ここから本文です

投稿コメント一覧 (975コメント)

  • >>No. 453008

    何が膿かわからないから、こそ、
    説明責任を果たせば、膿があるかないか?膿がなにか?わかる。

  • >>No. 453001

    追加、
    それ(日本人の互助精神)を壊していくのが安倍総理と麻生大臣と思う。
    彼らは、税金(相互の成果)を私物化して、政治という権力で、
    多くの国民の疑問に正面からの答弁をしていない。

    もっと説明責任(膿を出す)を果した政治をしてもらいたい。

  • >>No. 452982

    日本人の良さを逆手に取る安倍政権は、日本人のおおらかさが潰されていく。

    日本列島は、アフリカ、シベリア大陸、南方から、戦いに敗れた人類が平和を求めて
    たどり着いた土地だ、と生物学者の論文を読んだ事がある。
    日本人のDNAはそれらが混ざり合い、世界にまれに見る良き互助社会の縄文文化を
    今につながっている。

    それを崩しているのが、安倍総理と麻生大臣と思う。

  • >>No. 12254

    愛媛県知事の名で、愛媛県からの補助金支出をやめられないのかナ。

    中村知事は、
    「加計学園の事務総長の発言で、総理に忖度して補助金を決定したが、
    面談が無く、総理との関係がないなら補助金の支出をやめる」と
    県議会に提案してはどうか?

    本音の議論ができると思う。
    今治市長はどうすかな?

    みかんと製紙で頑張ろう!愛媛県!
    海の幸・鯛も美味しい!

  • 財務省の38人全員が不起訴処分だって??? 判断が納得できない。
    大阪検察庁・特捜部・部長・山本(女史)氏は「捜査の内容だからお答えできません」と?
    それなら真相は?
    「公文書を破棄」して真実が分らなくなっても、公務員は罪にならないのか!
    (山本部長も都合の悪い文書を破棄しているから?と邪推してしまう)

    裁判して真相を国民に分かりやすく知らせるべき。その結果が無罪でも良し。
    生粋の日本人の判断は、まず起訴でしょ!

    日本の中枢は国民への意識がヒドイ。
    聖徳太子の17条の憲法を、も一度勉強しなさい(公務員は)。
    「天子のところを国民」と読み替えればいい。

  • 森友・加計疑惑(税金の私物化)の真相解明を最優先にすべき。
    メディが他の問題を国会で、と社説を上げているが、
    私は(近くにいる友人たちも)、政治家の国のリーダーの資質に関わるから
    最優先の案件と思う。

    何故なら、北方領土問題は日米同盟に日本が主体性(内政をしっかりする事)を見せない限り
    ロシアは真正面から解決しようとしないだろうし、他の問題も日本のガバナンス次第。
    ・働き方法案は公明党・維新・希望で通過したが、若者にもっと説明できる議論をすべきであった。

    野党は、森友・加計疑惑の追及を強めるべし、但し、辞任要求をすべきでない。
    森友・加計疑惑の着地点は、安倍氏・麻生氏の辞任でない。

    真相究明して、政権運営の問題点を明らかにすることです。

  • 森友(昭恵夫人)問題と、加計(安倍氏)問題は、延々と追及議論すべし。
    (辞任請求はしない議論を望む)

    そして、将来「厚顔無恥」の事例の代表として「両氏」の名前が残るかもしれない。

  • 公文書改ざんしても、罪(起訴)にならない。

    とんでもない日本国だ。
    戦時中の大日本帝国と同じ、公文書改ざんがまかり通る。

    検察が国民主権を守る最後の砦、それがこのような判断では、
    この先に日本は心配だ!
    (わしは死んでると思うが、若い者はそれでいいのか?
    働き方法案も若い者を将来苦しめると思うが?)

  • 党首討論をもっと長時間やるべし!
    議席を持っている政党に対し、1日一党の時間をかけ、議論を深めるべし。
    (主張と質問を繰り返す事が大事)

    立憲民主党の枝野氏は良いが、
    長妻氏、蓮舫氏、辻本氏は、語彙・言葉を選び表現力に深みを持たせなければ
    政治レベルが低いことを暴露している。
    この3氏がテレビに出るとチャンネルを変える。
    立憲民主党には立派な女性議員がいるが・・・

    安倍氏麻生氏に「辞めろ」連呼はみっともない。
    全議員は、総理答弁の逃げを、補追質問で本質をしっかり追求する能力を発揮すべし。

  • どこかのニュース?記事?で、かけ学園は補助金がないと経営難だって?
    (どこの大学も同じか? 少子化の影響?)
    真偽のほどは分りませんが、情報あれば教えてください。

  • 国会軽視 
    公的機関(愛媛県)軽視 政権癒着が優先される日本は?

    国民主権の憲法はどこに行ったか?
    本当に法治国家か?

    検察も政権に弱いか?  
    人事権が握られているから、政権に踏み込んで起訴できないのか?

    主権在民の法治国家に戻って欲しい。

    以前の様に、憤慨した輩で検察庁の石碑にペンキが塗られないことを願う。

  • 最近、テレビ朝日・女性記者の被セクハラ事件以来、
    テレビ朝日のニュース番組にキレが無くなった。
    (何かあったのだろうか?)

    テレビ朝日のモーニングショー、夜10時のニュースショーのコメントに
    分析結果を感じさせる点がない。
    キレがない。

  • 日本 この国は本当に法治国家なのか? 官僚・公務員と癒着団体の国家に見える。

    財務省・公文書を改ざんしても誰もお咎めが無い(不起訴)。
    厚生労働省のデータ不正(改ざん)でもお咎めがなく、国会資料として採決される。
    自衛隊派遣資料の隠蔽も誰も罪を受けない。
    公的機関(愛媛県)にウソの発言しても、加計学園は罪に問われない。

    日本の政権のガバナンスは崩壊しているか? 
    日本の政権は、国民の税金を私物化して都合のいい補助金政治をしている。
    ヒドイ惨状だ!

    警察・検察は一般国民の弱いもの視点に立っているのか?

    なぜ日本の若者は立ち上がらないのか!

  • 野田聖子総務大臣、小泉進二郎氏、石破氏、早く立ち上がれ!

    人として信頼を無くした安倍総理を支える必要ない。

    公明党は本来の目的を見失った=当初、政権に入り庶民感覚で政権を監視する。
    働き方法案で、創価学会の若い人達が一番被害を受ける。
    (創価学会で若い人が減っているから問題ないか?)

    安倍首相の話すり替え答弁を支える公明党にも問題有り。

  • 人は失敗したり失言したりして、改善されていく。
    成功体験の考え方が、日本企業のスピード遅く、多くの点で中国、韓国に
    遅れをとってしまった。

    加計理事長も安倍総理も失言を補正し次に向かったほうがいい。
    いつまでも成功体験やプライドにしがみついていたらよくない。

  • 総理の国会答弁のロジック=話のすり替え。口先だけの否定。
    もはや、安倍氏が総理であるかいぎり、日本の良き文化が失われる感じがする。
    (日大アメフトの日大対応)関西学院は日本人の良き文化を引き継いでいると思う。

    政治を私物化、税金の使い道を私物化。
    これが日本の文化を壊していく。

  • 森友問題の解決は「安倍昭恵氏を含む関係者」の「証人喚問」を
    実施する事である。

    安倍総理が言う「関係ない」を実証できる唯一の手段です。

    安倍総理は「口先だけ」で否定している、それを裏付ける物証がない。

  • >>No. 449378

    安倍外交は失敗の連続。内政の疑惑を外交で逃げようとしているが、失敗の連続である。

    今回の訪ロでプーチンからのお土産無し=進展ない。
    北方領土への調査団の派遣は従来の内容と同じ。

    米朝対話は朝鮮戦争の終結であり、武器(核ミサイル)の放棄が目的である。
    米朝対話の次(拉致問題)を見据えた外交が出来ていない。

    安倍氏の賞味期限は終わった。

  • 加計学園の担当者がガセ情報を愛媛県に報告した。
    ガセ情報の内容で「27年2月25日、総理と加計理事長が面談した」と・・・?

    学園担当者が自己判断で「総理と理事長の面談」をねつ造できるのか?
    それを組織を代表して公的・愛媛県の税金を遣わせようと圧力をかける事ができるのか?

    総理と加計理事長が近しい、総理の力が働いている証左である。
    更に、加計学園は獣医師会の圧力で困っていた、となれば「総理の力を使う」事ができると
    つまり「総理の案件」であることを認めていることになる。

  • 【疑問】

    防衛省の資料問題で、稲田氏は大臣辞任。
    理由は、マネジメントが出来ていない。リーダーシップを発揮していない。

    財務省は官僚の資料隠匿、公文書改ざんに対して、麻生氏は稲田氏同様に
    マネジメントが出来ていない。リーダーシップを発揮していない。

    なぜ、麻生氏は財務大臣を辞任しないのか??????疑問です。
    さらに、
    辞任拒否の理由として「捜査中」としているが、捜査を進めるには、
    新たな大臣のもとで進めるのが、真相究明できる。
    正当な手法である。

本文はここまでです このページの先頭へ