ここから本文です

投稿コメント一覧 (1コメント)

  • 2016/11/01
    がん治療薬:腫瘍溶解性ウイルスHF10の米国第Ⅱ相臨床試験の主要データを発表
     
    【発表日時】
    ●13回国際メラノーマ研究会議年次総会
    (13th International Congress of the Society for Melanoma Research)
    日時:2016年11月7日 午後6時~8時(現地時間)
    場所:Boston Marriott Copley Place, MA, US
     
    ●第31回国際癌免疫学会年次総会
    (31st Annual Meeting & Associated Programs Society for Immunotherapy of Cancer)
    日時:2016年11月10日(現地時間)
    場所:Gaylord National Hotel & Convention Center, MD, US
     
    【第13回国際メラノーマ研究会議年次総会の要旨】
    対象
    切除不能または転移性メラノーマ患者
    投与;46例(有効性評価可能症例;43例)
    ステージIIIB(20%), IIIC(43%), IV(37%)
    評価項目
    有効性(腫瘍縮小効果、無増悪生存期間、1年生存率 等)、安全性、免疫学的検査
    投与
    併用投与;
    HF10腫瘍内投与(1×107TCID50/mL、計6回、継続可能な症例は最大19回)+イピリムマブ静脈内投与(3mg/kg、3週毎に計4回)
    試験結果
    ●因果関係を否定できない有害事象の大半がグレード2以下、グレード3が3例、グレード4が3例。
    ●用量制限毒性は観察されず
    ●投与症例(46例)のうち、24週経過時点での奏効率は41.8%(完全奏効(11.6%)、部分奏効(30.2%))、安定(25.6%)
    ●同上24週以降も含めた奏効率は48.8%(完全奏効(18.6%)、部分奏効(30.2%))、安定(18.6%)
     
    HF10は、イピリムマブとの併用により、同剤の毒性を増強することはなく、安全性の高い治療法である。また、局所投与でありながら、投与部位のみならず全身的な効果についても期待できる治療法である。

本文はここまでです このページの先頭へ