ここから本文です

投稿コメント一覧 (34コメント)

  • 安秉直(アン・ビョンジク、1936年6月28日 - )は韓国の経済史学者。ソウル大学名誉教授。1987年に李大根と落星台経済研究所を創設したことでも知られています。ニューライト財団の創立者。慶尚南道咸安出身。


    かつて、慰安婦について韓国挺身隊問題対策協議会と共同で調査しました。この調査で強制によると認定した慰安婦が金学順と文玉珠であります。この調査について後に韓国の新聞のインタビューで「問題は強制動員だ。強制動員されたという一部の慰安婦経験者の証言はあるが、韓日とも客観的資料は一つもない」「3年活動してからやめた理由は、彼ら(挺身隊対策協)の目的が慰安婦の本質を把握して今日の悲惨な慰安婦現象を防止することではなく、日本とケンカすることだったからだ」とコメントし、韓国内で波紋を広げました。


    日本植民地統治下において、日本資本の主導下で資本主義化が展開し、朝鮮人もこの展開に比較的積極的に適応していき、資本家・労働者に一定の成長が見られたとしています。この主張から、たびたび韓国では植民地支配を肯定する植民地近代化論者、チンイルパ(親日派)だと強烈に糾弾されています。

    しかし、彼は、今でもこう主張しています。
    「研究者は事実が生命だ。事実と異なる話をするならば、学問をやめなければならない」と述べているのです。


    これは、現代韓国における至言です!!
    再掲します!

    “” 「研究者は事実が生命だ。事実と異なる話をするならば、学問をやめなければならない」“”

  • 安秉直(アン・ビョンジク、1936年6月28日 - )は韓国の経済史学者。ソウル大学名誉教授。1987年に李大根と落星台経済研究所を創設したことでも知られています。ニューライト財団の創立者。慶尚南道咸安出身。


    かつて、慰安婦について韓国挺身隊問題対策協議会と共同で調査しました。この調査で強制によると認定した慰安婦が金学順と文玉珠であります。この調査について後に韓国の新聞のインタビューで「問題は強制動員だ。強制動員されたという一部の慰安婦経験者の証言はあるが、韓日とも客観的資料は一つもない」「3年活動してからやめた理由は、彼ら(挺身隊対策協)の目的が慰安婦の本質を把握して今日の悲惨な慰安婦現象を防止することではなく、日本とケンカすることだったからだ」とコメントし、韓国内で波紋を広げました。


    日本植民地統治下において、日本資本の主導下で資本主義化が展開し、朝鮮人もこの展開に比較的積極的に適応していき、資本家・労働者に一定の成長が見られたとしています。この主張から、たびたび韓国では植民地支配を肯定する植民地近代化論者、チンイルパ(親日派)だと強烈に糾弾されています。

    しかし、彼は、今でもこう主張しています。
    「研究者は事実が生命だ。事実と異なる話をするならば、学問をやめなければならない」と述べているのです。


    これは、現代韓国における至言です!!
    再掲します!

    “” 「研究者は事実が生命だ。事実と異なる話をするならば、学問をやめなければならない」“”

  • 安秉直(アン・ビョンジク、1936年6月28日 - )は韓国の経済史学者。ソウル大学名誉教授。1987年に李大根と落星台経済研究所を創設したことでも知られています。ニューライト財団の創立者。慶尚南道咸安出身。


    かつて、慰安婦について韓国挺身隊問題対策協議会と共同で調査しました。この調査で強制によると認定した慰安婦が金学順と文玉珠であります。この調査について後に韓国の新聞のインタビューで「問題は強制動員だ。強制動員されたという一部の慰安婦経験者の証言はあるが、韓日とも客観的資料は一つもない」「3年活動してからやめた理由は、彼ら(挺身隊対策協)の目的が慰安婦の本質を把握して今日の悲惨な慰安婦現象を防止することではなく、日本とケンカすることだったからだ」とコメントし、韓国内で波紋を広げました。


    日本植民地統治下において、日本資本の主導下で資本主義化が展開し、朝鮮人もこの展開に比較的積極的に適応していき、資本家・労働者に一定の成長が見られたとしています。この主張から、たびたび韓国では植民地支配を肯定する植民地近代化論者、チンイルパ(親日派)だと強烈に糾弾されています。

    しかし、彼は、今でもこう主張しています。
    「研究者は事実が生命だ。事実と異なる話をするならば、学問をやめなければならない」と述べているのです。


    これは、現代韓国における至言です!!
    再掲します!

    “” 「研究者は事実が生命だ。事実と異なる話をするならば、学問をやめなければならない」“”

  • 安秉直(アン・ビョンジク、1936年6月28日 - )は韓国の経済史学者。ソウル大学名誉教授。1987年に李大根と落星台経済研究所を創設したことでも知られています。ニューライト財団の創立者。慶尚南道咸安出身。


    かつて、慰安婦について韓国挺身隊問題対策協議会と共同で調査しました。この調査で強制によると認定した慰安婦が金学順と文玉珠であります。この調査について後に韓国の新聞のインタビューで「問題は強制動員だ。強制動員されたという一部の慰安婦経験者の証言はあるが、韓日とも客観的資料は一つもない」「3年活動してからやめた理由は、彼ら(挺身隊対策協)の目的が慰安婦の本質を把握して今日の悲惨な慰安婦現象を防止することではなく、日本とケンカすることだったからだ」とコメントし、韓国内で波紋を広げました。


    日本植民地統治下において、日本資本の主導下で資本主義化が展開し、朝鮮人もこの展開に比較的積極的に適応していき、資本家・労働者に一定の成長が見られたとしています。この主張から、たびたび韓国では植民地支配を肯定する植民地近代化論者、チンイルパ(親日派)だと強烈に糾弾されています。

    しかし、彼は、今でもこう主張しています。
    「研究者は事実が生命だ。事実と異なる話をするならば、学問をやめなければならない」と述べているのです。


    これは、現代韓国における至言です!!
    再掲します!

    “” 「研究者は事実が生命だ。事実と異なる話をするならば、学問をやめなければならない」“”

  • 安秉直(アン・ビョンジク、1936年6月28日 - )は韓国の経済史学者。ソウル大学名誉教授。1987年に李大根と落星台経済研究所を創設したことでも知られています。ニューライト財団の創立者。慶尚南道咸安出身。


    かつて、慰安婦について韓国挺身隊問題対策協議会と共同で調査しました。この調査で強制によると認定した慰安婦が金学順と文玉珠であります。この調査について後に韓国の新聞のインタビューで「問題は強制動員だ。強制動員されたという一部の慰安婦経験者の証言はあるが、韓日とも客観的資料は一つもない」「3年活動してからやめた理由は、彼ら(挺身隊対策協)の目的が慰安婦の本質を把握して今日の悲惨な慰安婦現象を防止することではなく、日本とケンカすることだったからだ」とコメントし、韓国内で波紋を広げました。


    日本植民地統治下において、日本資本の主導下で資本主義化が展開し、朝鮮人もこの展開に比較的積極的に適応していき、資本家・労働者に一定の成長が見られたとしています。この主張から、たびたび韓国では植民地支配を肯定する植民地近代化論者、チンイルパ(親日派)だと強烈に糾弾されています。

    しかし、彼は、今でもこう主張しています。
    「研究者は事実が生命だ。事実と異なる話をするならば、学問をやめなければならない」と述べているのです。


    これは、現代韓国における至言です!!
    再掲します!

    “” 「研究者は事実が生命だ。事実と異なる話をするならば、学問をやめなければならない」“”

  • 安秉直(アン・ビョンジク、1936年6月28日 - )は韓国の経済史学者。ソウル大学名誉教授。1987年に李大根と落星台経済研究所を創設したことでも知られています。ニューライト財団の創立者。慶尚南道咸安出身。


    かつて、慰安婦について韓国挺身隊問題対策協議会と共同で調査しました。この調査で強制によると認定した慰安婦が金学順と文玉珠であります。この調査について後に韓国の新聞のインタビューで「問題は強制動員だ。強制動員されたという一部の慰安婦経験者の証言はあるが、韓日とも客観的資料は一つもない」「3年活動してからやめた理由は、彼ら(挺身隊対策協)の目的が慰安婦の本質を把握して今日の悲惨な慰安婦現象を防止することではなく、日本とケンカすることだったからだ」とコメントし、韓国内で波紋を広げました。


    日本植民地統治下において、日本資本の主導下で資本主義化が展開し、朝鮮人もこの展開に比較的積極的に適応していき、資本家・労働者に一定の成長が見られたとしています。この主張から、たびたび韓国では植民地支配を肯定する植民地近代化論者、チンイルパ(親日派)だと強烈に糾弾されています。

    しかし、彼は、今でもこう主張しています。
    「研究者は事実が生命だ。事実と異なる話をするならば、学問をやめなければならない」と述べているのです。


    これは、現代韓国における至言です!!
    再掲します!

    “” 「研究者は事実が生命だ。事実と異なる話をするならば、学問をやめなければならない」“”

  • 安秉直(アン・ビョンジク、1936年6月28日 - )は韓国の経済史学者。ソウル大学名誉教授。1987年に李大根と落星台経済研究所を創設したことでも知られています。ニューライト財団の創立者。慶尚南道咸安出身。


    かつて、慰安婦について韓国挺身隊問題対策協議会と共同で調査しました。この調査で強制によると認定した慰安婦が金学順と文玉珠であります。この調査について後に韓国の新聞のインタビューで「問題は強制動員だ。強制動員されたという一部の慰安婦経験者の証言はあるが、韓日とも客観的資料は一つもない」「3年活動してからやめた理由は、彼ら(挺身隊対策協)の目的が慰安婦の本質を把握して今日の悲惨な慰安婦現象を防止することではなく、日本とケンカすることだったからだ」とコメントし、韓国内で波紋を広げました。


    日本植民地統治下において、日本資本の主導下で資本主義化が展開し、朝鮮人もこの展開に比較的積極的に適応していき、資本家・労働者に一定の成長が見られたとしています。この主張から、たびたび韓国では植民地支配を肯定する植民地近代化論者、チンイルパ(親日派)だと強烈に糾弾されています。

    しかし、彼は、今でもこう主張しています。
    「研究者は事実が生命だ。事実と異なる話をするならば、学問をやめなければならない」と述べているのです。


    これは、現代韓国における至言です!!
    再掲します!

    “” 「研究者は事実が生命だ。事実と異なる話をするならば、学問をやめなければならない」“”

  • 在日韓国・朝鮮人には通名が認められているため、一部の銀行では通名での口座開設が可能である。そのため通名を変更後は事実上の匿名口座になり、これが在日韓国・朝鮮人による犯罪の温床となるケースがある。


    2006年、最高裁判所は、朝銀に架空名義で口座を開設し脱税資金を預金していたパチンコ店経営の在日韓国・朝鮮人の男性に対し、脱税した資金41億8千万円を公的資金で穴埋めする判決を下した。これは、脱税資金の匿名口座の金を公的資金で補填するという異常な判決であり、在日韓国・朝鮮人の犯罪者(ただし脱税行為については時効が成立)に対し、遅延損害金6億7千万円も加算して公的資金で補填することに日本国民からの反発は極めて強い。
    旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入することとなった。

  • 在日韓国・朝鮮人には通名が認められているため、一部の銀行では通名での口座開設が可能である。そのため通名を変更後は事実上の匿名口座になり、これが在日韓国・朝鮮人による犯罪の温床となるケースがある。


    2006年、最高裁判所は、朝銀に架空名義で口座を開設し脱税資金を預金していたパチンコ店経営の在日韓国・朝鮮人の男性に対し、脱税した資金41億8千万円を公的資金で穴埋めする判決を下した。これは、脱税資金の匿名口座の金を公的資金で補填するという異常な判決であり、在日韓国・朝鮮人の犯罪者(ただし脱税行為については時効が成立)に対し、遅延損害金6億7千万円も加算して公的資金で補填することに日本国民からの反発は極めて強い。
    旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入することとなった。

  • 在日韓国・朝鮮人には通名が認められているため、一部の銀行では通名での口座開設が可能である。そのため通名を変更後は事実上の匿名口座になり、これが在日韓国・朝鮮人による犯罪の温床となるケースがある。


    2006年、最高裁判所は、朝銀に架空名義で口座を開設し脱税資金を預金していたパチンコ店経営の在日韓国・朝鮮人の男性に対し、脱税した資金41億8千万円を公的資金で穴埋めする判決を下した。これは、脱税資金の匿名口座の金を公的資金で補填するという異常な判決であり、在日韓国・朝鮮人の犯罪者(ただし脱税行為については時効が成立)に対し、遅延損害金6億7千万円も加算して公的資金で補填することに日本国民からの反発は極めて強い。
    旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入することとなった。

  • 在日韓国・朝鮮人には通名が認められているため、一部の銀行では通名での口座開設が可能である。そのため通名を変更後は事実上の匿名口座になり、これが在日韓国・朝鮮人による犯罪の温床となるケースがある。


    2006年、最高裁判所は、朝銀に架空名義で口座を開設し脱税資金を預金していたパチンコ店経営の在日韓国・朝鮮人の男性に対し、脱税した資金41億8千万円を公的資金で穴埋めする判決を下した。これは、脱税資金の匿名口座の金を公的資金で補填するという異常な判決であり、在日韓国・朝鮮人の犯罪者(ただし脱税行為については時効が成立)に対し、遅延損害金6億7千万円も加算して公的資金で補填することに日本国民からの反発は極めて強い。
    旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入することとなった。

  • 在日韓国・朝鮮人には通名が認められているため、一部の銀行では通名での口座開設が可能である。そのため通名を変更後は事実上の匿名口座になり、これが在日韓国・朝鮮人による犯罪の温床となるケースがある。


    2006年、最高裁判所は、朝銀に架空名義で口座を開設し脱税資金を預金していたパチンコ店経営の在日韓国・朝鮮人の男性に対し、脱税した資金41億8千万円を公的資金で穴埋めする判決を下した。これは、脱税資金の匿名口座の金を公的資金で補填するという異常な判決であり、在日韓国・朝鮮人の犯罪者(ただし脱税行為については時効が成立)に対し、遅延損害金6億7千万円も加算して公的資金で補填することに日本国民からの反発は極めて強い。
    旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入することとなった。

  • 在日韓国・朝鮮人には通名が認められているため、一部の銀行では通名での口座開設が可能である。そのため通名を変更後は事実上の匿名口座になり、これが在日韓国・朝鮮人による犯罪の温床となるケースがある。


    2006年、最高裁判所は、朝銀に架空名義で口座を開設し脱税資金を預金していたパチンコ店経営の在日韓国・朝鮮人の男性に対し、脱税した資金41億8千万円を公的資金で穴埋めする判決を下した。これは、脱税資金の匿名口座の金を公的資金で補填するという異常な判決であり、在日韓国・朝鮮人の犯罪者(ただし脱税行為については時効が成立)に対し、遅延損害金6億7千万円も加算して公的資金で補填することに日本国民からの反発は極めて強い。
    旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入することとなった。

  • 在日韓国・朝鮮人には通名が認められているため、一部の銀行では通名での口座開設が可能である。そのため通名を変更後は事実上の匿名口座になり、これが在日韓国・朝鮮人による犯罪の温床となるケースがある。


    2006年、最高裁判所は、朝銀に架空名義で口座を開設し脱税資金を預金していたパチンコ店経営の在日韓国・朝鮮人の男性に対し、脱税した資金41億8千万円を公的資金で穴埋めする判決を下した。これは、脱税資金の匿名口座の金を公的資金で補填するという異常な判決であり、在日韓国・朝鮮人の犯罪者(ただし脱税行為については時効が成立)に対し、遅延損害金6億7千万円も加算して公的資金で補填することに日本国民からの反発は極めて強い。
    旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入することとなった。

  • 在日韓国・朝鮮人には通名が認められているため、一部の銀行では通名での口座開設が可能である。そのため通名を変更後は事実上の匿名口座になり、これが在日韓国・朝鮮人による犯罪の温床となるケースがある。


    2006年、最高裁判所は、朝銀に架空名義で口座を開設し脱税資金を預金していたパチンコ店経営の在日韓国・朝鮮人の男性に対し、脱税した資金41億8千万円を公的資金で穴埋めする判決を下した。これは、脱税資金の匿名口座の金を公的資金で補填するという異常な判決であり、在日韓国・朝鮮人の犯罪者(ただし脱税行為については時効が成立)に対し、遅延損害金6億7千万円も加算して公的資金で補填することに日本国民からの反発は極めて強い。
    旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入することとなった。

  • 在日韓国・朝鮮人には通名が認められているため、一部の銀行では通名での口座開設が可能である。そのため通名を変更後は事実上の匿名口座になり、これが在日韓国・朝鮮人による犯罪の温床となるケースがある。


    2006年、最高裁判所は、朝銀に架空名義で口座を開設し脱税資金を預金していたパチンコ店経営の在日韓国・朝鮮人の男性に対し、脱税した資金41億8千万円を公的資金で穴埋めする判決を下した。これは、脱税資金の匿名口座の金を公的資金で補填するという異常な判決であり、在日韓国・朝鮮人の犯罪者(ただし脱税行為については時効が成立)に対し、遅延損害金6億7千万円も加算して公的資金で補填することに日本国民からの反発は極めて強い。
    旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入することとなった。

  • 在日韓国・朝鮮人には通名が認められているため、一部の銀行では通名での口座開設が可能である。そのため通名を変更後は事実上の匿名口座になり、これが在日韓国・朝鮮人による犯罪の温床となるケースがある。


    2006年、最高裁判所は、朝銀に架空名義で口座を開設し脱税資金を預金していたパチンコ店経営の在日韓国・朝鮮人の男性に対し、脱税した資金41億8千万円を公的資金で穴埋めする判決を下した。これは、脱税資金の匿名口座の金を公的資金で補填するという異常な判決であり、在日韓国・朝鮮人の犯罪者(ただし脱税行為については時効が成立)に対し、遅延損害金6億7千万円も加算して公的資金で補填することに日本国民からの反発は極めて強い。
    旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入することとなった。

  • 2005年7月3日から11日まで、日本の人権NGO、反差別国際運動(IMADR・2005年当時の事務局長は武者小路公秀)の招聘により、国連人権委員会任命の特別報告者・ドゥドゥ・ディエン(セネガル国籍)が日本の人権状況の調査のため来日した。


    同報告者は各地の人権団体の案内でウトロ地区、被差別部落(大阪・西成区)、京都朝鮮中高級学校、部落解放同盟中央本部、北海道ウタリ協会、沖縄・嘉手納基地や、 名護市の普天間基地の代替施設建設予定地を訪問し、ヒアリングを中心とした9日間の調査を行った。


    同報告者は2006年1月に報告書を発表し、ウトロに関して「日本政府は、ウトロ住民と対話を始め、住民が植民地時代に日本の戦争遂行のための労働にかり出されてこの地に住まわされた事実に照らし、住民を強制立ち退きから保護し、居住権を保障する適切な措置を直ちにとるべきである」とした。

    (注)ウトロとは、北海道の地名ではなく、京都にある朝鮮人の集落。

    この国連人権委員会の勧告に強制力は無く、調査対象とされた多くの他国政府は勧告を無視している。日本政府も公式の反応を示していない。また、この報告書に関しては『産経新聞』が「調査をアレンジした武者小路公秀がピースおおさかの会長でもあり、金正日の思想を普及しようとするチュチェ思想国際研究所と関係の深い人物である」事実を挙げて、「日本に悪意を抱く人物が人権を武器として、国連を利用し日本に言いがかりをつけることがよくある」と言及している。

  • 2005年7月3日から11日まで、日本の人権NGO、反差別国際運動(IMADR・2005年当時の事務局長は武者小路公秀)の招聘により、国連人権委員会任命の特別報告者・ドゥドゥ・ディエン(セネガル国籍)が日本の人権状況の調査のため来日した。


    同報告者は各地の人権団体の案内でウトロ地区、被差別部落(大阪・西成区)、京都朝鮮中高級学校、部落解放同盟中央本部、北海道ウタリ協会、沖縄・嘉手納基地や、 名護市の普天間基地の代替施設建設予定地を訪問し、ヒアリングを中心とした9日間の調査を行った。


    同報告者は2006年1月に報告書を発表し、ウトロに関して「日本政府は、ウトロ住民と対話を始め、住民が植民地時代に日本の戦争遂行のための労働にかり出されてこの地に住まわされた事実に照らし、住民を強制立ち退きから保護し、居住権を保障する適切な措置を直ちにとるべきである」とした。

    (注)ウトロとは、北海道の地名ではなく、京都にある朝鮮人の集落。

    この国連人権委員会の勧告に強制力は無く、調査対象とされた多くの他国政府は勧告を無視している。日本政府も公式の反応を示していない。また、この報告書に関しては『産経新聞』が「調査をアレンジした武者小路公秀がピースおおさかの会長でもあり、金正日の思想を普及しようとするチュチェ思想国際研究所と関係の深い人物である」事実を挙げて、「日本に悪意を抱く人物が人権を武器として、国連を利用し日本に言いがかりをつけることがよくある」と言及している。

  • 2005年7月3日から11日まで、日本の人権NGO、反差別国際運動(IMADR・2005年当時の事務局長は武者小路公秀)の招聘により、国連人権委員会任命の特別報告者・ドゥドゥ・ディエン(セネガル国籍)が日本の人権状況の調査のため来日した。


    同報告者は各地の人権団体の案内でウトロ地区、被差別部落(大阪・西成区)、京都朝鮮中高級学校、部落解放同盟中央本部、北海道ウタリ協会、沖縄・嘉手納基地や、 名護市の普天間基地の代替施設建設予定地を訪問し、ヒアリングを中心とした9日間の調査を行った。


    同報告者は2006年1月に報告書を発表し、ウトロに関して「日本政府は、ウトロ住民と対話を始め、住民が植民地時代に日本の戦争遂行のための労働にかり出されてこの地に住まわされた事実に照らし、住民を強制立ち退きから保護し、居住権を保障する適切な措置を直ちにとるべきである」とした。

    (注)ウトロとは、北海道の地名ではなく、京都にある朝鮮人の集落。

    この国連人権委員会の勧告に強制力は無く、調査対象とされた多くの他国政府は勧告を無視している。日本政府も公式の反応を示していない。また、この報告書に関しては『産経新聞』が「調査をアレンジした武者小路公秀がピースおおさかの会長でもあり、金正日の思想を普及しようとするチュチェ思想国際研究所と関係の深い人物である」事実を挙げて、「日本に悪意を抱く人物が人権を武器として、国連を利用し日本に言いがかりをつけることがよくある」と言及している。

本文はここまでです このページの先頭へ