ここから本文です

投稿コメント一覧 (950コメント)

  • 毎日新聞の岸井さんが亡くなった。
    彼の「メディアは政権を監視続けなければならない」は名言。
    本当にそう思う。メディアは政権にすり寄ってはいけない。

    思い出した事がある。
    過日、中国の知人(上海で住宅機材で実業)が言われたことがある。
    「日本は中国以上に独裁国家だね」と。

    なぜ?と尋ねると、
    「中国は政策を非難すると厳しく罰せられるが、
    政権を非難しても罰はゆるい」
    (習近平政権の前の会話だからか)

    「日本は政策の非難は自由だが、政権を非難すると警察や秘密警察のような人に
    監視される」と。

    彼の受け止め方でもあるが、ある程度あたっているかな。
    OECDの調査でも日本の言論の自由度、メディアの自由度は低いと指摘されている。

    思い切って政権非難ていないから、森友・加計問題(政治の私物化)の疑惑が晴れないと思う。

  • そうそう、九州・飯塚市には、飯塚事件があった。
    無罪を主張して警察に逮捕され、死刑にされた人がいたと思う。

    判決後の早い時期に死刑執行だったと思う。
    なぜ再審を棄却したのだろうか?
    (事件の記憶が間違っていたらゴメン)

    ただ飯塚事件が理不尽な事件だったイメージ。

  • 麻生氏の地元、九州・飯塚市、田川市辺りは、炭鉱の町として発展してきた。
    山本作兵衛という炭鉱の絵で世界遺産になったかな?
    荒っぽいイメージと虐げられた人達が多いイメージが残る地域で
    官と地元財界との癒着が昔から噂されているが、確証がない。

    中国からも兵馬俑の像が送られたり、NHK朝ドラの舞台となり良い所でもある。

    麻生氏の言いたい気持ちは分るから、もっとオブラートに包むべし。
    そのような地元の荒っぽさを国のリーダーの時にそのまま表すのはいかがなものか!
    麻生氏は言動や表現に品位を持たせる努力が必要。

  • あべ首相は、今は内政に注力すべし!
    北朝鮮問題は後追いが良い。
    むしろ米朝会談の後、安倍以外の人物が日朝で良い結果を生むだろう。

    安倍首相は、疑惑を晴らすために全てを掛けるべし。
    森友・加計事件は、【安倍疑獄】=政治の私物化と言える。
    野党(国民世論調査)から証人喚問の要望受けている人物は全て国会に呼ぶべし。

    このままでは後世、【安倍疑獄】として恥べき名が残る心配がある。
    (今の安倍氏、麻生氏の発言は日本人が受けてきた教育からして、恥ずかしい内容)
    全ての人の証人喚問を実施すれば安倍首相の指示があがる。

  • 総選挙も安倍首相の退陣もない=米朝会議の前には絶対ない。

    米朝会議と拉致問題の解決が見えるまで、与野党ともに安倍首相を退陣させない。

  • 南北統一より、相互交流が自由に往来できるようになること現実と思う。
    北朝鮮の弾圧的独裁政治は民間交流・往来で変化せざるを得なくなるだろう。

    その前提条件は、核・ミサイルの全面廃棄が検証でき、朝鮮戦争の終結調印である。
    日本にとって、拉致問題を検証できる形で解決できて国交回復交渉に入れる。
    それまで経済的な支援をしてはならない。

    韓国も日本以上に拉致された人がいるのに、韓国世論で拉致解決が盛り上がらないのは変。

  • 麻生氏のぶら下がり記者会見の発言の仕方は、パワーハラスメントの一歩手前か、
    反社会的な人たちのような表現、イントネーションの使い方に見える。

    国のリーダとして、言葉・語彙や表現方法が良いお手本になる事を望む。

  • 日本は「拉致問題が検証できる方法で解決」しない限り国交回復もないし
    経済支援もない事は明確である。

    米朝協議で日本が蚊帳の外でも気に掛けることもない。
    米朝会議は朝鮮戦争の終結に向けた会談であり、当然、日本は蚊帳の外である。
    しかし、
    朝鮮戦争終結の条件は武器(核・ミサイル保有)の排除である。
    国交回復は、拉致問題が検証できる形での解決が条件である。

    北朝鮮はこの点を混同して日本を非難しているので、我々は無視していい。

  • 柳瀬氏への喚問は少ししか見ていないが、答弁で矛盾が出ていた所があった。
    (どこかのTV局が答弁分析して放送するだろう)
    私も録画して分析する時間があれば具体的に指摘できるだろう。
    微妙なニュアンスを持った表現で、立憲と民主と公明と会派の質問者の回答で
    矛盾を感じた。

    もう一つ、
    特区申請は自治体であるが加計だけで面会(認識)に来てアドバイスする事自体、
    柳瀬氏の頭の中は「加計ありき」で染まっていた。

    柳瀬氏は加計の人物は認識して、特区の話をしていること事自体、「加計と特区の話を
    している証拠」である。

    今治市、愛媛県の職員と話をしていない、いう柳瀬氏は仕事の進め方が間違ってるし、
    ゴルフを一緒にした人だから面会しているのであれば、公私混同の仕事ぶり。
    ゴルフをしたのは安倍総理と一緒だから?

    柳瀬氏が家計の動向を安倍総理に報告していないのは、既に加計に認可が決まっていたからで
    加計は建設に動き始めている。
    柳瀬氏は、関係省庁と(加計と自治体)が上手く調整することを指南した。

    「特区申請は自治体」であるのに、何故、加計が主体となって柳瀬氏に面会したか?
    ・・・言わずもがな、「加計ありき」であった証左である。

  • 「麻生財務大臣には、財務省を立て直してもらう」と安倍総理、与党の意見であるが、
    麻生氏の発言から彼の意思は「財務省の立て直し」を本気か疑問を持つ。

    「文書ねつ造はどの組織でもある、個人の問題」=組織に責任がない主旨の意見である。
    「組織は人」であり、「人が組織ミッションに活動させる」のがリーダーである。
    だから、「人」が違法行為すればリーダーに責任がおよぶのである。

    組織管理の
    基本の「基」を理解していない人物に「組織を立て直す事」が出来るか、甚だ疑問である。

  • (多忙で投稿内容が遅かった感があるが・・二つの感想を。)
    ①TOKIOのメンバーは今件を利用してメディアに出過ぎと思う。
    (利用して人気を戻したいのかな?)
    ②被害者女性の立場を想像すると「早く忘れたい」気持ちと思う。
     TOKIOの今件でのメディア露出は、被害者女性の母親の手紙の気持ちを理解していない行動。
    ②国分太一しの涙は? その意味は? 何だろう???演技っぽく見える。
     (泣く理由がわからない)

    TBSビビットの出演している人物が、国分氏をサポートしている構図は何だったか?

    芸能界の記者の突っ込みが甘いと思った。(芸能ニュースの相互補完関係)
    この問題は社会部記者が本質に迫れると思う。
    新潟県知事のセクハラ辞職会見で記者が「その涙の意味は何ですか?」と質問した。
    芸能記者は、涙につられて国分太一氏に同情した質問していた。

    国分太一氏の涙の意味は「何?」
    私は、国分氏が身を守るための涙と思う、その通りビビットの出演者の同情を買って
    国分太一氏はほくそ笑んだだろう、と思う。(イジメ悪の学生時代がよみがえったか?)

    被害者の女性の立場で考えると、「早く忘れてしまいたい」気持ちだろう。
    セクハラ内容が「キス」だけでない報道はもみ消されてしまったが・・

    TOKIOメンバーはメディア露出の記者会見でなく、書面で気持ち表示の方が良かったと思う。

  • 官僚の人事権が内閣府のなったのが、今回の一連の疑惑、モラル低下の原因と考える。

    官僚の人事権は各省庁で行うべき。
    各省庁のミッションに真摯に取り組む人材が重宝される時代を望む。

    4月入省した新人たちも出世はしたいだろう、
    ゴマをすって出世するか?日本の国益を考えた仕事をして出世するか?

  • 福田氏セクハラ問題は別にしても、
    「仕事に優秀なら、人の心踏みつけたり、法を犯しても良いという風潮」は
    発信してはならない。

    麻生氏の発言は、そのような良くない風潮を生みかねないと思います。

  • 福田氏は音声を認めているし、相手が記者であるかどうかが不明である。

    新潮社は記者であることを証明でき、福田氏が謝罪、退陣すれば、この問題は早期に収拾する。
    福田氏は嘘の発言が公になっているから、退陣しなければ収まらないだろう。

  • 福田氏の評価で、麻生大臣のコメントに問題があると思う。
    (メディアは問題視していないが)
    「福田氏は優秀だから辞めさせるわけにいかない」と、
    この意味は、仕事が優秀なら人の心を踏みにじり、法を犯しても許せる、という意味が
    込められている。

    仕事に優秀でも、法を犯せばその償いをまずするのが人の道と思う。

    組織では優秀な人がいなくても機能させるのが組織マネジメントである。
    トップの能力がないと、優秀な人を守ろうとする、つまりトップが能力がない事を
    意味する。

  • 安倍首相夫妻は、「政治を私物化」し「国民の税金を私物化」している。

    詭弁ウソを重ねて、政治を低迷させている。
    早く退陣(麻○と一緒)して、国会を正常化すべきである。

    まず第一に「官僚の人事権を各省庁に戻すべき!」仕事をしてもらいたい。
    各省庁のミッションに忠実に取り組む人材が認められるべき。
    ゴマすり人材は排除しなければならない。

  • 公文書の改ざん問題は、
    政府・財務省・自民党の自浄作用で、詳細を国会報告し
    関係者に厳しい処分をすれば済む話である。

    それ以上に、大きな問題は、
    政府を私物化した「森友へ国有地の大幅値引きと森友優遇処理」と
    「加計学園への民家と無秩序補助金給付」は税金の使い方である。
    この議論を追求しないで、予算(税金の使い方)を成立させるなんて
    野党も本末転倒の考えしかできないのだな。

    なぜあの土地が森友だけに安く売ったか?
    先に購入申請した隣接する音楽学校はあの金額ならば買っていた。

    なぜ加計学園だけに獣医学部を認可したのか?
    さらに建設費の見積が甘いまま補助金を出すのか?

    国民の負託で国会議員はしっかりと民主主義と税金をチェックすべきである。

  • 佐川氏の国会証言で、疑問に感じた事・・・
    「首相夫人が森友学園の名誉校長であることを知ったのは、早い時期」であったことは、
    森友への国有地売却問題が「佐川氏自身の中で大きな問題」であり、
    「森友と首相夫人昭恵氏との繋がりを、伝えられていた事」を示す。
    つまり、
    首相夫人は他にも多くの名誉職を持っていたが、佐川氏はそれらを全て知っていたのか?否です。
    森友だけに注力していた。

    佐川氏が理財局長に就いて間もない時に昭恵氏と森友の繋がりを十分に理解していた。
    それは前任のサコタ氏から申し送りがあったと考えるの仕事を進める上での自然な流れと思う。
    (どんな仕事に赴任する場合でも、申し送りがある)

  • 安倍政権が放送法4条・・・メディアの中立性・・・を廃止すれば、
    朝日新聞のような反日的な記事がゲリラ的に巷にあふれてくる危険がある。

    メディアの中立性が多様な価値観の民主主義社会において、
    反日的な記事を白日の下で議論できる。
    放送法4条を廃止すれば、日本の民主主義が壊されていく。
    (番組は、どこかのイデオロギーに帰属した放送になる)
    資金がある者がイデオロギーを握れることになるだろう。

    NHKの受信料は、政権寄り放送を後押しするために使われるから、
    払いたくなくなる。

  • 放送法4条・・・メディアの中立性確保・・・安倍政権が廃止へ。

    メディアが全て政権寄りで情報を流したら、戦時中のような「大本営発表ニュース」ばかりになり
    日本の民主主義は暗黒時代の戻る心配がある。

    市民は、大正デモクラシーからやり直すことになるのか?
    心配。

本文はここまでです このページの先頭へ