ここから本文です

投稿コメント一覧 (376コメント)

  • 世界中からなじられ金と物を封じ込められ、弱り目に祟り目の北朝鮮は未だに音を上げない。
    核とミサイルをぶっ放す度胸は、さすが悪役に徹する金 正恩だけの事はある。・・・感心する場合でない。

    それに比べ小悪党の白鳳は、今迄相撲協会や相手力士に対してふてぶてしい程不遜な態度で、横綱の務めである
    (心、技、体)を磨くところを、日馬富士をそそのかし暴行傷害事件起こしたり、貴乃花巡業部長の下では付いて
    行かないと幼稚園児以下の言動。技と言えば見ての通りで序の口の力士でもしない。

    所詮気の小さい白鳳は、周りの力士が目の色を変えて向かってくる姿に怖気図いたのだろう。
    早々と2敗で休場かい。  白鳳包囲網は一先ず成功した。  もう名横綱の呼称は無いだろう。

  • 日本相撲協会の名称を、公益法人・日本小相撲狂怪に変更しても可笑しくない。

    組織自体が八角、池坊、高野、白鳳の狂った奴等に好い様に蹂躙される団体に成り下がり、
    いかがわしい妖怪の支配で毒されて仕舞った。本来の暴行傷害をこねくり返し個人攻撃(貴乃花)にすり替えた。

    東芝、シヤープ、神戸製鋼、等日本を代表する企業でさえ、経営者の無能に因る舵取りを間違えると
    危機に陥るのだ。まして小者の寄せ集めでケツを舐め合いして、報酬をむさぼる輩は退場せよ。

    今の相撲協会(関連組織)の幹部は事の判断能力と決断や責任の取り方を理解しない者達が牛耳っている。

  • 中国の潜水艦は発見されると、浮上して、堂々と国旗を揚げて知らん顔してケツマクッテ逃走する事とマニアルに
    書いてある。  日本の自衛隊は怖いわ、小便ちびったからもう行かない。

  • 今日から初場所が始まる・・なんだか浮き浮きして楽しみだ。特に注目の腐れ横綱白鳳の土俵。

    一番の楽しみは 白鳳が負けて万歳三唱する事。   絶対ストレス発散できる。
    張り差し、かち上げ、猫騙しの得意技を見たいし、賞金をもぎ取る所作をどうするか。
    若手が取り口を工夫して、寄ってたかって白鳳に挑む姿はどうか。巨悪を倒すところが見たい。

    野次の応酬の責任は、八角の薄ら馬鹿と、トンチンカン婆あの池坊、悪の権化白鳳、インチキ裁定の高野に有る。

  • 要するにインチキ大学、卒業しても世間ではテンプラ大学と蔑まれるだけ。

  • この事件で色々な昔からの相撲部屋一門の繋がりから、個人の利害関係での腐れ縁、NHKとの癒着(放映権と其の料金は幾ら支払っているのか)と幹部への謝礼(袖の下に賄賂)、元アナウンサーの杉山は毎日観覧席でテレビに姿が映る、金は己が支払っているのかただで入れているのか?。公益法人ならば国民にも決算報告するのが義務だろう。

    みんな役職について高額の報酬を貰っていると、権力側について貴乃花いじめに加担したのが見え見栄だ。

  • 日本相撲協会の理事会の幹部以下殆んどの親方は、問題の本質は何か真剣に討論をしたのか(ウドの大木知恵が回らずと言われておるが)疑問だ、押し黙った会議は理事会の体を為していない。

    理事会、評議員会、危機管理委員会、横綱審議会、と仲良し(馴れ合いグループ)クラブでケツの舐め合いにしか
    思えない。 まだ会を作るのだったら八百長相撲監視委員会(15日間の勝敗が最終日に8勝7敗が過去何パーセント有るか)、役員選挙自由投票(一門の談合禁止)管理会、建物工事や御茶屋の利権の有無の監視、等の見張りを付けよ。

    膿みを出し切ってと白鳳と池坊は言うが、八角、池坊、高野、白鳳お前等4人組は膿みより癖の悪い癌だ。
    将棋で言えば何処にも逃げる所が無い、所謂 雪隠(せっちん=便所)詰めの状態で、完全に死に体です。

  • おい猪豚理事長(八角)しっかりせ~よ。明日が初場所の初日と言うのに世間を騒がせごたごたが続いている。

    ネットでユウチューブ、ヤフーの掲示板で検索すると、日本相撲協会のだらしない悪口雑言のオンパレードだ。

    特に 八角の薄ら馬鹿、池坊保子のチンプンカンな言動、白鳳の傍若無人で横柄な態度、高野は論外(ポチ)
    こいつ等4人組はヤクザ言葉じゃないが、どうけり付けて落とし前をどう取るのか?。

    恒例の相撲協会挨拶で虚心坦懐で己の去就を示せ。また側近が書いた挨拶文の紙を読むなよ。

  • 池坊保子75歳後期高齢者のババア、よくもまあ上辺だけ飾る趣味が有るのかな?。人の振り見てわが振り直せ。

    顔相は 相当くたびれておりまして、皺隠しに安おしろいで厚化粧、目にはバッチリ付けまつげ、口の周りは深い地割れた皺、。頬は引力に逆らえず肉が垂れてブルドック状態、口は入れ歯でカチカチ音、真っ赤な口紅で若さをアピールする根性は素晴らしい。

    服飾は 意識してテレビの放映や記者会見、インタビューには日替わりでイヤリング、洋服をこれみよがしに開けかえす始末だ。それでも見ている者はこのおばはんが穿いているパンツはゴムの緩んだデカパンをイメージするのだ。

    ああイヤダイヤダ人の悪口久し振りに言いまくり、すっきりしたので初場所が楽しく見られるぜ。では又

  • 池坊保子(日本相撲協会の評議員会議長)は大相撲の理事よりも要職に在りながら、独りよがりで訳の判らない裁定と言動を繰り返し、世間からソッポを向かれているのも分らない自分を見つめよ。

    老醜漂う女狐は一連の混乱の責任を取り、早々に退任して八角、高野、白鳳共々貴乃花部屋の親方と貴ノ岩関に
    土下座して許しを乞うことだ。 自分の実力を分っていない、女の浅知恵程始末の悪いものは無い。

    天皇陛下のご高覧をご遠慮した事への説明をどういい繕うのだ。最高責任者として叱責される立場をわきまえろ。

  • 金出して死にに行く様な馬鹿なことは止めなさい。どうしても行くときは生命保険に入っていけ。凍死する。

  • 大相撲のモンゴル人力士の話題が問題視されているが、自分は相撲の国際化は止められないと思う。

    今回の日馬富士の暴行傷害事件に端を発した、白鳳の陰謀は根が深い。
    同郷の2横綱を同席させ日馬富士をけし掛け其の罪をかぶせ、自分は止めに入る振りを鶴竜(4場所休場)に
    証言させて、ライバルを追い落とせる一石二鳥の作戦を企てた。

    旭天鵬他モンゴル力士は実力もあり又謙虚な姿勢が好きだ。性根の悪いのは朝青龍と白鳳位だ。

    白鳳と鶴竜の取り組みには賞金を出すのは辞めるべきだ。企業価値が下がると思うし製品の不買も起こる。

  • 初場所が14日から始まるが、今年の取り組みは荒れる予感がする。

    今迄白鳳に張り差しやカチ上げを喰らった力士、特に貴乃花一門の者は遠慮会釈無く向かっていくだろう。

    奇襲攻撃として白鳳もした猫騙し、仕切り線の最後尾での立会い、横に大きく変化する等して白鳳を徹底して
    毎日イライラさせて、精神的に追い詰めれば良い。  アンチ白鳳としては溜飲が下がると思う。

  • 池坊保子の恥部を明かすと・・・元公明党(創価学会)の国会議員で、文部科学省の副大臣の時に陳情を受け、日本相撲協会を財団法人から公益法人にしたのと引き換えに美味しい地位と名誉、報酬を手に入れた。

    この75歳の妖怪婆さんが、マスコミに登場して訳のわからない論理で大相撲をかき混ぜて、収拾のつかない迷路に
    入れた責任は重い。

    貴乃花親方(弟子の貴ノ岩)を地獄に突き落とした張本人が、再び理事に帰り咲きたければ私を頼って来なさいとは
    自分が付け火して事が大きくなると火消しに走る、  こういう女を糞垂れババアと言うのだ。

    テメーの(臭いま○こ)に枯れ花でも生けておれ。

  • 間も無く(14日から)大相撲初場所が国技館で始まるが、色々と話題の多い場所になるのは間違いない。

    それよりも日本相撲協会と付属する組織が、公益法人としてまともな運営が出来るか? 再審査が必要だと思う。
    既に殆んど自壊している様にしか見えない。会議を開催する時は必ず議事録(録音)を取るのが常識だろう。

    今の 理事会、評議委員会、危機管理委員会、横綱審議会のトップが独善で差配(決定)するのを禁止せよ。

  • もう今晩は式守伊之助じゃないが酒を飲んだので悪酔いしたぞ、糞ババア池坊保子について八つ当たりするぞ。

    昔は女だったかも知らんが、今の風体は妖怪そのもので、口の周りの深い皺を隠すためにおしろいで厚化粧し、
    眼には若い子よろしく付けまつげ、そして記者会見やテレビ出演の時には衣装を変えて上辺だけは着飾り、
    貴方達庶民(多寡が花生けの家元)と格が違うとこれ見よがしの態度をみせまくる。  一番醜い老醜。

    この女 頭の思考回路と心の中身(見識)が小学生以下とみた。痴呆性老人の症状を来たしていると思う。

  • 初場所の楽しみは白鳳と対戦する力士の戦闘モードはどうか見てみたい。

    例え番付けが下位であっても、張り出し(ビンタ)とカチ上げ(プロレスのエルボースマッシュ)が禁じ手で
     なければ、横綱に対して失礼だと言う人は居るが、白鳳に対して毎日毎日集中してやり返せばよい。

    勝負は勝たなければ意味がないと、横綱らしくないただただ勝に走る姿は晩節を汚している。
    40回の優勝は、時代が違い強敵が居なかっただけと自惚れるな。

  • 大手ゼネコン4社が結託(談合)して、リニアモーターカーの工事請負契約をほぼ独占した、報道は本来敵対する
    会社が競争入札をないがしろにした罪は重い。  其の上に準ゼネコンを排除したのは許せない。

    今更ながら日本相撲協会、評議委員会、危機管理委員会、横綱審議委員会の4組織はそれ自体身内の論理で、
    内紛を隠蔽して内密に処理するシステムにしている。公益法人(所得税免税)だから余計に国民は怒っている。

    たまたま貴乃花親方の乱(正常な行動)に遭い、うろたえ右往左往するばかりで無能がばれてしまった。
    これ等の処分(降格人事、所得の損害、名誉棄損)のシッペ返しは4組織に重く圧し掛かるだろう。

  • 貴乃花親方は日本相撲協会(八角)や池坊保子に虚仮にされ、理事と言う要職を引き摺り下ろされた上に、名誉と相撲道に生きる男子の自尊心を著しくズタズタにされた。

    それらの仕打ちに耐え、頑なに口を閉ざし反撃しなかったのは、世間の眼の開いた人が正誤の判定をしてくれると
    信じていたふしがある。此れこそ日本古来の武士道に繋がる王道だからだ。

    小者の八角親方、池坊保子は傷害の報告がない、診断書を持ってこない、携帯電話に返事が無い、目上の者に礼を尽くさない、と爪先の垢の話に始終して、己等の不手際を棚に上げて貴乃花をなじり倒した悪人どもだ。

    国技館の初場所の不入り、大声の野次等の責任はお前等に有ると思え。

  • 池坊保子は公明党(創価学会)の元文部科学省の政務副大臣をしていた。

    日本相撲協会を公益法人にして、宗教団体と同じように所得税免除という美味しい蜜を手に入れた。  
    これは創価学会で味わった手法であり、それを地位を利用して見返りに相撲協会の評議員会議長を手に入れた。

    相撲の何たるかも知識の無い、生け花婆さん(ただただプライドが高いだけ)が要職と高額な報酬を取得した。
    もう相当稼いだのだから、また人民裁判で貴乃花の名誉と収入を棄損したお前は、罪深く醜い妖怪だ。

    八角、でくの坊、高野、白鳳は万死に値する、国民に歯をむいた判断をした。

本文はここまでです このページの先頭へ