ここから本文です

投稿コメント一覧 (273コメント)

  • >>15
    「熱さまシート」は当初第一四半期と言われていた(GNIは第3四半期とも言ってます)と思いますが、
    現在テスト中の段階で、承認までは至ってませんヨ!!
    承認に至ってないということは、販売までまだ時間を要するということですネ。
    待つしかないですネ。。。。。
     参考に、あなたが言われるようにGNIはメールしても中々回答をくれないので、何につけ電話して
    ストレートに聞きたいことを確認したほうが良いと思います。IR担当はそれなりに答えてくれます。

  • 安くても売りたい人、安く買いたい人・・・様々
    よく戻してますネ。。。
    もんでイスタンブール⇒飛んでイスタンブール!!! ⤴⤴⤴⤴⤴

  • 皆さんおめでとうございます!!
    これからの機関さんの入り方に興味あります。。。
    いま静観している第2株主のSBIがどう考えているか、どう動いてくるか・・・
    興味津々。。。。。

  • 基準よりも転換線のほうが上にあり、上昇トレンドである
    ことに違いはないが、ここから上を目指すには660~670
    近辺を喰わねば。。。。。マザーは気持ち下がっているが7末に
    材料あるので気にはならない。
    今日は出来高あるのでエネを貯めて、午後に仕掛ける可能性も
    ありかナ。。。。。

  • やはり黒転パワー!!
    今日は午後から一段高の様相・・・・予想は様相(笑)

  • >>220
    >>失礼します。
    >>行間を読めとか言われても。
    >>貴方の妄想でしょう、確定したことでの議論でなくたんなる妄想でしょ。
    >>それはいかがなものかと疑問を述べただけです。


    文脈をよく読んでください。

    9割の推理と1割の妄想です。
    ◆確定したことでの議論をしなければyahoo掲示板の投稿主旨に
     反するのですか??
    ◆将来に対する私見を推理・妄想してはいけないのですか?

  • >>155 PUUさん 
    時として文章は捕えかたによって違って
    くるものです。
    行間を読んでいただきたい。それ以上でもなければ
    それ以下でもありません。

  • >>144
    これはこれは伝説の人みなしごさんじゃありませんか!
    この掲示板6~7年くらいのつきあいですかネ。
    お互い立場が違う時もあるかもしれません。
    がんばりましょう! good luck

  • ~連休中の推理~
    金曜日のBABの買収IRについては、月末ではなくて繰り上げして出してきたが、
    これはIR担当の一存で決めたものではなく、上部と十分検討した結果。
    つまりは引受先のモルスターとも事前打ち合わせをしている。今回ある意味あくまでも
    タイミングとしてはサプライズ的なものと思っている。なだ今だったのか⇒興味は尽き
    ない!!
    今回のIRの意義はUSA黒字企業の連結買収で、改めて市場に狼煙をあげたと思っている。
    増資は最終的にはH31年までだが、年内含め、来年もスリリングな株価上昇があると思われ、
    その点を視野に入れ行使完了し、ワラント終了ということも考えてみる必要がある。
    前にも述べたが、今回は135憶を調達したいとGは言っており、これは至上命題なので、
    必ず集める。今やらなくていつやるのか!!という意気込みだろう・・・・・・
    これからは株価を上げ、行使価格を上にもっていくために策を有していて、次の展開の
    ために、各種パイプラインはこの3四半期で予定されているものがある。しかし、これは
    冷却シートとかフォーム製剤の類ではない。少なくてもタミ、本命は中国&USAの
    F351の生業。そして、社長も株主総会で言っている長期安定株主の出現。更にはメガファーマ
    等とのビッグな提携と妄想。イヤこの他にNASHもあってもいい⇒強烈なインパクト。
    まだある(笑)。
    ほかに我々には知る由もないことも。。。
    来週から新たなステージが用意されていると思慮します。

  • >>481
    山の如しさんこんにちは ご質問の点
    4月18日のGNI IR「Berkeley Advanced Biomaterial,Inc.の買収について」
    には
    [BABを買収することにより、生体材料の開発及び販売事業を当社の事業ポートフォリ
    オに加えるができ、経営の多角化を図ることができます。さらに、BABから見込まれる
    中国国外からの安定的な収益及びキャッシュ・フローにより、財務基盤の安定と、事
    業の持続的成長及び企業価値向上を図ることが可能となります。加えて、今後、BABの
    製品群を有望市場である日本及び中国において展開することや医薬品と生体材料の融
    合による新たな製品開発を行うことによる新規事業分野への展開も可能となります。
    BABの買収後、当社は、世界最大の医療市場である米国と成長著しい医療市場である
    中国で、収益性の高い同規模の医療関連事業を展開することができます。これにより、
    当社の創業以来の事業戦略である、中国市場からの好機を捉えての他の主要市場への
    事業展開を実現することができます。さらに、当社が、今後日本市場においても製品
    を販売する機会を得ることができます。
    BABの買収後、当社は、世界最大の医療市場である米国と成長著しい医療市場である
    中国で、収益性の高い同規模の医療関連事業を展開することができます。これにより、
    当社の創業以来の事業戦略である、中国市場からの好機を捉えての他の主要市場への
    事業展開を実現することができます。さらに、当社が、今後日本市場においても製品
    を販売する機会を得ることができます。]・・・とあります。

    ※以上のことから、中国、米国及び日本においてビジネスチャンスが派生し、今まで
    以上の コストパフォーマンスが図られるものと推測しております。

  • BABの平成28年12月期の決算は次のとおりです。

    <総資産>
    14億4千万
    <売上高>
    16億6千万
    <当期純利益>
    6億7千万
     
     ※以上のコストパフォーマンスの良い企業が無借金で手に入り、毎年安定した
    利益が得られるということですネ!!
      黒字化決定で、大口さんも正式に入りやすくなると思います。。。イヨイヨですネ!!

      ~GNI新たなステージへ~

  • <<963
    何とも言えない追い上げ(笑)・・・これからは10円の値幅でお願いしたいもんです!!

  • 間もなくGNI夏の陣が始まろうとしている。デ、妄想を。
    GNIには4つの引き出しがある。
    ❶業績(収益)の引き出し❷パイプラインの引き出し❸新規開発の引き出し
    ❹提携・買収の引き出し・・・どれをとっても過去のGNIと違い大きく
     開花する可能性を秘めている
     特に、
    ❶業績に関しては、保険収載完了、今・来季業績改定、これにAFTの承認が
     あればマイルの受領で居所を変えるのではないか!
    ❷のパイプはやはりF351の進捗・・・飛ばしがあるのか否か
    ❸新規開発は見えているところでは、ルオ氏がアメリカでのヒドロニドンの
     NASH関連の学会発表(9月)で何が飛び出すか
    ❹提携・買収は今年BABから始まり、ICS社との提携、次の一手は
     メガファーマ等とのビッグな提携でサプライズがありかナシか。

     今年の注目月は7月、8月、11月と自分の中ではイメージしています。
     中間で、ヘビー級はF351、USA(FDA提出)は9月頃(提出内容重要)、
     後半のヘビーは中国は12月頃を想定。
     今年は社長が言うエキサイティングになる。この先何が待っいているか今のところ
     馬脚を現していない。
     今年は業績上方思惑、豊富なパイプの進捗等があり、今のタイミングを除いて
     135億の調達(本音の数字は不明)は困難なのかもしれない。
     残り20営業日、増資することが株主の利益になるというなら目標に向かって貫いて
     高値行使をしてほしい。そのためにはタミ販売、冷却シート販売、DN2相開始、
     CTD-ILD3相開始等枯れ木も山の賑わいという言葉もあるが、旬な企業はタイムリーに
     開示することで、大きな爆発力となる。
     GNI飛躍の年というなら出せる引き出しを全部オープンにし、GNI砲を放ってほしい。

     参考にしないでください

  • 7月はGNI暑いよ!!
    7月という気候が暑くするんでなく、材料、売り上げ、創薬開発思惑、
    などなどで偶然7月の気候と重なっただけだヨ。。。
    8月以降12月までは更に熱いヨ!!

  • 門でイスタンブール・・・
    ”いつまでもあると思うな安値覚え”

    689の板超えれば、700円と1000万株行きそうな様相。
    予想は様相(笑)。。。。。
    がんばれGNI これからだヨ!!

  • 今回のIRは世界に強固な財政基盤をつくるためのルオのシュプレヒコールでしょう。
    これで名実ともに世界戦略が描けたといっても過言ではない。現にAFT社のアイス
    (オーストラリア、ニュージーランド、アセアン諸国、香港、ロシアCIS 諸国に販路)、
    ICS社(スイス、ドイツ、英国、米国、日本に拠点)そしてF351のUSA等自国は
    基よりすでに展開を図っている。
    F351自信あるのでしょう⇒総取りでしょう。。。
    今年はBABの買収、ICS社の提携、IriSys社との持ち分譲渡、EPS社益新と
    「契約」がキーワードとなっている。
    更に6月8日のリリースで「北京コンチネントは、更なる収益を求めて、受託製造等の
    サービス提供に関する提携の機会を追求して行きます。」と述べ、今後更なる提携も
    考えられる。
    まー、前置きは別にして、月曜日の株価のインパクトは不明だが、大口、機関次第。
    言うことを機関(笑)場合もあるが、材料は事欠かない。⇒135億にもっていくんしょう。!!
    要は今年7月は暑い、最も熱いのは8月1日と読んでいる。。。。。
    GNI今は単なる通過点 まだまだこれからだよ!!

  • そもそも思うに、社長の言ってる2017エキサイティングというのは、確かに今年は
    控えしパイプライン等が具体化
    ⇒タミ販売、冷却シート販売、DN2相開始、CTD-ILD3相開始、その他が世に出てくることは
     枚挙にいとまがないと考えられるが、エキサイティングという騰げを決定づけるインパクトシーンは、
    ◆今・来季の上方修正が我々が想定している範囲かそれよりまだ上のレベルなのか。
    ◆仮にそうでないとした場合、修正後にAFTの段階的マイルの受領、F351 USA2相開始
     スタート、中国2相終了(3相凍結)、9月下旬に米国で開催される学会にて「非アルコール性
     脂肪肝炎と線維症」の進展・発表、がん関連 学会等開示可否、買収or提携、北京コンチorジェノミ
     上海上場 など々なのか。
     インパクトを与えるもは妄想も相まって、あらゆることを想定したほうが良いと思われる。
     これらが現実のものとなった場合、今年は株価の位置が大きく変わることは想像できる。
     応えは如何に。。。

  • 今日のチャートはシグナルラインが上方推移し、出来高もこの4日間4/28に続く商いでまずまず。
    VWAPより終値高く、買い方の精神状態良好。・・・気持ちいい終わり方でしたネ!
    上半期も明日でエンド。セブンから弾みをつけるためには、イヨイヨ明日何らかの情報開示がありそうな
    予感。誰が何と言おうとセブンの4桁乗せは間違いないところ。夢々疑ることなかれ!!

本文はここまでです このページの先頭へ