ここから本文です

投稿コメント一覧 (462コメント)

  • >>No. 33895

    成瀬は実績のある投手ですから、ここ数年の不調の原因が何なのかが解れば二桁の勝利も可能でしょう。最近はスポーツ科学がかなり進歩しているので、大学等に解析を依頼しても良いのではと思います。
    今はスポーツも科学です。医学も運動もある筑波大学や順天堂大学等と提携するのは如何ですかね。大学としても研究材料を得られるのでメリットはあると思います。
    そうすれば、双方に利点があり、少なくともヤ戦病院を廃止できるのではと思います。貧乏球団だから無理かな。

  • >>No. 33867

    まあ、首にさえならなければ3億円貰えるんですからゴマすりくらいはやるでしょう。

    大体、球団が3億円を提示した時点で球団はバレンティンに見下されて(馬鹿にされて)いるんですよ。

    球団首脳も脳みそがたるんでいる証拠です。

  • >>No. 6838

    みんなバレンティンの悪い影響を受けないことを祈る!

  • 今年もバレンティン次第なんですかね。昨年の二の舞になる予感がします。

  • >>No. 33861

    バレンティンは勝負どころでは本当に脆い印象が強いです。それにあのチンタラプレーはチームに悪影響しかありません。特に投手には。
    昨年は拙守も目立っていました。まずは守り重視です。いくら打っても外野手の場合は人並みの守備力を要求すべきと思います。なければ代打でしか価値はありません。
    スワローズには若手に有望な外野手がいないのが問題です。ドラフトに問題があるのか育成に問題があるのか。

  • >>No. 33859

    バレンティンは要らない。足と守備で山崎が良いと思います。遊撃は守備力で宮本が良いのでは。

    若手の外野手の育成・獲得は待ったなしの課題ですね。とにかく外野手で守備が下手なのは命取りになる。

  •  今年は投手陣崩壊ということはないでしょう。防御率は4点以内に抑えると思います。ただし、エースとして働く中心の投手が作れればです。このところエースが不在なのが成績低迷の原因の一つです。防御率3点以内に抑える投手がエースの資格条件です。

     ただ、今年も貧弱打線からは抜け出せないと思います。川端、畠山は先行き不明ですし、大引はもう昨年以上の成績は期待できないでしょう。打線の中心は1塁手、3塁手、外野手ですが、外野手は高齢化が甚だしい現状で若手は山崎くらいしかいません。若手で強打・強肩・俊足という選手は皆無という現状は直視すべき穴です。昨年のドラフトでは横浜の増田を獲ってほしいなと思いましたが駄目でした。ことしは将来の中軸を打つ野手を獲得するのでしょうか。
    今年も極貧打線で投手陣を見殺しにし、投手陣のモチベーションを失わせる恐れがないとは言えないでしょう。救いは青木が戻ったことで、宮本コーチとともにチームの雰囲気を変えてくれることぐらいでしょう。

  • 村中には毎年期待していますが、今年駄目ならジ・エンドですね。

  • >>No. 23748

    ミーティングさん、よろしくお願いします。

    バレンティンの問題は目に見えることだけではなく、心理的な面も方が大きいと感じています。プレーに対する真摯さが感じられず、精神的にもかなりだらけ切っているというか、この程度でも3億円以上稼げると甘くみているのか、この雰囲気がチーム全体のモチベーションを下げていると思うのです。チームには「闘将」といえる選手はいなくて、みんな大人しくて明るい選手ばかりです。こうなるとチームは緩んでしまいます。真中監督もおそらく優しい人柄だったのでしょう。この緩みを正すことはできませんでした。

    だから2018年のシーズンは使わないだけでなくベンチにも入れず、ファームに置くべきです。お仕置きですね。これで心を入れ替えない限りシーズン途中でも解雇すべきでしょう。それでもバレンティンはなんとも思わないでしょうけど。

    バレンティンを使うくらいならどんどん若手にチャンスを与えて欲しいですね。その方がチームに活気が出てくると思うのです。

  • >>No. 23745

    外野手には若手の3拍子揃った選手が必要ですね。現状では誰もいません。外野手の役目は打つことですから打撃が第一。守備は平均以上。足があれば更に善し。バレンティンは打撃は粗さが酷い。守備と足は中学生並。プロの外野手としては失格です。代打で1発逆転の場面でしか使い道はないでしょう。スターティングメンバーに使うようなら打線は細切れ状態。守備は滅茶苦茶で投手の心理を攪乱し無駄な失点を重ねる。昨シーズンの繰り返しになることは目に見えています。思い切って廣岡か渡辺を外野にコンバートしてはどうですかね。
    雄平はファーストにコンバートし、外野は青木、坂口、山崎とすべきでしょう。山崎は昨年何かを掴みかけたと思うので是非先発として使って欲しいですね。

    ショートは新人の宮本に期待しています。守備力では大引や西浦を上回るでしょう。源田や京田の再来になって欲しいです。シーズン当初から使い続けて欲しいものです。

    投手陣は原と星に期待していますが、寺嶋も後半には出てきて欲しいですね。毎年期待している村中には本人も希望している先発のチャンスを与えて欲しいし、石山にも大いに期待しています。大下にも頑張れ!金久保が意外と・・・。

    山田は今年が勝負ですね。「メッキが剥がれた」と言わせないほどの活躍を期待します。

    小川監督にはベテランに拘った真中監督とは異なり若手登用にも勇気をもって挑んで欲しいですね。

    頑張れスワローズ!

  • 成瀬も石川も老けるにはまだ早い。スタミナはなくなっても筋力は鍛えればそれほど落ちない。要は気持ちの持ち方次第。二人とも完投は無理でも5回までなら十分投げられるはず。今年は背水の陣で頑張れ!

  • お久しぶりです。
    昨年のドラフトは宮本を指名できたことで自分としては合格点を付けたいです。

    ただ、やはり強いチームになるにはやはり絶対的なエースが必要です。寺嶋に期待していますが、あと数年はかかるでしょう。他にエース候補が見当たらないので、2018年のドラフトでエースとなれる選手を指名する必要があります。
    今年のドラフト候補でエースとなれる素材がいれば競合を恐れずに指名して欲しいです。菅野クラスは滅多に出ませんから、少しでも菅野クラスに近づける可能性のある高校生を指名して大事に育てて欲しいものです。スカウトの眼力に期待したいですね。体が大きくて高校で145㎞を出せれば可能性はあります。

    野手も高齢化とセンターラインが固定できないのは弱小チームの表れだし、極貧打線の解消も?拙守の連続と怠慢プレーも目立つし、無気力の象徴のバレンティンを高額の年俸で残したのも?
    今のところ希望の光は見えていない状況で、再び最下位独走の惨めなシーズンになる可能性が高く、アマチュアレベルと揶揄されることもあるだろうと思ってしまう。

    ただ、唯一の希望は宮本が緩んだチームを鍛え直してくれることで、すくなくとも怠慢プレー、無気力プレーをなくしてくれれば、最下位独走だけは免れると思います。本当に宮本が希望の星です。野村さんも宮本の監督としての才能を認めていましたね。数年後には監督になることを期待します。

    それと、スワローズのドラフトは華を感じません。メディアに取り上げられることも殆どない。これはファンとしては寂しい限りです。球団広報はもっとメディアに話題を売り込んで欲しいですね。待つのではなく自分から動く。それが営業だと思うのですが。

  • >>No. 23720

    少なくとも育成で残すべきだったと思います。ほとんどチャンスを与えていないのだから。

    私事ですが最近パソコンが非常に遅い。原因はWindows updateの更新プログラムのダウンロードです。状態を見ると最新の状態なのに再び同じプログラムをダウンロードしようとしているのです。5GBのプログラムなので契約データ量を超えてしまうのでパソコンの動作が遅くなってしまっているようです。なので、なかなか皆さんの投稿を拝見できない日々が続いています。近々何とか対策を講じて皆さんの輪に加わりたいと思っていますのでよろしく。

  • >>No. 6517

    バレンティンは要らないです。チームが緩んでしまいます。外野の少なくとも一角は若手を登用すべきと思います。

    バレンティンは走れない・守れない・打てない(チャンスに)の3拍子揃った駄目選手です。1秒でも早く解雇すべきと思います。60本打てたのは幻です。いつまでも幻を追いかけていてはダメ。

  • >>No. 23705

    腰痛は難しいですね。やっぱり村田は獲っておいた方が良いと思います。村田なら山田にも刺激を与えられると思います。畠山はあのぶよぶよ体型からしてもう無理な気がします。村田と同じような体型ですが畠山は贅肉だけでしょうね。

    できれば、戦力に余力のあるホークスから投手でも野手でも分けてもらえないですかね。坂口以外のボジションは空いているのでどんな選手でも欲しいですね。宮本さんが若手を鍛えて一人前にしていただくのが最善なんですが、小川監督が目の前の勝利に拘ってベテランばかり優遇するようなら来季以降も暗いシーズンになってしまいます。最下位独走みたいな醜態は二度と見たくないですね。

  • >>No. 6536

    村中はずっと期待していたのですがやっぱり駄目なんですかね。残念です。

  • >>No. 6522

    どこかでハムとのトレードに荒木の名前が出ていたような気がします。本当かもしれませんよ。

    オリックスを戦力外になった八木を呼び戻すのも一案かと思います。左腕不在だしコーチも代わったので良い方向に変わるかもしれません。

  • >>No. 24

    ドラフトをやめるのではなく、スワローズはスカウトを廃止し各種メディア等の評価に基づいて指名した方が良いのかもしれません。週刊ベースボールでも「大社の投手は実績が少ない・全体に小粒な印象」とセ・リーグ最低の評価でした。
    今季は投手成績もリーグ最低であったのに、ドラフト前には高評価だった石田や柏原を指名しなかった。これは竹下・中澤・寺田等の失敗に懲りて社会人は避けたのかと思うが、それにしては無名の大下を2位で指名している。日立の鈴木も指名できたのに無名の大下を指名。まさかたまたま観戦した試合で好投したからという訳ではないと思うが、相手もアマチュアであることを考慮し、投球内容(結果)ではなく、投げている球がプロレベルにあるか否かを見極めるのがプロのスカウトであると思うのですが、スワローズのスカウトは大丈夫なのでしょうか。スワローズのスカウトの眼力のなさは証明済なので心配です。

  • >>No. 23700

    浅間は歓迎です。どこまで信憑性があるのですかね。見返りには原・星を差し出す可能性もあります。この球団の構想力には疑問符がくっついて離れません。そのうち山田と中田翔の交換もあるかもですね。山田と杉浦の交換だったら笑えます。

  • たしかに投手の整備が野球の基本ですね。そうすると現在のスワローズにはエースが不在です。第二エースもいません。絶望的な状況であることが良く分かります。これはドラフトの失敗が原因なのか育てられないコーチの責任なのか分かりませんが、もう一つ投手を育てるのは野手でもあると思うのです。打たれても野手が取り返す。これで投手は思い切った投球ができ成長できると思います。それがここ2年は極貧打線になっています。そのためここ数年に入団した投手は成長するための条件が欠けていたと思うのです。田中将大はその典型でいくら打たれても負け投手にならず大きく成長できました。
    重要な投手の整備ですが、いかんせん故障が多すぎです。何か問題があると思うのですが球団として原因を究明しているとは思えません。何も動いていませんから。今回投手コーチを伊藤さんから田畑さんに代えたのが唯一の動きでしょうか。練習環境が改善された気配もありません。
    真中さんの1年目はベテランが最後に同時に光った偶然がもたらしたものです。球団の劣化は小川さんの時代に始まっていたのだと思います。

    それにしても数値化して分析するとはすごいですね。山田の不調の分析も驚きです。球団も参考にすべきと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ