ここから本文です

投稿コメント一覧 (3804コメント)

  • 2月21日は何があった日?

    1911年 (明治44年)ー
    改正日米通商航海条約調印。不平等条約を撤廃し関税自主権を確立


    関税自主権(かんぜいじしゅけん)とは、関税を自由に決められる権利。


    意味
    国産品より輸入品の価格が安い場合、値段差分の関税をかけて、輸入品を国産品と同じ値段にする。

    安い物品は消費者には好ましいのだが、安い輸入品に押されて国産品が売れないと国内産業は廃れてしまう。

    外国からの輸入が国際情勢で停まった場合、食品であれば国民は飢えてしまう。
    こういうことを見越して、輸入品に関税をかけて国産品との値段差をなくし、国内産業の存続を図るのである。

    (ウィキペディア)
    グラン

  • 2月21日の誕生花と花言葉

    誕生花は・・・ディモルフォセカ
     別名は・・・ケープマーガレット

    花言葉は・・・すこやかな人

    花の画像はこちら↓
    http://hanaya87.com/library/book/february21
    以上、「花の図書館」さんから。


    南アフリカ原産
    アフリカキンセンカ、の和名がある。

    グラン

  • 2月20日は何があった日?

    1923年 - 東京駅前に丸の内ビルヂングが竣工。

     丸の内ビルディング(まるのうちビルディング)は、東京駅にほど近い東京都千代田区丸の内二丁目に所在する、三菱地所保有のオフィスビル。

    通称丸ビル。

    大阪駅前にもマルビルというビルがあることが知られているが、これは建物の形が円筒形であることから来ており、両者の関連性はない。


    (ウィキペディア)
    グラン

  • 2月20日の誕生花と花言葉

    誕生花は・・・チューリップ

    花言葉は・・・恋の告白、真面目な愛、

    花の画像はこちら↓
    http://www.hana300.com/tulip0.html
    以上、「季節の花300」さんから。


    チューリップは16世紀にトルコからヨーロッパに渡りました。
    なかでもオランダが栽培に熱心で、チューリップ王国と呼ばれています。

    グラン

  • 2月19日は何があった日?

    1942年 - アメリカで日系人の強制収容:
        
    第二次世界大戦で
    フランクリン・ルーズベルト米大統領が敵性外国人の強制収容を可能とする
    大統領令9066号に署名。


    この大統領令は、日系人の強制収容につながった。

    戦争中、約12万人の日系人が強制収容所に収容された。

    彼らのうち、62%が二世あるいは三世(いずれも合衆国の市民権を持つ)
    であり、残りは一世(在住外国人としての移民)だった。

    (ウィキペディア)
    グラン

  • 2月19日の誕生花と花言葉

    誕生花は・・・木瓜 (ぼけ)

    花言葉は・・・指導者、先駆者

    花の画像はこちら↓
    http://www.hana300.com/boke00.html
    以上、「季節の花300」さんから。


    ボケの実は黄色く熟したものを果実酒やジャムにすると
    美味しい。


    グラン

  • 2月18日は何があった日?

    1938年 - 石川達三著の南京従軍記『生きてゐる兵隊』を掲載した雑誌『中央公論』3月号が発禁処分。石川と編輯者雨宮庸蔵・発行人牧野武夫を検挙。


    『生きている兵隊』(いきているへいたい)は、中国戦線に取材した石川達三の小説であり、作者自身の中公文庫『前記』によると、「この稿は実戦の忠実な記録ではなく、作者はかなり自由な創作を試みたものである」という。
    しかし、「あるがままの戦争の姿を知らせる」(初版自序)ともしており、モデルとなった第16師団33連隊の進軍の日程、あるいは、描写が歴史事実と一致する個所も少なくない。1938年発表。

    石川は、南京陥落(1937年12月12日)直後に中央公論社特派員として中国大陸に赴き、1938年1月に上海に上陸、鉄道で南京入りした。

    南京事件に関与したといわれる第16師団33連隊に取材し、その結果著されたのがこの小説である。

    執筆者石川、編集者、発行者の3者は新聞紙法第41条(安寧秩序紊乱)の容疑で起訴され、石川は禁固4か月、執行猶予3年の判決を受けた。

    この著作が完全版として日の目を見るようになったのは第二次世界大戦敗戦後の1945年12月である。
    (ウィキペディア)
    グラン

  • 2月18日の誕生花と花言葉

    誕生花は・・・アルストロメリア
     和名は・・・百合水仙(ゆりずいせん)

    花言葉は・・・華奢、やわらかな気配り、幸い

    花の画像はこちら↓
    http://www.hana300.com/arusto.html
    以上、「季節の花300」さんから。


    花色は白、オレンジ、ピンク、赤などカラフルで花びらには
    条斑(じょうはん)というすじ状の模様がはいるのが特徴。
    茎はやや太めでまっすぐ立ち上がるので切花に最適です。

    グラン

  • 2月16日は何があった日?

    1945年 - 第二次世界大戦・日本本土空襲:
          米軍機1200機が関東各地を攻撃。
          以降、空襲が激化する。

    (ウィキペディア)
    グラン

  • 2月16日の誕生花と花言葉

    誕生花は・・・桜草(さくらそう)

    花言葉は・・・長続きする愛情

    花の画像はこちら↓
    http://www.hana300.com/sakuso.html
    以上、「季節の花300」さんから。


    埼玉県さいたま市桜区の「田島ヶ原サクラソウ自生地」は国の特別天然記念物に指定されている貴重な群落である(「桜区」も桜ではなく桜草に因んで命名されたと言われる)。
    (ウィキペディア)
    グラン

  • 2月15日は何があった日?

    1883年 - 渋沢栄一らが日本初の電力会社・東京電燈を設立。

    東京電燈株式会社(とうきょうでんとう)は、かつて存在した企業の一つ。日本初の電力会社である。

    1886年(明治19年)7月5日に企業活動を開始し、1887年(明治20年)11月には東京の日本橋茅場町から電気の送電を開始する。
    この年の末には、火力発電所を東京5箇所に設置する工事を始め、直流送電を行った。

    しかし、旺盛な電力需要の高まりに交流送電への転換を余儀なくされ
    1893年(明治26年)には200kWの国産大出力交流発電機を備えた浅草火力発電所の建設を開始。3年後に完成させた。

    この時、浅草発電所において東京電燈はドイツのAEG製交流発電機も併せて購入使用したが、これは交流50Hzによる電気を供給するものであった。

    これに先立ち関西の大阪電燈がアメリカゼネラル・エレクトリック製の交流60Hz供給発電機を採用したが、これが現在まで続く日本の東西で商用電源周波数が異なる原因となっている。

    (ウィキペディア)
    グラン

  • 2月15日の誕生花と花言葉

    誕生花は・・・スイートピー
     別名は・・・麝香連理草 (じゃこうれんりそう)

    花言葉は・・・繊細、優美、デリケートな喜び

    花の画像はこちら↓
    http://www.hana300.com/suitop1.html
    以上、「季節の花300」さんから。


    有毒植物。
    ジャコウエンドウ(麝香豌豆)やカオリエンドウ(香豌豆)の名もある。
    地中海沿岸原産で中世までは雑草扱いされていた。

    (ウィキペディア)
    グラン

  • 2月14日は何があった日?

    1945年 - 第二次世界大戦:
    近衛文麿が昭和天皇に米英との講和を唱える上奏を行う。(近衛上奏文)


    近衛上奏文(このえじょうそうぶん)は、太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)2月14日に、近衛文麿が昭和天皇に対して出した上奏文。

    近衛は昭和天皇に対して、「敗戦は遺憾ながら最早必至なりと存候」で始まる「近衛上奏文」を奏上し、英米の世論は天皇制廃止にまでは至っていないとの情勢判断の下、いわゆる「国体護持」には敗戦それ自体よりも敗戦の混乱に伴う共産革命を恐れるべきであるとの問題意識を示した。

    また、この戦争は軍内の革新派の一味による陰謀だと主張し、和平の妨害、敗戦に伴う共産主義革命を防ぐために、この一味を粛清し軍部を立て直すべきだと主張した。

    そのためには軍の人事を行う必要があったが、昭和天皇は「もう一度、戦果を挙げてからでないとなかなか話は難しいと思う」と答え、近衛の提案は実行されなかった。

    上奏の前、近衛は書き上げた「近衛上奏文」を持って吉田茂邸を訪れた。吉田もこれに共感し、牧野伸顕にも見せるために写しをとったが、吉田邸の女中とその親類を名乗る書生はスパイであり、写しが憲兵側に漏れたために吉田は拘引され、その他近衛周辺の人物も次々と、近衛を取り締まる布石も兼ねて取調べを受けることとなる。2人のスパイは、吉田拘引後は近衛邸の床下に入り盗聴を行っていたという。

    (ウィキペディア)
    グラン

  • 2月14日の誕生花と花言葉

    誕生花は・・・薮椿 (やぶつばき)
     別名は・・・山椿(やまつばき)

    花言葉は・・・贅沢、おしゃれ、至上の愛らしさ、
           謙遜の美徳

    花の画像はこちら↓
    http://www.hana300.com/yabutu.html
    以上、「季節の花300」さんから。


    学名Camellia japonicaであり、日本原産の常緑樹。
    野生種の標準和名はヤブツバキ。

    花が美しく利用価値も高いので万葉集の頃からよく知られた。
    特に近世に茶花として好まれ多くの園芸品種が作られた。
    美術や音楽の作品にもしばしば取り上げられている。
    (ウィキペディア)
    グラン

  • 2月13日は何があった日?

    1875年 - 「平民苗字必称義務令」布告。平民に苗字を名乗ることを義務付け

    平民苗字必称義務令(へいみんみょうじひっしょうぎむれい)は、太政官布告である。
    1875年(明治8年)2月13日、明治政府が出した布告。
    すべての国民に苗字(名字・姓)を名乗ることを義務付けたもの。

    このため、2月13日を「苗字制定記念日」という。9月19日は「苗字の日」とされ、「平民苗字許可令」が出された日である。

    江戸時代まで、日本において公的に苗字を使えるのは貴族及び武士、そして庄屋や名主などの一部有力庶民に限られていた(特例あり)。

    1870年(明治3年)9月19日の「平民苗字許可令」により、一般の「平民」も苗字を持つことが認められたが当時の国民(平民)はあえて苗字を名乗ろうとはしなかった為、1875年(明治8年)に苗字必称義務令を出したもの。

    (ウィキペディア)
    グラン

  • 2月13日の誕生花と花言葉

    誕生花は・・・フリージア
     別名は・・・浅黄水仙(あさぎずいせん)

    花言葉は・・・期待、感受性、純潔、あこがれ

    花の画像はこちら ↓
    http://www.hana300.com/furiji1.html

    以上、「季節の花300」さんから。

    甘い香がある花だが、中でも白の香が高い。

    グラン

  • 2月11日は何があった日?

    1970年 -
    東京大学宇宙航空研究所が5回目の打ち上げで人工衛星「おおすみ」の打ち上げに成功。
    日本初の人工衛星。


    おおすみは、1970年2月11日に東京大学宇宙航空研究所(後の宇宙科学研究所)が鹿児島宇宙空間観測所からL-4Sロケット5号機により打ち上げた日本最初の人工衛星である。
    名称は打ち上げ基地があった大隅半島に由来する。

    現況状態:運用終了

    通信途絶日 1970年2月12日
    消滅日時   2003年8月2日

    日本はソビエト連邦(当時)、アメリカ合衆国、フランスについで世界で4番目の人工衛星打上げ国となった。
    また、その2ヵ月後に中華人民共和国は東方紅1号の打ち上げに成功している。

    なお中国を含め、他国は弾道ミサイル開発の副産物として人工衛星打ち上げ技術を習得したが、日本は大学の付属研究所が純粋な民生技術として研究を行い、非軍事目的での人工衛星開発に成功したという点で、国際的に特異性を持っている。
    (ウィキペディア)
    グラン

  • 2月11日の誕生花と花言葉

    誕生花は・・・プリムラ・オブコニカ

    花言葉は・・・青春の美しさ

    花の画像はこちら↓ (オブコニカは下のほうにあり)
    http://www.hana300.com/purimu2.html
    以上、「季節の花300」さんから。


    オブコニカは葉の表面からプミリンというアルカロイドを分泌し、
    人によってはかぶれることがある。
    特に、葉裏に生えている毛に触れると症状が出やすい。
    「ヤサシイエンゲイ」さんから。


    グラン

  • 2月6日は何があった日?

    1904年 - 日本政府がロシアに国交断絶を通告。
           10日に宣戦布告。(日露戦争勃発)


    日露戦争
    1904年(明治37年)2月8日 - 1905年(明治38年)9月5日)
    大日本帝国とロシア帝国との間で朝鮮半島とロシア主権下の満洲南部を
    主戦場として発生した戦争である。

    両国はアメリカ合衆国の仲介の下で終戦交渉に臨み、
    1905年9月5日に締結されたポーツマス条約により講和した。

    大日本帝国にとっては、 三国干渉および義和団の乱後満洲を勢力圏としていた
    ロシア帝国による朝鮮半島への南下(朝鮮支配)を防ぎ、日本の安全保障を目的とした戦争

    ロシア帝国は 遼東半島の旅順、大連租借権等の確保と満洲および朝鮮における自国権益の
    @維持・拡大を目的とした戦争。

    (ウィキペディア)
    グラン

  • 2月6日の誕生花と花言葉

    誕生花は・・・クロッカス
     別名は・・・花サフラン

    花言葉は・・・青春の喜び、切望

    花の画像はこちら↓
    http://www.hana300.com/kuroka.html
    以上、「季節の花300」さんから。


    早春に花を咲かせるものが一般的にクロッカスの名前で通っていますが、
    秋に花を咲かせるグループもあります。

    ちなみにスパイスとして有名なサフランは秋咲きクロッカスの仲間です。
    「ヤサシイエンゲイ」さんから。

    グラン

本文はここまでです このページの先頭へ