ここから本文です

投稿コメント一覧 (177コメント)

  • 九州電力の幹部は「こんな事を要請するとは!」こんな馬鹿げたことを!!!
    前後のコメントがカットされたと想像したい。
    悪質業者を取り締まる目的での「こんなコメント」で、マスコミの怖さを思い知らされているとも思います。
    化石燃料の展望・地球温暖化・異常気象・OUT of CONTROLの原発等を考え合わせると自然エネルギ-を有効活用しなければならないと、皆が容易に想像されます。
    広報部も「つまらん」ですね!
    現行の幹部での九州電力はその事業存続が疑問視される。小泉さんが九電の社長に就任して欲しい。

  • この会社のポイントは、巨額の負債にどの様に対応するかについて
    (借入企業が減っている現状の中で)メガバンクは、その工程表に勝算ありとの判断から合併を支援・喰い付いたと理解しています。
    従来の日本気質の武田薬品から
    アメリカのファイザー、スイスのロッシュ、フランスのアベンティス、イギリスのゼネカ等コングロマリットに肩を並べるのでしょう!

  • 私の理解は
    ①ネクストウェア(株)の顔認証systemは「NECがsupportするとのstance」である。
    ②今回の2020東京オリンピックの話題は、NECが主体であり、ネクストウエア社が参 画している可能性について???です。
    ③はっきりしているのは、今回の話題がネクストウェア(株)にとって良い宣伝になる。
    こんなところです。

  • 金利上昇は、借入金額が大きい会社は重荷になる。やはり増資での資金確保に追い込まれる。バイオベンチャーの資金確保手法をとる事となるでしょう。全く外国人社長は困ったもんです。株価は3,000円にどの時点で突入するか?ですが、シャイアが武田本体に業績貢献するには、暫くの時間がかかる。来年ですか?この半年が仕込み期間でしょう。

  • この会社は、
    ①時価総額 37.8億円
    ②収支:僅かに黒字
    ③話題性:GOOD(オリンピック銘柄)
    ④将来性:GOOD(省力化にポイントを置いたビジネス)
    ⑤提携先(取引相手):GOOD(JRE)
    ⑥経営陣のイメージ:地味(真面目)
    こんな会社と把握しています。
    結論⇒①×3≒100億円規模を秋口に達成すると期待してます。

  • 私の理解では、海外(主にアメリカ)で承認されていて、日本で未承認医薬品(候補化合物)については、海外データ利用可で、国内試験では、人種差に関するデータを要求される。ですので、時間・費用は相当軽減されますが、相応の作業はあります。

  • AMG0001どうした?そろそろ来る!追試での開発試験との位置づけなら問題ないと、判断しましたが、一点の曇りは、医師主導試験のqualityが低いのか?です。

  • AMG0001は、追加治験しての再申請ですから仮承認が得られる可能性は高いと理解しています。そろそろですね!

  • マウス➝ラット➝サルと試験行われ、「FIH」とステージアップされますが、皆さんの興味は、アメリカでの進捗と思います。ヒト試験の進展と規制当局とのディールに株価は反応すると思います。

  • 宅配の人手不足が益々深刻化するなかで、比較的安価なドローンの活用な望まれることとなり、根幹となるGPSが大事と思います。さらに想像を巡らすと、人手に頼らないドローン操作の技術≒AI&インフラ整備が望まれることとなり、まさに具体的なパラダイムシフトとなる。宅配業界・スーパー小売業界は生き残りをかけた、ハイテク産業の結実の一つとなる。皆さんもこんなこと位、想像がつくでしょう。とどのつまり、どこの会社がいち早く結実できるか?話題のAmazon?イオン?中国ではアリババ?KEY-Wordは、人手不足です。
    結論➝ドーン社では、荷が重い。

  • ドローン関連のリバイバルもあると良いですね!

  • コラテジェンの対象疾患は、アンプタの技術料に見合う薬価を模索する事となるでしょう。
    国内での順調・堅実な仮承認➝本承認を経て、米国でも開発が進めば、テンバーガーになるでしょうが、スピードが重要です。現時点では競合品は見当たらないですが、グズグズしてると他に競合する発明品(画期的な新薬)が出てきます。急いでほしいです。関係各位に大いに期待してます。

  • 閑散です。ドーン社は神戸の会社ですが大阪の盛り上げがありません。東京中心が益々進みます。

  • アンジェスは、医師主導の開発試験で苦戦しました。費用は相当に倹約できるかもしれませんが、specialtyが高い領域ですのでやはり、know-howを持ってる・ロビー外交ができるメガファーマに委ね、にわか専門家は口出ししない。
    この薬剤を待ち望む患者さんのため、patients-firstのスタンスでお願いしたい。そうすれば世の中は、この会社を高く評価する。

  • ファイザーやメルクは、循環器科にも強み有り、営業力申し分なし。メガファーマが乗り出せばヴォルケーノですね!
    大日本住友とも手を切り、国際的に評価される創薬ベンチャーに成り上がって欲しい。浪花節は、ひっこめて欲しい。

  • ShiRo**** 様
    ご指摘に加え
    セキュリティ対策は必要不可欠で顔認証が自動車、スマホ、タブレット、ノートPCあらゆる高額商品に組み込まれると、私は美酒に酔えます。数か月前は、PCペンもレパートリーに入れていましたが、完全売却してしまいました。

  • 私の周りでオリパラと言われているようですが、オリパラボランティア講習会が、行われています。参加者は、語学堪能者ではありません。「redさん」ご指摘内容は、ビーマップ社が売り込みactionできるか?です。一般人は、総じてスマホの扱いは上手ですので、違和感なく使いこなせるでしょう。このことをベースにすれば、ハードルは高くありません。
    付け加えると、2019のワールドカップラグビーもその範疇になります。
    近かい将来には、ビーマップ株で、美味しいお酒を飲みたいものです。
    直近・現実は、下をくぐっていて、ナンピン買いに追われています。

  • 愈々、平昌オリンピックが始まります。平穏に盛り上がった大会になって欲しいと思っています。多くの観戦旅行者は、日本に寄り道して(民泊利用)欲しいものです。もし、このストーリーが成立していれば、直近のビーマップの黒字化も期待できそうで、中期的には(気の早い話ですが)、東京オリンピックは、ビーマップの試金石が現実味をおびてくるでしょう。
    オリンピック銘柄として、株価が上昇(爆上げ=最高値更新)することを期待してます。
    何方か指摘されていましたが、実質的な業績改善・利益確保が何時頃でてくるか?ですね!

  • 患者さんのリクルートが順調なのは安心材料ですが、関心事はSB623のpotential=有効性(有効or著効)&有害事象(含む副作用)の評価です。ピカ新のpositionが得られれば、オプシーボ並みの発明品ですね。日本の製薬会社ではなく、ファイザー等世界のメガファーマが乗り出していないのが気がかり。managementの口出しは、控えめでお願いしたい。成功を大いに期待してます。

本文はここまでです このページの先頭へ