ここから本文です

投稿コメント一覧 (440コメント)

  • 学生時代の同級生のご主人が昆虫が趣味で、お店に入ったところTV局から取材されたそうです。
    家の納戸は昆虫ルームにしていて、専用のクーラーつけっぱなし。電気代は5万以上と紹介されてました。
    私の娘は絶対無理、ジャポニカ学習帳の虫の絵も苦手です。ゴキブリが出たら一斉に
    「お母さん!!!!」
    私が、スリッパで一発で仕留めるんです。
    「うぎゃあ、最強」つぶれたゴキブリの始末も私です。「怖い、怖い。信じられない」と何もしないで叫んだあと
    「お母さんが長生きしてくれないと、ゴキブリ退治してくれる人いないわ。お願い、長生きして」
    まるで現代版「狩りをするエイラ」の私です。

    歌会始、最終審査の時に皇室の方も選んでいるのでは?という感じがします。本人の作品と微妙にあっているような気がするんですが。これは非公開なんで、事実は不明ですが。
    当選確率?を2倍にするため、娘一人にも応募させようとしています。娘が選ばれたら付き添いは私がします。
    大体できたようです。

  • >>No. 26751

    経験豊富なゆうきさんが、アテネで初めてした経験とは?
    何、何ですか?気になります。有名人に会った以上の事でしょうか?

    私もどちらかといえば、珍しい体験する方ですが。家にこもっていてもしています(笑)

  • >>No. 26749

    まだです。高校生の娘と一緒に送付しようと思っているんですが、忙しいみたいで。夏休みになるかもしれません。
    今日は父の日だったので、家族で食事に行きました。好きなものを食べたらいいよ、と言っていたんですが、娘たちの食べたいものに決定しました。周りもお父さんだらけ。支払いは、楽天ポイントを使ったので無料でした。
    エイラ「故郷の岩屋 中」を今から読みます。

  • >>No. 26747

    100万円出せるようなお金持ちだったようですよ。それで中傷会も解散、大人しくなったと思います。
    私は自分で個人情報を集めたんですが、それでもネットから加害者を特定してから、という経路をたどらないとだめなんですって。捜査令状もこの段階では取れないから、本人のパソコンをチェックというわけにいかないんでしょうね。

    ネットって匿名のようでも、人間性が露骨に出るようなところがあって、元文学少女の私には面白い部分もありますよ。普通に生活していたら、みな仮面かぶっているでしょう。でもそれは、宮本輝さんの小説みたいに、高度な読み物で楽しみたいですよね。

    故郷の岩屋、今読んでいるところは「田舎の大家族に嫁いだ嫁」みたいな感じになってきて、読むスピードが落ちているんです。それで並行して読んでいる本が「家事のし過ぎが日本を滅ぼす」です。ね、関連あるでしょう。
    私もかなり家事をする方なのに、主人にもっともっとと要求されたことあります。
    だらしない人は「してくれたら嬉しい」と思われるのに対して、かなりやる人は「足りない部分をチェックされる」傾向があるからです。
    まるで羽生君が、満点近い演技をしたのにも関わらず「ここを直せば満点が取れた、彼はやれる」とスケートをしたこともないような部外者に、いらないチェックをされるようなものです。
    「お前がやれ!!!」ですよね。

  • >>No. 131

    こちらこそ、どうもありがとうございました。
    文章を書くのに自信を無くしていたこともあって、サザンウインドさんの言葉に、かなり元気を頂きました。
    私はネットということも考えて、なるべく詳しい説明をしてから意見を出すようにしていたんですが、荒らしと非難された事がありました。誠実と言ってくださったサザンウインドさんとは180°違う評価です。
    ひとりが言うと集団が影響されて、収拾がつかないことがあります。
    集団の意見を聞くと、もう読解力がなく、刺激的な単語に対しての非難で、目的が相手の攻撃だったりします。
    私は誤解される言い回しで説明しないといけないときは、かなり気を使った長文の説明になります。文章が読めない人が多ければ無駄な努力です。閉塞感をもった社会も関係しているようです。何をやっても無駄で、将来よくなる見込みがなければ、自暴自棄になるか相手を攻撃するかになるでしょう。

    思考停止の原因に、社会全体のシステムが複雑化しているとの意見が新鮮でした。銀行に行けば窓口の業務が細分化していて、その人でないとわからないと言われ長く待たされたことがあります。個人情報、顧客保護のたてまえと共に顧客の書類も膨大に増えており、わけがわからない状態。先方のいうがまま印鑑を数か所押すことになります。
    私もここで意見を言いたいのですが、守秘義務にひっかかるので無難な事しか言えず歯がゆいです。
    書ける範囲で、小分けにして意見を出しますね。

    ここは公務員に対する疑問を書くスレッドですが、女性の場合男性と平等に働こうと思えば、公務員を選ぶ人が多数です。高校に通う娘は大学に行く意味がわからない、早く社会に出たいといい就職を希望しているんですが、進学率100%の高校故、民間企業に行く体制も整っておらず、高卒枠の公務員試験を受けるしか選択肢がありません。18歳の子が何もわからず入った社会なら、そこの常識が当たり前になってくるんだろうなと思います。

  • エイラは、訳が変わって情景描写中心になったので、面白みが減ったようです。口コミにもそう書いている人多数でした。
    私は他の本と並行して読んでます。
    だから進まないんです。
    宮本輝さん流転の海、読んだかも。
    どこまで読んだか不明です。

  • アキさん、ハワイ旅行案内所にこんなエピソードもいれてしまって、ごめんなさい。でも彼はマスコミの仕事をしていたから、こういった記事も彼なりの意見を出してくれるわね。何と言われるか想像しています。
    悪い奴ほどよく眠る、といいます。悪い奴ほどすばらしい意見を書いてきますね。(明らかに仕事中と思われる時間に)会社で仕事せず、氷河期入社以降の若い社員に口だけ偉そうなことを言っていて、嫌われている姿が目に浮かびます。

    私に取りついたストーカーは、癖のある文章を書くので(私は素人文芸作品の審査をすることがあり、文章に関してはセミプロかも?)多分ほとんどの方もわかるかも。今別名で、癖がある矛盾した文章を書いていますよ。あんまりにも正義感丸出しで笑えるんだけど、誰もが見られる状態で本人を特定するのは一応やめときますね。
    一部抜き出しますよ。笑えます。
    みんなが楽しくやっているところで、即ハン(名前を変えて)で人が嫌がることをいうのはやめてほしい。堂々と自分の本来の名前で投稿してほしい。そうしたらみんなの役に立つ意見をいうようになるだろう。即ハンを作るのは手間がかかるし、切り替えも大変だと思う。君を気の毒だと思うよ。(少し文を変えました。)
    最後は自らの実感が出ていますね。
    もし私のこの文章を読んで、その人がクレームをつけたら白状したようなものです。別人なら、まずここを読んでいないでしょうからね。

  • >>No. 26742

    心配かけてごめんなさい。ネットで過激な中傷をする人は、逮捕されてみると社会で適応不能でろくろくしゃべることすら出来なかった、と弁護士が語っていた番組を見たことがあります。別人格になる快感をネットで実現しているのかもしれません。
    青ポチ20以上つくとコメントが青くなるんです。もう59歳だから、青くするぐらいの体力はないみたい…(笑)以前はされたんだけど。仕事しながらもスマホでチェックしているようです。若い世代が仕事なくて、派遣で切られたくなくて一生懸命仕事しているというのに。
    私と話している相手が、気に入らないようです(私が彼を無視するから)。アキさんも青くされていました。北海道の海外旅行の写真付きのコメントです。
    中傷した相手を訴えるのに、そういう専門の弁護士を見つけて(数も少ない)着手費用が100万かかるそうです。だから普通はあきらめたり、名前を変えて被害を防いだりしかできません。だから加害者はやりたい放題。

    その人とネット仲間だった人がもっと過激で、訴えるという人がいました。裏メールで詳しい事を聞いています。
    まとめて訴えれば?というと一人当たり100万の費用がかかるから、親分を訴えると言われてました。
    私を中傷した人の個人情報はわかる部分がある、というと「その前にネットから個人を特定して、着手費用が一人に付き100万、集団なら数百万」だそうです。
    結論を言えば、親分は以前ほど中傷することができなくなっていて、個人のトピを作り、独り言を言っている状態(笑)子分たちは名前を変えて行方不明、一人は私を追い掛け回すのが生きがいとなっています。

  • >>No. 26739

    ターゲットは私です。2015年からずっとされているのよ。私の事ババアって中傷したから相手にしなかったら、名前をいくつも変えて話しかけてくるんですよ。でも彼の文章は特徴あって、すぐわかります。
    私は気付かなかったんですが、「アキさんと年賀状のやり取りをしていましたが、今年は来なかった。どうしたのかな?」とわざとらしい投稿があったらしいんです。
    私が書き込んだところは、怪しい投稿が必ずあって、そう思わないをずっと押されていますね。
    藍さんも意地悪されてしまったみたいです。ごめんなさい。
    陰湿というより、どちらかと言えば単純な人です。普通はばからしくなってやめるんだけど、何だかこれが生きがいのようで、好きにしてくれ、という感じ。naoで検索をかけて調べているようで、別名にしたら大丈夫です。
    もしここで気になるようでしたら、私が書くの控えます。大した事書いてないし。

  • >>No. 26733

    本当に。マスコミはどうでもいい事ばかり報道していて、思考力の衰えた人を喜ばせます。
    陰で藍さんのいうような事がなかったことにされていたり、日本を脅かす労働法案が次々と成立していました。
    最近私は婦人系の検査のため産婦人科にいったのですが、妊婦さんの数が激減していました。ものすごいスピードで少子化は進んでいます。そういったわけで子供を育てられない若い世代の比率も相対的に増えてきていて、残酷な幼児虐待も問題になっています。
    子供世代は、子供を産むと自分が食べていけない、とりあえず自分が生きることを考えると言ってます。貧困家族は笑い話で済まなくなっているようです。

  • >>No. 26734

    私はまだ映画を見ていないのですが、推測すると、きっと無言のメッセージなのでは?
    バブル期の日本では、若い女性を中心に海外で現地の人が嫌がるようなことをしてました。普通の市民が入れないブランド店がバーゲン会場状態で、店の雰囲気を壊していました。
    日本の一企業が、アメリカの象徴を膨れ上がったキャッシュで買いあげました。
    被害を受けた方は、いつまでも忘れていないと思います。万引き家族は日本の貧困をテーマにしており、万引きをしないと生活できない日本人の没落ぶりを評価されたんだと思います。
    ユダヤ人映画監督が、執拗に自分たちに攻撃をしかける人物、生物を登場させて、最後に自分たちが勝利するという映画をたくさん作ったのも、無言のメッセージと言われていました。私もこれらの作品、どこがよかったのかいまだにわかりません。解説されると納得しました。

  • 理不尽なこと。原因を作り出している人が痛みもなく、代表として敬意を払われる立場。饗宴でプライドを保った後は、変わらぬ姿勢で自国で同じことを繰り返すのは明らかです。調印は彼にとっては子供の落書きのようなもの。
    未開地の原住民代表に、何を期待しても無理なような気がします。

    理不尽と言えば、水俣病の作品を書き上げた、最近亡くなられた石牟礼道子さんに注目しています。彼女の作品はまだ読んだことがなかったんです。
    エイラ、訳が変わり読むスピードが落ちてきました。

  • (続く)という批判をされました。そのまま日本語に通訳したら、立派な指導者だと思われてしまう可能性があるから、あえて真意をわかりやすくするために言葉を変えたそうです。

  • ニュース聞いてても感じるんだけど、何だか日本人が幼くなっているような。
    お笑い芸人程度の内容でないと、話が通じないような感じです。

    私が読んだイシグロ氏の作品は、訳者がかなり苦労したようです。肯定文で書いていてそのまま訳しても否定文の意味で、文章全体の意味が変わってしまった。だから真意を描き出すのに苦労した。全体のテーマは虚無感、孤独、表面的な同調etc、それは何とか感じ取れましたが、表現すると難しいようですね。

    私は今の時代に、直訳は厳しいと思っています。ほとんどの人は、書いてある言葉通りにしか解釈できなくて、深い意味が理解できない。知的な人でも単純だったりします(特に理系の人)
    だから意訳でもいいから、わかりやすい内容で表現することが大事だと思います。

    かなり昔の話ですが、アメリカのジャーナリストが中近東の独裁者を批判した時のスピーチです。
    「○○は、○○国の代表としての資質、民衆の絶大なる支持という点を除いたら、素晴らしい指導者である」
    日本人の気の利いた通訳が、○○は軍服だけ立派だ、訳したところ「原文とまるで違う訳をいている。本当に通訳か?」

  • 新訳の方は原文に忠実な感じです。旧訳の方は、日本人が馴染みやすい単語に置き換えて、原文以上の作品に仕上げていました。例えばエイラの馬を旧訳はヒンニー(馬はヒヒーンと鳴くから)新訳はウィニー(エイラは過酷な運命に勝ったわよ、を言外に含ませている?)でした。
    平原の旅、大陸をかけるエイラは内容はほぼ一緒でした。平原の旅を読まないと、故郷の岩屋に進めないというわけではありませんが、私は旧訳の繊細な訳がいいと思います。

    例えていえば、源氏物語の現訳はたくさん出ていますが、瀬戸内寂聴さんの訳でないと挫折する人が多いのではないか?というところです。源氏物語は、登場人物の名前、役職が頻繁に変わっていくので、同一人物は誰かという配慮がないと、わけがわからなくなってしまうんですよね。
    言えるのは、アウルさんという作者は正確さに厳しい人だったようです。

  • >>No. 26713

    出産が困難は、記憶にありません。私は10年以上前に読んでいたので、もっと記憶が怪しいです。
    エイラのアイテム(?)が虎穴ライオンなんで、それ以上に強いものを持っている男性相手でないと、妊娠しないというくだりはありましたね。犀を持っている男性に無理やりという感じで、妊娠しました。
    犀はライオンより強いかもしれない、と書いてあったような。
    エイラが男の子を出産した時、首がすわらなくてグラグラで(首が安定するのは生後2,3か月)ネアンデルタール人から、この子は障害を持っている、長く生きられない、と責められたけどエイラは必死に息子を守り抜く、というシーンは覚えています。(私もその時子供が小さかったんで、情景が重なりました)
    ネアンデルタール人は首が短く、頭が生まれつき固定されていたようです。

    今違う人の訳で読んでいます。表紙裏に作者の言葉で「日本で改めて原文に忠実な訳を出版してもらい、うれしく思っています」読み始めると、かなり平凡な訳でした。名訳なのにトラブルがあったんですね。意訳すぎたんでしょう。
    でも最初の作品でなければ、ここまで読んでいなかったと思います。

  • >>No. 26710

    頼るからダメですよ。私の母はでしゃばりで、自分の作品を無理やり押し付けてました。私は一生懸命読みました、で始まる悪趣味な感想文。
    必ず一生懸命しています、頑張っています。のフレーズが入ります。
    娘と逆バージョンです。

    イシグロ氏の作品、賛否両論のあまり評判のよくない作品でした。本人は大きな賞を取ったから、好きな作品を書いたそうですが。残念。

  • 充たされざる者(The Unconsoled) 9割読破しましたが、全然面白くありません。
    普段言いたいことも言えず、抑圧されている人が一気にしゃっべったらこんな感じ?みたいな内容でした。
    強引に感想文を書けと言われたら、それらしいものを書く自信はあるけど。まず日本人には受けない内容だと思いました。残りの1割で何かどんでん返しがあるのかしら?

    エイラシリーズ3冊借りてきました。念のため The Plains of Passage 大陸をかけるエイラ 改め 平原の旅(下)
    故郷の岩屋(上・中)訳がかなり違うそうです。

  • >>No. 26705

    ネアンデルタール人は、当時こんな風景の中で生活していたのではないか?とわかりやすくGCで説明していました。
    改めてジーン・アウルさんの取材、文章力に敬意を抱きました。

本文はここまでです このページの先頭へ