ここから本文です

投稿コメント一覧 (4532コメント)

  • >>No. 1620541

    プレッシャーがないと誰でもブルペン投球、そんな感じで投げ込んでいる。
    タイガースの打者も打ちたいと力が入りタイミングが合わない(困ったもんだ)

  • >>No. 1620524

    >メルセデスの方はなんともならん感じなんかな。

    打てないチームとリラックス投球はボールにスピンがかかり打者は苦戦中。
    これ程打てないとどのチームも新顔の登板で練習台になる。

  • >>No. 1620449

    将来主軸の打者と考えるなら少しぐらい打てなくても4番張らせる辛抱が大事。
    力が入り勝つ意識が強いから負けるのよ。
    金本監督のダメだダメだと毎試合メンバー変えては強いチームは出来てこない。
    最下位になっても使え続ければ責任も芽生えてくる。

    才木投手も力が入って高目に行くから打てばボールは上がっていく。
    力を抜けばボールも低めに投げられてゴロが飛ぶ。
    打者も投手も頑張り過ぎが結果を悪くしてしまう
    若い選手は経験不足が致命傷。

  • >>No. 1620356

    現在の存在感は足だけの選手
    代走のスペシャリストになるにはまだ経験不足である。
    先発で使うには北條選手の脇役程度と考える。
    相手投手から見て二人の内打ち取り易い選手はどちらかと聞けば自ずから分かるだろう。

    いまだに打点が無い植田選手の存在感は相手チームから見れば薄いと思われても仕方がない。
    監督も先発で使って何に期待するのかバントだけに期待するなら先発は無い、ベンチの仲間も打撃より代走に期待するだろう。

    走塁だけなら競争相手は毎年入団するだろう
    左右打ちは実績を残せて一人前だ、結果が出せなければ止めるべきだ。
    プロは実績が全ての世界である
    監督よりチームの在籍期間は長くなる、そのことを肝に銘じて少しは我を出しても良いと思う。
    まだ若い選手、自分の特徴を伸ばすために人の数倍練習から地位を築くよう頑張って欲しい。

  • >>No. 1620312

    日替わりで調子の良い選手を内野から外野と気の向くまま使っては選手は育たない。
    守備位置は固定で競争と辛抱が育成に必要だがタイガース首脳陣にはこれが無いおバカチーム。
    金本監督には選手をどの場所で育てるか目的が見えない。

    植田選手と北條選手普通に考えれば打撃は北條、走塁は植田、守備は甲乙つけがたい未熟
    投手の左右病で打てない植田選手を先発で驚いたが4点負けていてもチャンスでバントを指示する1点取る作戦はチームの誰もが(?)と感じただろう。
    選手もプロ作戦の良し悪しは瞬時に判断できるから愚作の作戦は戦う闘志も鈍ったと推察する。

    タイガースは下位チームの星の潰し合いの中でもがいてもチームの底力の違いで劣勢は跳ね返せない。
    金本監督はもう一度初心に帰り勝利より育成だけに特化した戦いを期待したい。
    方針転換しても下手な戦いの過去を見れば勝率の影響はさほどないだろう。

    「タイガースが参考にする見本」
    1勝に喜ぶな良い仕事が出来た選手には喜んでやれ、育成は我慢と辛抱そこからスタートだ。
    ジャイアンツ岡本選手は昨年実績すらないが4番育成に32打席凡打の山も我慢と辛抱が出来
    育成目的は成功裡に進んでいる見本が有る。

  • >>No. 1619901

    これが金本監督の迷采配なのだ。
    負けてても血迷ったかバントさせる監督方針に選手達はナンデバントなんだとやる気が失せた。

  • 最下位になっても選手が育てば来年期待が膨らむがそのようなチーム作りは金本監督には出来ないだろうな。

    ロサリオ昇格の様子だがどこを守るのかな
    陽川選手が押し出されてベンチ入りか3塁守るか外野を守るのか
    3塁陽川選手なら大山選手がベンチ入り?

    首位と8ゲーム差は霞んだ先に居る相手
    今更勝つだけの野球は止めたら良いのに
    選手をコロコロ換えていまだ変革の続行では選手の責任感も薄く育たないだろう。

    将来陽川選手・大山選手を何処の守備位置で育てるのか、監督はいまだに決めていない。
    糸原選手も北條選手も便利屋で終わって欲しくないわな。

  • >>No. 1618579

    今は二軍の実力しかない選手

    実力が付いてから言うことですよ。

  • 苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さに有り
    選手は監督の「鏡」だ。
     金本監督が11日、借金3で終えた前半戦の総括会見を行い「想像していたよりは厳しい前半戦になったのかなと思っています」と言った。「厳しい」と感じる部分については「守備面でのミスからの失点と打つ方。得点力不足とあとは内野の守備の乱れ。その2つが大きかった」と分析した。

    ※元巨人の高橋善正氏(評論家)がこう言う。
    金本監督は、速い球を投げる投手に本塁打が打てる打者が好みだという。
    緻密な野球で「1点を守り切る」というベンチワークは見てとれない。
    「牽制死が多発している点だけを見ても、金本監督が選手に細かい野球を要求していないことがわかる。バッテリーや野手が牽制で走者を殺す意識が高ければ、自分が走者の時『ここは牽制がくる』とわかるものです。巨人V9の川上(哲治)監督は『選手のミスで何が一番悪いかといえばイージーミス』と言った。チームに与える影響が大きいからです。接戦の後半、1死一、二塁で併殺と思ったら、野手のミスでチェンジにならない。投手はガクッときてメンタルの疲労度が増す。ミスは完全には防げなくても、監督やコーチは同じミスを繰り返さないために選手に練習をさせるものです。阪神に凡ミスが多いということは、監督がそれを徹底させていないか、その意識が低いということでしょう」

     阪神の大ざっぱ野球は監督に問題ありだ。
    ※専門家も指摘する能力不足首脳陣の反省は皆無である。
    能力が足らないと失敗は選手側、逆鱗に触れるか失敗を繰り返すと2軍送りでは伸びる選手も伸びられませんよ。
    若手が伸びて来ない原因は首脳陣に有りと多くの指摘が有っても親会社は3年延長契約(監督年棒2億円)情けないこと(涙)
    読み切れないがよほどのことが無い限りタイガースの優勝は暫く諦めるしかなかろう(涙・涙)

  • 広島が災害のためカープ3連戦を中止となっていたが相変わらず順位は毎日変わる状態である。
    調子を取り戻した選手、監督が期待する選手と選手層が薄くても固定できないチーム事情。
    実力有るものを使うチームに脱却出来れば競争意識も向上して自然とチーム力は上向いて来る。

    そんなチームに期待するが出来るか、金本監督は

  • 監督の自論での指導は選手の育成を妨げてるか?

    (記事抜粋)昨年4番も打った大山も今季は苦しんでいる。「その一因は金本監督にもある」と、在阪テレビの関係者が声を潜めてこう語る。

    「監督は、自分の現役時代のようにボールをギリギリまで呼び込んで軸足の上で腰を回す打ち方を選手に教える。これにマッチしたのが糸原ですが、柔軟なフォームで、前でボールをさばく大山には合わないようです。昨年とは打撃フォームが変わってしまい、タイミングがうまく取れなくなった。しかも、結果を出さなければスタメン落ちどころか、二軍に落とされる。ヒット欲しさから右方向にばかり打つようになった」

    それでも結果が伴えばともかく、6月22日に抹消されるまで打率・204と低迷した。

    「監督が打撃フォームを強制するのはいかがなものか、という声はOBからも聞かれます」(前出の関係者)

    大山選手に限らず、高山選手・中谷選手・原口選手と中距離打者が全員フォームが変わり不調以前の問題になっている。
    自分と同じ打撃スタイルで速球対応をさせるためのフォームを変更は選手生命も危ぶまれる。
    監督年棒2億の3年契約だがタイガースの超変革は先々心配である。

    チームを作るのは球団運営、選手を与えられて戦うのが監督

    球団は若手選手が伸びても戦力が薄いチーム、補強は際限なくやることが大切である。

    FA補強候補、(西武 浅村選手)・(オリックス 西投手)の補強は今から調査と準備は真剣に行なう必要が有る。

  • 何でもやるタイガース

    マテオ:汚らしい頭の毛 トレッドロックヘアの名前だって
    7月4日ドラゴンズ戦「虎トレッド」と銘打って入場者にカツラを配布した
    評判はどうだったかな?

    ノーコンで苦悶の藤浪投手に首脳陣も苦悶だ
    藤浪本人は甲子園で投げるとウルサイ応援に精神的参ってしまう 投げにくい球場である
    一番投げやすくお気に入りは楽天生命オアークだとコメント。
    今なら高価なトレードも? 何でもやるタイガースなら

    野球の無い次の日はニュースが少ないな(笑い)
    .

  • 大御所、広岡達郎氏の一部引用
    金本タイガースに何をしたいのか3年間カラ―が見えない。
    選手を守備位置で固定できないからポジションでの責任感が出ない。
    監督に辛抱がないなら選手は育たないことを知らないとダメだ。

    陽川選手はどこのポジションで育てたいのか、一塁ならロサと競争させるべきだ
    三塁で育てるなら大山選手と競争させるべき。
    固定で競争に負ければ控えになるこれはプロの道である。
    北條選手を三塁で使い途中から遊撃でも使う様ではポジションで責任感も薄くなる。

    外野手が内野を守ったり調子を上げた選手を調子が悪い選手と入れ替えるだけが今のタイガース今の野手は捕手を除けば皆便利屋である。

    朝にジャイアンツ岡本選手不調でも4番で33打席ぶりにヒットが打てたとコメントしたが
    タイガースは勝利優先で育成はその後だからベンチで控えか2軍行だろうと推察する。

    金本氏と高橋氏で監督業はどちらが正しいと回答は出ないが育成と銘打ったならやはり辛抱が先なのかと広岡氏の話に耳を傾ける。

  • ジャイアンツ岡本 和真、4番打者で育成中
    打てなくなっても4番打者、33打席目にやっと打てたヒットの感触はどうなのか

    チームの順位はBクラスだが4番育成の我慢は凄くないですか。
    高橋監督のやる時はやるんだと我慢と信念の育成

    タイガースの4番は大山選手と陽川選手の競争だろうか?
    順位が気になりアレコレ目移りすれば育成は出来ないが・・・・

  • >>No. 1616758

    不調でなく故障だろう
    抹消理由は、背中に張りがあったとある。

    内野守備はきっちり貢献できている
    DeNAの期待は守備、打撃はこんなもんだろう
    早く治った姿を見たいものよ。

  • >>No. 1616755

    監督肝いりで入団させた選手だから期待度100%です。

    甲子園の浜風に乗せて打つHR打者(右打ち)監督の夢のまた夢の打者

    期待された本人は相当なプレッシャーとお見受けしますよ。

  • 大山選手久しぶりに勝利に貢献できたが更に監督と二人三脚で鍛錬するのか。
    昨日:4打数1飛・四球・三振・3塁打 打率.205

    4打席目にバットがスムースに出たライト方向へ3塁打であるが
    監督は引っ張る打撃をキャンプから指導している。
    打って本人は喜ぶが監督は何を考えるか・・・・・ここが問題である。

  • 梅野捕手打撃の活躍もアッパレだが
    本職のワンバウンド捕球は素晴らしい。

本文はここまでです このページの先頭へ