ここから本文です

投稿コメント一覧 (43コメント)

  • 高崎からさらに30分ではとても行けません。後半まで競っていて、最後まで一列は代えられないような気の抜けない試合だったようですね。中本は怪我してますが、成蹊戦で出ていた岡田はどうしたのだろうか。帝京も去年の半分しか点を取れなかったので、日体大が強くなったということでしょう。

  • 日体大のフォワードが大きくて早稲田のフォワードといい勝負だったことは分かっていますが、フッカーとして試合をしていない細田を日体大戦で使うとは全く理解出来ません。器用な選手ですが、慣れないポジションで怪我したらどうするの?

  • 勝ち負けよりも、ポロポロと落とすハンドリングエラーの多さとつまらないペナルティは何とかして欲しい。これは指導と実戦を通してしか養えないでしょう。大山はBでは駄目だったが、Cの2回目のスクラムからはかなり押していた。これも実戦の中で勘を掴んできたのではないか。Cでは有賀が体が絞れて予想以上に良くなっていた。菅は突進力があり、走り切るフィットネスをさらに付けて欲しい。中島等の後半に出てきた選手が非常にスピード感があり、期待が持てる。
    一番の気がかりはスクラム、細田と吉田に頼り切りのため、坂田・中島・松本の復帰が待たれる。有賀も早く上がって来い。小原は元気そうで、まもなく復帰か。

  • 主力を休ませているので仕方がないとは言え、筑波戦での反省点が修正されていない。劣勢の時に指示や声も出ていないので、ゲームキャプテンがもう少し確りして欲しいと思います。ハンドリングエラーの多さは合宿中の実戦が少なかったことが起因してると思われます。
    次の明治と筑波の試合の方が見どころがあり面白かったです。筑波のフォワードが前半は頑張り、ペナルティが非常に少なく締まったいい試合でした。後半は筑波は層が薄いので交代させられず、明治が自力で圧倒しました。特にノーペナルティで高速のパスを回してくる明治のバックスのスピードが全盛期の早稲田のようで圧巻でした。
    慶應は明治戦が苦しいでしょう。ただ、明治が前半はスクラムが押せなかったこと、ラインアウトを嫌っていたことは弱点であり、セットプレーで慶應は確り対応すれば勝機はあるかも知れません。しかし、筑波戦で見られた相手に渡してしまうような軽いプレーは厳に慎まないと付け込まれるでしょう。ハンドリングエラーは明治が圧倒的に少ないことを肝に銘じください。慶應の関係者で明治の試合を見ている人がいないのは気になりました。ビデオでは分からないこともあり。

  • 何故、B戦に丹治や川合を使うのか理解出来ません。怪我したら、どうするの?怪我人が出たら困るので、試合数を絞っているというご意見もありましたが。

  • >>27113
    失礼しました。協会のHPに一番下にあったので、見間違えました。昇格して日大・法政に勝ち、リーグ戦6位でしたね。上り調子なのでしょう。

  • 本番直前なので、怪我人が出ないように祈りながら観ていました。両プロップのプッシュが強かったですね。佐藤、松村などを欠いていますが、全体としては個々の選手の良さが発揮されていました。ただ、実戦が少なかったせいか意味の無いペナルティが多かったのは反省点です。
    Bチームは前半にペナルティからゴール前ラインアウト、3本立て続けにモールで取られました。何故、相手ラインアウトにコンテストしないのか不思議に思ってましたら、ハーフタイムにコーチが指示してモール練習を始めました。今更、練習してどうにかなるものでも無く、クリーンキャッチされてからモールを押し返すより、コンテストして相手を惑わす方がベターかと思いました。A戦の後半から出ていた選手はまだ暑い時期なのでクタクタに見え、かわいそうに感じました。
    慶應が弱かった90年代にも練習相手になってくれた関東学院は徹底して回して来ました。現在リーグ戦最下位ですが、素晴らしいグランド環境の中、有望な一年生が45人入部と数年後には復活を遂げるかも知れません。
    さあ、筑波戦に向けて頑張れ!

  • ウィングで3本のトライを取れるのは全体として機能しているということで朗報です。ウィングのトライは端の方が多いでしょうから、古田が全部キックを決めたのもいいですね。去年より調子が上がっている感じです。キャプテンはどうしたのでしょうか。

  • 強豪校は少し前にスケジュールが出ていましたが、慶應との対戦予定は入っていません。日程調整に失敗したとしか考えられません。

  • 他校は夏の試合スケジュールが出ていますね。去年あたりから、全般的に日程の発表が遅くなりました。私もノーサイド倶楽部の掲示板で知るところとなりました。

  • スクラムは特に1番側細田の方から押してましたね。中島も安定してきました(苦労人良くやった)。開始直後、ライン際を崩され2本取られた時は嫌な予感がしましたが、前半の後半くらいから連続プレーが出始め、相手ゴール前、今泉の近場でのパスから栗原弟が2人かわしてナイストライ。その後は皆さま仰るようにスクラムを起点に個人技が中心ですね。筑波が良く研究しているようで、丹治の二次攻撃でのアタックなども読まれていました。今泉は少しパスが高く、相手ディフェンスにタックルされ易いので、もう少し低いパスだと展開が楽になるかと思います。筑波にまた傾きかけた時に権正が強烈なタックルをかまし、ノットを誘いました。こういう慶應らしいタックルを皆が心がけて欲しいです。

  • 本日の福岡工業大学は流石に九州ナンバーワンのチームだけあって、当たりが強く、また大きな外人も居て結構苦戦しました。最後は慶應が逆転して何とか勝ちました。布陣としてはBチームになるでしょうか、松本の1番側がスクラム押してました。瀬川のスピード感溢れるトライも見られました。彼は部員にも人気がありますね。初めてのフル出場じゃないでしょうか。怪我がちで、なかなか出場に恵まれませんでしたが、最後は黒黄を纏ってもらいたいです。

  • 古田の代役の豊田はスタンドの練習を余りしていないせいか、パスが山なりだったり、受け手が居ないところに投げてしまったりで、オフェンスに締まりが無かったです。3,4人弾き飛ばした辻の突進は凄かったですね。タックルに行った早稲田の横山君が怪我しちゃったようです。河合が相変わらずチャンスメークしていました。早稲田のでかいフォワードに何とかスクラムは耐えましたが、早稲田が直前に天理に圧倒されたことを考え合わせると、早稲田のスクラムが余り強くないのかも知れない。佐藤、辻、丹治がもどったばかりで、まあボチボチといったところでしょうか。タックルは幾分良くなったかな、しかし個人技に頼るので無く、組織プレーを深化させて欲しいです。

  • 志木高PR小林176㎝-106㎏、LO岩谷184㎝-102㎏、塾高HO岩田174cm-100kgは期待されていたのに、何故入部しなかったのか。この三人が居るか居ないかで天と地ほどの差がある。今までも志木高から入らないケースはあったが、これ程酷いことはない。上田氏のように内部でもきちんと声掛けするといった努力が足りないのではないか。GMの存在感が疑われる。しっかりせい!

  • 同志社OBの方、メッセージありがとうございます。仰るように同志社11番側で取られてました。12番、15番といい選手を揃えていますね。自校のチームを自虐的に卑下する書き込みが多いのでウンザリしていたところです。
    試合はもう打ち合いではっきり言えば、締まりの無い試合でした。慶應はフォワード、バックス共に当たり負けしていました。何度もラックでいつの間にかターンオーバーされていました。外に追い出すように行っても、ウイングで簡単に抜かれたらどうしようもないでしょう。ミスキャストだったと思います。瀬川あたり使えないの?バックスリーのディフェンス甘いです。全体としては点差以上に力の差があったと感じました。慶應はやはり辻、丹治、小原、山中あたりが居ないと決定力がありません。
    85年決勝メンバーの試合は橋本・五所・中野の一列、玉塚、生田、松永、村井大次郎など懐かしい人達の名前が挙がり、あの頃の記憶が蘇り楽しかったです。同志社も結構、走るし、両校OBが本気になっているのが分かりました。中野が担架で運び出されましたが大丈夫だったでしょうか。現役時代のパスを彷彿させる広瀬が出場した若手OBの試合の方が締まっていました。バックは解放していませんが、メインスタンドを埋め尽くす両校のファンの目は明るく輝いていました。

  • 5月4日の同志社第100回定期戦は両校の85年決勝メンバーが見られるので楽しみです。現役の対戦には辻、丹治、小原は残念ながら出場しませんね。特に小原は同志社に進学した仲間がいるので、出場の意欲あったようですが間に合わなかったのでしょう。今成がリザーブに入っています。先日の青学B戦では別格の動きをしていましたが、サポーターでぐるぐる巻きにしていて大丈夫でしょうか。吉田が怪我でしょうか、中島が入っていますね。2浪の苦労人、中島頑張れ!

  • ラグビー祭は欠かさず行って、新人の動向を確認していましたが、今年はパスしました。ホームページを見てがっかりです。AO枠で取ったであろう数名が入部していませんので、貴重なAO枠を浪費するなと言いたい。声掛けはしたけれど、他校に行ってしまった子もいるようです。幾つかのポジションに大きな穴が空くので、再来年が厳しいですね。

  • >>26958
    昨年の早稲田戦前に貴兄は早稲田のことを慶應の真似事をしている、最弱の早稲田は慶應には所詮勝てないという論調でした。その伝で行けば、一年生主体の早稲田に負ける訳ないですね。負けてしまうと今度はダメ虎と言うのですか。貴兄は明治のこともぼろ糞に言っていたので、もうどのチームも嫌いなのだから、大学ラグビーを見なければいいのじゃないですか?タイガージャージーをダメ虎というのだけは勘弁して欲しい。

  • >>26949
    全くそのとおりでした。川合は八艘飛びと言ったらいいのでしょうか、素晴らしい独走トライでした。当たりも強いので一本目で活躍して欲しい。松村のキックオフキャッチングもいいぞ。その他に目立ったのは細田とBチームの松本、安田です。また、Bチーム初出場の栗原の一瞬の切り裂くスピードも見応えありました。約一年半のブランクから足腰のフィットネスを高めれば、三列の候補になりますね。もう一人、安西のスピード、視野の広さも秀逸で、バックス何処でも務まりそうです。丹治とコンビもまた見たい。見ていて、ワクワクする選手が増えるのは気持ちいいものです。

  • >>26910
    余り個人名を挙げて批判するのはどうかと思います。堀切は怪我が続いていたし、ようやく4年を迎える頃にアキレス腱断裂という悲劇が襲いました。骨折と異なり、ふくらはぎなどの筋肉が戻らず、元の状態になるのは至難の業です。また、貴兄が昨年9月に辻の突破力が無くなったと投稿した直後の成蹊戦で辻は無理な突進をし、怪我をしました。この掲示板を見ているかも知れません。また、久我山や桐蔭の現役の子も見ているかも知れませんから、発言は気を付けていただきたい。貴兄の発言を見ていると、ただ虚しくなるだけです。
    誰か有力選手が怪我をすると、代わりがきかないという層の薄さは仰るように問題です。確かに、帝京などは幾らでも大きくて速い選手が次々と出て来ます。
    田中監督時代の不祥事が公となり、有力選手の志願者が減っている状況を打破するには、やはり首脳陣からの積極的なアプローチが欠かせないと考えます。どなたか上田氏ように熱き心で若者に語り掛けてください。
    中村君を始め今年入部する諸君においては、慶應の新しい伝統を君達の手で作り上げるというくらいの気概を持って、活躍してくれることを期待しています。出来れば、優秀な後輩も引っ張ってきてください。

本文はここまでです このページの先頭へ