ここから本文です

投稿コメント一覧 (2317コメント)

  • 山岳部顧問

    まるで他人事みたいに淡々とインタビューに答えている。

    7人の生徒と1人の先生の命が奪われたというのに。
    あるお父さんは「責任を問わない」と取り乱すことなく答えているのに。

    この顧問の無責任さに
    余計悲しさがこみあげてきた。

  • ≪安全≫を学ぶはずの講習で
    若い若い命を落とした7人の生徒と1人の先生。

    悪天候なら「止める」ことも教えなくちゃ。
    テレビで映るこの子たち
    みんないい子ばかり。

    自然が好きで
    参加したんだね。

    その自然は
    時として
    恐ろしさをむき出しにする。

    その
    恐ろしさを学ぶ教室だったのに・・・

    寒かったろう。
    冷たかったろう。

    可哀そうで
    可哀そうで
    涙が止まらない。

    この事故
    このままでは終わらせてほしくない。
    尊い8人の命を奪った自然の怖さを
    語り継いでほしい。

    やすらかにね。

  • jR、郵便局、海上保安庁に勤める3人の息子が自慢だったSさん。
    認知が入り、団地に一人で置いとけないと
    息子さんたちが施設に入所させた。

    サービスで週2回通った団地。
    今日その前を通ると
    もう解約をしたようで
    ベランダにはなにもなかった。

    「施設が合わなかったらここに戻れるようにしておく」と息子さんが
    そういったそう。
    でも
    100㌫ないと思っていたが
    1か月で空き家になったね。

    そういえば
    60代の知的障害で話すことができない女性がいた。

    実のお姉さんがガンで亡くなり
    そのご主人がこの人の面倒をみていた。

    お風呂が好きで
    早朝私が支援に入るときはいつもお風呂を用意した。
    話せないけれど
    私が言っていることは理解できていた。

    この人も
    義理のお兄さんが施設入所を決めた。
    自分の家族も大事だからよくわかる。

    一人で住んでいた家が空き家になり
    1年後更地になり
    さらに1年後家がたった。

    生まれて育った家はもうない。

    ≪主≫がいない家をみるのはとてもさみしい。

  • 私も泣き虫だから
    稀勢の里の【涙】でもらい泣きした。

    やはり
    日本人の【横綱】が優勝したら嬉しいね。
    しっかり怪我を直して元気な土俵入りをみせて頂戴。

  • 安倍さん

    ただでさえ活舌悪いのに
    ≪おくさん≫のことでは
    早口で舌を噛みそうになって言い訳しているね。

    昭恵さんにとって≪大勢のなかの一人≫として付き合ったのだろう。

    しかし
    籠池サンにとっては≪総理大臣夫人≫

    名誉校長も町内会の会長のノリで引き受けたのだろう。

    ここでそれぞれが食い違ってきているんだよ。

    子供たちの教育勅語に感動したと言っているが
    子供たちが必死で暗記したのなら
    ≪教育勅語≫でなくても感動するよ。
    昭恵さんが不運だったのは
    感動したのが≪教育勅語≫と言ったからだね。

    ここの小学校
    ≪學≫になっている。
    小学校で習うのは≪学≫。

    子供たち
    漢字のテストで≪學≫と書いて◎を貰えるのかな?

    不正の保育園でもこの学校も子供のこと忘れているよね。

    大人の都合で子供たちを【宙ぶらりん】にするな。
    と言いたい。

  • 久しぶりに野茂さんをみたよ。

    大好きだったよ。
    彼の投球フォームカッコよかったよ。


    みんなメジャーにあこがれて行くけれど
    野茂さんがレールを敷いてくれたんだよ。

    当時は
    殆ど彼の行動は理解してもらえなかったね。

    でも
    彼の活躍のおかげで
    イチローなど日本選手にもメジャーへの道が開けたんだよ。

    野茂さんのおかげだよ。

    バッタバッタと3振をとるけれど
    4球も多かったね。

    今阪神の能見さんが好きだけれど
    この人も4球が多いね。

    押し出しなんて目も当てられないね。

    野茂さんの始球式をみて慌てて仕事に出かけたよ。

    日本は負けたけれど
    メジャーへの道を開けてくれた野茂さんと同じ≪舞台≫に立ててよかったね。

  • 私の年齢

    孫がいて≪ばーば≫になっている年齢。

    でも
    私は孫はいらないし、
    生きている間に孫は見れない。


    もう一度子育てをしたい。

    もう一度息子を育てていた時代に戻りたい。
    同じような子育てになって同じように苦しむかもしれないけれど
    もう一度子育てをしたい。

    それくらい
    子育て時代が幸せだった。

    子供を抱っこバンドの中にいれて歩いてみたい。
    ただ
    今のママは子供と話さなくてスマホに夢中なのが気になるけれど。
    私は子供にずっと話しかけているね。

    子育て
    本当に幸せだった。

    一生で一番幸せだった。

    もう一度
    子育ての時代に戻りたい。

  • 子供大好きの私にとって許されない報道。

    ムチャクチャな園長。

    最悪の環境。

    報道陣の前で頭を下げた延長。

    若い。

    この人
    子供のことを考えていない。

    給食、空調、エトセトラ

    【儲け】だけで保育園を作ったことに腹が立つ。

    体の基礎を作らないといけない一番大事な時期にスプーン1杯分のおかずなんてありえない。

    その日の体調によって食欲がない子もあるだろう。

    本当は園の中で給食をつくり、子供たちの食欲に合わせて
    食べさせてあげるのが理想的だけれど
    【残す】からと始めから分量を少なくするなんてとんでもない
    【悪】の園長だね。
    可哀そうな子供たち。
    子供大好きな私にとって≪森友≫問題とともに
    腹立たしいニュースです。

  • 安倍さん

    ながーく【総理大臣】の椅子に座り続けているから
    埃がでてきたね。

    夫人
    いろいろなところに顔を出しているから
    顔を出したところに【埃】を飛ばしてきているんだね。

    森友VS安倍夫婦

    どっちの言い分も信用ならん。

    しかし
    北摂の一部が全国的に有名になってしまった。

    あの学校
    コンクリートでできている殺風景な今時の校舎と違って
    【形】だけをみるといいかもね。

    中身と教育方針は賛成できないけれど。

    跡地がどうなるか
    外野席は見守っていきましょ。

  • いろんな意味でどん底にいる。

    神様に試されているんだよね。
    これでもか
    これでもか
    って
    試練が目の前にくるよ。
    熟睡などしたことがない。

    でも
    どうにかこうにか毎日を過ごしている。
    足を痛めている以外は動けるもんね。

    なにも考えることがなくて毎日が平和だったら
    呆けるね。

    “テレビがお友達”は淋しいもんね。

    どこかに逃げ出したいと思っているけれど
    逃げ出してもその先に望んでいる“平和”はないね。

    立派な息子が3人いても
    誰も一緒に住もうと言ってくれなくて
    とうとう施設入所が【終の棲家】になったSさん。
    「施設が合わなかったときのために部屋を残しておく」
    と息子さんが言ってくれたとのこと。
    でも
    それは100㌫ないね。
    新しい施設を探す手間を息子さんはしないだろう。
    仕事の途中でSさんの団地の前を通る。
    認知が入って『今』のことは忘れているけれど
    『昔』のことはよく覚えている。

    なぜか
    数か月間しか支援に入っていないのに
    Sさんのことが気にかかる。

    Sさん、本音は息子のだれかと一緒に住みたかっただろうに
    私もSさんも自分の描いているとおりにはいかないね。

  • ≪渡瀬恒彦≫さん

    好きだったよ。
    十津川警部もタクシードライバーも9係もおみやさんも好きだったよ。

    素晴らしい俳優さんが病気になっていくのが淋しいね。

    再放送で偲びましょ。

  • 今テレビは1日中情報番組ばかり。

    この方が制作側は安くつく。
    俳優を使うわけでもなく、
    ロケをするわけでもなく
    ただ≪標的≫を追いかけて
    スタジオで知ったかぶりの知名人が
    意見を述べるだけ。

    籠池サンもこのわけのわからない≪フリージャーナリスト≫も
    あとからノコノコでてきた息子も
    いまや≪有名人≫。

    入園するときに園の方針など評判はわかっていて入園させて
    いまクレームをつけている保護者もマスコミを利用して
    表面に出たがっている。

    小学校設立問題が
    いろいろ渦が広まって
    外野席はテレビに夢中になる。

    だからテレビドラマより情報番組が増えるのだ。
    しばらくはこの話題とどこかの国の弟に殺されたお兄さんの話題で
    時間を稼げるね。

  • 確定申告

    午後から仕事オフなのでバス、電車に乗って地元の税務署に行ってきた。
    毎年ネットでしようかと思うけれど
    並んででも係員にしてもらおうと思い、行った。
    1時間で終わった。
    なぁ~~んと還付金が2万ほどある。
    去年コーヒー代1杯ぐらいしか戻らなかった。
    この≪2万円≫へそくりにできる。
    自分のすきなものが買える。
    でも
    結局は息子の後始末に消えるだろう。
    お金は天下の回り物ってよく言ったものだ。
    一つ一つ完済しているので
    もう少しだね。
    働けるうちは頑張ろう。

  • ただ今北摂の一部が話題になっている。

    安倍サン好きではないが
    今回のこと
    追及する野党もまさか1国の首相が
    遠く離れた北摂の小学校のことなど認知していることなど考えていないだろうから
    今の質疑応答はピント外れ。
    鬼の首を取ったような質問の仕方だけれど
    一寸ずれているよな。

    それにしても
    口利きをたのまれた議員、
    ガラが悪いなぁと常々思っていたら
    親分もガラの悪い人だった。

    与党はもともと好きではないが
    追及する野党も今一つ迫力がない。

    今まで石破サンのこと好きではなかったが
    ここにきて彼の意見が真っ当な感じがしている。

    バイクで移動中時々この小学校の前を通るけれど
    この周辺一躍有名になりました。

    一つ疑問は
    理事長が口移しで子供たちに私でも知らない教育勅語を教えていて
    親はなんとも思わなかったのかな?

    安倍サンとの関わりを追及するよりも
    この方が問題だと思うけれど。

    意味も分からなくて教え込まれた子供たち可哀そう。

  • 本音と建て前。
    Sさん
    3人の息子
    海上保安庁、JR、郵便局に勤めていてそれが自慢だった。

    急に施設入所が決まった。

    歩けないわけではない。
    ある程度のことは介護用語の≪自立≫に入っているが
    まだらの認知症。
    昔のことは覚えていても昨日のことは忘れている典型的な症状。

    団地の中に一人置いておけないと
    息子がアッという間に入所を決めた。

    Sさんの本音は息子の誰かと住みたい。
    だが
    気が強いのでお嫁さんとうまくいかない。
    息子さんたちはそれが判るから
    だれも「一緒に住もう」とは言わない。

    「一緒に住んでも気を遣うだけだからここの方がいい」

    これは≪建て前≫

    昨日のニュースで老々介護の果てに奥さんを刺したご主人がいた。
    息子がいるのに
    なにしてた?
    役所に相談しなかった?
    ヘルパー派遣やショートステイなど利用しなかった?

    これは他人事ではない。

    我が家
    息子はまだ独立できる状況ではない。
    それどころか後始末のために私の給料は吹っ飛んでいる。
    神様を恨んだことがあるよ。

    でも
    介護の仕事をしていて
    自分が【介護をする側】に回っていることを感謝している。

    いつ倒れるかわからない。

    息子を頼らないなんて言わない。

    私たちも老々介護になる。
    息子の力が必要になる。

    今息子を追い出したら
    私たちが倒れたときに戻ってはこない。

    思いっきり恩を着せて
    イザというときに息子にやらせる。

    私に苦労を掛けている恩返しだよ。

    そして
    私たちを見放したりするような息子ではないことはわかっている。
    優しすぎたから人に利用された。
    ≪優しい≫ことを非難されたこともある。

    「子育て間違ったとは思っていない。」

    信じている。

  • 2月月末。
    記録書と就労報告書の整理、提出。
    記録書の枚数で「今月もよく働いたなぁ」と思う。
    しかし通常の月より2乃至3日少ない分収入も減る。
    時給で働いている私には痛い2月である。

    昨年暮れと今年初めに二人の利用者さんが亡くなり、
    今月施設入所の人がいて、サービス終了。
    この世界
    入院や施設入所や亡くなったりで
    ものすごく不安定。

    でも
    この仕事はやりがいがある。

    今日も頑張ろうっと!

  • ≪変革≫

    我が家は夫が財布を握っている。

    だから
    生活費の通帳を私に渡しても時々
    「通帳みせろ」という。

    夫が考えているようにお金は流れていない。

    今朝も「見せろ」といった。

    「なんで年金ないねん?」という。
    「電気代とガス代を一緒にして、電話代もまとめて私の通帳に振り込むように手続きしたから通帳からお金だした」
    夫キョトンとしていた。

    ようやく
    ようやく
    私が主導権を握ることができる。

  • 中学のクラス会。

    2クラスのみの団塊世代の人には考えられない少人数。

    田舎の学校ではない。
    環状線の駅近く。

    生まれた年に関係している。
    とってものんびりした学年だった。

    高校になってようやく4クラスになった。

    だから
    中学のクラスはとても仲が良い。

    みんな面影は残っている。

    大阪の大きなホテルでの会費1万円の会食。
    仕事で人の調理をしている私、
    上げ膳据え膳はとても嬉しかった。
    お料理も美味しかったけれど
    なによりもパンが美味しかった。

    始めに聖歌を歌い、終わりに校歌を歌い楽しかった。

    当然ながら元気な人が参加したのだけれど
    一人右半身不随の人がきた。
    移動するときに私が介助すると
    とても喜んでくれた。

    次は幹事をしてくれる人の都合で来年10月だって。

    楽しみ。

  • Sという女優のことでテレビは姦しい。

    日本は信仰自由の国。

    私もミッションスクールに通学していたので
    無宗教ではないし、かといってのめり込むほどのクリスチャンではない。

    周りの人間も神教、仏教、新興宗教などに縁がある人が多い。

    それ自体
    批判するつもりはない。

    Sさん
    好きにしたらいいけれど
    事務所や仕事のこともまだ解決していないようだから
    無責任だよね。

    身辺綺麗にしてから
    次の一歩に進んだらよかったのにね。

    契約不履行でこれから問題がでてくるよ。

  • 女子ジャンプの沙羅ちゃん
    美人になったね。

    怪我をしないようにね。

    応援しているよ。

本文はここまでです このページの先頭へ