ここから本文です

投稿コメント一覧 (49コメント)

  • あと3週間でいよいよプルームテックが鳴り物入りで全国販売開始です。
    賢明な仕込みのタイミングはここ2週間ぐらいになると思います。
    年末にはよりキックのつよい別バージョンのプルームテック発売も決まっています。
    加熱式たばこシェアが急上昇してからでは仕込みは遅いかもしれません。
    個人的には、近年にない話題商品の全国展開⇒世界展開の流れで株価は将来期待値込みで
    過去最高値を更新すると思います。

  • プルームテックの全国発売になったら、TV等のマスコミで話題になること間違いなしです。
    こうご期待。

  • > > 休み明けからガンガン下げるんで宜しくw^o^空売りフィーバー♪
    > 全力でガンガン売りましょう。
    > みんな期待しています。 ぜひ、期待に応えてください。
    補足です。
    私は買いますけど・・・

  • > 休み明けからガンガン下げるんで宜しくw^o^空売りフィーバー♪
    全力でガンガン売りましょう。
    みんな期待しています。 ぜひ、期待に応えてください。

  • 2018/05/02 11:25

    配当利回りに着目

    JTの今期の年間配当(予定)は1株あたり150円です。
    一般に高利回り銘柄といわれる利回り3%とすると、株価は5,000円
    ベスト50位に入る3.82%とすると3,926円
    超高配当(4%以上)とすると3,750円です。

    現状の配当でも上昇余力は十分です。
    決算数値も良好であるため、安定配当銘柄として4,000円くらいまでは
    ファンドも組み込みをおこなうでしょう。

  • > それそれー皆さんもご一緒に空売り♪空売り♪
    応援します。
    資金の限界まで頑張って下さい。
    幸運をお祈りします。 南無阿弥陀仏

  • > 俺の空売りタイムのお時間です。
    応援します。
    資金の限界まで頑張って下さい。
    幸運をお祈りします。 アーメン

  • > もしかして素人が信用売りを始めたから
    > ふるい落としにかかったのでしょうか?
    仕手化できる規模の時価総額ではないです。
    決算発表の内容を踏まえての評価です。 
    過度の警戒感が緩和したことと、プルームテック全国発売に反応しただけです。

  • たばこ感を簡単に出せるよう、icosやgloは300度近くの高温に加熱させますが、
    プルームテックは安全・健康・環境性能を重視し、30度の加熱でたばこ感が出せるよう研究を進めました。
    この開発と生産技術の確立に時間を要しましたが、他社を凌ぐ商品として全国販売が開始されます。
    後発となりましたが、国内市場でトップシェアを確保するのは時間の問題と思います。

  • 6年前のたばこ税が大幅にアップし、株価がダウンしたとき以来の安値です。
    当時は、紙たばこ縮小の中でJTの将来への不安が多くありましたが、
    現在では、多角化経営(食品・医薬品)と国際化により、国内の紙たばこ市場に
    それほど多く依存しておりません。
    また紙たばこ市場の縮小に対し、加熱式たばこプルームテックの準備が整いました。
    市場の変化に対し、着々と手を打ち高配当を維持しております。

    安定高配当銘柄として長期保有にメリットを感じる方も多いのではないでしょうか。

  • 次のヤマはプルームテックの全国発売

    いよいよ6月4日からプルームテックが全国発売されます。
    使い勝手の良さから、加熱式タバコの大本命となるでしょう。
    高温に加熱が必要なICOS、グローに比べて便利さや携帯性がずば抜けており、
    健康や環境への対応も優れています。
    また、価格のやすさからも消費者に支持されるでしょう。

    当初、生産技術の確立に苦労していましたがようやく準備完了し、
    一気に普及の年になりました。
    プルームテックは、日本市場の成功後には世界市場が待っています。
    健康や環境への配慮から、世界の市場は紙巻から加熱式に移行します。
    加熱式の覇権を握るであろうプルームテックの成功が、JT
    株価4桁へジャンプアップする起爆剤になるでしょう。

  • >>No. 317

    > では、購入されているのはビッドコイン等時価総額上位の仮想通貨ですね?

    すみません。
    買っていません。 

    以前、試しにビットコイン購入を検討したのですが、使用できる店が少なくやめました。
    ※住んでいるところが東京ではないので・・・

    仮想通貨に必要なのは優れた決済機能と考えており、投資対象とは思っていません。
    にもかかわらず、購入すれば投資のつもりでなくても、保有すれば所得税の申告が必要となり、
    株より税率が課せられます。
    決済に使われなければ、投資家どうしのババ抜きです。
    ババ抜きに参加するつもりはありません。

    電子マネーレベルの決済性が満たされれば、購入したいと思います。

  • >>No. 310

    > > n_mさんは、仮想通貨を買われているとのことですが、ここが19%出資しているICO価格91円のコインの発行枚数をご存知ですか?

    すみません。
    購入しておりませんし、把握しておりません。

  • >>No. 280

    > 新興株ですからPER30~40倍位に買われることはありますけど、妄想、仕手により現在まさかの200倍弱ですからね。
    > 一株利益が小数点や1円程度ならPERもかんけいありませんけど、ここは10円台ですからね。
    > また、時価総額も中型株並ですので、ここからもし更に人気化したとしても倍とかは考えにくく、逆に妥当株価まで下がれば資産失くしますね。
    同意です。
    フィンテック銘柄として昨年も年初に仕手戦が行われましたが、パンチ不足ですぐ失速しました。
    今年はICO銘柄として昨年よりもインパクトがあり、仕手戦でかなり買い上げられました。
    しかし、実態は有価証券報告書のセグメント分析を見れば、どの事業で収益を上げているかが
    わかるはずです。
    仕手材料は、昨年も今年も収益実態を伴っていません。

  • >>No. 130

    > それを、さも儲かる事業であるかごとく妄信して高値で掴めば資産を失うことも懸念されますので、現状を直視してくださいね。
    同意します。
    有価証券報告書等で事実をきちんと把握することが重要です。

    > さらに、出来高減少、人気離散かも?
    2月6日の90万株が出来高のピークでした。
    浮動株の所有者が、ほぼ仕手筋から一般投資家に置き換わったことで恣意的な株価の動きや
    出来高は減少し、株価は本来の実力水準に収束していくでしょう。

  • 潮が引くように、先週後半から出来高が減少しています。
    すでに仕手筋が手仕舞いし、波が通り過ぎたようです。
    しかし、今期はFAQソフトが牽引し増益ですし、来期も増益見込みですので
    PER20倍程度の株価は維持できるでしょう。
    500円から700円といったところはキープできると思います。

  • 四季報は2月の株価まで反映しています。業績見込み等も2月上旬まで取材しています。
    それよりも、今話題になっているマイクロソフトとの提携のほうが2008年と古いのですが・・・
    そもそもマイクロソフトとの提携の目的が「OKWAVE」とマイクロソフトの「LIVE Search」の
    連携強化のためです。
    仮想通貨やブロックチェーンとは関係ありません。
    そもそもブロックチェーン技術を含めてソフトウエア技術は、マイクロソフトとオウケイウエイヴでは、
    比較できるレベルにありません。
    マイクロソフトによるM&Aはあり得ません。

  • 四季報春号はもう販売されています。
    サプライズはまったくありません。

  • 出来高が20万株ちょいと、かなり細ってきました。
    3月16日時点の日本証券金融では、
    信用買残 146,700株、信用売残 23,700株、差引 123,000株
    細った取引で信用買残の撤退が困難になりつつあります。
    もう、投機筋は撤退完了していますよ。

  • 四季報春号も発売され、実態が見えてきました。
    利益剰余金のマイナスは早くても来期までは解消されず、配当がありません、
    一株あたり利益は、今期19.5円、来期24円です。
    株価3700円を稼ぐのに150年位かかりそうです。

    これを見越して、すでに出来高が徐々に萎んできています。
    退路はもう僅かしか残されていないと思います。
    撤退戦はもう最終段階です。 ご注意ください

本文はここまでです このページの先頭へ