ここから本文です

投稿コメント一覧 (14コメント)

  • >>No. 403

    21000円の損失そんなの手数料以下。余りにも小さい事を言ってると生活レベルばれますよ。因みに今日の損失60万ほど、売る気無いのでどうでも良い。

  • 水ビジネス需要拡大の思惑買い 。材料出ない方が思惑で想定外の上げ相場となる。

  • 喪黒さんの投稿見てるとなぜかダイキアクシスが益々素晴らしい会社に思えてきました。洗脳逆効果か?

  • 持っていれば年内に100万程度の含み益になりますよ。 喪黒さんの含み損はどれ程ですか?

  • 喪黒さんそろそろ退席かな?

  • >>No. 757

    子会社の上場はないでしょうか?

  • 3679は持っていますが6054は持っていません。
    同種銘柄なので見ていましたが購入やめました。
    ダイキと3679この 2銘柄で集中投資をしてます。
    3679は難平繰り返し平均単価780円程度です。
    好決算でも下落する癖の悪い銘柄ですがやっと
    業績に見合った株価に落ち着いてきました。
    この銘柄は見切りが着けられず結果長期保有と
    なっているので失敗かもしれません。
    リーマン投資家なので退場しなければいずれ
    良い事があるぐらいで考えていますが、
    欲もあります、1年後株価5倍目標(願望)に保有。
    達成すれば早期退職できるかも。

    ダイキ掲示板の趣旨から投稿が外れてすみません。
    以後 個人的な別銘柄コメントは控えます。

  • > バブル天国 ats 左近寺456 五大陸 kim まだいますけどね
    > 3000円合言葉に 買い煽り軍団に騙されて 5月1日 2219円
    >
    > 通期目標の純利益約5割 毎年1Qで稼ぐんですよ
    > 上方修正出さないと とんでもない事が起こるかもしれませんね
    > 因みに 日経 四季報 も似たり寄ったりの予想なんですがね
    >
    > 今は予想より高い 2010円 まだ110円も割高ですよ
    > いつも 上がり過ぎたら 下がり過ぎになりますからね
    > 警告はしましたからね 今回も聞かない人は 聞かなくて結構です
    > ドーン!
    > これは困りましたね 売りたくても 売れない
    > 早くしないと 買う人がいなくなりますよ
    > ホーッ ホッホッホ 喪黒福造

    warさん
    私の投資スタイルは中期~長期なので一日の株価変動は悪材料が続かない限り
    どうでも良いと思っています。
    投資家説明会やIRメール配信、株式分割等、株価対策も今後の海外展開、業績に
    対する社長の自信の現れだと思いますし結果も出ています。
    warさん”1Q発表後1500円は覚悟”と言われていましたよね、どの様な結果に
    なるか楽しみです。
    先に言い訳しておきますが1500円になっても手持ち株価の2倍ですから気長に
    戻すのを待ちますよ。
    warさん3434アルファでもネガティブ投稿されていましたが、翌日爆上げして
    ませんでした?こちらも3000円買い煽り軍団が多数発生しています。
    戒めの投稿をお待ちしております。

  • > 分割後ですよ(*^_^*)。

    ありがとうございます。
    分割後1900円になったら手放しそう( ^ω^)。

  • 予想株価分割後1900円だと良いのですが分割前の
    予想と思いますよ。
    地味な銘柄ですが 3434 アルファと共に3000円を
    目指して欲しい。

  • 株主総会前に良い上げでした。
    一度は総会出たいと思うが会社休めず。
    良い情報あれば教えて下さい。
    (2部上場時から売らずに買い増しし持ち続けてます、
    3000円までは売りません)

  • IRメール配信サービス開始されましたよ。
    ホームページより早速登録しました。

  • pts無反応前日のじげんと同じ下落か?

  • 日経新聞より
    浄化槽大手のダイキアクシスは東南アジアを中心に事業を強化するため、海外の営業や現地企業との連携を統括する子会社をシンガポールに設立した。交通の便がよく、アジアの金融センターとして経済情報が集まる同国に拠点を置き、浄化槽などの排水処理設備の販売・施工を海外で増やす。昨年8月にインドネシアで立ち上げた浄化槽の工場を活用し、海外展開を加速させる。

     新会社「ダイキアクシスシンガポール」は全額出資で設立。資本金は今後積み増し、最終的に7億円前後になる見通し。当初4人の体制でスタートし、増員を検討する。インドネシアの工場を運営する現地法人は新会社の子会社となる。

     シンガポールの新会社を設立したのは、海外で排水処理設備を販売・施工していく営業体制を確立するためだ。インドネシアのほか、ミャンマーやベトナム、インドで浄化槽を売り込んでいく計画で現地の販売代理店と交渉する。将来は各国に販売子会社を置くことも視野に入れている。

     東南アジア各国やインドとの間に航空機の直行便があり、営業情報も充実しているシンガポールに統括拠点を置くことで、素早い経営判断ができる体制にする。

     海外展開ではインドネシアの工場を活用する。同工場で生産した浄化槽を東南アジア諸国連合(ASEAN)内に輸出する場合は関税がかからず、各国の法制度や気候に合った浄化槽を生産する。輸送費も下がるため、国内から輸出するよりもコストを2~3割安くできるとみている。

     東南アジアやインドでは下水道の普及率が2割を下回る国が多い。所得水準の上昇に伴い、インフラ整備の需要も高まると判断した。排水を効率的に浄化する製品の能力の高さなどをアピールし、浄化槽を売り込む。

     ダイキアクシスは中国にも排水処理設備の設計・工事などを担う子会社を持つ。中国の法制度などを見極め、シンガポールの新会社の子会社にすることも検討する。

     ダイキアクシスの2015年12月期の海外売上高は6億円で中国やインドネシアで浄化槽を販売する。シンガポールの拠点を活用し東南アを中心に販売を増やすことで18年12月期には12億円以上に倍増させる計画だ。

本文はここまでです このページの先頭へ