ここから本文です

投稿コメント一覧 (8コメント)

  • 憎き空売り機関(Deutsche Bank London)の売り玉残高は何と!!
    802,000株まで増加し、3月末以降は増減±0となっています。
    《直近2日間の大商いでも買戻し無し》
    建て玉は2月、3月以前の約定値となっていて、現在は大損のマル焦げ状態( ^ω^)・・・・担当者は心理的に相当不安定だな???。
    買い戻しは必須の為 ≪アルバイトの売り煽り≫ ≪見せ売り株数≫ ≪ガセネタ≫等々、何らかの抵抗が画策されそうなので注意しましょう!!

  • 憎き空売り機関(Deutsche Bank London)の売り玉残高は何と!!
    802,000株まで増加し、3月末以降は増減無しとなっています。
    建て玉は2月、3月以前の約定値となっていて、現在はマル焦げ状態となっています。
    買い戻しの為 ≪アルバイトの売り煽り≫ ≪見せ売り株数≫ ≪ガセネタ≫等々、何らかの抵抗が画策されそうなので注意しましょう!!

  • 今日から変身( ^ω^)・・・・
    もてあそばれた憎い空売り機関(Deutsche Bank London)のマル焦げが見たいですね!!

  • 昨日からの連続投稿 《ガセネタについて》 広報へのお問い合わせの件。 株主の皆さまも安心のことでしょうね( ^ω^)・・・・
      ありがとうございました!!
    最近の株価急騰で含み損が拡大した空売り筋が切羽詰まっての行動ではないかと推測しています。

    ぺプチドリ-ムでは大量の空売り機関のアルバイト??らしき者が必死にウリ煽りコピペ投稿を繰り返していますが、株価は値上りするばかり、直近では機関の踏み上げが起きている状態となっています。

    SMBC日興証券のタカラバイオレポートでは『罫線から読むと、2018年8月頃までに、2,790円〜3,090円、場合によっては3,940円処か4,190円処まで上昇波動が拡大する可能性がありうる』としていますよ。

  • 今夜7時のNHKニュースで
    大阪大学医学部心臓血管外科の澤芳樹教授が、ipsで心筋細胞を作り心臓病の再生医療を行うことが学内で了解された。とのニュースがありましたよ("^ω^)・・・

     眼、そして心臓にips細胞の医療範囲は期待が膨らみます。

  • 2018 年のテン・サプライズ (意外な上昇の可能性を秘めた銘柄)
    SMBC日興證券 2018 年 1 月 31 日 株式調査部レポートより抜粋

    タカラバイオ(4974)
    当面 2,290~2,350 円処、先行き 2,790 円処か 3,090 円処、もしくはそれ以上への上昇。

    罫線では995 円(14/5/20)、900 円(16/2/12)、1,397 円 (17/8/14)で逆三尊底を形成し、上昇基調へ転換。先行き 2,790 円処か 3,090 円 処への上昇も。
    今後、1,900~1,950 円処のフシを上抜くと、4,295 円(13/5/9)で天井を打って以降で最大の反発が生じることになるため、上昇波動が拡大する可能性が高まり、まずは 2,290 円処か 2,350 円処へ上昇するとみられる。さらに、順当にいけば、1,530 日サイクルが到来する 2018 年 8 月頃までに、2,790 円処か 3,090 円処、場合によっては 3,940円処か 4,190 円処まで上昇波動が拡大する可能性もあり。

    と記載あり( ^ω^)・・・・
    本日、フシを一時的に抜いたので、ゆったりとした気持ちで長期保有します。

  • 1/30ニュースリリースを再度、良く読んで見てね!! 
      全額自己資金ですよ( ^ω^)・・・・
    読んでないようなので老婆心ながら、一部コピペしますね

    再生医療等製品の研究・製造施設の新設について

    タカラバイオ株式会社は、滋賀県草津市の本社地区に、あらたに再生医療等製品の研究・製造施設を建設し、あわせて同地区の既存の研究・製造施設の拡張を行うことを、本日開催の取締役会において決議しましたのでお知らせします。
    なお、総事業費は約73億円を見込んでおり、全額自己資金から拠出する予定です。

  • 1/30ニュースリリース『再生医療等製品の研究・製造施設の新設』について、日経バイオテクONLINEに
    ≪タカラバイオがベクター製造能力を従来の50Lスケールから2000Lスケールに拡大へ≫ の記事あり。

    これ凄くない( ^ω^)・・・・
    製造、供給量が一挙に40倍に拡大される・・・と言うことは
    需要の増大が確実に見込まれるのですね( ^ω^)・・・・

    再生医療の期待が益々膨らみます!!

本文はここまでです このページの先頭へ