ここから本文です

投稿コメント一覧 (1071コメント)

  • 年初来高値よりもう20%下落、割安でも下落率は日経よりはるかに大きい商社の中でも一番の下落率
    中間で期待されてた上方修正、増配がなく配当性向25%のため利回りが一番低いためでもあるのでしょうがもう底だと思いたい。

  • 年初来高値よりの下落率 商事、物産、住商、伊藤忠が16~13% 丸紅20% 
    どこも最高利益更新予想で予想外の増配とか将来の自社株買い等を示唆してる立派な中間決算なのに一番の割安業種が日経下落率以上の下落とはどうにも。
    パッシブ運用とか日銀ETF買いとかどうにもおかしな市場になってます。

  • 本筋の化学品株はどうしてこんなに割安に、一方医薬品はこんなに高値に放置されるのか?
    子会社の大日本住友製薬の利益予想350億円、ここは1300億円、時価総額は製薬が10%も上
    化学の時価総額は9900億円弱、製薬分の持分相当5800億円をひくと残りはわずか4100億円、この分の利益は1100億円強、机上の空論とは分かっているがそれにしても酷いもの。

  • >>No. 904

    物産の下期原油価格見込み72ドルとなっていて確かに高いが、これはJCC(日本CIF価格)だから通常WTIより6ドル程度高いし、タイムラグが平均3か月程度あるわけでJCCは7~9月は76ドル。
    感応度1ドルで29億とはいえ今期業績に与える影響はあまりないはず。

    このままの下落が続けば来期は大変だが、原油価格ほどわからないものはなく、かつては100ドル以下にはならないといわれたり20ドルになると言われたり。

  • 1800.5円でかなりの株数購入、勿論本日精算で。原油価格の下落に過剰反応しすぎ。

  • 原油下がれば商社売りというのは困ったものです。特にここは原油価格の影響は殆どないはず。
    銅、ニッケルの低迷はありますが今週始まったことではないのに。

  • 商社株ほとんど利回り4%超に、まあ利回り5%以上もかなりある下であまり配当利回りにこだわっても仕方ないですが本日精算で5銘柄すべて買ってみました。
    それにしても大口さんは容赦なく売ってくるので個人は茫然とみるしかないようで。
    対抗は会社が1年くらいの自社株買い枠でも設定して下がれば買ってくれればいいのですがね。

  • よく下がりました。PERは10倍弱と商社、化学品とかの6倍台に比べるとまだ高いですが時価総額がわずか1350億円、まだ下がるかもしれませんが極薄銅箔とかトップ商品もあり長期保有覚悟で購入してみました。

  • 千代田化工関連の持分法損失、有価証券減損はすでに中間決算に織り込み済みで、そのうえで今期は400億円上方修正の6400億円です。なにか勘違いされているのでは?

  • >>No. 474

    意図せず相続された伊藤忠株保有だけで 商社の他社比較、業績予想、時価総額、子会社のTOB、その影響、借株とかインサイダー疑惑とか、岡藤CEOがなにを言ってたとか、CITICがどうだとか、株式市場さんがいなくなり投稿レベルが落ちたとか、すごいですね。
    私が株を始めたころを思い浮かべるととても思いもよりません。余程の勉強家でおられるのでしょう。
    勘違い失礼しました。

  • >>No. 465

    >何か、お宅様にご迷惑かけてますか?
    迷惑をかけているとかそんなことを言ってなどいません。

    貴方の投稿をみるととてもあのような質問をするレベルの方とは思えず(例えばドンキTOBの借株とか、ファミマのTOB発表書類を見ておられる)理由はしりませんがわざと質問している(時価総額の質問など自分で解答をすでに知っておられる)ように思えたから確認の投稿をしたわけです。

    掲示板では違ったHNを使って一人二役とかする方がおられます。あの伝説の方でさえも多分使っておられたと思っています。

    本当に分からなくて質問されていたのならお詫びいたします。

  • >>No. 440

    貴方は伊藤忠とは30年来の付き合いとか書かれています。それでいてなんだか当然分かっておられるようなことを名指しであれこれ質問されておりますが本当に分からなくて質問されてます?

  • わずか1か月前の15%安でPERが6倍台で今日上ったとか元気とかいう気にはとてもなれない。

  • 商社株はどちらが勝っても、不透明な時はとにかくとりあえず売っておけというバカなことで困ったものです。

  • ユニーファミマのドンキTOB正式発表でドンキ株急騰、ユニーファミマも応募が少なければ創業者から借株をしてでもと明記してるくらいだからTOB価格としては伊藤忠のファミマTOB価格にくらべて低いこと自覚してるのでしょうか?借株をしてでも持分法適用会社にして株が下がったあとで買って返すなどたいしたものです。さすが伊藤忠の子会社といったところでしょうか。

    それにしてもファミマの株価、TOB株価の3割高、時価総額は伊藤忠の56%にまで上昇する異常さ。
    一方親会社は下落にため息がでます。

  • 選択11月号 ユニファミマTOB商社1位への妄執 伊藤忠を腐らす側用人政治
    まあ選択のこの種記事では過去に トヨタ、ソフトバンク、三井物産、住商とかも同じようにボロクソに書かれその後に業績はアップ成長して大体書かれると逆になっているのですが。

    側用人の例
    鉢村CFO 副社長CFOだった関氏がCITICへの投資に反対して解任されその後に就いたため岡藤会長に忠誠心はあつく部下へのパワハラは激しいとか。
    高田執行役員広報部長 いかに岡藤氏をうまくマスコミに露出させるか、いかに岡藤氏のネガティブなことを消すかに力を注ぎ、社内の会食時には岡藤氏の割りばしを割って差し出す忠勤ぶりとか。

    まあトップにゴマをするのはどこの会社でも同じようなものでしょうから仕方ないことですが、CFOだけはきちんと財務、経理の原則を曲げない保守姿勢を貫いてほしいものです。
    CITICの持分利益の出し方、ファミマの差益計上とか数字のほしい岡藤会長に迎合するような知恵を部下から出させて実行するようなことは違法ではないにしても???

    ファミマがドンキのTOBで20%の応募がない場合は借株をしてでも20%確保するとかの記事もありましたがやりすぎでしょう。これも予算達成がMUSTの伊藤忠主義でしょう。デサントも計画下方修正したため経営に満足していないとの発言もありました。

  • ユニーファミマの評価益1400億円とCITICの評価損1400億円 まさに決算操作といわれても仕方がないでしょう。
    ファミマの株価の公正価格は一体いくらにしたのか開示ありましたでしょうか?(ちなみに三菱商事のローソンのときの差益はわずか300億円だったはず)多分11000円かそれ以上なのでしょうからいずれはファミマの減損が必要になるのでしょう。

    CITICは株価下落とかいっているが前から心配されていた持分利益のうち配当として回収できない分相当(3年分でほぼ合っている)でしょう。今後も持分法利益を計上するかぎりずっと付きまとう問題、今期からでも配当分のみの利益計上に変更すべきです。

    増配は予定どおりで結構なことですがいつまでも増益、増益と無理なことをしないで一流商社らしい風格を備えてほしいものです。デサントの件、CFOまで会長に追随するようなコメント、情けない。

    ファミマのおかしな利益を計上しなくとも、CITICの持分利益計上しなくとも商社として十分な利益はだしているのだから。確かに一時的に株価下落を招いたとしても健全な姿勢を示すほうが大切。

  • 累進配当制で増配は微妙だと思っていたが10円増の125円、なにが不満で急落とはまた買い増して含み損拡大、買い下がりで持ち株急増、まあ長期で保有覚悟で。

  • 利益上方修正、10円もの増配、しかも伊藤忠と違って中間配当から実施となにも文句のない株主還元、株価が上らないからと文句をいう筋合いではないでしょう。

    中期計画初年度は計画60円から10円増の70円、2年目にはさらに10円増の80円、配当性向も31%弱と十分頑張っているではないですか。
    これで株価が上らないのは経営陣がどうとかいう筋合いではなくおかしな株式市場の問題でしょう。
    2000円でも利回り4%、発表と同時に結構な株数を成り買いしてちょっと参りましたが仕方ないです。

  • 逆日歩10円 
    売り長はわずか数千株増で前日0.25円から急上昇

本文はここまでです このページの先頭へ