ここから本文です

投稿コメント一覧 (3098コメント)

  • 今週の女子プロゴルフ中継は、スカパーも地上波も「賞金女王の条件とか、シード確定やリランキングまでの55位までに入る条件・・・」ばかりをウンザリする程 リピートするような放送内容になっていて、呆れてしまいました。

    たまにゴルフ中継を見る方にとっては ほとんど興味は無いだろうし、自分と同じ程度のゴルフファンならば「言われなくても解ってるよ・・・」という感じだと思います。

    とりあえずは このまま「鈴木愛 選手」に賞金女王のタイトルを取ってもらって、全米女子ツアーに挑戦してもらい、宮里選手でも勝てなかった「メジャータイトル」を取ってほしいと思いますが「○田○子 選手」や「○村○恵 選手」などのように、3~4年やっても全く通用せずに 打ちのめされて 日本ツアーに復帰するような姿は あまり歓迎したくありません。

    岡本綾子さんのように「日米での賞金女王」というのは現在では なかなか難しいかもしれませんが、世界へ出ても通用するような活躍を「畑岡奈紗 選手」と共に目指してもらいたいと思います。🍻 (^ ^)

  • 日本相撲協会の体質には さすがにもうウンザリという感じです。(*_*)

    白鵬の言う、ビール瓶で殴ったのは違う・・・とか、今日になって 実は診断書には鳥取県警用と日本相撲協会用の2通りがあり・・・とか、まるで「森友学園問題」にも似たような展開になりつつあって、呆れてしまうばかりです。

    「貴乃花親方の怪行動」・・・報告する手順が違うんじゃないか? に ついては、擁護するわけでも無いけど、以前から指摘されていたように 大きな問題が起こった場合に理事長を中心に「なるべく穏便に・・・」というような隠蔽体質を嫌っての行動だと思っています。

    貴乃花親方は以前から入場料をもっと下げて多くのファンに身近に感じてもらう取り組みや、昔からある「タニマチ」を無くして、部屋ごとにサポーターのようなものを募って 幅広く応援してもらいたい・・・というような考えの持ち主です。

    そのために 理事会内では いわゆる「反主流派」という立場になっているという現実があるのも事実です。

    日本相撲協会も、一度は鳥取県警察本部の取り調べを優先するようなコメントを出したのであれば、それまでの間にボソボソッと反論するようなコメントをマスコミ向けに出すような事は慎んでほしいと思います。🍻 (^ ^)

  • 「NHK紅白歌合戦」の初出場メンバーがポツポツ報道され始めていますが、竹原ピストル・リトグリ・・・などは実力に裏打ちされた面もあり納得しますが「SHISHAMO」に関しては どう考えても「NTTドコモ」のCMで無理やり名を売った・・・というイメージが先行してしまい、少しばかり異論を唱えたいところです。(ー ー;)

    去年の オジサン達のグループに続いて 今年は アムロちゃんをなんとか出場させようとNHKは躍起になっているようですが、そればかりは本人の意思を尊重するのが筋だと思います。

    自分としては 声をかければ快く賛同してくれそうな「宇崎竜童」さんや「大塚愛」さんや「PUFFY」さん辺りを口説いてもらって「港のヨーコ・・・」とか「さくらんぼ」「プラネタリウム」とか「アジアの純真」なんかを聞かせてくれれば たぶん盛りあがるような気がするんだけどなぁ? と思います。🍻 (^ ^)

  • 小池さんの代表辞任については 自分が推測していた「予定通りの流れ」なので特に驚きもしませんが「やっちまったなぁ?」という 角界での大きな出来事がありました。

    非常に残念なんですが、日馬富士に関しては「横審」「日本相撲協会」からの勧告が出る前に、ケジメとして 親方が主導して本人から「引退届け」を出させるのが筋だと思います。

    貴乃花親方は既に鳥取県警察本部に「被害届け」を提出している・・・との事です。

    大相撲中継を見ていたら「北の富士勝昭」さんが、白鵬の取り組みの際に「彼も同席していたんでしょう?」と言っていましたが、それが事実で 大きく報道された場合、ますます角界の「隠ぺい体質」が問われるような展開にもなりかねません。(ー ー;)

    今日いちばん スッキリしているのは 間違い無く小池都知事だと思います。(笑)


    「競泳ワールドカップ東京」を見ながら、お気に入りのブレンドで乾杯です。🍻 (^ ^)

  • 芝田山の解説は、いつも終わった取り組みを見たまんま口に出しているだけです。

    「稀勢の里」の取り口についても、自分の考えとは違うような解説を繰り返していましたが、あくまでも自分の推測と考えですが、たぶん「稀勢の里」の左胸・肩にかけての怪我は 本人としては既に致命傷だという事が判っている上で、それでもなんとか横綱の地位を務められないか? という現実との葛藤の中でもがいている・・・というのが実情なのではないか? というような考えです。

    彼については「日本人横綱誕生」が長きに渡って望まれて来た中で、当時 圧倒的に「照の富士」が有利な展開の中、奇跡を起こして逆転優勝し、横綱昇進での次の場所でも連続優勝して 多くの大相撲ファンの夢を叶えたくれた・・・という功績だけでも賞賛に値すると思っています。

    この後については、本人が納得がいくまで現役を続ける姿を暖かく見届けよう・・・というのが自分のスタンスです。(^ ^)

  • 🍻 を始めたのは4時過ぎからですが、大相撲が始まると どうしても始める時間が早まってしまう傾向があり、しかも場所中の15日間は「休肝日」も入れられない・・・という都合の良い性格も相まって、今日も大相撲中入り後を見ながら🍻 しています。^ ^

    車椅子で帰った碧山は別にしても、勝敗が付いてから 体のどこかを痛がるような仕草を見せながら下がっていく力士があまりにも多い事が気になって仕方ありません。

    本場所に出ている以上は、少し前までの「遠藤」のように 土俵上では痛いそぶりは見せずに なんとか花道までは普通に去って行く・・・というのが ファンに対しての最低限の礼儀だと思います。

    部屋によっては親方の考え方の違いによって休場し難い・・・というような事情もあるのでしょうが、楽しみにしている大相撲ファンとしては、力士が土俵上で どこかを痛がるような仕草は あまり見たくないものです。🍻 (^ ^)

  • 大好きな女子プロゴルフツアーで、今日また初優勝を飾った選手が現れました。

    「福田真未 選手」という プロ入り7年目の25才になる選手です。

    スカパーの生中継で見られた 前半の9ホールまでは良い感じだったんですが、録画中継で民放の放送が始まった時には 13、14、15ホールを3連続ボギーとして、追っている2人の選手と1打差という展開になっていて ハラハラしながら缶チューハイで🍻していましたが、放送時間と録画中継という事もあって最後の流れは予想通りの逃げ切り・・・という流れになり、また初優勝の選手が1人増えるというエンディングになりました。

    今年のレギュラーツアー初勝利は日本人選手では、青木瀬令奈・川岸史果・永井花奈・福田真未 選手・・・という感じなんですが、永井選手については悪天候で最終日が行われず、しかも2位に付けていたのが あの畑岡奈紗 選手だったので「ごっつぁんゴール」という感じも否めません。

    「いつ勝っても おかしくない・・・」と言われている中では、堀琴音・柏原明日架 選手などが代表的なところで、武尾咲稀・岡山絵里・三ケ島かな・辻梨恵・新海美優 選手などが続く存在だと思います。

    どうしても 2勝目ができない 藤本麻子・木戸愛 選手・・・辺りも つい応援したくなる存在です。

    本当のところは いちばん古くからずっと応援している「大和笑莉奈 選手」がレギュラーツアーで暴れてくれる事に期待しているんですが、彼女は来シーズンの出場権(シード権獲得選手以下での優先順位)が掛かる「3rd QT」が始まる来週以降が現在のところ勝負の場になっています。

    女子プロゴルファーの皆さん、毎週楽しませてもらって ありがとう! 🍻 (^ ^)

  • ここ数年、大晦日は「NHK 紅白歌合戦」の出場順をチェックしつつ「内山高志 選手」のタイトルマッチを観て「countdown TVライブ」で「aiko 姉さん」の名曲を聞いたところで ひとり寂しく ハッピーニューイヤー・・・ という流れが恒例行事になっていたんですが (笑)、残念な事に「KO ダイナマイト」が引退してしまい、年末のボクシング界の「トリ」を務められそうな選手が見当たりません。(ー ー;)

    代役を務められそうだった「井上尚弥・村田諒太・比嘉大吾」選手辺りは つい最近試合を行ったばかりなので、望めそうもありません。

    唯一 少し間隔が空いていて、自分も以前から応援していた「岩佐亮佑 選手」が、望んでいる相手では無くとも初防衛戦をやってくれれば・・・と期待しています。

    世界チャンピオンとしては まだネームバリューはありませんが「井岡一翔 選手」のショボくれた華の無いボクシングを年末に見せられるよりは・・・と思います。(爆笑)

    父子鷹でボクシングの世界チャンピオンを目指してきた例には、古くは三迫さん、最近だと亀田親子・井岡親子・井上親子・・・等々いらっしゃいますが、井上尚弥選手のお父さまが、今 世間を騒がせている事件で有名になってしまったアパートの大家さんだったのには正直驚きました。

    今日は「社会人野球 」を観ながら「本まぐろ腹身」をメインにやっています。🍻 (^ ^)

  • 「Nスタ」のマッタリ枠で 金沢の人気店が上野に初出店した・・・という回転寿しを特集していたんですが、ガス海老・のどぐろ等の高級食材に 一皿数百円も出す時点で「安価で何皿も食べられる」という回転寿しの本来の「定義」のような物が崩壊していると思います。(ー ー;)

    それだったら 最初から板さんと対面の「回らない寿司屋」に行った方が、良い物が安く食べられるような気がします。(笑)

  • トランプ大統領のアジア歴訪の影に隠れて、あまり報道されていない中で行われている「希望の党」の共同代表選・・・

    玉木さんと大串さんでは、どちらがなっても「民進党回帰」となってしまいそう。

    表向きは とちらが当選するかで、正反対? とか言っている報道もあるけど、この2人は一昨年の「安保法衆院採決」の時に 辻元清美さんや宮崎岳志さん等といっしょに プラカードを掲げて猛反対した仲間同士で、関係無いかも知れないけどどちらも東大法学部卒
    という共通点まである。

    去年の「民進党代表選」の際には自ら出馬して負けたのが玉木さん、蓮舫さんを強く推薦したのが大串さん・・・という立場の違いでした。

    小池さんからすると、今回の衆院選の終盤から既に例の「踏み絵」に関して異議を唱えていた大串さんに関しては 本来なら ? なんでしょうが、自分の予測では もう既に小池さんの中では「希望の党」は過去のものになっていて「スッキリと手を切りたい」と言うのが本音だと思います。(笑)

    小池さんの戦法としては暫くの間「都知事としての立場」で 頑張っている姿をアピールしながら次の機会までに信用を取り戻し、ラストチャンスになりそうな次回に また新しい新党を立ち上げて 一気に「女性初の総理大臣」を狙うんでしょうねぇ・・・


    「緑のたぬき」の賞味期限切れも心配しながら「STRONG ZERO ダブルオレンジ」で乾杯です。🍻 (^ ^)

  • アスリート(ここではプロスポーツ選手) の退き際について少しだけ・・・

    いちばん解り易くて スッキリしているのは「大相撲」の世界だと思います。

    横綱の退き際は「体力の限界!気力も無くなり、引退する事になりました・・・」との亡き「横綱 千代の富士」の引退時の口上のように誰もが納得するものが多くあります。

    逆に、本人の意思次第で何度も何度も「引退宣言」を撤回して「現役復帰」している代表格は プロレスの「大仁田厚さん」です。(爆笑)

    言いにくいんですが、プロテニスの「伊達公子さん」についても同じような事が言えると思います。

    プロレスの場合は「ああ、またか・・・」で終わりになってしまいますが、伊達さんの場合はマスコミも怪我を克服しての現役復帰までをドキュメント風にしてテレビで放映した番組も幾つかあり、まるで美談のように担いでいました。(ー ー;)

    自分の感覚では、どのスポーツでも あるレベルまで到達した選手には「体が万全な以前の状態に戻れば、まだまだ出来るはず・・・」との思いが 引退後に湧いて来るんだろうなぁ? と推測しますが、最近のプロスポーツ界は どんなスポーツでもピーク時の年齢が若年化しているのが現実で、一時代を築いた選手が 復帰してから大活躍した例はあまり耳にしません。

    サッカーの「三浦知良 選手」などは たとえ活躍する場が少しづつ変わったとしても「生涯現役」を誰もが望む 非常に稀な存在だと思いますが、少し勘違いしているように思えるのが プロ野球の「松坂大輔 選手」です。

    彼の場合については、少しばかり往生際が悪すぎる部類に入ると思います。(失笑)


    今日は スカパーで何故か音声が非常に悪い「バドミントン S/J リーグ 日本ユニシスVS 山陰合同銀行」を観ながらやっています。🍻 (^ ^)

  • 女子プロゴルフの「賞金女王争い」は 上位の3人 (キム・ハヌル、鈴木愛、イ・ミニョン) を中心に大混戦になっていますが、先週時点まで僅差で首位をキープしていたキム・ハヌル選手は母国でのホステスプロとしての義務を果たすために2週連続で日本ツアーを欠場、同じく僅差で3位に付けていた イ・ミニョン選手は 先週の試合を欠場して、リフレッシュのための「登山」と言う事でした。

    キム・ハヌル選手が、母国で開催される「ハイトJINRO チャンピオンシップ」というメジャー大会にホステスプロとして敬意を表しつつ義務を果たした・・・というのは 当然と言えば当然の行為だと思いますが、イ・ミニョン選手はついては 何も日本ツアーでの「賞金女王」が獲れるかもしれないのに、大事なところでブレイク(しかも登山)を入れる必要があったのか?・・・どう考えても疑問が湧いて来てしまいます。

    今日終了した「TOTO ジャパン クラシック」という大会で「鈴木愛 選手」が2位に入り、キム・ハヌル選手を抜いて首位に躍り出たようです。

    自分の思い過ごしかも知れませんが、イ・ボミ選手等 韓国選手の ここ最近の大活躍に少し遠慮しているのかなぁ? とも受け取れてしまいます。


    全米ツアー、欧州ツアー、日本ツアー、韓国ツアー・・・等、どの団体でも一定の出場資格の条件を基に どの国選手にも平等に出場機会を開放しているので、遠慮する事なく思いっきりプレーしてほしいと思っています。

    女子プロゴルフの世界では、プロ野球での「野茂選手」にあたるのが「樋口久子・岡本綾子」の両御大で「田中将大」(マー君)にあたるのが「宮里藍選手」かなぁ?と感じています。

    MLBでの活躍を目指しながらも、打ちのめされてNPBに舞い戻って来た多くのプロ野球選手が居るように、米LPGAツアーにチャレンジしながらも 挫折して日本ツアーに帰って来て「居場所」を見つけようとしている選手も何名か居ます。

    その選手達が、日本のツアーを優勝して涙を流しているのを見ると 少しばかり素直に賞賛し辛い面があるのも事実です。(失笑)


    残りの数試合は、上位選手には 漏れ無く出場してもらって、フェアな形での賞金女王争いを見せてほしいと思います。🍻 (^ ^)

  • 両チームとも お疲れ様でした。

    NPBの皆さん、また来年も楽しませて下さい。(^ ^)

  • おかげさまで 久しぶりの「休肝日」を設ける事に成功し、今日もまた「日本シリーズ」を観ながら始めているんですが、CMに出て来た ある女優さんを見てパッと思い出した事があります。

    何か?と言うと、急に大きくなった・成長した・・・というか、ハッキリ言うと「激太り」された女性タレントさん達の事でした。

    申し訳無いんですが 真っ先にパッと思い浮かんだのは 少し前だと「松下由樹さん・佐藤仁美さん」ここ最近だと「浜崎あゆみさん・吉高由里子さん」という感じです。🙇


    若い頃の体型を維持したまま 同じような役柄やポジションを保つのには相当な努力が必要なんだろうなぁ? と、多くの女性タレントさん達に感心しつつ、自分は有名人では無く「普通のオジサン」で良かったなぁ〜と安堵しています。(笑)

    白崎選手の同点ホームラン、ロペス選手の逆転タイムリーに気を良くして、3本目を空けた勢いで、4本目をプシュッ!としながら「普通のオジサン」はニコニコです。🍻 (^ ^)

  • ベイスターズ・・・ここまで頑張ってくれれば、たとえ今日決められても本望です。

    もしも、ここから勝って もう1度 ヤフオクドームに戻るような事になれば、移動日で試合の無い明日は 久しぶりの「休肝日」にする予定なので、ここはなんとか ベイスターズの力も借りて、身体をいたわりたいと思います。(笑)

    しかし振り返れば 甲子園での文字通りの「泥試合」も乗り越えて、よくここまで踏ん張っていると感心しています。


    ベイスターズ、頑張れ! 🍻 (^ ^)

  • セブンイレブンで「タバコ10個・PBの缶チューハイ・ほっけの塩焼き・ボトルコーヒー
    ・100円スナック・・・」等を買ったところ 6702円のお買い上げだったんですが、キャンペーン期間中 (今回は知りませんでした) との事で、例によって2種類の「くじ引き箱」を持って来たので、食品・飲料関係のボックスを選択し 9枚のカードをひいたところ、またしても9枚全部当たり! ( ´ ▽ ` )ノ と、ここまでは良かったんですが・・・

    当たったうちの5枚が 同じ商品で「モンスターエナジー ウルトラ」というザラザラしたシルバーの缶に おどろおどろしいデザインのドリンクでした。(ー ー;)

    成分表示を見ると、どうやら続けて飲むと体には悪そうな予感がアリアリ・・・

    他に当たった4つは レッドブルエナジーと野菜ジュースとマンゴージュースとコーヒーで 何故か全部ドリンク類でした。

    せっかく当たった戦利品なので、週に1本くらいづつ 間隔を空けながら楽しみたいと思います。


    それにしても「DeNA ベイスターズ」には、なんとか地元でひとつでも勝つところを待っていたファンに見せてほしいところです。🍻 (^ ^)

  • 年のせいなのか? どうしても馴染めないのが「ハロウィン」です・・・

    元々はイギリス地方の秋の収穫を祝うお祭りなんだそうですが、それがアメリカに伝わるとカボチャでランタンを作るような風習ができたそうです。

    最近になってUSJが始めた「ハロウィンホラーナイト」等の影響を受けて日本では何故か「ゾンビメイク」が流行った挙句に つい最近では昔あった「欽ちゃんの仮装大賞!」ばりのノリでなんでもアリの「仮装大会」になってしまっています。(笑)

    日本は商魂がたくまし過ぎて、どの業界でも年間を通しても暇な時期に 何か商売に繋がるような海外の行事で、日本人でも受け入れやすいイベントは無いか? と伺っていて本来の意義とはかけ離れたものを作ってしまっているようで恥ずかしいばかりです。

    クリスマスは もうすっかり定着していますが、あれも元々は お菓子屋さんやケーキ屋さんが暮れの需要を見込んでX'masケーキを流行らせた?という説もあるようです。

    お盆・正月・地元のお祭り・花火大会・・・等も少しは見直しても?と思います。(^ ^)

  • 楽しみにしていた日本シリーズ初戦だったんですが、思わぬ大量得点差ゲームになってしまったので、ついさっきから 女子サッカーの「AFC U−19 女子選手権 決勝」を観ています。

    「北朝鮮 vs 日本」なんですが、前半を終わって 0 - 0 という、こちらはなかなか緊張感のある良い試合になっています。^ ^


    ラミちゃんの冴えわたっていた采配も さすがに少しばかり鈍り加減で、自分の感覚では先発投手を引っ張り過ぎたように見えました。

    「デスパイネ」をなんとか封じ込めないと このシリーズは厳しそうです。

    DeNAにも なんとかひとつくらい勝ってもらって、シリーズを盛り上げてほしいと思います。(^ ^)

  • 最近よく出てくる「インスタ映え」・・・

    自分の感覚では料理が得意な「お母さん」が息子や娘のために始めた「キャラ弁」辺りが火付け役になったように思っているんだけど、最近は少しばかり度が過ぎていると思えます。(ー ー;)

    有名なアミューズメントパーク等では見栄えがするスイーツ等を持って「パシャリ」して インスタ等にアップした直後に ほとんど食べないまま「ゴミ箱にポイ」とか平気でする人も居るらしいとか・・・?

    自分的には タレントさんなどがアップしているのを見て感心したり、注目を浴びたりするくらいがちょうど良いような感覚です。

    デパ地下までもが「海鮮盛り弁当」を 透明で深めのパックに詰め替え「ミルフィーユ仕立て」にしてまで「インスタ映え効果」を狙って販売促進に繋げようとするのには少しばかりゾッとしました。

    見る分には良いかも知れませんが、間違いなく「食べにくい」と思います。(笑)

  • 清宮君を引き当てたのが「日本ハム」というのは想定外でしたが、毎年恒例で クリスマスの深夜に放映されている「明石家サンタ」では欠かせないキャストとして毎年のように被り物で登場してイジられている「木田さん」については往年の巨人軍のピッチャーだったのは当然知っていますが、よもや ファイターズの「GM補佐」という立場で、あのような大役を任されて大魚を釣り上げるとは 恐れ入りました。

    しかも 清宮選手を引き当てたのが直後のインタビューでは「昨日、さんまさんから 左手で引け・・・と言われたので。」とのオマケ付きでした。(笑)

本文はここまでです このページの先頭へ