ここから本文です

投稿コメント一覧 (258コメント)

  • 私は、目先は一旦上げたとしても、また下がるのではないかと思いますが、長期で見たら期待はあります。月足のチャートを見ると、ソフトフロントは上げ下げを繰り返して汚いですが、ピクセラは、長い低迷時を経て、いよいよ25日線が75日線を上抜けるのではないか?大復活するのではないか?と思ってしまいます。

  • >>No. 658

    まぁまぁ、そんなに脅さなくても。おそらく1度は350位は上げると思いますよ。

  • おそらく、順番待ちじゃないですかね。先日までは日経の下落時に、カイカのようなクズ株が暴騰しました。現在は日経が上げて来てますので、輸出株や大型株といったものが上がるのでしょう。そして、日経の上昇が一通り終わり、ヨコヨコになってきた時、それまで下げに下げてきた中・小型株が上昇してくるのでは?その時にピクセラはIRを出して、上昇させてくると考えています。逆に言えば、それ迄は、再び下げて来てもおかしくないという事です。空売り機関が250辺りでも平然と空売りし続けられるのも、それを見越しているんじゃないかと思います。やはり下の窓179が気になる所です。

  • おそらく日足の一目を見てそう言ったんだろう。別にミサイル無くても日経は+2σまで上がったから、目先は調整だろうね。

  • >>No. 7

    返信ありがとうございました。納得致しました。そうしますと、目先は底を付けるが、かと言ってそこからの暴騰も無く、10月までは19000台でのボックス相場という感じなのでしょうね。

  • gol様こんばんは。私は1つの可能性を考えています。それは、10月までに、日経が18400辺りまで下げるのではないかという事です。

    日経の月足の遅行線がなぞっている所は、2年前の中国不動産バブル崩壊の時期です。その時は基準線を少し押した所まで下がりました。今回これにそのまま当てはめれば、基準線が18400辺りなので、最大で18200を瞬間的に付けるのではと考えています。

    4月25日に日経は高値19109・安値18867を付けました。この安値を破ると、その下は窓が2つ空いており、一気に18400まで下げられると思います。

    目先は確かに底に近いですが、東証リート指数の様に、一旦上に上げての再度下げでボリンジャーバンド-3を広げて18867の壁を崩してくるのではないでしょうか。

    おまけに、日本は9月16・17・18と10月7・8・9が共に三連休です。前回もアメリカの三連休の時に核実験を起こしてきました。今度も何となく地政学的リスクを起こしてくるのではないかと、嫌な予感がします。gol様は日経18400の可能性についていかがお考えでしょうか。

  • 昨日の時点で、ドル円108.268が突破され、ボリンジャーバンド-3が拡張しました。そうすると、現在のボリンジャーバンド-3である約107.75辺りまで下げる余地が出来た訳です。今日のピクセラの値動きは、更に下げる為のあや戻しにしか見えません。今日・明日・明後日でまた何かしら日経下げネタを仕掛けてくるのではないでしょうか?

    しかし、例えばその下げネタがあったとして、それが北朝鮮ネタとして、それで円高に振れるというのは、どう考えても奇妙な話です。この前の北朝鮮ミサイルや核実験の際にも円高に振れました。今までは他国で有事の際、円は安全資産として買われました。今回は、日本はその有事の当事国になるかもしれないのです。にも関わらず、安全資産として円が買われる?不思議で仕方がないですね。この前も書きましたが、リスクが起きて株価が下がるのではなく、株価を下げようとして、その為のネタとしてリスクを起こしているとしか考えられないのです。だからこそ、ほとんどの人が否定するであろう、北朝鮮とアメリカは水面下では手を握っているという考えも、無きにしもあらずではないかと思うのです。

  • どちらが正しいか、いずれ分かります。

  • 179の窓埋めはありえますが、そのまま100円割れは絶対にありません。週足ストキャス ・RCI・ウィリアムを見ても、もう一押しで調整が終わる位置にあります。ひとまずは反発するはずです。

  • >>No. 1069

    返信ありがとうございます。今月いっぱいは様子見しようと思います。

  • 私は平均239の含み損です。もし、いい意味で私の考えが違っていればいいのですが。

  • ↓すみません。5ヶ月先行した月日で書いております。

  • gol様、こんにちは。私の妄想話は妄想でしか無かったのですが、何となくダウも日経も弱い感じがします。ところで、ふと思い出して、久しぶりに東証リート指数を見てみました。すると、9月中旬頃に底をついて一旦上昇するが、そこから9下旬頃までズルズル下がり、それから10月初旬頃まで上昇、その後は12月中旬頃へと向けて緩やかな下落からの大規模な下落…という感じになっております。gol様はどのように判断されますか?確か、大規模な調整は来年早々にと記憶しております。

  • 6月13日の高値452から、「半値8掛け」をすると、180.8になります。下の窓が179ですので、やはり外資はそこを狙ってきているのかな、と思います。でも、さすがにそこからの「2割引き」までは、いくら何でもやり過ぎなので、やらないだろうとは思います。ところで、株価というのは、約半年先を織り込むと言う事ですが、そう考えると、現在の株価は今度の決算も(良くない事を)織り込んでの株価なのではないでしょうか?私の結論としては、下の窓179前後までは腹を括って耐え、そこからは上げ下げしつつも、上昇していくと考え、また、期待しております。

  • 最後にもう一つ。これも私の予想ですが、今後、日経とダウはもう一段上へと上がって行くと思います。しかし、その後は大規模な調整が入ると思います。そのネタとして、北朝鮮がミサイルをグアム島等のアメリカの領土付近へ落とし、いよいよ、【アメリカVS北朝鮮】の一触即発な状態を(演出)してくるのでは、と考えています。そんなバカな話が…と思われるかも知れませんが、この前の北朝鮮ミサイルは、日本をまたいで太平洋側へ落としてきました。そして、以前、北朝鮮のミサイルがグアム島へ発射するかも、というニュースがあったと思います。何となくこの先のシナリオの為の(フラグ)が立ったと思いませんか?

  • 私は以前から疑問に思ってるのですが、アメリカは昔、イラクが核ミサイルを持っているという(疑惑)で戦争を起こしました。実際には持っていませんでした。現在、北朝鮮は核ミサイルを完成させつつあります。それなのに戦争を起こそうとしない。不思議に思いませんか?

  • あくまで私の感覚ですが、外資のセリクラからの怒涛の買い上げがありません。今日それがあるかなと思いましたが、それがありませんでした。日経もそうです。今夜のダウの値動きもそうです。全てが弱いです。ということは、さらに何かしらの(意図的な)地政学的リスク等を使って下げてくる可能性があるのではないかと思っています。ちなみに、最近強く感じる事は、北朝鮮のミサイルや核実験の様に、先に地政学的リスク等が起きて株価が下がるのではなく、このタイミングで株価を下げたいと考える者達(おそらく国際金融資本家)がいて、そのネタとして、地政学的リスク等を意図的に起こしているのではと思えてなりません。そう考えると、北朝鮮とアメリカは、裏では手を結んでいると考える方が、何となく辻褄が合う感じがします。

  • おそらくですが、6月13日に高値452をつけています。その3ヶ月後の9月13日前後辺りで当面の安値をつけてくるのではないかと思います。週足のストキャスを見ていても、調整が不完全の状態です。もう一押しして調整が完成する感じです。それまで耐えれば、次は上昇トレンドになるのではと思います。

  • 明日は190から180辺りを目指すのか~。悔しいな~。えーい!頭と尻尾はくれてやれ!…長い尻尾だな~(´ヮ`;)

本文はここまでです このページの先頭へ