ここから本文です

投稿コメント一覧 (8コメント)

  • ブロックチェーンの技術は、仮想通貨だけではなく、金融・貿易・製造・医療・農業など多方目に応用できる技術です。
    この技術の本質は、取引やモノの動きを安全かつ高速に、低コストで行うことができるものです。
    仮想通貨にばかり目が行っていますが、ブロックチェーン技術は、本来社会のインフラを構築する基盤技術として評価すべきものです。
    次世代の社会インフラを担う企業として、将来を期待しましょう。

  • 2日間でずいぶん下げました。
    個人的には、急激に上昇したので適度な調整なのかと感じていて、
    オウケイ株を”投機”的に購入した方は撤退すればよいと思っています。
    明日のQ2決算発表では過去最高益を更新します。
    オウケイ社の将来性に”投資”する方は、株式市場や仮想通貨の相場ではなく、
    オウケイ社のもっているブロックチェーンを基盤とする技術に着目しているはずです。
    短期のサヤ取り目的ではなく、将来に向けた投資をする真の投資家の目線では
    オウケイ社は注目すべきものと映っているでしょう。
    ここの投資は長期的な視点で取り組むべきと考えています。

  • 業績上方修正で、PER136倍から95倍になりましたね。
    来期収益見込みを8億と想定すると、PER20倍です。
    再来期見込み20億として、PER8倍です。
    株価は将来収益で動くことを考えたら、まだまだ上方余力十分と思います。

  • オウケイウェイヴの評価される理由は、仮想通貨を成立させるためのフィンテック技術が評価されているからです。
    お金の本質とは、価値にたいする合意によって成り立っています。
    ビットコインをはじめとする仮想通貨も、ネット上で価値に対して合意が形成されており、優れた決済性を持っています。
    現在、投機対象となって決済性が生かされていない面がありますが、いずれはその利便性で真価が認められると思います。
    利便性の例としては、為替変動がなく送金コストが極めて安いこと。国家の制約がないことなどです。
    大きな変化の流れは国の政策などでは止められません。そこに合理性がないからです。
    人に例えれば、年収60万円の人が1000万円以上借金している人が発行する通貨(日本銀行券)とビットコインの将来的な信頼性はきっと逆転します。
    仮想通貨の成立基盤となる技術を持つオウケイウェイヴ社が次世代のインフラ企業となる可能性に期待したいと思います。

  • コインチェックの仮想通貨流出事件は好材料!!

    投資家は、信頼できる事業者を選ぶことの重要性を認識したことでしょう。
    堅牢なQ&Aシステム構築やブロックチェーンの技術を持ち、信頼性の高いオウケイウェイブが
    投資家に選ばれることになると思います。

    これからの展開が楽しみです。

  • ブロックチェーンの信頼性に基づくフィンテック技術の将来性に期待して
    人気化している銘柄ですので、PERやPBRなどの指標はあまり参考になりません。

    仮想通貨などの決済性に優れた技術による金融革命の基盤となるものを持っている
    ため、将来の大ブレイクが期待できます。

    将来収益を考えれば、現在の株価水準であれば数年後にはPERは割安になると思われます。

    今は、短期のサヤ取りよりも安値で拾ってホールドすることが億り人への近道と思います。

  • 無借金経営で、手元キャッシュも年間売上の半分もあるので、
    財務内容は抜群です。
    注目されていない今が仕込みのタイミングと思います。
    NISAで買います。

  • ホンハイの増資により、シャープの一株当たり純資産は、ざっくり60円強です。
    現在の株価は106円ということで、プラス46円
    これが割高かどうかは今後の業績次第といったところですが、
    シャープがホンハイとのシナジー効果により黒字化すれば、繰延税金資産約3000億円が再計上されますので、純資産が一気に120円強になります。
    相場はすでにそのあたりを見越してまだ上昇余地があると判断しているのではないでしょうか。
    百円以下で仕込みましたので、当面様子見したいと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ