ここから本文です

投稿コメント一覧 (152コメント)

  • と、皆さんにご挨拶が終わったので、私の旅の近況報告です。
    私は、恒例の毎年冬の旅を続けていましたが、今年は、断念となりました。
    と言うのは、12月のハワイ旅行が決まり、1月のモロッコ(予約済み)が
    実現できなかったのです。

    12月のハワイ旅行は、ハワイアンキルトの教室の生徒さん達とのもので10月に
    急に決まったのでした。私としては、12月と1月の旅行は普通に行けるものだと
    たかをくくっていました。
    そこで、思いも知らない妨害者がいたのでした。
    我が家の夫が、とても寂しがり屋なのでした。(笑)
    「どっちかにしろ! 」 という事で、私としては、一緒に行く人数からいっても
    生徒さん達との旅行を取らなければいけませんでした。

    モロッコへは、旅仲間3人とでしたが、キャンセルして、来年モロッコに
    行くことになりました。でも、ハワイに行った生徒さん達がまた行きたいと
    貯金を(毎月1万)を始めたそうです、 ・・・・これって、どうなるの???

  • 久しぶりなので、皆様にご挨拶しましょうっと。

    まこさん、お引越しされたのですね。以前お住まいでの生活もいいかもですね。
    ぱぶさん、いつもお元気で凄いですね。奥様もお元気で何よりです。
    ももたさん、今年はどちらへ旅行されるのかしら?
    chopinさんも元気かしら? 今年はもう計画済みでしょうね。

    ちびさんと呼んでいいのかしら、初めまして、宜しくです。
    シエナといいます。
    西日本の方が多いから、東日本(秋田県)としては、頑張って
    顔を出さないといけないわ~~~

    あぁ~~、久しく顔を出さなかったから、敷居が高かったなぁ~  (笑)

  • ぶっちいちゃん、お久しぶりです。
    パパさんもぶっちぃちゃんもお元気の様子で何よりです。

    ぶっちいちゃん、北朝鮮船問題心配して頂き、有難うございます。
    今朝も、TVで金沢で難破船と遺体が漂着したニュースがありましたね。

    実は、遺体があるとニュースになるのですが、難破船らしき一部の
    漂着物は、現在も日本海岸沿岸地には、たくさん漂着し続けているのです。
    これは、漁師の人や海岸に暮らす人達の暮らしをすっかり変えてしまいました。
    遺体(これはまともなものではありません)を見るのが怖くて、
    海に行けなくなった人が多いそうです。

    秋田県の中でも男鹿半島は海岸線が多いので、北朝鮮船の一部と思われる
    漂着物がとくに多いようです。 問題になっているのは、その処理経費なのです。

    あの簡単な木造船でも、引き上げ解体には50万ほどかかるそうです。
    厄介なのが遺体です。男鹿で見つかった10名の遺体は火葬されて、
    現在、私の菩提寺に置かれています。この遺骨の行方は分からないそうです。
    このように処理経費は、市で負担している状態だそうです。
    ちょっと前に在日朝鮮団体?が負担すると言う話があったそうですが、
    話は決裂したそうですね。  何のための団体なのかしら・・・

    しかし、漂着した船や遺体は、この日本海では、氷山の一角であって、
    沢山の遺体が今も日本海の荒波の中をさまよっていると思います。

    朝から、嫌な話題ですみません。
    でも、最近、変なニュースばかりで続くので、本当に悲しくなりますね。
    今、私の一番の願いは、高梨沙良ちゃんと羽生結弦君の調子が戻ってくれることです。

  • ないりん、ロンドンの街並み見ると、思い出します。
    楽しかったよね、あのぷよぷよ(中華料理)美味しかった・・・食べ物よかよ!
    みかさんと3人で歩き回った所すべて楽しかったです。

    ところで、お母様とお会いしてお話しできましたか?
    ロンドンは、ないりんにとって、とても大切なところですね。

  • >>No. 31001

    ぱぶさん、ぶっちいちゃん、お元気でなによりです。
    只今、私は、9日から始まるオープンガーデンの準備で大忙しです。
    準備と言えば、単なる草取りなのですが。
    ここ1週間ほど雨で、カッパを着ての作業でした。

    でも、今日は久しぶりに晴れています。
    初日の9日は、新聞社の取材と、市の町興し課からの取材があるので、
    草取りにも力が入っています。

    市の町興し課と私に何の関係があるのか? ということですが
    私のオープンガーデンは、いわば、ひとり町興しなのです。
    この寂れた男鹿市に、1人でも多くの人が訪れてくれることを、願って続けているのです。

    最近の秋田県オープンガーデンの会員数は、減る一方です。
    脱退の原因は、体力的に大変なのと、来客のマナーの悪さだという人が多いです。
    確かに、私もかなりキツイ・・・・・でも、頑張らなきゃね。

  • >>No. 30999

    ほらほら、ね、やってしまいました。
    もう一度やり直しね、egaoさん、初めまして、シエナと言います。宜しくです。

  • >>No. 30998

    egaoさん、初めまして、これから宜しくお願いいたします。
    egaoさんって、ちょっと私と似てるかな!?

    このトピ主のないりんは、海外を飛び回っている方なので、
    掲示板に登場するとき、日本では夜でも、海外にいるないりんにとっては、朝の時もあるのでしょう。

    だから、こんばんは、といって朝ですと言ったと思いますよ。
    ごめんね、わざわざいう事ではないかもしれないね。
    でも、あんまり私と似ていたから、許して・・・

    お母様を亡くされたのですね。
    私も、1年間は、涙腺が緩くなって大変でした。
    でも、時が解決してくれるって本当ですね。
    海外に行かれたお話し、聞かせて下さいね。

  • >>No. 30975

    ないりん、もう12年も経っているのね。
    確かテロがあった後で、地下鉄も止まっていたよね。

    あの旅は、私の旅の中では、フリーで歩いた貴重な旅でした。
    ひとりでロンドンに夜入り、インペリアルカレッジの寮を探し出すのは、
    とてもスリルがあって貴重な経験だったよ。
    翌日にもコッツウォル地方に行ったり、最終日に、ないりんと別れた後は、
    ロンドン塔に行ったりして、しっかりと観光もしたのでした。
    大きなリュックをしょって旅したのも、最初で最後かな?楽しかったなぁ~

    写真ね、ローラ・アシュレイで買ったガラス瓶です。
    ないりんは、カーディガンを買いましたね。

  • ないりん、あのダーツバー(昼はカフェだった)で飲んだビールね、
    凄く美味しかったよね。今でもよく覚えているよ。
    あの日はお天気も良く、色々な所を散策したあとだったから、
    一段と美味しく感じたのかもしれないけれどね。

    是非、病院や教会に行って、お母様を偲びたいと思っています。
    お母様が、ちょっとだけお顔を見せてくれるかもしれませんね。

    ただ、私の恒例冬の旅が1月なので、そちらの方とぶつかり、
    ハッキリと断定できないところがあります。
    ここ最近は、旅仲間との旅行(1月と決まっている)をしています。
    まだ先のことなので、ちょっと様子をみてみますね。
    ただ、1月ロンドンの旅は、優先したいと思っています。

  • ないりん、驚きしかありません。
    お母様がロンドンで亡くなれるなんて・・・・
    失礼な言い方かもしれませんが、ドラマのようでお洒落な終焉だと
    私的には、羨ましいような清々しいような気持ちになりました。

    でも、ないりんにとっては、あまりにも突然で亡くなられた事実を
    受け入れにはとても、とても大変だったでことしょうね。
    現在は、落ち着いているようなので、安心しました。
    誰にも迷惑をかけずに去っていったお母様は、本当に立派だったと思います。

    私の母も、入院してほんの数か月で亡くなりました。78歳でした。
    亡くなってからは、突然意味もなく涙が出てきて、悲しかったですね。
    1年はそんな日々でした。
    ないりんは、とても親孝行だから、私のように後悔の涙はないと思いますが。

    一度、ないりんのお母様に会いたかったですね。それが残念です。
    落ち着いたら、いつか、ないりんといっしょに、ロンドンのお母様が亡くなられた
    絵がたくさん飾ってある病院に行ってみたいですね。

  • 昨日は、ちょっと時間があったので、映画を見ることにしました。
    何を見るかは、いつも行き当たりバッタリ方式。
    今話題のアカデミー賞作品ラララ・ランドのようなミュージカルは興味なしだし、
    邦画やアニメ作品も興味ないから、選んだのは、アサシンクリード。

    チケット売り場に来て、そばの上映作品のポスターを見ていて、
    スペイン・アンダルシアが目についたので、即決しました。
    私の好きなアクションだし、何といってもスペインだしね。

    結果、大正解でした。アクションだからスッキリでした。
    アルハンブラ宮殿がでてきたり、セビリャ大聖堂も出てきたのは儲けものでした。
    アルハンブラ宮殿は、あのライオンの噴水もあったので、本物で撮影かな???
    と思いました。でも、世界遺産で映画撮影が可能かは疑問ですが。

    1月クロアチアの旅では、ドウブロヴニクの市街で映画撮影のための大工事を
    していました。映画の名前はわかりませんが、監督はデカプリオとか言っていました。

    お恥ずかしいことなのですが、この時、秋田の某映画館、お客は、
    私を含めオバサン二人とオジサン一人の計三人だけ。
    私は、ど真ん中の一番良い席で贅沢な映画鑑賞でした。

  • ぶっちいちゃん、凄いです!
    色んな国の方々との交流があるんですね。
    そして、沢山の素敵な思い出があるのでしょうね。

    写真は、サラエボ。
    建物は、修復されてすっかり綺麗な街並みになっていましたが、
    ちょっとだけ、拳銃の穴だらけの家が残されていました。
    この拳銃の穴のある建物は、広範囲にあるので、
    戦争の激しさが思い出されました。

  • 間違いでしたので訂正します。

    セルビアではなく、サラエボでした。

    写真ですが、橋のたもとに置かれていたものです。
    内容は、皆さん、お分かりでしょう・・・

  • 今回の旅・クロアチア・スロベキア・ボスニアヘルツェゴビナ。
    その中で、一番行きたかった所は、セルビア。民族戦争があったところです。
    そして、この写真の橋のある場所に立ってみたかったのです。
    クロアチア・スロベキア・ボスニアヘルツェゴビナの地域は
    クロアチア戦争もあり、多くの難民も出ました。
    これらの、今を見たいと思っていました。
    数年前からTVでのドキュメント番組を見ていましたし、
    新年早々に関口知宏の番組でも放映されていましたので。

    あっ、今のTVで再放送しています。(何という偶然でしょう!)

    私は、政治的なことは何もわかりませんが、戦争だけは嫌です。
    国同士が、いがみ合うのも嫌です。
    とにかく、民族や宗教、貧困国、豊かな国、国によって違いがあります。
    それを尊重し合えばいいのではないでしょうか。
    貧しい国には、豊かな国が手を差し伸べるべきです。
    何故、相手の感情を逆なでするのかなと思います。
    自分の事だけを優先すると、対人関係はギクシャクするのは、当たり前ですよね。

    偉大なアメリカ、アメリカは移民国家。多くの国の人達が築いた国家ですよね。
    トランプさんも、ドイツの移民で、奥さんのスロベキアの移民です。
    長女の旦那さんは、ユダヤ人ですよね。
    私は、移民を多く受け入れる懐の大きなアメリカが好きでした。
    でも、今はアメリカがすっかり分断してしまって、とても残念に思います。

    今回の旅でのクロアチア・スロベキア・ボスニアヘルツェゴビナは、
    戦争があったとは思われないほど、美しい街並みで、優しい人達ばかりでした。

  • ぶっちいちゃん、お久しぶり!
    お元気で何よりです。
    馬ちゃん、可愛いね。ぶっちいちゃんの子供?

    甲斐駒さん、初めまして。
    色々とお話しを聞かせて下さいませ。

  • お久しぶりです。シエナです。
    一昨日に帰国しました。
    東日本に寒波が到来して、条件付きで秋田空港を飛び立ち、
    クロアチアのプリトヴィツェ湖国立公園の湖畔ハイキングでは、
    雪降る中、寒さに震え・・・すっかり風邪を持ち帰って来ました。

    今回の私の冬の旅は、クロアチア・スロベキア・ボスニアヘルツェゴビナの旅でした。
    この中で、私が一番行きたかった所、ボスニアヘルツェゴビナ・モスタルにある
    石の橋・スタリ・モストでした。
    ここは、サラエボ民族戦争があってたくさんの人間ドラマがあった場所です。
    以前、TVのドキュメント番組を見て心揺さぶられた記憶が残っています。

    居なかった間に色々と仕事依頼があり、落ち着いたら、旅のお話をしたいと思います。

  • 明けましておめでとうございます。

    駅伝を見ていたので、挨拶が遅くなりました。
    今年の駅伝は、切ないシーンがなかったのでホッとしました。
    それに、上位だけではなく、下位までの走者をまんべんなく
    放映していて、TV局も変わったなぁ~と感心しました。
    選手の親にしたら、息子が走っている姿って見たいよね。
    順位はどうでもいいからさ。

    駅伝を見るからには、東京も箱根もお天気が良くて
    良かったですね。
    秋田は、小雨のお正月です。雪が少し溶けました。

    みなさん、今年も宜しくお願いいたします。

  • ないりん、登場人物がたくさん出てきて、私の頭の中は混乱しています。
    でも、いろんな国の人達が出てくると、凄く面白い!
    巡礼道の景色も素敵だけれど、巡礼者の生き様も垣間見られて楽しいよ。

    ところで、セコイ話なんだけれど、写真の「うま」、ってあるけれど、
    私の目には、どうしても「うし」にしか見えないんだけどなぁ~
    後方にいる集団は、「うま」らしいけれどね。
    だって、角が2本あるもの・・・  どうでもいいことでした。

  • 電車が止まった時は、わぁ~~どうなるの??と思ったけれど、
    やっぱり、ないりんは、何かを持っているのね。
    結果的には、巡礼宿までの1kmを歩かなくてもよかったのだからね。
    あのお人形は、トールペイントね。
    可愛い!、多分全面だけね、 ここはスペインらしいよね。

本文はここまでです このページの先頭へ