ここから本文です

投稿コメント一覧 (102コメント)

  • >>No. 255

    ご無沙汰していました
    相変わらず彼女の居るコンビニに仕事帰りに寄っています
    彼女との関係は特に進展もありません。

    店に入ると彼女が飲み物の冷蔵庫のガラス扉を開けて補充しているので、ガラス扉越に今日はと
    言うと振り向きもせずにいらっしゃいませと返される。
    いったん離れて、目当ての品が無いので再び彼女の所へ駆け寄ると、優しそうな目つ
    きで俺を見ている。
    ○○は無いですかと話し掛けると、顔の表情を変えて、○○有りませんとガラス扉を
    閉め遠ざかって行く。
    あ~あ、また怒らせてしまった。

    店の中で告白は無理です、方針転換します。
    彼女に店の外で会って下さいと聞いて、良ければ名刺を渡し都合の良い時に電話を下
    さいと言おうと思います。出来るかな?

    良い結果が出るか期待せずにやってみます。

  • 女心と春の空
    今日は彼女の手が俺の差し出した手のひらの中に深々と入り、彼女の手が俺の手に触れながら釣り銭を入れてくれました。
    そして「またのお越しをお待ちしています」と言ってくれました
    え、今日はどうしたのと聞きたい気分です。

    去年の夏頃からは店内で彼女にこんにちはと言うと、いらっしゃいませと帰ってく
    る、以前はこんにちは言うと「いらっしゃいませの後にこんにちは」と返してくれました。
    レジで彼女の家の忙しさが終わりましたかと聞くと、当たり前でしょと怒られました。
    彼女のレジに並び俺の前の客には「またのお越しをお待ちしています」と言い、俺には無言で釣り銭を俺の手に投げ入れられました。

    どうして彼女が俺にあんな態度を見せるのか分かりません。
    告白をして嫌われた分けでもない、女の人の気持は理解出来ません。
    店の外でコミ箱の処理をしている彼女に話し掛けと手を止め親しげに話し返してくれました。
    あの優しさは何処に行ったのか。
    でも今日の態度を見ると完全には嫌われてはいない様です。
    人妻を勝手に好きになって、それなりの対応を望むのが間違っていますね。

    告白してダメなら諦めます・・・

  • もう終りかも

    彼女が俺に見せる態度が変わってきていましたが
    彼女の身辺に俺から遠ざけるような現象が現れたのかな
    彼女の旦那の偉大さに気付き惚れ直した
    それとも、他に意中の男性が出来たとか
    そうだとしても俺に極端に冷たい態度を見せなくても良いのでは

    特に店の外で会っているわけでもないし、
    店に入ると彼女のいらっしゃいませの言葉、そして彼女にこんにちはと言うと明るくこんにちはと返しくれました
    彼女へのクリスマスプレゼントも車のトランクルームの中に
    何時かはこうなる事は分かっていました
    でも寂しく、悲しいです
    振り返れば彼女の存在が俺の心の支えとなっていました

  • 嫉妬
    彼女が俺に冷たく見せるのが何となく分かったような気がします。
    俺がこのコンビニに顔を出す間隔が長くなると機嫌が悪くなる様な、自分の勝手な考えですが

    今日こそ彼女に店の外で会えるように申し込もうと店に入る
    彼女の「いらっしゃいませ」の言葉が聞こえない
    店の奥に進むと品棚の向後側に彼女が此方向きで品出しを行い、その後から男性が彼女に
    話しかけている姿が目に入る。
    彼女は俺に気づきましたが目をそらし男性と話をしている。
    え、もしかして、不安な気持ちに
    これって焼き餅、彼女に対してこの用な気持に成るのは初めてです。

    とても好きな女性が他の男と親しく話をしいる所を見ると嫉妬しますよ、はい!

    でも愛しています、大好きです、でも???

  • 彼女が俺に冷たく見せる様になってから三ヶ月
    でも嫌われている様な気はしませんでした
    こんにちはと言うと「いらっしゃいませ」と返される
    以前は「いらっしゃいませこんにちは」と返してくれていたのに
    店に行くのを二週間ほど間を開けて顔を出すと、釣り銭を俺の手に投げ入れられた

    でも、好きです、大好きです

  • コンビニ前に駐車すると彼女がゴミ箱の中身を分別している
    彼女は此方を振り向き俺の車に気付きながらも視線を背ける
    車内のゴミを手に彼女の所へ
    ゴミ入れても良いですか?
    彼女、はい
    空き缶は?
    彼女、そこ (-_-;)と指を差す
    冷たい対応で返されました
    店に入りレジに並ぶと彼女が外から戻り俺の前の客に此方へどうぞと言い
    レジを済まし外へ出て行く
    レジ袋を手に店から出てゴミ始末している彼女の横で顔を近づけて
    手伝いますかと聞くと
    彼女は下を向きながら、いいです(-_-;)と冷たく返される
    仕方なく彼女から離れマイカーへ

    彼女が俺の何に怒っているのか分からない
    でも、気にされていることが嬉しいです

  • 退院

    やったぞ~退院したぞ~
    病院を出て気分爽快、刑務所から出所したヤクザの気分
    曇空なのに気分は快晴に感じながらハンドルを握る
    我が家に帰る前に彼女の居るコンビニに向かう

    店に入り彼女に目を向けると彼女は振り向いてもくれません
    彼女のレジに並ぶと、前の客には「またお待ちしています」と言い
    俺には無反応にレジを済まし「またお待ちしています」の言葉はなし
    何時もの釣り銭を受け取る手の接触も有りませんでした

    俺の心は土砂降り状態、嫌われた、病院に戻って彼女に対する恋心を治療してほしい

  • お久しぶりです。
    元気ですとは言えません

    昨日入院して今日の朝から手術して、痛みが和らいだのでパソコンを覗くと書き込みを見ました。

    入院するのは前から分かっていたので彼女にしばらく店に顔を出せないと言おうとしたのですが言えませんでした。

    彼女からは「またお待ちしています」と小さな声で言ってくれました。

    あいたいよ~

  • 勤務先でいろいろ有りまして落ち込んでいます

    その帰り道、俺の落ち込んだ顔を彼女に見せたくはないのですが
    彼女の顔を見たくて、見たくてコンビニに寄る
    店に入り彼女のいらっしゃいませの言葉
    ほっと、ため息が出ました~

    急いで品を手に彼女のレジへ、何かを話し掛けなければ

    俺「この近くに美味しいパン屋さんが有ると聞いたのですが分かります?」
    彼女「知っています、そこの信号を曲がって行ったとこ」
    俺「え、分からない」
    彼女「そーだ、小学校の前、私行ったこと無いですけど」
    彼女はレジの手を止めお互い目を合わせて気さくに説明してくれました

    先程までの落ち込んだ気持はどこかえ、すっきり気分で我が家へ

  • はい、妄想ですか
    彼女と俺との出来事はすべて実話で、過大表現はしていません
    彼女に対する俺の気持ちは正直な思いです

  • ご無沙汰しています

    昨年末ごろ彼女が俺に見せる態度が冷たかったので1月末まで店に寄るのを控えていました

    そして、店に寄り彼女の出した釣銭を受取ろうと手を出すと
    何時もなら彼女の手が俺の手に触れるように俺の手に入れていましたが
    今日は上から俺の手に落とし入れました
    「またのお越しをお待ちしています」の言葉もありませんでした

    その数日後、レジには店員が1人、俺がレジ前で順番を待っていると
    レジの女性がレジお願いしますと大きな声で呼んでいます
    すると俺の後からいらっしゃいませと彼女の声が聞こえる
    振り返ると彼女が俺に目を背けて小走りに来る
    レジに入り俺の手に触れるように小銭を入れ、「またお待ちしています」と言ってくれました

    そして今日、店に入るとレジに彼女ともう1人の店員が
    急いで品を手にレジへ、彼女の姿はない、仕方なくレジに並ぶと
    後方から彼女の声で「いらっしゃいませ」の言葉が聞こえる
    俺は振り向かず正面に目を向けていると、俺の隣の品棚に向かい品出しを始めている
    レジを済まし彼女に目を向けると、偶然に彼女も此方を見ていた
    お互いの目が合い静止状態

    俺はレジ袋と受取りながら目は彼女を見、体は出口に向かって後ずさりすると
    足マットにつまずき転びそうになる、それを見ていた彼女は笑みを浮かべている
    何気ない出来事です
    また逢いたい、話したい、好き・・大好き・・

  • 彼女が同じコンビニの別店に時々勤務しているのを
    彼女から聞いていたので遠回りをして店に入ると

    彼女は目をまん丸にして此方を見ながら「いらっしゃいませ」の言葉
    他の御客で話しかけることも出来ず店を出る

    数日後、何時もの店で品棚の前にいる彼女の前を歩きながら
    入口で滑って転びそうになりまいたと言うと
    何の反応もなし、振り向きもせず仕事をしています

    品を手に彼女の前を通りすぎると、背後からかすかな小さな声で
    「有難うございました」と言ってくれました。

    先日、別の店に彼女の顔を見に行ったのが彼女のご機嫌を損ねたのかな?

    そして嫌われたかな、ま、いいか・・・・

  • 何気ない
    レジにて彼女に喪中ハガキは出来ていますかと聞くと、え、はい
    と俺の名前も聞かずにハガキを見ながら持って来て
    ハガキ束の表紙をめくり差出人を見せながら、これで間違いは無いですかと怒った顔
    で俺を見る
    差出人は妻と二人の連盟で記載されているのを見ての対応だと思えます。

    数日後、彼女のレジを済まして何時もの「またお待ちしています」の言葉は有りませんで
    した。

    その数日後、店に入り品棚の前にいる彼女に今晩は、と言うと、今晩はと返してくれま
    した。
    目的の品が品棚を見ると無い、振り返ると彼女が指さしをしながら、此方に有ります
    よと言ってくれました。
    何時も買っている品物を彼女は解っている様です。
    レジに向かうと彼女が空いているレジ二に入り、此方へどうぞと言って、最後に小さ
    な声で「またお待ちしています」といってくれました。

    何気ない出来事でした・・・でもチョットうれしい

  • はい
    男だから
    彼女を大好きになってしまいました
    何時も彼女に会う前まではいろいろ考えていますが
    彼女の前では真っ白になってしまいます
    今度こそ・・・

  • 土砂降りの雨

    土砂降りの雨の中、急いで店に入る
    何時もの彼女のいらっしゃいませの言葉が無く姿も見えません
    仕方なく品棚裏に回ると彼女が大きな目をさらに大きくまん丸にして
    俺を見て、雨、雨降ってるの、雨音が凄いからと話し掛けてきた
    俺は土砂降りですと彼女に返しながら品をカゴに入れる

    そして、彼女の後から、話し掛けても良いですかと聞くと、
    良いですよと返してくれた
    彼女の横に立ち、でも、緊張して言葉が出ない
    やっぱり良いわと言い、彼女から離れようとすると
    俺を見ながら、何か良い話しですかと聞かれる

    まさか、他の御客が居る中で告白が出来るわけがありません
    俺は仕方なく作り笑い話をする

    今日、会社の倉庫でトンボが居たので指で渦巻きを見せると
    彼女、うん、私も昔良くやりました
    俺、トンボの目がくるくる回り
    彼女、そうですよね
    俺、トンボの頭が落ちたんですよ
    彼女、そうなるんですね
    俺、そしてトンボの体だけが飛んで行きました
    彼女、体と頭は別物なんですね

    彼女は笑いもせずに本当の話として聞いてくれました
    俺は彼女に済みません、仕事の邪魔をしてと言い離れると
    俺に視線を向けて、いいえと言って首を左右に振ってくれました。
    レジを済まし出口ドアに向かうと、店の奥に居る彼女が大きな声で有難う御座いまし
    たと言ってくれました。

    俺にとっては満足りた数分間でした、今度こそ告白します。

  • 逢いたくて

    逢いたくて店に入ると彼女の姿が見えない
    おそらく冷蔵庫の品を補充しているのかと思います

    逢えなければ逢えないほど彼女への思いが募ります

    彼女の事を考えるだけで苦しく、でも、幸せな気分となります

    今度こそ、さりげなく告ります

  • 逢いたくて触れたくて

    昨日レジでお釣りを受取る時、彼女の指と俺の指が重なり
    お互いに静止状態、彼女の指の暖かさが感じ取ることが出来ました

    今日釣り銭を受取る時、彼女の手の甲に俺の指先が触れながら受取り
    軟らかい彼女の手の感触が伝わってきました。
    そして、彼女から「またお待ちしています」との言葉が聞けました。

    帰り道はルンルン気分で彼女に触れた指をハンドルから離して運転

  • 気になる仕種

    店内で品探しをしていると電話が入る
    片隅で電話をしていると彼女が俺の前に来て品出しを始める
    俺は彼女の横上から見下ろしながら電話をしていると彼女は事を済まして居なくなる。
    少しして彼女が品棚を見ながら向かってくる
    俺の前で目が合うと笑みを浮かべて歩いて行く
    そして彼女は勤務が終わったのか私服に着替えて雑誌売場で雑誌に見入っている。
    レジを済ませて店の外から彼女を見ると顔は下を向き黒目が此方を見ている。

    彼女の気になる仕種です

  • ご無沙汰していました

    私の父親が他界しました。

    忙しい葬儀の時も彼女の事を思わないことは有りませんでした
    告別式を終えて彼女の顔を見に店に行くと彼女は休みでした
    逢いたいよう

  • 妄想で書いてるのですか?
    現実だとしたら、男らしくない、ハッキリしろ

本文はここまでです このページの先頭へ