憤りを感じていた時期もありましたが、
    私が貴ノ浪を好きになったのは皮肉にも大関から陥落してから。
    引退を考えつつも「オレにしか取れない相撲を」とお客さんに喜んでもらえる相撲に徹したと聞きましたが、
    晩年は武蔵丸を倒すためにやっていたように思います。

    ネットレに参戦してから「貴ノ浪-武蔵丸」戦を課題に推薦しながらも、
    推薦時間オーバーで成立せず、
    その後武蔵丸の引退で二度とこの取組が組まれず、課題にできなかったことは悔やまれます。

    引退してからでは平成20年春場所での解説ですね。
    朝青龍が全勝で突っ走る中、
    実況のアナウンサーの「誰が朝青龍を止めるのか?」の質問に「琴光喜!!」と即答。
    その場所の琴光喜は中日まで2勝6敗と絶不調の上、対朝青龍戦は28連敗中でしたが、
    見事琴光喜が勝利したことで音羽山親方の眼力に関心したこともありました。

    亡くなった際には葬儀や通夜は私の家から5キロほどの斎場で執り行われましたが、
    喪服まで用意しながら場違いなのではと躊躇してしまい、
    結局行くことができませんでした。

    まだまだ貴乃花親方の右腕として、部屋に留まらず活躍を期待していましたが、
    不本意な形で亡くなってしまったことは残念でなりません。
    心からのご冥福をお祈り致します。

  • >>No. 10632

    【勝双葉のアンケート回答「引退、元関脇旭天鵬の思い出」】

    私が初めて旭天鵬に注目したのは平成14年秋場所でした。
    この場所の2日目に7場所連続全休明けの貴乃花と対戦し、見事初金星を獲得。
    それまで何度か上位挑戦を経験しながら毎回のように跳ね返されていましたが、
    この一番をきっかけに上位定着を果たしたと言っても良いでしょう。

    やがてモンゴルの後輩の朝青龍が横綱に昇進。
    翌年春場所には史上初めてモンゴル人同士で結びの一番を戦い、
    9回目の対戦にして朝青龍にようやく一矢報いることができました。

    しかし、それ以上に印象に残っているのが平成16年夏場所の朝青龍戦です。
    当時無類の強さを誇っていた朝青龍は相手を吊り落としたくて仕方のない横綱でしたが、
    そんな朝青龍を生涯唯一”吊り出し”で破ったのが旭天鵬でした。
    旭天鵬の四つ身にはもともと定評がありましたが、
    型を持っている力士の強みを存分に発揮した一番と言えるでしょう。

    旭天鵬はまもなく引退するであろう同期の若の里と同じくなまくら四つでしたが、
    若の里が相手得意の四つに合わせてしまうのに対し、
    旭天鵬の四つ身は相手不十分に組み勝つなまくら四つだったため、
    実は前捌きや差し手争いは若の里より巧かったのではとさえ思います。

    師匠の大島親方の停年に伴い、部屋を継承するかと思われましたが、
    ”現役続行”を選択し、翌場所まさかの平幕優勝を遂げたのは記憶に新しいところです。

    そんな旭天鵬はこの自信一番では私が逆指名する度に敗れてきた”天敵”でした。
    特に平成22年九州場所では3日目に豊ノ島を旭天鵬戦で指名しましたが、
    黒星で連勝を14で止められた上に、豊ノ島のその場所唯一の黒星の一番となってしまいました。
    しかし、そのおかげで特別賞にありつくことができたので、
    私にとっては忘れられない思い出になりました。
    (実は旧自信一番では雅山が14勝した平成18年夏場所でも旭天鵬戦で失敗している)

    あまり言われていませんが、実はモンゴル出身力士として初めて協会に残ることになった旭天鵬改め大島親方。
    しっかり体調管理ができればケガを減らすことができ、
    そこに41歳直前まで現役でいられた秘訣があると思いますが、
    これからはそんな大島親方ならではのノウハウを後進に伝承してもらいたいです。

    24年に渡る長い現役生活、本当にお疲れ様でした。

  • 【平成27年秋場所ネットレ新番付】

    それでは明朝には本場所の番付が発表されますので、
    ネットレの番付を発表させていただきます。

         (東)    (西)
      エクスプレス 横綱 ------
    ……………………………………………………
         エース 大関 こだま
      ------ 大関 トド     ○
    ……………………………………………………
    △   テツ13 関脇 マサト    ○
    ……………………………………………………
    △   すふぃあ 小結 勝双葉    ▼
    △     壮牙 小結 ------
    ……………………………………………………
    ▼   諸行無常 前1 ------
      ------ 前2 御堂筋    ▼
      ------ 前3 ------
         ウル父 前4 ------
      ------ 前5 ------
      ------ 前6 ------
    ↑   しまひで 前7 ------
      ------ 前8 ------
      ------ 前9 常盤通
      ------ 前10 ------
      ------ 前11 ------
      ------ 前12 かゎぅそ
      ------ 前13 オクヤン   ↑
    ↑   はふはふ 前14 翔
      にゃたんこふ 前15 双乃川

    凡例 ○=新昇進,↑=最高位更新(新昇進を除く),△=再昇進,
       ▼=陥落,*=カド番・番付外陥落リーチ

  • >>No. 14602

    【番付トピックス】(横綱~小結)
    横綱
     エクスプレスさん
      横綱在位は4場所連続4場所目で、いずれも史上単独2位記録。

    大関
     エースさん
      大関在位は7場所連続7場所目。
      横綱昇進のノルマは偏差値67.48以上での優勝、
      または偏差値70.48以上かつ優勝者との偏差値の差が3.40以下。

     こだまさん
      大関在位は2場所連続2場所目。

     トドさん
      史上14人目の大関。
      初土俵からは所要14場所、新三役からは8場所での昇進。
      2場所連続の新大関誕生は、
      平成25年九州場所から翌年初場所にかけてのウル父さん、北国さん以来史上2回目。
      バトル出身者の新大関誕生は史上初。

    関脇
     テツ13さん
      三役(大関以上は除く、以下同様)在位は8場所目。
      三役連続在位は4場所で、自己最長記録更新。
      9場所ぶりの関脇で、在位は3場所目、昇進回数は2回目。
      大関昇進のノルマは、偏差値66.58以上での優勝または偏差値69.58以上。

     マサトさん
      史上29人目の関脇。
      初土俵から所要場所数は63場所で、史上最長記録更新。
      番付外陥落後に新関脇に昇進するのは平成20年初場所のレオンさん以来史上2人目。
      3場所ぶりの三役で、在位は3場所目、昇進回数は3回目。

    小結
     すふぃあさん
      14場所ぶりの三役で、在位は9場所目、昇進回数は3回目。
      大関経験者が三役に返り咲くのは、
      昨年名古屋場所のむそうやまさん(現常盤通)以来史上4人目、史上6例目。
      小結在位は5場所目で、史上3位タイの在位記録。
      大関陥落後16場所連続で関脇以下に在位は史上1位タイの場所数。

     光源氏改め勝双葉
      自身5回目の改名。
      三役在位は3場所連続14場所目。
      小結在位は6場所目で、史上1位タイの在位記録。
      小結に在位するのは平成18年春場所以来56場所ぶり。

     壮牙さん
      4場所ぶりの三役で、在位は6場所目、昇進回数は2回目。
      小結在位は2場所目。

    ※小結に3名在位するのは、昨年名古屋場所以来史上4回目。

    ※三役以上に9名以上在位するのは、昨年秋場所以来史上3回目。

  • >>No. 14603

    【番付トピックス】(前頭)
     ウル父さん
      平幕在位34場所は史上3位タイ。

     しまひでさん
      前頭10枚目以上在位するのは自身初。
      初土俵からの所要場所数は4場所。

     常盤通さん
      大関陥落後13場所連続で関脇以下に在位は史上単独3位の場所数。
      平幕在位34場所は史上3位タイ。

    番付外陥落
     北国さん

    初土俵からの区切りの場所数
     エクスプレスさん 60場所
     ウル父さん 47場所=8年
     常盤通さん 47場所=8年
     トドさん 15場所
     しまひでさん 5場所

  • >>No. 14602

    【大相撲ネットレースの基本ルール】

    (0)エントリーの方法

    以下の枠に当てはまる力士を選択するだけでOKです。

    7点 平幕
    6点 平幕
    5点 平幕
    4点 十両
    3点 関脇・小結
    2点 横綱・大関
    1点 特別自由枠(幕内・十両力士から1人)

    上記のように7人の力士を選出して投稿すれば、エントリーは完了です。

    期限は初日前日の午後11:59です。
    この期限を過ぎてのエントリーは途中参加の扱いとなりますので、ご注意下さい。


    (1)得点に関するルール

    1勝ごとに選択した枠の得点が入ります。
    負ければ0点で、得点は入りません。

    1点以外の力士は三役力士に勝つと、
    勝った力士の地位に関係なく、下記のボーナスが加算されます。

     対小結:+1点,対関脇:+2点,対大関:+3点,対横綱:+4点  

    1点枠は適用した力士より上の番付の力士に勝てばボーナス1点、
    逆に下の番付の力士に負ければペナルティー-1点となる。


    (2)力士変更に関するルール

    Ⅰ)「代打」について
    変更は1場所中に7~1点の全ての枠で3回まで自由にできますが、
    このような力士変更を通称「代打」と呼びます。
    代打は変更後の力士もその枠に適用できる力士でお願い致します。

    変更後の力士には優勝・三賞のボーナスは適用されませんので、ご注意下さい。

    代打の期限は当日の十両取組開始前です。

    無効となった場合のペナルティーは下記リンクを参照願います。

    Ⅱ)休場による補充について
    選択していた力士が休場等により出場せず代打を宣言しなかった場合に、
    当該枠に別の力士を充てて適用することを「自動補充」と呼びます。
    「自動補充」が適用されるのは不戦敗の翌日からですが、
    不戦敗がなく休場となった場合は、休場した当日からの適用となります。

    「自動補充」の適用基準は下記リンクを参照願います。


    (3)課題取組について

    毎日1番ずつ出題される「課題取組」の勝敗を予想して下さい。
     正解→+2点
     不正解→-2点

    参加するかどうかは自由です。

    (4)最終ボーナスについて

    全ての枠において未変更の選出力士が以下に当てはまる場合、下記のボーナスを加える。
     幕内全勝優勝→20点
     幕内優勝→10点
     三賞(1個あたり)→5点
     決定戦勝利(1勝あたり)→2点
     十両全勝優勝→14点
     十両優勝→7点

  • >>No. 14602

    【初めて参加される方へのお願い】

    これから参加される皆さんにも同様のお願いをしたいのですが、
    集計時にわかりやすい名前があると見やすいですので、
    できればYahoo!IDのほかにハンドルネームを頂戴いただけると有難いです。

    また、そのハンドルネームは極力textreamプロフィールでの
    「表示名」と同じにしておいて下さい、

    他の参加者の名前は先に投稿したメッセージNo.14602の番付をご覧頂いて、
    それとかぶらないものであれば結構です。
    どうかご理解とご協力をお願い致します。

  • >>No. 14605

    【平成27年秋場所ネットレ受付開始】

    明朝には本場所の番付が発表されますので、
    それと同時にネットレの受付を開始致します。

    参加はどなたでもOKです。
    エントリーの方法及びルールは本トピのメッセージNo.14605をご覧下さい。

    わからないことがある場合は、下記のページを参照願います。
    http://shinsama1980.web.fc2.com/rulebook.htm

    締め切りは初日前日の9月12日(土)の午後11:59ですので、
    参加を希望される方はそれまでにエントリーして下さい。

    たくさんの方に来ていただけると有難いです。
    1人でも多くの挑戦をお待ちしております!!

  • >>No. 14607

    【平成27年秋場所ネットレ記録への招待】(1)

    今回も達成の可能性がある記録について記載していきます。

    <優勝関連>
    (優勝回数ランキング)
    1位 朝稽古さん(△)・勝双葉 8回
    3位 ひっとさん(△)・エースさん 7回
    5位 エクスプレスさん 6回

    (優勝した場合のブランク)
    勝双葉 24場所→史上3位記録更新
    すふぃあさん 23場所→史上3位記録更新

    (その他)
    エクスプレスさん 優勝なら横綱では史上初
    エースさん・こだまさん・トドさん 優勝なら大関としては自身初
    トドさん 新大関で優勝なら史上初、
         優勝なら初優勝からの連覇となり、平成20年初、春場所のエースさん以来史上4人目。
    マサトさん 新関脇で優勝なら平成23年九州場所のすふぃあさん以来史上3人目

    <三賞・特別賞関連>
    (敢闘賞ランキング)
    1位 北国さん(△) 11個
    2位 御堂筋さん 10個

    (技能賞ランキング)
    2位 勝双葉・エースさん(×)・御堂筋さん 6個

    (特別賞ランキング)
    2位 常盤通さん・ふくごさん(△)・勝双葉・エースさん 3個
    6位 朝稽古さん(△)・かゎぅそさん 2個

    (三賞を受賞した場合のブランク)
    勝双葉 51場所→史上1位記録更新

    (初三賞までの所要場所数)
    オクヤンさん 11場所→史上1位記録更新

    <偏差値勝敗関連>
    (負け数)
    すふぃあさん 通算400敗まであと6敗
    テツ13さん 通算100敗まであと1敗
    にゃたんこふさん 通算100敗まであと11敗

    (連続勝ち越し)
    トドさん 10場所連続で継続しており、史上1位記録更新中

    (2ケタ勝利場所数ランキング)
    1位 勝双葉 27場所
    2位 エクスプレスさん 26場所

    (12勝以上場所数ランキング)
    2位 朝稽古さん(△)・勝双葉・エースさん 8場所
    5位 ひっとさん(△)

    (負け越し場所数ランキング)
    3位 朝稽古さん(△) 22場所
    4位 ウル父さん 21場所

    (連続負け越し)
    オクヤンさん 通算、初回からのいずれも10場所で連続で継続しており、史上1位記録更新中

    (その他)
    エースさん・トドさん・マサトさん 今場所も12勝以上なら自身初の2場所連続12勝以上
    常盤通さん 負け越しなら通算20場所目

  • >>No. 14608

    【平成27年秋場所ネットレ記録への招待】(2)

    <課題関連>
    (勝ち数)
    勝双葉 課題600勝まであと12勝
    双乃川さん 課題100勝まであと8勝
    トドさん 課題100勝まであと14勝

    (負け数)
    エクスプレスさん 課題400敗まであと14敗
    エースさん 課題300敗まであと6敗
    御堂筋さん 課題300敗まであと7敗
    双乃川さん 課題100敗まであと14敗

    注1)各種ランキングは3位以内で順位の変動のある部分のみ記載
    注2)×は変動可能性なし、△は引退または番付外

  • 【平成27年秋場所自信一番番付】

    それでは明朝には本場所の番付が発表されますので、
    自信一番の番付を発表させていただきます。

         (東)      (西)
      ------  横綱  ------
    …………………………………………………………
      エクスプレス  大関  ------
    …………………………………………………………
         双乃川  関脇  御堂筋
      ------  関脇  壮牙     ○
    …………………………………………………………
         エース  小結  すふぃあ   △
    …………………………………………………………
      ------  前1  ------
      ------  前2  ------
    ▼    こだま  前3  ------
      ------  前4  ------
      ------  前5  ------
      ------  前6  ------
      ------  前7  にゃたんこふ
         勝双葉  前8  ------
      ------  前9  オクヤン
        しまひで  前10  北国     ▼
    ▼   かゎぅそ  前11  ------
      ------  前12  テツ13
      ------  前13  ------
      ------  前14  ------
      ------  前15  コンプリ

    凡例 ○=新昇進,↑=最高位更新(新昇進を除く),△=再昇進,
       ▼=陥落,*=カド番・番付外陥落リーチ

  • >>No. 10634

    【番付トピックス】(横綱~小結)
    大関
     エクスプレスさん
      大関在位は26場所で、史上単独2位。
      大関連続在位は26場所で、史上単独1位。
      横綱昇進のノルマは優勝、
      または偏差値62.00以上かつ優勝者との偏差値の差が6.00以内。

    関脇
     双乃川さん
      三役(大関以上は除く、以下同様)、関脇在位はいずれも4場所連続4場所。
      新三役から4場所連続の三役は史上1位タイ。
     (2位のうちミドル(現御堂筋)さんは3場所連続の三役の翌場所大関昇進)
      新三役から4場所連続の関脇は史上最長記録更新。
      関脇に4場所連続で在位は史上2位タイ。
      大関昇進のノルマは偏差値65.36以上での優勝または偏差値68.36以上。

     御堂筋さん
      三役在位は通算7場所目。
      三役連続在位3場所は自己最長記録タイ。
      関脇在位は通算6場所目。
      関脇連続在位3場所は自己最長記録更新。
      大関昇進のノルマは偏差値66.62以上での優勝または偏差値69.62以上。

     壮牙さん
      史上12人目の関脇。
      初土俵からの所要場所数は12場所で、史上3位のスロー記録更新。
      新三役の翌場所で新関脇、及びバトル出身の関脇は、今年春場所のオクヤンさん以来史上6人目。
      三役在位は2場所連続2場所目。

    ※先場所双乃川さんは東正関脇で8勝、御堂筋さんは西正関脇で9勝でしたが、
     関脇同士で成績下位だった者が翌場所上位の番付に据えられた史上初めてのケース。
     関脇の順序が大関昇進ノルマの軽い方から並ぶように規定されているための措置。

    ※3場所連続で関脇が3名以上となるのは史上初。

    小結
     エースさん
      三役在位は17場所で、史上単独2位。
      三役連続在位は6場所で、史上単独2位。
      小結在位は通算7場所で、史上最多記録更新。
      小結に4場所連続で在位するのは史上初。

     すふぃあさん
      4場所ぶりの三役。
      三役在位は19場所目で、史上単独1位。
      三役への昇進回数8回は史上1位記録タイ。
      小結在位は通算6場所目。

  • >>No. 10635

    【番付トピックス】(前頭)
     勝双葉
      自身4回目の改名。

     かゎぅそさん
      三役で出場した翌場所に前頭2ケタ台まで転落は先場所のテツ13さん以来史上3例目、
      2場所連続で発生したのは史上初。

     しまひでさん
      平幕在位は37場所で、史上最多記録。

     北国さん
      19場所ぶりの平幕で、ブランクは史上最長記録更新。
      横綱経験者が平幕に陥落するのは史上初。
      大関経験者の平幕陥落は今年春場所の光源氏(現勝双葉)以来史上3例目。

     コンプリさん
      平幕在位は31場所で、史上単独3位。
      平幕連続在位は21場所で、史上1位タイ。


    初土俵からの区切り
     エースさん 45場所
     勝双葉 45場所
     コンプリさん 45場所
     しまひでさん 40場所

  • >>No. 10634

    【自信一番の基本的なルール】①

    このゲームの基本的なルールを以下に記します。

    1.「SUPER自信一番」の基本ルール
    (1) その日勝つと思われる力士を1日に1人だけ幕内の取組の中から指名する。
    (2) (1)で予想した力士が勝った場合、横綱・大関なら「+3点」、関脇以下なら「+2点」加算する。
       負けた場合は、横綱・大関なら「-2点」、関脇以下なら「-1点」の減点とする。
    (3) 関脇以下で横綱に勝利した場合は、金星ボーナスとして「+2点」(計4点)、
       同じく大関に勝利した場合には、銀星ボーナスとして「+1点」(計3点)を加算する。
    (4) 指名した力士が不戦勝または不戦敗となった場合には、その予想は無効とする。
    (5) 一度予想した力士は、その勝敗に関わらずその場所では指名できない(1場所1回限り)。
       同一力士を1場所で2回以上指名した場合は負けと同等の減点とする。
    (6) 横綱・大関の指名はその勝敗に関わらず1場所3回までとし、
       4回目以降の指名があった場合は「-2点」のペナルティーとする。
    (7) 特に自信のある取組については”自信指名”ができる。(詳細は後述)
    (8) 休みは1回につき「-1点」の減点とする。

    2.”自信指名”について

    (1) ”自信指名”を適用したい指名の投稿のタイトルにて「自信指名」とコールする。
     (例.3日目 光源氏は稀勢の里を自信指名)
    (2) ”自信指名”をコールした取組で指名した力士が勝った場合には通常の得点に+1点を加算、
       敗れた場合には通常の減点から更に-1点を減点する。
    (3) 横綱への自信指名は禁止する。
    (4) ”自信指名”は1場所に3回まで指名でき、何日目に使っても良い。
    (5) 4回目以降の”自信指名”や横綱への”自信指名”は無効と見なし、
       通常の指名と同じ扱いとする。

  • >>No. 10637

    【自信一番の基本的なルール】②

    3.”付録予想”について
    (1) ”付録予想”として、13日目から千秋楽までの3日間は、
       結びから3番の勝敗を全て的中させた場合には「+3点」を加算し、
       1つでも間違えた場合には、「-1点」の減点とする。
    (2) 結び3番の中で不戦となる取組があった場合は、その取組は対象外とし、
       残りの取組での予想となる。
       その場合、対象取組が2番となった場合には全的中で「+2点」、1番ならば「+1点」とし、
       1つでも外した場合には、一律「-1点」とする。
    (3) ”付録予想”への参加は自由とする。

    4.最終ボーナス・ペナルティーについて
    (1) 本予想の的中数におけるボーナス・ペナルティーは次の通りである。
      10番的中…+1点   5番的中…-1点
      11番的中…+2点   4番的中…-2点
      12番的中…+4点   3番的中…-3点
      13番的中…+6点   2番的中…-4点
      14番的中…+8点   1番的中…-5点
      15番的中…+10点  0番的中…-6点

    (2) 付録予想の正解数におけるボーナスは次の通りである。
      2問正解…+1点
      3問正解…+3点

本文はここまでです このページの先頭へ