ここから本文です

投稿コメント一覧 (3195コメント)

  • ウルトラですね♪
    「超度肝を抜く」会社つくっちゃいましたねw
    夏枯れを感じさせないやつ。がっつりとした材料を伴う相場よろしく。

  • 電子チラシ市場を席巻するshufoo!との連携はでかいね。大黒柱になる予定だったASEプロダクトの計画全てが着実に進行中。もはや騒ぐ必要なし、FreakOut Holdingsはどうやら別次元へ移行してますね♪

    東証一部への移行計画も確定ではないが申請まで行い着実に世界規模で大企業へシフト。
    時価総額まだまだ安いのでもう楽しみしかありません。俺が騒ぐとあれなんで、座敷童はまたしばらく静かにしておきますね。

  • FreakOut Holdingsは時代を読む経営者たちの集団。アジア成長戦略ってのは、こんなもんでは終わらんよ。日本以上に伸びる市場に展開しています。まぁご説明するまでもなく成長するための抑えどころは間違いないね。株価も相場の方向感だけ見えてきたのは評価できるけど、こんな水準ではまだまだ。

    AIとかもはや耳タコで聞き飽きたけど、俺の仕事含めてAIがガッツリと仕事を奪ってくれないとフリークアウトの繁栄期にすら入らんのです。忘れちゃならないバーティカルクラウド化構想。次世代産業のAIプラットフォームをグループ企業で構築するシナリオ。

    昨年の狼煙から現在までの動きを追って、企業として本当におもしろくなれるのはこれからでしょうね。ではまたしばらく黙ってます♪

    座敷童より

  • 完全つながった。
    今は妄想でも、関連してるね♪

  • > PoetsはFO(HDではなく)のページには載ってましたよ。hike廃止してフリーク> アウト単独でSSP配信できるようになったんですよ。リリースは今回が初のはず。

    なるほど、ここの古参株主としてやや勉強足らずでした(^_^;)

  • あら、確かにそうですね。。。Topメディアと濁してますがw
    売上比率でLINE脱却は顕著になってきましたが、他がしっかり伸びて補足できてますからよい傾向ですね。
    大手との取引に油断して大企業病を発症して衰弱する企業はよくありますが、FreakOut Holdings立ち止まらずに本当に頑張ってると思います。

  • Digitiv、Dot gf の 2社の買収を完了
    SilverPushプロダクトにおいてフリークアウトグループが東南アジアにおける独占販売契約を締結
    【Poets】ネイティブSSP事情を国内で展開。

    株主やってますが、上記3点は初耳なんですが・・・

    利益面では、満稿の状態のIRIS(49%保有)を2Qで連結していない。
    これって3Qの上振れ材料ですよね。

    +中国進出。

    ま、月曜は下げんのか?やっぱ下げんのか?
    これ分からんね。

  • そうですね。
    確かに、出資先情報は株主にも知る権利ありますね。
    ホールディングス化させた意味は、それらの成長性も加味しての2020年9月期目標でもある訳です。

    ちなみに3月30日の本田社長のツイート
    ・・・当社はグループ内からIPOする会社をガンガン輩出する、起業家集団としてのホールディングスカンパニーを目指しています。海外においても。

    こういうコメントとも関係しますね。

  • この段階の業績で評価するのは、そもそも無理がある。通期で赤字なら痛いけど、実際はアグレッシブに拡大している。ここまで機関が売り浴びせた意味を含めて結果はほぼほぼ予想できていたことだけど、普通に期待して買ってそうな○○も居そうだしいつものパターンかな。

    会社は着実に拡大路線だが決算は期待するなってことです。
    毎度毎度毎度のこと、もう学習しましょうね。

    まぁ材料は出してきました。
    フリークアウトグループ、中国「上海惊点广告有限公司」を設立 〜アジア最大の市場にて、クロスボーダーマーケティング事業を推進〜

    ここは大きく変化していく企業。
    俺の放置路線は変わりません。

    では皆様、素晴らしいGWを過ごしましょう!

  • 株価の反転は悪くないが、古参株主にとってこの株価水準ではまず喜べるレベルではないですね。広告事業環境だけなら業界レベルの逆風も強めだけど、差別化してきたことで悪影響をうまく乗り越えている方だと思います。まあ、新事業領域含めて中期計画達成が可能かどうかをこれからも注視して行くのみです。

    企業としては、実体のあるスピード感をもって頑張っている方だと思いますよ。

  • いや座敷童じゃないかな?

    ちなみに退場してないっすねw
    純粋に本業が忙しいのよね、あとやっと仮想通貨が息を吹き返し始めた。
    ここは放置プレイ。

  • 現実の株価を見れば増資のやり方が考えものですが、アグレッシブな経営戦略ゆえに目先利益で判断すると今の株価の評価というこじつけも可能。結局のところ好き放題外国人にやられる原因になってしまった。

    しかし、子会社や関連会社を含めた価値で見てしまうと、もはや完全に過小評価。残念だが買収目線で見れば、かなり魅力的な時価総額になってきたと思えるレベルです。正直に強気だった俺にも想定外の動き。掲示板で素人だと揶揄した彼には申し訳ないが、4月に入っても1500円以下であれば私の投資判断の甘さを認めざるえない。

    地合いや広告事業環境において今は負の連鎖としか思えない。大手が広告規制するなら新しい市場を創出してアドバタイザーを誘致すればよい。その新たな戦略の一つの柱がRed for Publishersです。取り込み可能な需要をしっかり囲い込めばよいのだと思っている。

    もはや精神論になるが、原点を考えれば「人に人らしい仕事を。」というのは新しい時代の市場を創造する事に他ならない。これが経営最大の目的であり、FreakOut Holdingsの企業成長の理由付けとなっている。そして、そこに向かう行動だけは矛盾することなく継続しているのは確かな事です。

    アドテク以外の分野も含め、幅広い事業のバーティカルクラウド化を加速させている。株価はこんな状況ですが最低でも2020年まで放置する俺の計画は変わりません。駄目な時は市場から潔く退場する覚悟はできています。

  • Good morning! 早上好!
    今日も笑顔でがまだしましょう!

    こんな発言でインフォは頑張っているのに・・・
    本田社長もツイッターのルーチン発言つくりませんか?

    Good morning! 未来にBET!
    今日も気合入れて行きますよっと!

    こんな感じがいいかなw

    もうBETのために、こちらに突っ込む余力はほとんどないですが頼みますわ。
    仮想通貨なんて、億入りどころか昨年の利確税金分含めて現状も見たくない損失出して気絶中です。投資経験上は今が一番最悪ってお話。

    現状は溜め息しかでませんね(^_^;)

  • FreakOut Holdingsは期待と裏腹な結果を出すことは常連。ここまでの結果とやり方で株価も嫌気され必要以上に叩き売られてきました。douzokunさんのように客観的な目線で分析し、冷静に構えるのも大切だと思いますね。

    国内事業は足踏み状態。そして頼りの新商材然り、新事業もまだまだ準備の域を脱していない投資フェーズ。そんなもの過剰に期待すると毎度やられるパターンです。

    もはや期待せずにのんびり見ることが賢明でしょう。※塩漬けの言い訳(^_^;)
    が、しかし2020年までには大きくブレイクするターニングポイントが訪れるかも。

  • 本田社長解任とか論外ですな。
    むしろ本田社長や彼の取り巻きが連携して社会インフラを築いていくワクワク感とその成功を信じて投資しているのだよ。

    増資によって資産が半分以下になるのは想定外だったと思うけど、まぁ世界規模で新しいことにチャレンジし続けてるし、さらに大きく飛躍するタイミングがあるでしょう。

  • コインチェックが倒産せず再建に強い意欲。予定通りにNEMの返金も開始。素晴らしい。こっちも佐俣アンリ関連としての懸念払拭かな。

    なんちゃって。

    進化し続けるFreakOut Holdingsがいつまでも放置される訳がないと思います。

    この回復も焼け石に水ですが、、、

  • タクシー搭載デジタル・サイネージ Tokyo Prime、2018年4月2日より日経電子版の新着記事を配信開始へ
    h ttps://ads.tokyo-prime.jp/news/20180309_nikkei-and-tokyoprime.html

    タクシーのプレミアムメディア化が爆速で進行中。トヨタが本気て資本注入を始めた親会社をもつIRISを、どのタイミングで持ち分適用とするか、これは頼もしい素材です。

本文はここまでです このページの先頭へ