ここから本文です

投稿コメント一覧 (2178コメント)

  • コンクリート仕上げロボット開発、3時間連続運転可能に。
    鹿島の技術力、省人化ロボでコスト削減進む。

  • 6月販売実績
     中国      12249台 前年同月比 +40.3%
     タイ       7172台    〃   +28.5%
     インドネシア   6761台    〃   +22.0%

  • 2018/07/19 10:20

    >>No. 534

    会社四季報活用の仕方
     四季報で「会社計画は慎重」と記載あるものを買う。鹿島の場合、会社計画は慎重に加え、
     営業益は前期と横ばい圏の公算、とある。これは、相当すごいことだと思う。

  • IR法案、今日委員会で採決、可決される見込。7月20日までに可決成立の予定。
    何でも反対の野党諸君は相変らず、不信任案などで妨害。

  • 会社四季報夏号には、
    「前期の土木好採算工事は剥落。ただ、工事粗利急落見込む会社計画は慎重。営業益は前期と横ばい圏の
    公算。増配も」とある。
     会社計画   売上 2,000,000 営業利益 108,000 経常利益 117,000 純利益 82,000
     会社四季報  売上 2,000,000 営業利益 158,000 経常利益 167,000 純利益 117,000
    中間を採っても、会社計画に対し、大幅増益となるが・・・
    いつも、鹿島の経理は慎重な数字を出すことが多いからな。

  • No.555

    強く買いたい

    鹿島より利益率は高いよ。

    2018/07/17 22:08

    鹿島より利益率は高いよ。

  • 広島や岡山は、少し前までは自然災害の少なく、気候も温暖で安全で住みやすい場所だった。
    しかし、今や、災害多発地域になってしまった。特に、広島県は・・・
    豪雨災害被害がひどい場所だね。
    花崗岩地質なので、岩が簡単に崩れるし、花崗岩が崩れた土は、粘土体質の泥とは違い、
    目の粗い砂のような地質。しかし、これが豪雨で簡単に流れてしまう。
    また、昔は雨が少なく、干ばつの多い地域だったので、農業用のため池があちこちにある。
    それらが、今度の豪雨では氾濫して周辺の家を押し流してしまった。
    砂防ダムも、簡単に土石流が乗り越えてしまい、大きな災害となった。
    気象変動で今度のような豪雨被害がたびたび起きると考えて、根本的にダムや治水対策、
    砂防対策、堤防対策が必要になってきた。道路の安全確保も必要だ。
    それと、地震被害でもないのに、水道が広範囲に断水し、真夏の暑さの中、被災者を命の危険
    にさらしている。
    これは、取水場や浄水場が洪水や土石流で汚染されて、それの復旧に手間取るためである。
    浄水場の浸水防止対策も必要になってくる。

  • 2018/07/17 14:13

    ゼネコン株価を株価指標で比較してみる。
     大林組   PER 8.2倍  PBR 1.18倍 配当利回り 2.48%
     鹿島建設  PER 11.0倍  PBR 1.35倍 配当利回り 2.79%
     大成建設  PER 15.0倍  PBR  2.04倍 配当利回り 2.03%
    清水建設  PER 10.1倍  PBR 1.41倍 配当利回り 2.22%
    熊谷組   PER 11.0倍 PBR 1.43倍 配当利回り 2.59%
     安藤・間  PER 9.9倍  PBR 1.60倍 配当利回り 2.90%
    大林・清水・熊谷は今期増収増益計画だが、他は減益の計画だ。
    西日本豪雨災害復興工事、そしてカジノリゾートの1カ所は大阪の予定であり、
    大阪が本拠地の大林組が活躍する場が拡大するだろう。
    なんで、大林組の株価指標が一番割安なのか不明だが、リニア談合疑惑で真っ先に
    談合を認めたことから、嫌われたのかな。

  • 2018/07/17 11:46

    IR法案は今週中7月20日までに与党と維新・希望の党の賛成多数で可決する見込。
    西日本豪雨災害は極めて甚大。気象変動の時代、治水・砂防・道路・ダムの安全対策の根本的な
    見直し、強化が必要。

  • 日産空売りかけた人は、踏み上げでしたね。
    私は昨日の引けで3千株買い、12万円の利益でアリガトサンでした。

  • 西日本~東海豪雨被害、特に土木の復旧改修工事が大幅に増えそうだ。
    ゼネコン総動員せねば、なかなか復興できないのではないか。
    国交省が各県の土木と相談して、工事割り振りの旗振りが必要だろう。

  • 今日は西日本豪雨災害の復旧で活躍期待のゼネコン株買わせてもらった。このところ大きく
    下げていたから、戻りは大きい。
    日産の配当利回り5.5%、引けで拾うか。

  • 日産は排ガス規制という問題もあったんか。へェ~。

  • 日産の英国のブレグジット担当大臣が辞任ということで、下げている。
    英国での生産の多い日産の事情であり、三菱には関係ない。
    日米通商交渉は、自動車の対米輸出の自主規制と牛肉や天然ガスなどの輸入拡大という
    方向で妥協点が探られるのではないか。
    中国か米国車の追加報復関税を課したことで、日本車は米国で減る分、中国では増やせる。
    狐とタヌキのような関係だな。

  • >>No. 489

    私は倉敷市の直ぐ近くの出身なので、あの辺の地理などよく承知しています。

  • NHKのお昼のニュース、水島工場は浸水もなく、きれいなもの。
    海際の水島工場と倉敷でも一番北にある真備町とは、全然離れている。
    午前中、4時間の停止のみです。空売りのデマ情報が多いですね。
    災害でデマは恥ずかしいことです。

  • 西日本から東海の広域に、すごい大雨、洪水、土砂崩れ被害だね。
    これは、相当復興費用がかかりそうだ。ゼネコンは、土木工事の受注が大幅拡大しそうだ。

  • 6月販売実績
     イギリス  2533台 前年同月比 +16.5%
      ロシア   3279台   〃   +91.5%
      ニュージーランド
           1234台   〃   +8.9%

  • 6月販売実績
     カナダ     2457台 前年同月比 +18.1%
     スゥエーデン  962台    〃   +129.6%

  • 自動車貿易摩擦緩和の動き
     EUは、日本・韓国などにも働きかけ、多国間で米国への自動車輸出を制限協定する動き
     アメリカの駐独大使が、フォルクスワーゲン・ダイムラー・BMWのCEOと会談、米・EU双方
     が互いの自動車関税をゼロにする提案。
      現状 EUは米輸入車に10%の関税、米はEU輸入車に2.5%の関税
      ちなみに、日本は米輸入車への関税ゼロ、米は日本輸入車への関税2.5%

     EUが提案しているように、多国間で米国への自動車輸出を制限する協定の方向になると思う。

    中国、米制裁関税への時差による先行報復関税はやらない。米国が動いてからと、懐柔姿勢。
    トランプ大統領も、支持基盤の大豆生産上位10州での、大豆価格急落に頭を痛めているようだ。
    さて、どの辺に落としどころか。トランプ流交渉術。
    トランププットは近いという見方が多い。

本文はここまでです このページの先頭へ