ここから本文です

投稿コメント一覧 (904コメント)

  • GPも入っているLICに4月18日にオーストラリアの視察団が来るみたいです
    GPが注目を浴びるといいですね



    豪州ビジネスミッション訪問団がライフイノベーションセンターで連携イベントを開催します!
    ttp://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f531405/p1130405.html

    1 目 的
      日・豪の行政機関、企業等がお互いの再生・細胞医療分野の取り組みを紹介、意見交換を行い、課題や最新の動向を共有し、今後の各機関、企業等の連携を図る。また、本連携イベントを契機に、LICのグローバル拠点としてのさらなる機能強化を目指す。

    2 日 時
        平成29 年4月18 日(火) 11 時00 分から13 時10分

    3 場 所
      ライフイノベーションセンター 4階 共用会議室
      (川崎市川崎区殿町3-25-22)

    4 内 容
     (1) 神奈川県における再生・細胞医療の産業化に向けた取組み紹介
     (2) 豪州ビジネスミッション訪問団による取組み紹介
     (3) 訪問団と参加者とのネットワーキング
     (4) 館内視察(取材不可)

  • 川崎LICにこんなのが入るようです
    もしかしたら、将来的にGPと絡んでくるかもしれませんね


    日本経済新聞より引用

    同仁化学研、 試薬 再生医療向け参入
    2017/4/11 2:01

     研究用試薬メーカーの同仁化学研究所(熊本県益城町、上野右一郎社長)は再生医療分野に進出する。神奈川県の産業拠点内に試薬開発や周囲の研究機関から情報収集する施設を設け、5月に稼働させる。再生医療分野の重要なテーマの1つである遺伝子の変化について、精度良く把握できる試薬を製品化する。品ぞろえを増やし、経営基盤を強化する。
     川崎市の「ライフイノベーションセンター(LIC)」2階の一区画(130平方メートル)に実験室と事務所を設け、「イノベーティブ リサーチ センター」と名付けた。実験室には、多機能画像解析装置や蛍光顕微鏡などの解析機器を配備した。
     当面は社員3人体制で稼働させる。初年度に6種類の試薬を製品化し、5年後に5000万円の売り上げをめざす。
     具体的には、試薬によってiPS細胞や胚性幹細胞(ES細胞)が臓器の元に分化していく過程を精度良く観察できるようにする。
     iPS細胞やES細胞は、多様な研究が国内外で進んでいる。その中で同仁化学研究所が蓄積してきた「遺伝子発現関連の技術がますます重要になる」と志賀匡宣常務はみる。
     近隣には、LICのほか実験動物中央研究所や富士フイルムRIファーマなどの施設も立地している。またこの夏から国立医薬品食品衛生研究所が移転してくる。再生医療分野で、神戸のメディカルクラスターと並ぶ関連施設・産業の集積地になる見通しだ。同仁化学研究所は、川崎への進出によって、関連する研究機関との交流を深め、共同研究にもつなげようとしている。

     ▼遺伝子発現 遺伝子からタンパク質が作られること。遺伝子はタンパク質を製造するための設計図のようなもの。ヒトの場合は2万数千あると言われているが、すべて同時にタンパク質をつくるわけではない。必要なタンパク質のみが必要な時に作られ、細胞の内外で機能を発揮することにより、細胞や体の組織、器官がそれぞれの役割を果たしている。

  • GPが4位で本日の夕刊に掲載されてます

    日本経済新聞より引用

    新興市場の昨年度売買代金 そーせい、2年連続トップ 日本株番付
    2017/4/5

     東証マザーズやジャスダックなど新興企業向け市場に上場する銘柄について、2016年度の売買代金を調べたところ、創薬ベンチャーのそーせいグループが1位だった。そーせいの首位は2年連続。売買代金は5兆2400億円と、15年度の約2倍に膨らんだ。
    そーせいは昨年4月に子会社を通じて製薬大手アラガンとアルツハイマー病などの治療薬の開発・販売で業務提携すると発表。これをきっかけに商いが盛り上がった。売買代金がトヨタ自動車の2.2倍に膨らんだ日もあった。
     ランキングの上位にはバイオ関連株が目立つ。がん免疫療法の開発のグリーンペプタイドは4位。遺伝子医薬品開発などを手掛けるアンジェスMGも春から夏にかけて商いが活発で15位に入った。そーせいの活況はほかのバイオ関連株にも波及した。

  • 年初に引いたおみくじ

    中吉
    願望 他人の助けにより望み事叶う急ぐな
    相場 売るのは待て

    「望み事叶う」を信じて、売らずに待ってますよ

  • GP&AI社も頑張れ~


    日本経済新聞より引用

    iPS移植、2年後も経過良好 理研など安全確認
    2017/3/16 10:03

     理化学研究所などのチームは目の難病患者に対しiPS細胞から作った目の網膜細胞を移植した世界初の臨床研究の手術について、約2年後も経過が良好で安全だと確認した。患者は病気の進行が止まり、目立った副作用も起きなかった。iPS細胞を使う再生医療の実用化に役立つ結果だ。
     詳細は16日付の米医学誌に発表した。京都大学の山中伸弥教授は今回の結果について、「iPS細胞を使った治療を安全に行うことができることを示した重要な成果だ」とのコメントを出した。
     理研の高橋政代プロジェクトリーダーらは、2014年9月に失明を招くこともある難病の「加齢黄斑変性」の女性患者に対し、本人のiPS細胞から作ったシート状の網膜細胞を移植する手術を実施。経過観察では移植した細胞ががん化するなどの異常はなかった。
     高齢者に多い加齢黄斑変性はものが見えづらくなり、徐々に症状が進む。患者は手術前、投薬治療をしていたが視力は下がり続けていた。手術後は薬をやめたものの視力は維持できているという。
     研究チームは、患者本人からiPS細胞を作ると、治療の時間や費用がかかることも指摘した。理研などは今年2月、他人のiPS細胞を使って同様の手術をする臨床研究を始めた。備蓄しておいた細胞を治療に活用できるため、患者本人のiPS細胞を使った1例目に比べ、費用や移植までの期間を10分の1程度に抑えられるとみている。

  • GRNの併用療法、どちらでも期待されますね!

    「他の抗がん剤と併用する方法で、がんが縮小した割合が現在の2割から5~6割へと大幅に高まるため、承認されればシェアを伸ばす可能性がある。
     他の抗がん剤と併用する方法は日本ではまだ検討中の段階だが、医療現場からの期待感は高まっている。」


    日本経済新聞より引用

    がん免疫薬キイトルーダ、オプジーボ射程に MSD意気込み
    2017/3/14 0:24

     米製薬大手メルクの日本法人MSDは13日、2月に日本で発売したがん免疫薬「キイトルーダ」の事業展開について記者会見を開いた。同薬は小野薬品工業などが開発し世界のがん治療を変えた「オプジーボ」のライバル薬として注目を集める。MSDのヤニー・ウェストハイゼン社長は「がん領域のリーディングカンパニーを目指す」と意気込みを語った。
     日本ではキイトルーダは肺がんと皮膚がんの一種である悪性黒色腫に使える。一方、オプジーボはこれらに加え腎がんや血液がんの一部にも使えるという違いがある。
     キイトルーダは米欧で既に売っており、2016年の世界売上高は1600億円。一方、オプジーボは5200億円。現時点でキイトルーダは後れを取るが、肺がんの抗がん剤未治療患者に使えるといった有用性を訴求し挽回する。日本では発売後4年で540億円の売り上げを見込む。
     両者で差がついた要因の一つは、事前検査の必要性の有無だ。肺がんにキイトルーダを使う場合、患者の肺からがん組織を取り効く患者を選び出す必要がある。この検査は患者にとって負担が大きく今のところ「使いにくい薬」とされている。
     この弱点が近く解消する可能性もある。キイトルーダは現在、事前検査なしで肺がんに使えるよう米国で申請中で、5月ごろに結論が出る見通し。他の抗がん剤と併用する方法で、がんが縮小した割合が現在の2割から5~6割へと大幅に高まるため、承認されればシェアを伸ばす可能性がある。
     他の抗がん剤と併用する方法は日本ではまだ検討中の段階だが、医療現場からの期待感は高まっている。

  • 機関の空売り残高変更なしです

    スイスの遅延分
    なぜ1回で遅延分全部が出てこないのでしょうね…

    2016/10/03 Credit Suisse Securities (Europe) 1.14% 363,800

  • シティ、OXAMに続き、GSが抜けましたね

    残りは、
    三菱UFJ 775,000
    スイス 663,400
    野村 509,800
    モルガン 468,800
    ドイ銀 245,500
    計 2,662,500

    次に抜けるのはドイ銀かな?
    今月末の決算に向けて買い戻しが加速するといいですね

  • 機関の空売り残高

    スイス買い戻し
    GS買い戻しで報告義務消失
    野村…

    2017/03/06 Credit Suisse Securities (Europe) 1.89% 663,400 -13,900
    2017/03/07 GOLDMAN SACHS 0.41% 152,800 -72,300(顧客取引とのヘッジポジションも含む)(報告義務消失)
    2017/03/07 野村證券 1.40% 509,800 +14,800

  • iCELL取締役の中内啓光教授頑張ってますね
    GPも頑張れ!


    日本経済新聞より引用

    人のiPSでヒツジ胎児 臓器移植想定、東大教授が米で作製
    2017/3/9 11:44

     体のあらゆる細胞になる人のiPS細胞を、ヒツジの受精卵に入れて育て、人の細胞を持つヒツジの胎児を作ったと東京大の中内啓光教授が8日、仙台市で開かれている日本再生医療学会で明らかにした。
     iPS細胞を使い、ヒツジに人の細胞を持たせたのは初めて。中内氏は「さまざまな動物で、人の臓器を作れるかを調べる研究の一つ。将来は動物の体内で人の臓器を作り、移植に利用できるようにしたい」と話している。
     日本では人の細胞が混入した動物の受精卵を着床させることは禁じられているため、中内氏が教授を兼務する米スタンフォード大で実験した。
     両大のチームは、ヒツジの受精卵に人のiPS細胞を注入し、ヒツジの子宮に移植した。受精卵が細胞分裂を繰り返し成長するのに伴い、人のiPS細胞もさまざまな細胞に分化する。チームは3週目の胎児を取り出し、人の細胞がどの部分にどれくらい含まれているかを調べている。
     移植用の臓器作製ではブタの利用が有力視され、海外で人の細胞を持ったブタ胎児が作製されている。ヒツジは、ブタよりも人の細胞を持った胎児を作りやすい可能性があり、臓器の大きさも人と同程度で有望と考えられるという。
     中内氏らのチームは1月、マウスの膵臓(すいぞう)を持つラットを作ったと発表。この膵臓を糖尿病のマウスに移植し、治療できることを示していた。〔共同〕

  • 3月2日、スイス以外は買い戻しですからね…
    この日に売った分は今日時点では含み益ですね

    2017/03/02

    始値 670
    高値 692
    安値 661
    終値 684
    出来高 1,576,800

    Credit Suisse Securities (Europe) 1.93% 677,300 +28,000
    モルガン・スタンレーMUFG 1.290% 472,700 -8,300
    Deutsche Bank 0.650% 245,500 -39,600
    OXAM 0.450% 166,900 -26,100(報告義務消失)

  • 機関の空売り残高

    スイス:3回連続売り増し
    モルガン:4回連続デイトレ?

    2017/03/02 Credit Suisse Securities (Europe) 1.93% 677,300 +28,000
    2017/03/06 モルガン・スタンレーMUFG 1.28% 468,800 -4,600

  • ドイ銀さんは7回連続買い戻しで、
    あと2回ぐらいで報告義務消失になりそうですね

  • 機関の空売り残高

    OXAMが本格買い戻しで報告義務消失です
    スイス以外は買い戻しですね

    2017/02/28 Credit Suisse Securities (Europe) 1.85% 649,300 +59,100
    2017/03/01 Deutsche Bank 0.76% 285,100 -31,900(顧客取引のヘッジポジションを含む場合がある)
    2017/03/02 OXAM QUANT FUND 0.45% 166,900 -26,100(報告義務消失)
    2017/03/02 モルガン・スタンレーMUFG 1.29% 472,700 -8,300

  • 機関の空売り残高

    27日の戦犯その2はスイスでした

    2017/02/27 Credit Suisse Securities (Europe) 1.68% 590,200 +105,500
    2017/03/01 OXAM QUANT FUND 0.52% 193,000 +-0

    参考)戦犯その1
    2017/02/27 モルガン・スタンレーMUFG 1.29% 472,400 +85,300

  • モルガンはまあ想定通りでしたが、
    OXAMが売値より上で本格買い戻しというのがいいですね

    出来高が細ってきたので、
    OXAMのデイトレで上方へ誘導してくれればよいのですが…

  • 機関の空売り残高

    OXAMが珍しく大きく買い戻し
    モルガンはやはり売り増し
    機関の殴り合い開始でしょうか?

    2017/02/28 OXAM QUANT FUND 0.52% 193,000 -31,600
    2017/02/28 モルガン・スタンレーMUFG 1.32% 481,000 +8,600

  • いえ、京都オフィスで京大とやってる件だと思いますよ
    ttp://www.megakaryon.com/technology/

  • 今日もモルガンは売ってるでしょうね
    ドイ銀や野村も追随したかな?

本文はここまでです このページの先頭へ