ここから本文です

投稿コメント一覧 (3コメント)

  • >>No. 386

    >四国に行って爺探せば?爆笑

    それは無理とちゃうか?
    まあ、株主総会とかで三本松来る機会があれば、うどんでも食ってきな。

    メドレックスの近くの山賊なら松茸うどんを食えるで。天ぷらもお勧めだが、そのデカさにたまげるで。
    そこから少し南に下ると、徳島に通じるトンネルや。ここを越えるとすぐ「たらい」うどんが食えるで。

    まあ、5月の連休には川を渡る何百もの鯉のぼりが眺められるけど、まだ早いわな。

    松村の息子は東大に入学したんや。わしは嘘つきを指摘しただけやのに。
    何騒いでいるのか分からん。

  • >>No. 327

    >大学は横浜市立大だった。

    こいつ嘘つきや。
    息子は地元でも有名な秀才だった。三本松高校から東大だ。
    ただしそれからが問題や。

    女性関係は自分で調べろ。
    とにかく嘘つくな。ぼけ。

  • 地元のもんは知っとるが、松村は、母親の七光りでわがままに育った高畑裕太に似ているかもな。

    帝國時代に大口叩けたのは、親が帝國に金出してたからで、社内ではたしなめる人も少なかったと思うで。台北帝大出の親は田舎では一目置かれてたといううわさや。しかしなあ、ある時オーナーは経営の近代化を考えて、日銀出身者を会社に迎え入れたんや。日銀さんにはかないまへん。松村はここで負けや。あわれやな。自分が社長になれると思おてたからな。周りにもそう言うてたらしい。この男妄想癖があるからに。結局、会社は松村を追放し、めでたしめでたしや。

    そやから松村は、完全な帝國コンプレックスや。帝國が成長したのは自分の業績やとぬかしとるが、あれ、全部他人の成果やで。北○や赤○に聞けばわかるで。まあ、悔しい思いをしたからに、メドレックスを作った時には、いつかトラックに銭山積みにして帝國を買いに行くと豪語していたらしい。トラックに札束山積みやと、松村はそういうたわけや。

    その松村が、帝國に頭下げたんや。よっぽどの事やで。

    世界中のどこの製薬会社からも相手にされず、結局、帝國に泣きついたんや。白旗やで。地元では松村のほらには、もう誰も相手にしてへんで。きいつけや。

    四国高速道路の地上げで儲けた金を松村につぎ込んでしまった爺が、敬老の日の寄り合いでこぼしとった。

本文はここまでです このページの先頭へ