ここから本文です

投稿コメント一覧 (199コメント)


  • 『志願兵申出で百五名に達す 沸る半島同胞の熱血』

    「暴戻支・那を討つべしと朝鮮同胞の義憤の血はいやが上にも沸ぎり、朝鮮憲兵司令部の調査によれば七日現在志願兵を申出たものの数は京畿道の二十五名を筆頭に全鮮で百五名に達している」(『大阪朝日・南鮮版』1937年9月8日付。)

     このような世情を反映して、1937年に東京府4区選出の朴春琴衆議院議員は、「朝鮮人志願兵制度」を請願した。

     実際に志願兵制度が公布されたのは、1938年1月23日だったが、それを如何に朝鮮人が待ち焦がれていたかが報じられている。

    『反響呼ぶ志願兵制度 忽ち志願者殺到 応接に転手古舞いの憲兵さん 微笑ましい朗景展開』

    「朝鮮人志願兵制度実施が発表されるや半島同胞の間に一大センセイションを巻き起こし、十六日夜から十七日にかけて熱誠溢れる志願者がどつと繰出し京城憲兵隊、京城憲兵分隊、龍山憲兵分隊の受付は問合せの電話や志願者との応対でほかの仕事は全然手がつけられぬ有様だ(略)」(『大阪朝日・南鮮版』1938年1月18日付。


  • 一握りの在日富裕層だけが肥え太って

    税金も納めようとしない社会の変革を

    目指さねばならない。

    政府はいろんな対策を講じているが、外国人ばかり優遇しないで、
    在日富裕層の経営するネットカフェで生活を余儀なくされている
    若者にこそ手を差し伸べるべきではないか。

    税金の申告時期の3月になれば「在日富裕層をたたき出せ!」と
    題した、若者の怒りを結集した抗議活動を国税庁の前でやりたい
    ものだ。

    税金を納めたくない為に香港やシンガポールに本社を移し、自ら
    も海外で過ごすような在日から特別永住権を取り上げるべきだ。
    日本に帰化しているならその帰化も取り消すべきである。

    昨年のニュースですが、結果はどうなったのでしょう。

    日本政府は、今年の12月31日までに5000万円以上の海外資産を保有する
    者に対し、翌年3月15日までに申告することを義務付けた。

    海外資産の実態を把握し課税するのが目的で、韓国に資産を持つ在日韓国人
    や日本人なども対応が必要だ。


    米国では残高が1万ドル超の海外口座を持つ個人や法人は報告が義務付けら

    れている。ドイツ、フランスなども同様の制度がある。


  • 朝鮮人強制連行を考察する




    右派系日本人は徴用を論点に「強制連行」は無かったと主張し
    左派系日本人は国家総動員法で来日した総数が「強制連行」だと主張し
    全く議論が噛み合わない状態です。

    「強制連行」という曖昧な定義の言葉だけが一人歩きした結果
    朝鮮人強制連行は学術論争では無く左右のイデオロギー論争に陥っています。

    外務省の1959年の記録によれば
    国家総動員法制定前から来日し居留する在日朝鮮人は38万8千359人
    国家総動員法制定後に来日し居留する在日朝鮮人は3万5千16人
    国民徴用令で来日し居留する在日朝鮮人は245人
    終戦後から日本国籍を消失する1952年までに来日し居留する在日朝鮮人は7万2千36人
    戦前に日本で誕生した在日朝鮮人2世17万3千311人
    戦後に日本で誕生した在日朝鮮人2世20万8千828人で
    ですので

    どの様に定義しようとも
    国家総動員法施行前に来日し居留する在日朝鮮人の方が多いので
    在日朝鮮人の子孫の全てが強制連行された者とその子孫という事は無いことだけは
    明白です。

    ただ
    国家総動員法が施行された後に来日した朝鮮人の居留人数が
    終戦後に朝鮮人が日本国籍を喪失する迄の戦後動乱期に来日し居留する人数(端的に言えば密航者、密入国者)より少ない事を
    もっともっと深く精査するべきだと思いますが・・・

    最後に一言
    戦時中日本国内に動員された人たちは朝鮮の人たちだけでなく、台湾の人とたちもかなりいます。しかも徴用令は朝鮮よりも2年以上早く台湾では施行されました。その中には、15,6歳の台湾少年工といわれる少年も多数含まれています。

    私が大変不思議でならないのは、なぜ台湾の人たちで日本に動員された人たちは強制連行などと騒ぎ立てないのでしょうか???
    それどころか、今でも多くの台湾人が日本びいきであり、多くの元少年工たちがゼロ戦や雷電等の戦闘機の生産に携われたことをこの上なく誇りにしています。
    なぜなのでしょうか??
    だれか教えてください・・・

    下は、日本での元台湾少年工の同窓会・懇親会。↓
    彼らは来日のつど、必ず靖国神社を参拝する。


  • 次々に実態が暴露されていく!





             醜悪な見るに堪えない真実の姿が・・・





    衆人環視の中、それが白日のもとに晒されることをヘイトスピーチというのです。


    いったい誰にとって耐えがたいスピーチなのか・・・
    事実を事実と指摘するだけで・・・

    最大の在日特権とは???
    それは、一切批判をされないということ。
    自分たちに向けられたいかなる批判も許さないということ。
    そしてあらゆる自分たちへの批判を受け付けないということ。

    なぜならば、自分たちは日本の社会、法律、文化等あらゆるものから超越した存在であるからと。
    それは、自分たち在日は特別な被害者、歴史的な被害者であるという妄想に取りつかれそれを固く信じ込むことで、やっとの思いで自分たちの存在をかろうじて支えているという揺るぎない現実があるから。

    戦後、日本の歴史そのもの、日本の存在自体そのものを徹頭徹尾加害者=悪=差別者に仕立て上げ、その結果としての自分たちの被害者=弱者=抑圧されし者としての特権的な特別の存在を、祭り上げることに成功したのです。

    従って、在日に対するどんな形での批判も、在日が少しでも不利になるいかなる事実の暴露・報道も問答無用でヘイトスピーチとなるのです。
    そして、このタブーに対しほんの少しでも挑戦を試みようとすれば、在日はマスメディアまで動員し、一斉に”差別・偏見の助長”になるという呪文を、日本人に浴びせかけてくるのです。

    自分たち在日は永遠に日本人から批判されることのない超越的な特別な存在であると固く信じ切ってきましたが・・・
    そのタブーというか、在日特権が戦後ようやく70年にして、今、打ち破られようとしています。

    それは彼ら在日が、長年日本人に浴びせかけていた呪文の毒気が、さすがに勢いを失い衰え始めたからです。
    多くの日本人がこの催眠術から目覚め始め、自己を取り戻しつつあるからです。
    在日は被害者ではないと。強制連行などなかったと気づき始めたからであります。

    在日の皆さん、あなた方は決して特別な存在ではありません!!
    いかなる批判からも防御されるべきアンタッチャブルな時代は、もう終わりました!!

    神に呪われた、そして神をも憎むルサンチマンはもうやめにしませんか・・・
    かえって、ますます不幸になるばかりですよ!!


  • 【在日特権】大阪朝鮮学園が社会保険料2億円超滞納 日本私立学校振興・共済事業団、強制徴収せず



    大阪朝鮮学園、社会保険料2億円超滞納 私学事業団は強制徴収せず

    大阪府内の朝鮮学校10校を運営する学校法人「大阪朝鮮学園」(大阪市)が
    平成24年度以降、日本私立学校振興・共済事業団(私学事業団)へ納付が
    義務づけられている社会保険料の掛け金を滞納していることが9日、関係者への
    取材で分かった。

    教職員給与・賞与からの天引き分と法人負担分を合わせた 未納額は2億円超に上るという。事業団は強制徴収などに踏み切らないまま、 教員らに健康保険や年金の給付を続けており、批判の声が高まりそうだ。

    大阪朝鮮学園の社会保険料の掛け金は、私立学校教職員共済法に基づき、 教職員の給与・賞与の約22%を教職員と折半で負担。学園が給与・賞与を 支払った翌月末までに、事業団に一括して支払う義務を負うことになっている。

    一方、複数の関係者によると、大阪朝鮮学園では数年前から掛け金をたびたび 滞納。24年度以降は滞納額が急激に膨らみ、現在は2億円を超えているという。

    事業団によると、加入する全国の学校法人からの保険料の徴収率は99・9%以上で、
    1年を超える長期滞納は極めてまれ。事業団は「個別の納付状況は答えられない」と
    した上で、滞納を理由にした教員らへの給付差し止めは「教職員個人に不利益を被ら
    せることはできない」として、一切していないと説明している。

    事業団が長期滞納した法人に対し、資産の差し押さえなどで強制徴収できるとの 規定はあるが、「政治案件で手を出せない」(関係者)とみられる。滞納理由や今後の 納付計画について、産経新聞は大阪朝鮮学園に質問状を出したが、期限までに回答はなかった

    これが、大阪朝鮮学園 ↓



  • テキサス親父が国連欧州本部に乗り込んで思ったこと



    悪いのは活動家たち


    それには、慰安婦は強制ではなく、「高給取りの売春婦」だった

    との記述があり、俺も実際に確認しているんだ。米国陸軍が1944年

    にビルマのミートキーナで、朝鮮人慰安婦の捕虜

    20名に対して行なった「尋問調書」のことだ。


    当時、慰安婦たちは「街へ自由に買い物に行ったり、兵士たちと娯

    楽を楽しんだり、快適な生活を楽しんでいた」とも書いてあるんだ。

    もっと驚くのは、慰安婦たちは、時間に限りがあるために十分に兵

    士へのサービスができなかったと嘆いてるんだぜ。



    性奴隷がそんなことを考えるか? 性奴隷が大金をもらえるのか? 

    性奴隷がショッピングを楽しんだり、ダイヤモンドを買ったり、キャ

    ンプへ行ったりできるか? 感情を抜いて論理を組み立てろといいた

    い。


    問題を起こすことを目的にいっているわけではない。米軍慰安婦碑に

    も、日本軍慰安婦碑に書いてあることをそのままコピーして年月日と

    国名と人数を変えるだけでいい。それでフェアであって、一貫性があ

    るということになるだろう。

    実際にはそのようなことは、起きないと思うがな。わかってもらいた

    いのは、俺は、「自分は元慰安婦だった」というお婆さんたちに対し

    て軽蔑しているわけではなく慰安婦像などをアメリカの各地に建てよ

    うとする活動家たちを軽蔑しているだけなんだ。

    彼らは、3つのカテゴリーに分けられる。1つ目のグループは、常識

    では測れない感情の入り混じった、カルト的な連中。2つ目のグルー

    プは、とにかく日本が嫌いで嫉妬が強い人たち。日本の戦後の成功に

    嫉妬し、自分たちと比較してコンプレックスをもっている。

    彼らは、ランキングや数字が大好きで、自分たちの位置をつねに知り

    たがり、人を見下すのが大好きなのさ。

    3つ目のグループは、朴政権だろう。日本に向けた憎悪は、朴大統領

    が拡散させているが、それはお父さんがやった悪事を隠すためではな

    いのか。

    彼は満州国軍に属していた。1965年の日韓基本条約で補償は済んだが、

    国民にはお金は分配されなかった。朴大統領はそのことを隠そうとし

    ている。選挙民に対するパフォーマンスで、反日は病気のようなものだ。


  • 在日ネパール人が靖国参拝


    「日本の心学び、母国に伝える」




    都内在住のネパール人20人が23日、「日本の心を学びたい」と千代田区

    の靖国神社を参拝した。参加者は戦没者の霊に手を合わせた後、

    遺品などが展示されている敷地内の遊就館を見学。平和への思いを強くして

    いた。

    ネパールは親日国として知られ、日本文化への関心が高い。今回の参拝は、
    都内にネパール料理店5店舗を展開する日本フードキャスト(豊島区)が企画。

    ネパール人従業員と家族らが参加した。

    日本在住が10年になるディネス・ギャワリさん(34)は「靖国神社は日本に

    とって、不戦の象徴ともいえる場所。他の国が参拝を批判すべきではない」と話

    し、

    ナビナ・カルキさん(23)は「日本の歴史をもっと勉強したい。母国に発信して、
    ネパールの人にも知ってほしい」と意欲的だった。


  • 戦争には「功と罪」があります。私は全ての戦争が善だとも悪だとも
    思いません。実際、強者による一方的な暴力にさらされている弱者が反
    撃するのは当然の権利であり、そこに死者が発生することはやむを得ま
    せん。

    過激な暴力を防ぐには「お題目」では通じないことは現実の社会を見れ
    ば明らかです。また、強者に蹂躙されている弱者を助け、解放すること
    も必要な戦争の一つでしょう。

    「日本は侵略国家」というのは、日本を憎悪する人たちによる「都合の
    よい断片」でしかありません。歴史上には「日本は解放国家」という断
    片も確かに存在するのですから。

    日本のマスゴミの中には「中国から見た断片」や「韓国から見た断片」
    しか使わない人たちがいます。でも、世界史における「日本の歴史を知
    る断片」は「たった2枚」のはずではありませんよね。

    そこには当然、「台湾から見た断片」があり「インドから見た断片」が
    あり、その他のアジア諸国から見た断片があり、アフリカから見た断片、
    ヨーロッパから見た断片、南北アメリカから見た断片あり、それらも有
    効に使うべきでしょう。そんな「当たり前な発想」が日本のマスゴミに
    ないのは不自然であり不思議なことですね。

    まあ、それだけ「日本のマスゴミ=中国韓国の代弁者」と言うことなん
    でしょう。


  • おまけに、東京は大阪と並んで「外国人生活保護の受給比率が高い」ので、仮に10%が外国人だとすると「10億円」。

    最高裁で「外国人の生活保護は違法」と判断されているわけですから、十分、「住民監査請求」の対象になります。これは足立区の住民の方はやってみて欲しいですね。

    少なくとも、「外国人の生活保護申請は許されない」という警鐘にはなります。


    そもそも、「生活保護法」とは「資産や能力等すべてを活用してもなお生活に困窮する方に対し、困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障し、その自立を助長する制度」なんです。

    これは「自立を助長する制度」なんです。ずっとそのままもらい続ける制度ではないんです。 もちろん、老後のための年金制度ではありません。


    年金に関して言うと、「在日韓国朝鮮人の方は、年金の掛け金を払わなかった」んです。「掛け金」は日本においても払えたし、韓国においても払えたにもかかわらず、金を惜しんで払わなかったのが在日韓国朝鮮人の方の実態なんです。

    本来、無年金になったのは、完全な自己責任です。それが今「悪知恵」を働かせて、「日本の生活保護を悪用」しているんです。


  • 韓国での兵役を恐れる在日韓国人たち 




    1994年以降に生まれた在日男子には条件付兵役義務も





    このままではウリタチの子どもが




    韓国軍に召集されるニダよ~!




    1994年以降生まれの在日男子には




    韓国での兵役が待ってるよ~!



    でも事実は、「特別永住資格者」が減って、「日本に帰化し
    た韓国系日本国籍者」が増えているだけです。実際には、現在、
    日本国内には、日本に帰化した韓国朝鮮系日本国籍者も含める
    と在日韓国朝鮮人は118万人もいます。 

    在日韓国人にとっては、「韓国籍か日本国籍かどっちが有利
    か?」だけが問題なんでしょう。 そこには「民族のプライド」
    などは微塵も存在していません。

    「在日韓国朝鮮人の代表選手」である女性のツィッターが取り
    上げられています。この人物、在特会や保守速報を「名誉毀損」
    で提訴しているそうですが・・・ご自身の発言も相当なものと
    思いますが・・・。

    李×恵 @rinda0818 11:39 - 2014年10月23日
    多くの在日が韓国語をろくに話せないのに、在日が徴兵されたら
    韓国の軍隊は語学教育だけで何年かを費やすことになる。
    命がけの現場で、意思の疎通ができない同僚がいたら怖くない?


    李×恵 @rinda0818 15:09 - 2014年10月24日
    マジレスすると、たとえ君たちのような糞みたいな差別者であっても
    戦争が起こって兵隊になり、命を落とすことがないような社会を作りたい。

      
    韓国軍に殺されそこなった在日1世の末裔たちが
    韓国軍に参加とは・・・ドラマじゃ!

    さらに韓国系の民団も、土曜日、日曜日に「民族学級」を実施
    しています。 ここでは「韓国語学習と反日教育」を併せてやっ
    ています。 

    毎年、韓国での「母国研修」もおこなっています。みんな韓国
    語が話せるんです。 「在日韓国人は韓国語が話せない」ので
    はなく、「韓国人であることがばれるのが怖くて、 日本人相
    手では使わない」ということです。 これは通名を使って日本
    人に成りすましている在日特有の生活術です。  
       
    韓国人って「差別大好き民族」ですから、在日の行く末が心配
    されますね!


  • 韓国での兵役を恐れる在日韓国人たち 




    1994年以降に生まれた在日男子には条件付兵役義務も





    このままではウリタチの子どもが




    韓国軍に召集されるニダよ~!




    1994年以降生まれの在日男子には




    韓国での兵役が待ってるよ~!



    でも事実は、「特別永住資格者」が減って、「日本に帰化し
    た韓国系日本国籍者」が増えているだけです。実際には、現在、
    日本国内には、日本に帰化した韓国朝鮮系日本国籍者も含める
    と在日韓国朝鮮人は118万人もいます。 

    在日韓国人にとっては、「韓国籍か日本国籍かどっちが有利
    か?」だけが問題なんでしょう。 そこには「民族のプライド」
    などは微塵も存在していません。

    「在日韓国朝鮮人の代表選手」である女性のツィッターが取り
    上げられています。この人物、在特会や保守速報を「名誉毀損」
    で提訴しているそうですが・・・ご自身の発言も相当なものと
    思いますが・・・。

    李×恵 @rinda0818 11:39 - 2014年10月23日
    多くの在日が韓国語をろくに話せないのに、在日が徴兵されたら
    韓国の軍隊は語学教育だけで何年かを費やすことになる。
    命がけの現場で、意思の疎通ができない同僚がいたら怖くない?


    李×恵 @rinda0818 15:09 - 2014年10月24日
    マジレスすると、たとえ君たちのような糞みたいな差別者であっても
    戦争が起こって兵隊になり、命を落とすことがないような社会を作りたい。

      
    韓国軍に殺されそこなった在日1世の末裔たちが
    韓国軍に参加とは・・・ドラマじゃ!

    さらに韓国系の民団も、土曜日、日曜日に「民族学級」を実施
    しています。 ここでは「韓国語学習と反日教育」を併せてやっ
    ています。 

    毎年、韓国での「母国研修」もおこなっています。みんな韓国
    語が話せるんです。 「在日韓国人は韓国語が話せない」ので
    はなく、「韓国人であることがばれるのが怖くて、 日本人相
    手では使わない」ということです。 これは通名を使って日本
    人に成りすましている在日特有の生活術です。  
       
    韓国人って「差別大好き民族」ですから、在日の行く末が心配
    されますね!


  • おまけに、東京は大阪と並んで「外国人生活保護の受給比率が高い」ので、仮に10%が外国人だとすると「10億円」。

    最高裁で「外国人の生活保護は違法」と判断されているわけですから、十分、「住民監査請求」の対象になります。これは足立区の住民の方はやってみて欲しいですね。

    少なくとも、「外国人の生活保護申請は許されない」という警鐘にはなります。


    そもそも、「生活保護法」とは「資産や能力等すべてを活用してもなお生活に困窮する方に対し、困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障し、その自立を助長する制度」なんです。

    これは「自立を助長する制度」なんです。ずっとそのままもらい続ける制度ではないんです。 もちろん、老後のための年金制度ではありません。


    年金に関して言うと、「在日韓国朝鮮人の方は、年金の掛け金を払わなかった」んです。「掛け金」は日本においても払えたし、韓国においても払えたにもかかわらず、金を惜しんで払わなかったのが在日韓国朝鮮人の方の実態なんです。

    本来、無年金になったのは、完全な自己責任です。それが今「悪知恵」を働かせて、「日本の生活保護を悪用」しているんです。


  • 戦争には「功と罪」があります。私は全ての戦争が善だとも悪だとも
    思いません。実際、強者による一方的な暴力にさらされている弱者が反
    撃するのは当然の権利であり、そこに死者が発生することはやむを得ま
    せん。

    過激な暴力を防ぐには「お題目」では通じないことは現実の社会を見れ
    ば明らかです。また、強者に蹂躙されている弱者を助け、解放すること
    も必要な戦争の一つでしょう。

    「日本は侵略国家」というのは、日本を憎悪する人たちによる「都合の
    よい断片」でしかありません。歴史上には「日本は解放国家」という断
    片も確かに存在するのですから。

    日本のマスゴミの中には「中国から見た断片」や「韓国から見た断片」
    しか使わない人たちがいます。でも、世界史における「日本の歴史を知
    る断片」は「たった2枚」のはずではありませんよね。

    そこには当然、「台湾から見た断片」があり「インドから見た断片」が
    あり、その他のアジア諸国から見た断片があり、アフリカから見た断片、
    ヨーロッパから見た断片、南北アメリカから見た断片あり、それらも有
    効に使うべきでしょう。そんな「当たり前な発想」が日本のマスゴミに
    ないのは不自然であり不思議なことですね。

    まあ、それだけ「日本のマスゴミ=中国韓国の代弁者」と言うことなん
    でしょう。


  • 在日ネパール人が靖国参拝


    「日本の心学び、母国に伝える」




    都内在住のネパール人20人が23日、「日本の心を学びたい」と千代田区

    の靖国神社を参拝した。参加者は戦没者の霊に手を合わせた後、

    遺品などが展示されている敷地内の遊就館を見学。平和への思いを強くして

    いた。

    ネパールは親日国として知られ、日本文化への関心が高い。今回の参拝は、
    都内にネパール料理店5店舗を展開する日本フードキャスト(豊島区)が企画。

    ネパール人従業員と家族らが参加した。

    日本在住が10年になるディネス・ギャワリさん(34)は「靖国神社は日本に

    とって、不戦の象徴ともいえる場所。他の国が参拝を批判すべきではない」と話

    し、

    ナビナ・カルキさん(23)は「日本の歴史をもっと勉強したい。母国に発信して、
    ネパールの人にも知ってほしい」と意欲的だった。



  • テキサス親父が国連欧州本部に乗り込んで思ったこと



    悪いのは活動家たち


    それには、慰安婦は強制ではなく、「高給取りの売春婦」だった

    との記述があり、俺も実際に確認しているんだ。米国陸軍が1944年

    にビルマのミートキーナで、朝鮮人慰安婦の捕虜

    20名に対して行なった「尋問調書」のことだ。


    当時、慰安婦たちは「街へ自由に買い物に行ったり、兵士たちと娯

    楽を楽しんだり、快適な生活を楽しんでいた」とも書いてあるんだ。

    もっと驚くのは、慰安婦たちは、時間に限りがあるために十分に兵

    士へのサービスができなかったと嘆いてるんだぜ。



    性奴隷がそんなことを考えるか? 性奴隷が大金をもらえるのか? 

    性奴隷がショッピングを楽しんだり、ダイヤモンドを買ったり、キャ

    ンプへ行ったりできるか? 感情を抜いて論理を組み立てろといいた

    い。


    問題を起こすことを目的にいっているわけではない。米軍慰安婦碑に

    も、日本軍慰安婦碑に書いてあることをそのままコピーして年月日と

    国名と人数を変えるだけでいい。それでフェアであって、一貫性があ

    るということになるだろう。

    実際にはそのようなことは、起きないと思うがな。わかってもらいた

    いのは、俺は、「自分は元慰安婦だった」というお婆さんたちに対し

    て軽蔑しているわけではなく慰安婦像などをアメリカの各地に建てよ

    うとする活動家たちを軽蔑しているだけなんだ。

    彼らは、3つのカテゴリーに分けられる。1つ目のグループは、常識

    では測れない感情の入り混じった、カルト的な連中。2つ目のグルー

    プは、とにかく日本が嫌いで嫉妬が強い人たち。日本の戦後の成功に

    嫉妬し、自分たちと比較してコンプレックスをもっている。

    彼らは、ランキングや数字が大好きで、自分たちの位置をつねに知り

    たがり、人を見下すのが大好きなのさ。

    3つ目のグループは、朴政権だろう。日本に向けた憎悪は、朴大統領

    が拡散させているが、それはお父さんがやった悪事を隠すためではな

    いのか。

    彼は満州国軍に属していた。1965年の日韓基本条約で補償は済んだが、

    国民にはお金は分配されなかった。朴大統領はそのことを隠そうとし

    ている。選挙民に対するパフォーマンスで、反日は病気のようなものだ。



  • 【在日特権】大阪朝鮮学園が社会保険料2億円超滞納 日本私立学校振興・共済事業団、強制徴収せず



    大阪朝鮮学園、社会保険料2億円超滞納 私学事業団は強制徴収せず

    大阪府内の朝鮮学校10校を運営する学校法人「大阪朝鮮学園」(大阪市)が
    平成24年度以降、日本私立学校振興・共済事業団(私学事業団)へ納付が
    義務づけられている社会保険料の掛け金を滞納していることが9日、関係者への
    取材で分かった。

    教職員給与・賞与からの天引き分と法人負担分を合わせた 未納額は2億円超に上るという。事業団は強制徴収などに踏み切らないまま、 教員らに健康保険や年金の給付を続けており、批判の声が高まりそうだ。

    大阪朝鮮学園の社会保険料の掛け金は、私立学校教職員共済法に基づき、 教職員の給与・賞与の約22%を教職員と折半で負担。学園が給与・賞与を 支払った翌月末までに、事業団に一括して支払う義務を負うことになっている。

    一方、複数の関係者によると、大阪朝鮮学園では数年前から掛け金をたびたび 滞納。24年度以降は滞納額が急激に膨らみ、現在は2億円を超えているという。

    事業団によると、加入する全国の学校法人からの保険料の徴収率は99・9%以上で、
    1年を超える長期滞納は極めてまれ。事業団は「個別の納付状況は答えられない」と
    した上で、滞納を理由にした教員らへの給付差し止めは「教職員個人に不利益を被ら
    せることはできない」として、一切していないと説明している。

    事業団が長期滞納した法人に対し、資産の差し押さえなどで強制徴収できるとの 規定はあるが、「政治案件で手を出せない」(関係者)とみられる。滞納理由や今後の 納付計画について、産経新聞は大阪朝鮮学園に質問状を出したが、期限までに回答はなかった

    これが、大阪朝鮮学園 ↓


  • 次々に実態が暴露されていく!





             醜悪な見るに堪えない真実の姿が・・・





    衆人環視の中、それが白日のもとに晒されることをヘイトスピーチというのです。


    いったい誰にとって耐えがたいスピーチなのか・・・
    事実を事実と指摘するだけで・・・

    最大の在日特権とは???
    それは、一切批判をされないということ。
    自分たちに向けられたいかなる批判も許さないということ。
    そしてあらゆる自分たちへの批判を受け付けないということ。

    なぜならば、自分たちは日本の社会、法律、文化等あらゆるものから超越した存在であるからと。
    それは、自分たち在日は特別な被害者、歴史的な被害者であるという妄想に取りつかれそれを固く信じ込むことで、やっとの思いで自分たちの存在をかろうじて支えているという揺るぎない現実があるから。

    戦後、日本の歴史そのもの、日本の存在自体そのものを徹頭徹尾加害者=悪=差別者に仕立て上げ、その結果としての自分たちの被害者=弱者=抑圧されし者としての特権的な特別の存在を、祭り上げることに成功したのです。

    従って、在日に対するどんな形での批判も、在日が少しでも不利になるいかなる事実の暴露・報道も問答無用でヘイトスピーチとなるのです。
    そして、このタブーに対しほんの少しでも挑戦を試みようとすれば、在日はマスメディアまで動員し、一斉に”差別・偏見の助長”になるという呪文を、日本人に浴びせかけてくるのです。

    自分たち在日は永遠に日本人から批判されることのない超越的な特別な存在であると固く信じ切ってきましたが・・・
    そのタブーというか、在日特権が戦後ようやく70年にして、今、打ち破られようとしています。

    それは彼ら在日が、長年日本人に浴びせかけていた呪文の毒気が、さすがに勢いを失い衰え始めたからです。
    多くの日本人がこの催眠術から目覚め始め、自己を取り戻しつつあるからです。
    在日は被害者ではないと。強制連行などなかったと気づき始めたからであります。

    在日の皆さん、あなた方は決して特別な存在ではありません!!
    いかなる批判からも防御されるべきアンタッチャブルな時代は、もう終わりました!!

    神に呪われた、そして神をも憎むルサンチマンはもうやめにしませんか・・・
    かえって、ますます不幸になるばかりですよ!!



  • 朝鮮人強制連行を考察する




    右派系日本人は徴用を論点に「強制連行」は無かったと主張し
    左派系日本人は国家総動員法で来日した総数が「強制連行」だと主張し
    全く議論が噛み合わない状態です。

    「強制連行」という曖昧な定義の言葉だけが一人歩きした結果
    朝鮮人強制連行は学術論争では無く左右のイデオロギー論争に陥っています。

    外務省の1959年の記録によれば
    国家総動員法制定前から来日し居留する在日朝鮮人は38万8千359人
    国家総動員法制定後に来日し居留する在日朝鮮人は3万5千16人
    国民徴用令で来日し居留する在日朝鮮人は245人
    終戦後から日本国籍を消失する1952年までに来日し居留する在日朝鮮人は7万2千36人
    戦前に日本で誕生した在日朝鮮人2世17万3千311人
    戦後に日本で誕生した在日朝鮮人2世20万8千828人で
    ですので

    どの様に定義しようとも
    国家総動員法施行前に来日し居留する在日朝鮮人の方が多いので
    在日朝鮮人の子孫の全てが強制連行された者とその子孫という事は無いことだけは
    明白です。

    ただ
    国家総動員法が施行された後に来日した朝鮮人の居留人数が
    終戦後に朝鮮人が日本国籍を喪失する迄の戦後動乱期に来日し居留する人数(端的に言えば密航者、密入国者)より少ない事を
    もっともっと深く精査するべきだと思いますが・・・

    最後に一言
    戦時中日本国内に動員された人たちは朝鮮の人たちだけでなく、台湾の人とたちもかなりいます。しかも徴用令は朝鮮よりも2年以上早く台湾では施行されました。その中には、15,6歳の台湾少年工といわれる少年も多数含まれています。

    私が大変不思議でならないのは、なぜ台湾の人たちで日本に動員された人たちは強制連行などと騒ぎ立てないのでしょうか???
    それどころか、今でも多くの台湾人が日本びいきであり、多くの元少年工たちがゼロ戦や雷電等の戦闘機の生産に携われたことをこの上なく誇りにしています。
    なぜなのでしょうか??
    だれか教えてください・・・

    下は、日本での元台湾少年工の同窓会・懇親会。↓
    彼らは来日のつど、必ず靖国神社を参拝する。


  • 一握りの在日富裕層だけが肥え太って

    税金も納めようとしない社会の変革を

    目指さねばならない。

    政府はいろんな対策を講じているが、外国人ばかり優遇しないで、
    在日富裕層の経営するネットカフェで生活を余儀なくされている
    若者にこそ手を差し伸べるべきではないか。

    税金の申告時期の3月になれば「在日富裕層をたたき出せ!」と
    題した、若者の怒りを結集した抗議活動を国税庁の前でやりたい
    ものだ。

    税金を納めたくない為に香港やシンガポールに本社を移し、自ら
    も海外で過ごすような在日から特別永住権を取り上げるべきだ。
    日本に帰化しているならその帰化も取り消すべきである。

    昨年のニュースですが、結果はどうなったのでしょう。

    日本政府は、今年の12月31日までに5000万円以上の海外資産を保有する
    者に対し、翌年3月15日までに申告することを義務付けた。

    海外資産の実態を把握し課税するのが目的で、韓国に資産を持つ在日韓国人
    や日本人なども対応が必要だ。


    米国では残高が1万ドル超の海外口座を持つ個人や法人は報告が義務付けら

    れている。ドイツ、フランスなども同様の制度がある。


  • 悲報!


    香川県議会が「日本の名誉回復を求める意見書」を可決! 


    売国政党、共産、社民は反対!







    日本に不要なもの 朝日新聞、日本共産党、社民党の関係者全部!

    朝日新聞と日本共産党が撒き散らした嘘への罰は

    まだ執行されていない!


    ”朝日新聞が慰安婦の強制連行に関する記事を取り消したことなどを受け、香川
    県議会は11月定例議会最終日の19日、報道が国内外に与えた影響を検証した
    上で、日本の名誉回復に向けた取り組みを政府に求める意見書を賛成多数で可決
    した。 ”(四国新聞‎)


    あらためて「朝日新聞の犯罪」がこういう形で告発されることは大

    賛成です。最近明らかになったことでは、現在、朝日新聞の社長で

    ある「渡辺雅隆」に関しては、「植村隆の捏造記事」との関係もさ

    さやかれています。



    渡辺は、植村の記事が出た当時は「大阪本社の社会部長」であり、

    植村の捏造記事二も関与していたことを、池田信夫が「アゴラ」に

    おいて「強制連行」をでっち上げたのは植村隆ではない 」

    という記事で紹介されています。池田氏の主張が正しければ、まさに

    「朝日新聞の捏造記事の黒幕こそが現社長の渡辺雅隆」であり、この

    人事は、「朝日の反省」ではなく「朝日の犯罪隠し」ということにな

    ります.



    朝日新聞の関係者の人たちに言いたい。 「日本国民をなめないでい

    ただきたい。日本国民を侮辱し続ける朝日新聞の記者と関係者への怒

    りは、朝日新聞が世界に対して、日本国民と日本の名誉回復を図らな

    い限り消えることはないのだ」と。

本文はここまでです このページの先頭へ