ここから本文です

投稿コメント一覧 (351コメント)

  • 決算発表は2/13だ。
    ケアネツトは必ず上方修正がある。
    短期でうるなら、少なくともそれを待った方が良い。

    私は長期組だから売らない。
    第二のエムスリーと期待しているから。

  • バイオ総崩れの中、4592サンバイオがすこい。
    半身不随の患者に朗報。

  • バイオ総崩れの中、4592サンバイオがすこい。

  • バイオ株の中でサンバイオ(4594)が凄い勢いだね。
    脳梗塞再生治療薬が米国でフェーズI/IIa臨床試験では上がらなかった腕が上がるようになった、
    車椅子の方が自力歩行できるようになるなど、半身不随の被験者のほぼ全員の運動機能の改善が見られたという。
    そして12月に一段上のフェーズI/IIbで被治験者に対する施錠を終えた。
    一年後に評価結果がだされる。
    I/IIa臨床試験ではほとんどの被治験者に運動機能向上の効果が認められたということだから、、
    一段上のフェーズI/IIbの治験も無事パスする可能性が極めて高いとされている。
    慢性脳梗塞薬だけで、一説には一兆円の市場との見方がある。

  • <重要>

    何者かが、午後6時40分頃ここサンバイオの掲示板に不正侵入した。
    そして、「そう思わない」が「そう思う」の数以上になるよう操作した。
    悪質。

  • <重要>

    何者かが、午後6時40分頃ここサンバイオの掲示板に不正侵入した。
    そして、「そう思わない」が「そう思う」の数以上になるよう操作した。
    悪質。

  • クレデイスイス、ドイツなど機関は、特に、昨年の11月から空売りを増やしてきている。
    その平均単価は2500円近辺のようだ。
    そこまで後160円という所まできている。
    毎日の板を眺めていれば分かることだが、彼らは上げまいと必死だ。
    目いっぱい売っているのにまだ売っている。
    しかし、上方修正や新商品の独占販売権取得など一発のGOOD IRがあれば、
    これら機関の制御が効かなくなる。
    その場合は、諦めてというより競って買戻しにかかるしかない。一気に3000円超えもあり得る。
    その時を待とう。

  • SB623脳梗塞国内治験は帝人が行うことになっておる。
    PMDAとの協議はどうなつておのか、情報がない。
    それについては、サンバイオのホルダーに対しては義務はないから文句は言えん。
    しかし、身体が不自由になった患者さん本人とその家族は、
    この薬を今か今かと待っている。
    せめて情報くらいは出してほしいのぉ

  • 2018/01/04 15:37

    スミソニアン協会【スミソニアンきょうかい】

    米国,ワシントン市にある国立の学術研究機関。英国の化学者スミッソンJames Smithson〔1754-1829〕の遺贈を基金に1846年創立。独創的研究による学術の進歩と,展示・出版・国際交流等による科学知識の普及を目的とする。
    .
    出典 株式会社平凡社/百科事典マイペディアについて 情報

  • 今回の野村に対する割り当て増資400万株170億円には、並々ならぬ思いがあったに違いない。
    大幅に業容が拡大している中での増資だ。
    しかし、テルモや朝日インテックに伍していくためには更に色んな布石を打つ必要がある。
    これを実行するための増資だ。
    希薄化は確かにそうだが、高々400万株だ。
    それ以上に、増資しで得た資金を有効に活用して成長を高めることが重要だ。

    今回の増資をポジティブにとらえたい。
    ともかく日本ライフとはとことんお付き合いするつもりだ。

  • この会社少し前の平成24 年3月期のことだけど、下方修正を余儀なくされた。
    その時、役員報酬の減額を行っているね。

    下方修正しても何も責任を明確にしない会社がほとんどの中、この会社は立派だ。

  • 2017/12/29 17:42

    脳梗塞薬「SB623」2b臨床試験進み、19年にその評価結果が出る。
    来年はぐんぐん期待が膨らむ年だ。
    それに従って株価も騰がる。
    年末には10000円台を期待している。

    死滅した脳の組織がよみがえり、運動機能を取り戻す夢のような薬だ。
    一説には、市場は1兆円試算も。

  • >>No. 469

    結論的には何も変わっていません。
    12/6付のIRで下限行使額は、3052円と発表しています。
    二分割があったため、下限行使額も二分割しただけのこと。

  • 2bの評価結果は19年だが、来年の前半から評価結果への期待が次第に高まる。
    そして特に後半はぐんぐんウナギ登りだろう。
    以下の事実を信じてホールドするしかないね。

    「SB623の投与によって、米国で実施したフェーズI/IIa臨床試験の被験者ほとんどの運動機能が改善した。
    上がらなかった腕が上がるようになった、車椅子の方が自力歩行できるようになるなど、
    運動機能の改善が見られた。」

  • 確かにnomuraは、8/23時点30万株近くのの空売りがそのままとなっている。
    1株1400円の頃だから含み損は約5億円だ。
    散々悪どいことをやてきた野村もここだけは立ち往生か。

    また、昨年12月時点で三菱モルガンスタンレーが36万の売り残が報告されているが、
    その後の報告がない。

    一体どういうことか。処理について何か裏道でもあるのだろうか。

  • NISAについてお伺いします。
    120万円が限度額ですが、
    取得の際の手数料は取得額の中に入るのでしょうか。
    それとも外枠なのでしょうか。
    400ちょうどをNISA枠で買おうと思っています。

  • No.835

    強く買いたい

    [現在] FPD業界の液晶製…

    2017/12/19 17:54

    [現在]
    FPD業界の液晶製造装置として、 (1)インクジェットPIコーター装置(液晶大型パネル用配向膜塗布装置)
    (2)プリベーク装置 上記2物件に注力して開発を進めています。
    特に、(1)のインクジェットPIコーター装置は、大手液晶パネルメーカーから受注を受けています。
    本装置は、インクジェット方式で、従来からの印刷方式に代わる新技術を採用しており、
    各液晶パネルメーカーからの引合いを頂いています。
    現在は、更なる顧客要求に応えるべく、改善・開発を行っています。

    [今後]
    インクジェットを横展開できるように研究開発中です。
    また、このコア技術を応用し、工業用のプロセス装置として、製品製造メーカー、噴出材料メーカー、
    着弾機材メーカーと協力し、一連のコーター装置、ベーク装置を研究する予定です。
    例)
    (1)太陽光ソーラーパネルのパターニング
    (2)有機ELの成膜技術への応用
    (3)材料メーカーとのコラボレーション
    (4)LED発光ダイオード
    など

  • No.144

    強く買いたい

    [米国 脳梗塞 フェーズI/I…

    2017/12/18 16:40

    [米国 脳梗塞 フェーズI/IIa臨床試験の結果]

    「SB623の投与によって、米国で実施したフェーズI/IIa臨床試験の被験者の運動機能が改善しました。
    脳梗塞発症後約2年を経過して腕が上がらない、歩けないといった運動機能障害を抱えた患者さんの
    SB623投与後の経過です。
    上がらなかった腕が上がるようになった、車椅子の方が自力歩行できるようになるなど、
    運動機能の改善が見られました。」

    脳梗塞が原因の運動機能障害に苦しんでいる方は、非常に多い。
    しかし、現在のところその治療薬は存在しない。
    サンバイオがこの治療薬を開発し、現在治験中であるが、目出度く承認となった際の市場規模は
    測り知れないものがある。
    患者・家族のためにも、一日も早い上市が待たれる。

  • この会社の特許は、インクジェット関連、塗布膜関連などが多いですね。
    インクジェット関連装置は、ヘリオステクノも製造していますが、特許がほとんどありません。
    そういう意味では、この会社がかなり優位に立っていると言える。

    h
    ttp://tokkyoj.com/syutu/591255416.html

  • 今回の決算短信の2ページ中ほどに以下の文言がありますが。

    「これらの進捗に伴い、平成28年6月にはSB623の慢性期脳梗塞プログラム・フェーズ1/2a臨床試験の投与後12か
    月経過時の結果に関する論文が米国心臓協会(American Heart Association)発刊の医療専門誌STROKEに掲載さ
    れ」

本文はここまでです このページの先頭へ