ここから本文です

投稿コメント一覧 (13コメント)

  • 2017/02/08 10:30

    東芝、NEC、シャープ、リコー、カシオなどが沈む一方でよく頑張ってる。
    財務も一時期よりかなり改善されてるし、心配はないでしょ。

  • 日銀のETF買いは、結局のところ株価を市場価格よりかさ上げすることになるから、いろいろな面で不都合が生じる。
    押し目で買おうとする中長期の投資家は日銀が先に買いを入れるから、指値で買えない。
    だから、証券会社の手数料収入は当分減り続けるよ。
    今までは255銘柄中心だったから、255に入っていれば業績不振企業でも株が下がらないという現象が起きる。
    業績が悪化するだろうと分析した投資家が売って、価格が下がるというシグナル効果が日銀のETF買いが妨害する形になる。
    日銀が市場をゆがめているわけだ。

    決算書を分析したり、チャートの形状がどうのこうの考えるのが、ほぼ無意味な市場と言っていい。
    こんな市場が無期限で続くと日銀が表明したわけだから、当分証券会社の業績向上は期待できない。

    当局の介入をせかすことばかりしてきた証券会社のアナリスト達は、今どう思ってるんだろう?
    「まだ足りない」なのか「もう、いい加減にやめろ」なのか・・・。

    「株式での相続を優遇しろ」って当局に要求してるらしいから、「まだ、足りない」ってか・・・。
    相続で手に入ったら、手数料収入が稼げなくなんねーかい???

  • まずはアプリを使ってみて、買うか買わないかを判断すべきだね。
    当たり前の話だけど。
    CMに釣られてアプリをダウンロードしたが、煩わしくて3日で消した。

  • 富士通はファナックという超優良企業を産んだ。
    まだ、富士通がおおらかな時代に自由にビジネスをさせ、富士通の古い体質を持ち込まずに大躍進する。
    ここ20年ぐらいの富士通を見ていると、優良子会社を本社化、もしくは本社部門と統合し子会社に古い体質を持ち込む流れのように見える。
    富士通のコアビジネスをソフトサービスにするため、その分野の子会社を取り込みたいのだろうが、それは結局のところグループの競争力を削ぐ。

    子会社が元気に新領域を開拓し新ビジネスを生む状況を親会社が阻害するようになって、富士通グループの成長が止まった。

    元気な子会社をたくさん擁する企業を志向していれば、もう少し元気な会社でいられただろう。

  • 確かにビッグデータやクラウドは今後伸びる分野なんだろうけれど、この会社を長らく見ているとわかるが、そういうビッグチャンスを飛躍に結びつけられないんだよね。
    日本のITの中核に位置する会社なのは間違いないんだけれど、新しいビジネス領域に踏み出し新たな収益の柱を生みだすということにほとんど成功していない。
    「これからはネット社会だ」とか「誰でもパソコンを持つ時代がくる」とか、この会社にとってとても希望の持てる状況は過去いくらでもあったが、その果実はことごとく他の新興企業や海外勢に持っていかれている。

  • 2014/06/04 12:09

    出来高400株って・・・。
    上場してる意味ねー。

  • 子供手当てで人気銘柄になった頃、ちょうど娘がこの塾に体験入学して、一度で辞めた。
    お話にならない、と言うべき塾だ。
    コストを徹底的に抑えることばかりに注力し、生徒の事などまるで感心がないのだ。

    いったい東証は何を見てこの会社を一部にしたのだろう?
    素人でも「現場を見れば簡単におかしな塾」とわかるのに、経営のプロがなぜこの会社を一部にしたのか?

    覆面調査ぐらいしたらいいのに・・・。

  • 2013/08/01 11:09

    日立は絶好調。
    しかし、ここはいつまでたっても低空飛行のまま。
    日本企業の中でいち早く成果主義を導入したが、それでこの会社は強くなったのか?
    競争力をどの競合他社よりも高め、収益力を向上させたのか?

    多くの社員を知っているが、疲れ果てているぞ。
    やる気以前の問題で、まったく覇気が無い。
    不幸せそのものを見るようだ。

    社員も幸せにできない。
    競争力も、収益力も、新規事業も起こせない。
    既存事業を惰性で続け、赤字を垂れ流しながら「垂直統合」の名のもとに、大赤字部門を抱えながらゆっくりと沈んでいく。

    いつまでこんな経営とも言えない素人の思いつきのような舵取りをやるつもりだ。

  • SIの営業部門とSE部門の分離をしたそうだが、本当にこれで富士通の利益構造が改善すると考えているのだろうか?
    確かになれ合いの弊害もあるのだろうが、営業単独でSIの商談などできるわけもなく、顧客業務に精通したSEが商談段階から深く関与しなければ顧客自身も気が付かない顧客ニーズの掘り起しや、積極的な業務改善提案など出来ない。
    富士通の強みは官公庁から民間企業まで幅広い分野でのシステム構築ノウハウにある。
    顧客と同じ業務知識で語ることのできるSEのスキルは、他のベンダーと比較しても抜きんでている。(ユーザーとしてそう感じる)
    机上の空論や、薄っぺらい売り文句で、顧客にシステム提案をしない実直さこそが、富士通の強みのはず。
    この会社の一番まずいところは、部門のトップが変わるたびに新機軸を打ち出そうとして、大幅な方向転換をしてしまうところだ。
    これは日本のサラリーマン経営者によく見られる傾向だが、ここは最もその弊害が大きい。
    唯一の稼ぎ頭であるSⅠ部門の収益が悪化したら、この会社は大変な事になる。

  • 当初、富士通の説明では、前期にリストラ費用を一括計上して、今期以降のV字回復を目指すはずだった。だからこそ、株主は無配を受け入れ、今期以降のV字回復に期待した。
    しかし、リストラ費用の一部を今期に持ってきた結果、今期の利益もまた圧迫されることになり、V字回復への勢いが削がれてしまった。
    社長が数か月前に投資家に説明した会社計画が、たった数か月で修正されたわけだ。
    2月に発表された計画だぞ。
    これでは今期の黒字目標だってわかりゃしない。
    これから11か月も先の話だもん。
    それを信じろというのは、無理な話だ。

  • リストラ費用の一括計上で今期は赤字。
    株主には「無配で我慢してくれ」、従業員には「他社が軒並み満額回答だから、うちもOK!」。

    別に今期無配でもいいけどさ、リストラされる人達の身になって考えなよ。
    「俺たちはクビで、残った連中は昇給だってさ・・・。」
    おかしいだろう・・・こんな経営していて社員の士気は上がるのか?

  • 2013/02/18 17:03

    富士通はファナックという優秀な子会社を生み出した。
    富士通も富士電機から分離独立した会社。
    確か富士電機も古川電工の子会社だったよね。
    常に次世代を担う事業を自由に羽ばたかせることで成長してきたはずなのに、富士通で止まっている。
    富士通には多種多様な子会社があるが、彼らを自立させた方が良いのではないか?
    どうも、富士通自身が大きな会社になって、本社が子会社を引きとめ始めてから成長が鈍化した。
    ファナックのように成長性が見込める会社はどんどん独立させて、本社がガタガタ言わない状況を作りだした方が早いよ。
    新たに打ち出した「垂直統合」は残念だが、流れに逆行しているよ。
    唯一と言ってもいい収益部門のSI事業に他部門が乗っかろうとしているだけだ。
    共倒れになるぞ・・・。

  • 平井社長はコストカッターとしては確かに実績をあげてきた。
    しかし、今のソニーに期待するのは競争力のある商品の投入であって、中長期の成長戦略を目に見えるものにすることなんだが、ビルの売却は一時の現金収入とビル運営コストの削減に過ぎず、市場における競争力とは直接結びつかない。
    これで株価が上昇するのが、全くわからない。

本文はここまでです このページの先頭へ