ここから本文です

投稿コメント一覧 (9コメント)

  • 役員の辞任については興味なしなのが世の中なんですね・・・

  • >>No. 408

    クレディスイスのSOがその資金繰りにあたるんでしょうね。

  • キャッシュフローを見たのですが、営業CFを借入返済額が上回っていることは本当でしたね。前受金の増加は規模が増加すれば当たり前なので、特に業績が良くなるかどうかには関係ないですよね。式場を借入でどんどん出店してきた→前受金は増える→でも単価下がる→利益でない→CF稼げない→借金返せない。という構図はありえますね。でも東証1部で赤字ではない企業ですから、うまい経営をしてないという証明なだけで、つぶれるとかそういった話ではないでしょうね。面白い記事をありがとうございます。

  • 2016/09/26 12:03

    >>No. 789

    キャッシュフローの話をするなら過去3年分くらい遡るべきかなと思います。今年単純に投資が多い。来年投資しない。だったら、逆転しますからね。あと、店舗の投資と株式の投資は分けて考えるべきですし、株式取得(子会社へ)の投資が一時的に投資キャッシュを増やすこともあるわけで、投資回収期間がわからない状況では正確には評価できないと思います。
    まあ、利益が業績予測から激減してた会社なので、キャッシュが悪くなるのは当たり前で、キャッシュフロー計算書の分析としてはちょっと浅いと思います。

    でも投資見送りの判断には賛成です。
    前期約束を大きく破っていますし、それについての開示内容も中途半端。もっといい会社があるというのは間違いないです。

  • 14000人に1000円。1400万円。
    これをケチって意味あるんですかね。配当を5円増やすと6000万円社外流出するわけでしょ。
    そもそも自己資本比率低いから配当もどうなんでしょうね。借入れが多いし。
    もしかして、優待減らして、株価を下げて、役員が買い占めるとかそういった意図があるなら立派ですね。
    違った意味で。

  • 2016/05/13 16:42

    出店がないのに販管費の増加割合は18%の予想。なぜ?人的リソース不足だから?
    つまり出店ではなく広告宣伝費の高止まりと人件費が高止まりして固定費が爆裂する会社になったってこと?
    ということは収益力は改善しない。出店がなくM&Aもなく追加コストがない状況で営業利益率が激減(対12期)。
    稼ぐ力が弱くなってるの?管理が弱くなってるの?コストコントロールしてないでしょ。
    去年も販管費の増加率が売上高の増加率を超えていてM&Aが原因だったのではないの?
    収益構造の抜本的改革がなく、言い訳すらないね。おととしとは別の会社なんでしょ。

  • No.1003

    コンプラ

    2016/02/17 18:19

    適時開示については、手間が面倒だから遅れていいというわけではないですし、株主に対しての会社の姿勢が悪い会社はコンプライアンスも悪いのではないかなと思っています。他の会社について言うなら下方修正ださなくてもいいレベルでも、業績予測達成が困難なら開示している会社もあります。ブライダルはだいぶ業績を事前に推測しやすいはずですので、あらかた下方修正はわかっていてださなかったのではないでしょうか?
    信頼を裏切っているので、信頼回復のために話すべき内容があると思います。なにがいくらかかって、だから今期は未達なのだと、大きな数字でも説明するべきです。
    決算説明会の動画を拝見しても、拡大したことによりいくらくらいのマイナスがあったのか、既存のブライダルの読み違いなのか、わからないですよね。セグメントとしてブライダルが悪いのはわかりますが。
    どちらにしても来期の業績がいままでの利益率に近い水準まで戻るかはわからないと思います。今期悪かった要因がわからないからです。
    情報の出し方も会社の姿勢がでてますし、悪くなったときの対応としては良くなかったと思います。今後にも不安が大きく残ったのではないでしょうか。

  • No.992

    下方修正

    2016/02/17 17:04

    下方修正出すの遅くない?
    適時開示する気がないのかな。
    経営陣が株主を軽視してるんじゃない?
    業績が悪くなった理由もあいまい。
    投資しすぎた?人がいない?
    でも固定資産になる投資が増えただけで営業利益がそんなに減りますかね。
    人がいないなら人件費は予算未消化で、販管費減るんじゃないの?売り上げに占める比率がおかしいよ。販管費の。
    不正してた会社の役員がいるってことでこういうとき勘ぐるなー、不正でもあるのかな

本文はここまでです このページの先頭へ