ここから本文です

投稿コメント一覧 (80コメント)

  • 森監督は現在、野手、投手、共に結果発表無しでファンは困惑している。
    セリーグ打撃成績(規定打席)28人中、中日は大島、ゲレーロ、京田の3人だった。
    これでゲレーロが抜け、大島と京田の2人となるが、これでは戦えまい。
    京田以上の即戦力内野手がいたのに、なぜ獲得しなかった?
    ファンの中にも、対球団に対する意見ははあるが、ドラフトに於ける野手獲得の
    話はほとんど聞かない、不思議である。
    投手も野手も駒不足とは、両リーグでも、さすがに無い。
    ファンは最下位に為すために、応援はしていない。
    それで、クローザーにヤクルトを離れた、ルーキを獲ったらどうだろう。
    中継ぎ投手はルーキ、田島、又吉、谷元、岡田、祖父江、三ッ間、
    彼らで強力な中継陣を作り、小笠原以外の先発投手は、5~6回迄投げ切れば
    強力中継ぎ陣で、押し切ってしまう。
    小笠原がエースとして、12勝8敗、四つの勝ち越し、
    そして、他の先発の勝敗を、中継ぎの力でイーヴンに出来れば、
    ギリギリ、Aクラスの目途は立つ。
    ①野手はこの際1年契約で村田(サード)を獲る。背に腹は代えられぬ。
    契約金は3~4000万円位で、出来高(打点、出塁率、本塁打)5000万円を
    提示すれば、村田もその気になると思います。
    来年のドラフトで、即戦力の3塁手(大卒)を獲得し、且つ村田をもう1年延長(最終)して
    競わせて育てあげる。
    ②セカンドには韓国人選手を獲得する。これも溝脇が育つまで1~2年間
    ③そして福田はレフト入る。こうなれば戦える

  • キャンプのさなかに、監督がいないで
    来年度のチーム構成上、必要な特定選手の強化が出来るのか?
    だから、おおざっぱに選手全員、10%アップなんて話がでるんだろ?
    指揮官が選手を探しに行くなんて、フロントを含め球団の体をなしていない。
    中日本体は、部長じゃ課長じゃと、組織してるんだろ?
    お遊びで球団もっちゃいけないよ。
    球団を持つ以上組織を整備して、金を出さなきゃ。
    現在、チームで足りない選手は、3番を打てる外人野手と
    セカンドで2割8分以上、打てる日本人選手です。
    外人野手はサードか外野手、それに合わせて5番福田がサードか外野に入る。
    セカンドは溝脇に期待しているが、育つまでFAで大和なり明石?なり
    獲得して欲しい。
    監督は先発2枚と3番を打てる野手を、探しているのは間違いない。
    監督がいなくとも、球団社長はセカンドを守れるFA選手と交渉位しなさいよ。
    いつも掛け声だけじゃ、白けてしまうよ。

  • 京田よ、契約更改でも同じ話が出ると思うから、先に言っとくが
    安打 149本打って 打率,264だった。 横浜の宮崎は
    安打 155本打って 打率,323の首位打者だった。
    今季の端から京田は出塁率で、年俸を上げる選手と思っていたが
    大学出は選球眼を磨いて四球を選べ、27個は少ない。
    チームに貢献は、した様でしていない。長嶋さんを超えたかったか?
    目標は鳥谷みたいな選手になり、チームを牽引する事と
    生涯四球1000個を目指すこと。 所で、
    2軍監督が全員のレベルアップなんて、いつかも聞いた様なコメントを
    出しているが、例えば全員10%アップして1軍で通用するのか?
    全く危機感無しだな。2軍監督は、1軍で通用する選手を、
    数名でも仕立てる事であって、キャンプはウエスタンリーグの
    小競り合い用の選手を、強化することではないんだよ。
    1軍に近い選手を数名「強化指定選手」として、なぜ鍛え上げない。
    そういった球団を俯瞰した、マネジメント能力が無いのなら
    辞退した方が、球団の為になる。
    それから、チョンボの波留打撃コーチよ、バント失敗の選手を見て
    頭をひねるな。ベンチの選手達が見てるぞ。ムードを壊してどうするの?
    京田が三振してベンチに戻ると、声を掛けているが三振した球の確認だろう?
    暫くするとベンチ担当アナが、波留打撃コーチは、こう言ってますなんて
    TVであるが、他の選手には、お前さんでは聞けないだろう。
    京田に選球眼の話をするでなく、長嶋さんを超えたら自慢でも、したかったのか?
    最後に土井さん、体格も振りも似ている、デスパイネの打撃フオームと
    ビシエドの打撃フオームを、動画で重ね合わせて、見せてやって下さい。
    ビシエドはスイングを、左膝が支えきれないので、前に突っ込むのかと
    思っています。

  • 日本シリーズを見て思うが、横浜みたいに走れないのはダメだね。
    中日も50m走を6秒2以内の選手でないと、
    ドラフトでエントリーしない規約を作る必要がある。
    ホームラン打者は、走れない、守れないは昔の話で
    柳田や秋山のような選手を、探さななきゃいけない。
    野球は進化していることが、理解出来なければ取り残される。
    今年、京田が入団して雰囲気が変わった。
    ならば、もう一人京田みたいな選手がいたらと、考えないのだろうか?
    大島含み3人並べりゃ、必ず一人は出塁するから、常に塁上を賑わし面白く
    それを中心打者が打って、点を取る。シンプルに考えることが出来ないのかなあ?
    ドラフトで大卒22歳と高卒18歳と、どこが違うのかね?
    今年のドラフトで打てる大卒がいたが、まず来年互角に戦えるチームにしてから
    毎年好きなだけ高卒を入れれば、良かったのでは?血管が硬いのかな?
    悔やんでもしょうがないが。
    所で、大リーグの青木(35歳)は、あと3年は十分出来るので
    3年、7億5千万で契約すべし。3番レフトにすれば外野は青木、大島、平田
    控えに藤井と松井祐介で外野の層は、他チームなみになる。
    内野はサード福田、そして韓国リーグに、セカンドで2番か5番を打てる打者は
    いないか探して欲しい。7000万出せば必ずいると思うが、どうだろう?
    そうなると、内野の控えは亀澤、溝脇、石川、谷、来年後半に石垣も出てくる。
    投手はクローザーにヤマハの鈴木と田島を抜擢し、又吉はあくまでセットアッパー
    先発は6~7勝見込める外人を、あと二人探すことが必要。
    ジョーダン含め3人でローテーションさせるとよい。
    これなら、来年Aクラスに間違いなく入るし、
    フアンも応援しがいがある。
    森さん決断ですよ。

  • ⑦ もしも田中俊太を他球団が獲得した時は
    その時は、サード宮本丈、そしてセカンドに山崎(国学院大)を獲得する。
    入札で田中俊太を獲得すれば、指名出来る順番は3番目だから、
    宮本も獲れる。ヤクルトもロッテも2巡目指名は投手と考えます。
    昨年も野手2名獲れたが、1位を柳にしたので、
    来季巨人を大活躍で引っ張る、吉川尚輝を獲得できなかった。
    今年のドラフトでは、そうゆうことが無いように願います。
    意中の即戦力投手は1名だけに絞って臨むこと。
    獲得できれば良いし、出来なければ内野手が獲れます。
    1位で即戦力の先発投手が、獲得できない時は
    タフガイ阿知羅投手を秋、春のキャンプで育てるのが監督の仕事です。
    まあ、143試合全部勝たなくても良いですから、
    まずは、半分ちょっとの75勝目指してください。それからですよ。

  • 中日の野手陣
    戦力は足りず状態はどん底だ。
    的確な戦力補強で、土台を作る必要がある。
    ① ドラフトで選手層をあつくし、今後10年の土台を作る。
    12球団一野手の層が薄く、誰が監督になっても同じだった。
    今年補強を怠ると、来季はダントツの最下位になる。
    ゲレーロが残留すればいいが、残らぬときは代わりの外人(外野手)となる。
    ビシエドもシーズン通して働かず、来年も分からない。
    されど、これらをカバー出来るのが福田選手で、福田が来年のキーマンとなる。
    他球団の主力のエルド、筒香、中田、内川、T-岡田他は、1塁とレフトに入っている。
    来季は福田も同様に1塁とレフトを守って貰いたい。
    福田の一層の自覚が求められる。
    ② 今ドラフトで内野の整備をする。
    セカンドに田中俊太(日立製作所)、サードに宮本丈(奈良学園)
    2名とも走攻守に優れ、長打を打てる田中を3番セカンド、
    大学一のヒットメーカー宮本を2番サード
    ③ ドラフトでの注意点
    1位で意中の投手が獲れない時は、今後10年の土台作りで、内野手獲得に、
    切り替える事。 他球団が精査して1位指名しなかった投手を、
    再度抽選漏れとの理屈を付けて、獲りにいかない様に願います。
    それは必ずババ掴みとなる。
    その時は1位田中、2位宮本、投手は3,4,5位で獲ればよい。
    ④ 外野手は
    レフトに福田、センターに大島、ライトは新外人か平田
    ⑤ 打順
    大島、宮本、田中、ビシエド、福田、新外人(平田)、京田、捕手
    ⑥最後に
    しがらみで選手を選別しない様に、明治大学、駒沢大とか取らない様に。
    同じ事なら今季1軍で代打、内野手として働いた、西武の渡辺なら役に立つ。

  • 投手陣のきざし
    来年を含み2年で中日は投手王国に又なる。
    若手の大野、小笠原、鈴木、笠原、4人に加えて
    今年のドラフト1位で即戦力の先発を獲る。
    これに外人先発を1名獲得すること。残留のジョーダン入れて2名。
    若手5名×16試合・・・80試合
    外人2名のローテで・・・28試合
    これに伊藤準、阿知羅、若松、吉見、柳の5人先発で35試合をまかなう。
    特に阿知羅は1本立ちが期待できるので、キャンプで努力して欲しい。
    中継ぎは、抑えに外人を獲ること。これが肝腎要です。
    外人、田島、又吉、谷本、岡田、祖父江、三ッ間、小川
    ビハインドゲームに小熊、佐藤優らブルペンに入れるだけ入れる。
    問題は2点、先発とクローザーの外人を各1名獲ること。
    日ハムのマーテイン、ヤクルトのルーキの動向は注意しておくこと。
    即戦力の先発投手をドラフト1位で獲ることだが、
    直球150k、フオーク、スライダーを最低でも投げる投手を獲得すること。
    140k程度ではプロでは無理、柳はそれが分かったので、今後が楽しみです。

  • オリの吉田正尚のホームランを見た。凄かった。
    吉田正尚が復帰したので、オリ宮崎の出番が減った。
    CS進出に必要な戦力と必ずなる。
    金銭かトレードで是非獲得したい。
    足の速い宮崎がレフト、ゲレーロ3塁、福田1塁、平田ライト
    1、京田
    2、宮崎or亀澤
    3、大島
    4、ゲレーロ
    5、平田
    6、福田
    7、宮崎or亀澤
    8、松井雅
    9、投手

    ビシエドは昨年も最初だけで、尻すぼみ
    前に突っ込む癖を少しでも変え様と、土井コーチを入れたが
    理解力が無いのか治らないし、NPB野球をしようと思っていない。
    逃げ癖か、読みが甘くて帰って来れない。まさかと思うが複数年契約は
    そもそもあり得ないと思っている。
    ジョーダン、バルデス、ゲレーロはプレーに期待できるし
    手厚く処遇して欲しい。この3人は手抜きはしない。
    今後2~3年は在籍して、優勝の原動力になって欲しい。
    手抜きせず、ベンチを明るく出来るのが、亀澤に勝るとも劣らない
    宮崎で、森脇さん、あなたの役目は、中日に少しでも役立つ選手を
    推薦する事です。
    タイトルであるコンバートは、足の遅い内野手では、外野手にも成れない。

  • ずっと気になる事がある
    ホークスの東浜にアウトハイ、インハイそしてインローのシンカーに
    カラ振りした件、交流戦も同様で、150k超のアウトハイを
    攻略する必要がある。原因は振り遅れている事。
    秋山選手がスッと立つ打席の姿勢は美しく、調子のバロメーターであるが
    スイング時、左肘を締めてくるので、右脇が開いている様に思う。
    体幹軸が傾き、右腰がながれる。
    これは両脇が軽く締まれば良い訳で、上げた右足を着地(踏み込む)する時、
    同時に左肩に担いだバットのグリップを、両脇が軽く締まる程度に下方に
    グリップ1つ分下げる。 細かく云えば
    打席で構えたバットとグリップの握りと角度を変えず
    剣道のメンを打つ要領で、グリップを立て乍ら、グリップ1つ分下げる。
    すると、少しナナメ上向きにヘッドは立ち、立ったヘッドで、
    袈裟切みたいに、上からボールをたたく。
    グリップを下げる位置は、右足踏み込み後の、左腰のズボンの 
    ポケット位置の前上方になる。
    両腕を真横に開き、手から手に円を描くと、ヘッド軌道となるが、
    グリップ1つ分下げる、予備動作を入れれば、体幹軸から左手側の
    半円の半分、つまり、円の四分の1をショートカットして振る事になり
    スピードボールに対抗出来る。
    ミート迄の、ボールとヘッドの距離間隔が、短くなるのでミートの確実性は増す。
    右腰の水平回転のリードで、鋭いミートからフォロースイングで飛距離を出す。
    大事なのはスイングする両手の握り具合、立ってくるヘッドを支える
    手首の角度を保持する事。
    そして、真っすぐ立った姿勢を軸に、クルッと回り、スイングを
    ホオローでする感じと、その回転の速さだと思います。

  • 投手は先発中継ぎ共充実している。
    中日はスピード野球を目指して欲しい。
    ゲレーロは昨年ゲームに出てないので、感覚さえ戻れば
    問題なく打ち出す。クロマテイ並に打ちます。
    問題はビシエドで、当初から7番と考えていたが
    監督、ビシエドにアッパースイングを指導すれば
    右脇が締まり、右足体重で、前につんのめは治るのでは?
    ( ⅭS進出に向けて )
    中日の選手は相対的に考えて野球をしていない。
    チーム不振の原因に2人いる。
    遠藤(28才)周りから長打が打てると乗せられて
    振り回している。遠藤の良さは懐が深く、足が速いことである。
    マスコットバットで鋭くミートして、
    塁間を強烈なゴロ、又はライナーで抜き、打ち上げない事。
    兎に角、出塁率を上げて1番左翼に定着する事。
    阪急にいた福本選手みたいになれ、寸胴の径の大きなバットで
    鋭くミート、これをしないと3年もすれば戦力外になるぞ。
    もう一人は京田選手、これまた何を勘違いしているのか
    振り回している。京田の売りは只一つ、足が速い事。
    大学出はセリーグのチーム、特に内野手を研究したか?
    巨人の1塁阿部3塁マギー、広島1塁新井等
    阪神、ヤクルト、DENAの内野手と投げてる投手を見れば
    セーフテイバントをして下さいと、相手チームは言ってるじゃないか
    京田はプロでは、ホームラン打者にはなれないのだから
    今後、年俸を上げていくには、出塁率を上げるほかない。
    頭を使って2番に定着しろ

  • お屠蘇気分で徒然なるままに
    肉体の限界まで鍛えた武蔵は、櫂を振り上げ
    小次郎の脳天を打ち砕いた。その時
    波打ち際を走った武蔵は、小次郎と間合いを取っていた。
    投手と打者で比較したとき、立ち位置から距離は変わらない
    あるのは時間的間合いと、心理的間合いだが
    昨シーズン、秋山選手の始動は、投手の上げた足の着地寸前に
    足を上げ、リリースに合わせたスイングであった。
    見ていて、せわしなく、余裕がないスイングは、ややもすれば、
    タイミングが合わず、フルスイングが出来なかった。
    投手と同時に足を上げ、「さー来い」と待つ、そこに間合いが出来
    余裕が出来る。すると投手のリリースと、打者のスイングのあいだに、
    時間的に間(ま)ができる。それは、1/100か、1/1000秒だろうが
    間があればフルスイングが出来る。
    間とは適切なタイミングだろうが、心理的間合いでは、
    投球動作や球を、良く見る事が出来る。
    秋山選手には、他に類を見ない打撃フオームを、確立して欲しい。
    そして今後10年、毎年200安打、20本塁打、20盗塁を
    目標に、精進して欲しい。

  • 【二刀流】
     昔、芸事は一つを極めよ
     だが、天賦の才あれば、二つでも三つでも良い。
     冬に浪曲師は、潮風でノドを潰し、浪曲をうなった。
     練習を重ね、声を出し、走り切った、秋山選手の声は
     男らしく、フアンを魅了しています。
     声を聴きたくて、ヒーローインタビューを、心待ちにしています。
     球界に類をみないその音声は、声優としても成功を思わせます。
     オフには声優としてデビューし、フアンを喜ばせて欲しい。
     フアンが夢見る二刀流です。

  • エッ、小泉議員に3タコ
    そんなことだから、お節介をしたくなる。
    そう言えば、夏場に疲れているのか、打てない時が有った。
    春先から内角攻めされたが、一瞬の振り遅れか、タイミングが合わないのか
    捉えきれず、左へフアールが多かった。
    投手は足を上げ、次に着地し、腕を振って投げる。
    秋山選手のタイミングの取り方は、投手の着地に合わせて足を上げ
    腕振りに合わせてスイングすること。
    しかし、216本も打つ打者に、タイミングを合せない様にする為
    投手は着地の間合いや、テークバックに変化をつけ、ズラしてくる。
    多様な投手の一人一人に、タイミングを合わせるのは、至難の業と思う。
    今の様に、投手のリズムに合わせて振るのでは、目標の200安打は容易ではない
    問題は、投球動作に合わせてスイングしている、その一点にあると思う。
    投手は必ず足を上げ、着地し、投げて来る。これは変わらない。
    ならば、秋山選手は、投手のリズムに合わせない、追いかけずに
    秋山選手のリズムで待つ。・・投手と同時に足を上げ、右腰を水平に回し、
    「サアー投げて来い」と待つ。
    上げた足を投手は ①着地し、②腕を振って投げて来る。
    秋山選手はその動きを、①、②・・イチ、ニ とカウントして振る。
    時にはイチ、ニイーもあろうが、兎に角 イチ、ニ 、スイングである。
    佐々木小次郎は、落ちて来る滝を払い、飛びまわるツバメを追わず
    飛んでくるツバメを待って、一瞬に切り払った。
    超人秋山選手なら出来る技である。

  • 巨人はの補強は終わったかな?
    ドラゴンズは後、先発、中継ぎの外人を物色中です。
    巨人がタイソウ補強したので、その比較をした。

       中 日     巨 人     比較
    1番(中)大島   (中)陽     大島=陽      若干大島が有利か  
    2番(遊)京田   (二)吉川    京田=吉川     守備位置が変われど技量は同じ
    3番(右)平田   (遊)坂本    平田<坂本     勝負強さは(打点)平田が上
    4番(三)ゲレーロ (三)マギー   ゲレーロ=マギー  変わらないと思う
    5番(一)福田   (一)阿部    福田<阿部     これは理屈なし
    6番(左)ビシエド (右)長野    ビシエド>長野   これはハッキリしている
    7番(二)阿部   (左)ギャレット 阿部<ギャレット  阿部に打撃のコツを掴んで欲しい
    8番(捕)杉山   (捕)小林    杉山=小林     技量は同じ、伸びる可能性は杉山が大きい
    9番(p)吉見   (p)菅野

    ドラゴンズの投手が、坂本と阿部を抑えれば、いい勝負ができる。
    ただ、控え選手は中日<巨人で差は大である。
    来年CS進出可能だし、来年、再来年と、ドラフトで野手を整備すれば
    再来年には優勝することが出来る。

  • オーダーはこうなるのかなー
    【2017ドラゴンズベストオーダー】

    1番 (中)大島 
    2番 (遊)京田
    3番 (右)平田
    4番 (三)ゲレーロ
    5番 (一)福田
    6番 (左)ビシエド
    7番 (二)阿部
    8番 (捕)杉山
    9番 (投)

        捕手木下は期待しているが、何というかキレがない。
        1軍のスピードについて、いけて無い。
        もう一段レベルアップして欲しい。

  • 大島と平田の残留を受けて、森監督はサードの獲得に動いた。
    監督はゲレーロを内野か外野で使う話で、ビシエドとの兼ね合いで
    どちらかが外野と言った処だが、今季のビシエドのリタイア後の
    内野陣は、1塁福田 2塁不確定 3塁高橋 遊撃堂上
    このメンバーで、1塁福田以外は他球団の、ベンチウオーマーや
    ベンチ入り直前の選手等と大差なく、今年1年打ち合いに負けた
    監督からすれば、内野で唯一期待できる福田を、わざわざ
    ビシエドを1塁にして、ゲレーロを外野、そして福田と高橋を
    サードで競わせると云う、まるでフアンの様な発想は無いだろう。
    森監督からすれば、その辺りのことは、十分に把握出来ている。
    福田は1塁で、思い切りの良い打撃に期待している。

  • チーム編成の基本はドラフトで、強化ポジション如の選手を獲得し
    練習でレベルを上げて行く事であるが、一気に選手は揃わないので
    その間を繋ぎ乍ら、且つチームレベルを一段と上げ、戦う為に
    外人助っ人は、重要な役割を担っている。
    その意味でも、ゲレーロの獲得はビシエドと共に、非常に心強い。
    ポジションとしては、治っているとは思うが、膝に不安のある
    ゲレーロはサード、打席で気負うビシエドはレフトが良い。
    その為かどうか分らないが、守備範囲の広い京田がショートに入り
    レフトからのバックホームに、素早い中継が可能となった。
    守備エリアが広いので、一歩程サードよりに守ってくれれば
    三遊間の際どい打球を追い、ゲレーロのバックアップが出来る。
    ビシエドはレフトで、飛球を追って走った方が良い。
    多分それが打席でも、生きて来るのではと思う。
    勿論、大島、平田の守備範囲は広いので、少しレフト寄りに
    シフトすれば十分に守れる。これにより、打ち負けないチームが出来、
    投手は頑張るし、いよいよ来年CS進出が可能となった。

  • ドラ1位の柳投手・・・・誰が推薦したんだろう?
    ヤクルト相手に1イニング投げたが、本人は反省しきりだろう。
    春季キャンプで、プロ仕様になれば良いが・・・
    ソフバンに鳴り物入りで入団した、東浜巨を思い出した。
    コントロールが悪いのか?138kのストレートは浮くし
    自慢のカーブと思うが、昔で言うションベンカーブに近い。
    ソフバンの武田翔太が投げる、カーブを習得して欲しい。
    今のままでは、ストレートもカーブも通用しない。
    スタミナは有りそうなので、今後の頑張りに期待しています。
    所で、法政大学の中山(2年生)、体は大きいし、走れます。
    2年後のドラフト1位に、ピッタリの強打者です。
    来年のドラフト1位は左腕のクローザーを、
    2年後のドラフト1位はドラゴンズ待望の4番打者・・中山を
    スカウトは来年の左腕のクロザー探しと、
    法政大学の中山と、何とかコンタクトを取り
    ドラゴンズを売り込んでおくこと、お願いします。
    2年先、3年先を見据えて働いて下さい。

  • 平田選手が残留・・良かった
    契約は年俸+出来高もありと思います。
    今年は118試合   打率.248 安打103 四死球74 本塁打14 三振89
    来年は143試合に出られる様に、オフに体の手入をする事。
    来年の期待値 安打170 四死球74 本塁打15です。
    来年は出塁率を上げること。そしてライトで3番を打って貰いたい。
    平田選手が3番に入ることにより、1番大島 2番京田 3番平田
    4番打者の前に、常にランナーがいることになります。
    3番は最強の打者が必要です。すると2番京田のセーフテイバント等が、活きてきます。
    地球の果てにいる森監督も、外人補強のポイントが、ハッキリしたと思います。
    これで4番サードの助っ人が、決まる筈です。
    来年はCS進出が、ほぼ決まったと思います。

  • ハム、レアードの活躍を見たら、ドラゴンズに欲しい。
    4番サードで、どっかと座って欲しい。
    ドラゴンズの4番サードは、キューバ辺りで、連絡待ちかな
    森監督、ドラゴンズの来季の浮沈は、ここにかかっています。

    秋季、春季、のキャンプ次第だが
    1番(中) 大島
    2番(二) 阿部(荒木)
    3番(遊) 京田
    4番(三) 新外人
    5番(一) 福田(森野)
    6番(左) ビシエド
    7番(右) 井領
    8番(捕) 杉山
    9番(投) ・・・

    *上記()内はバックアッパー選手
     別途 内野のバックアッパー、堂上、 亀澤
        外野は代走、工藤
        ビシエドは6~7番で、気楽にホームランを量産して欲しい。

本文はここまでです このページの先頭へ