ここから本文です

投稿コメント一覧 (752コメント)

  • >>No. 748

    日経委員はなにを馬鹿なことを書いているのだろうか。
    こんな書き方をすると まるで低PBR銘柄が売りで 高PBR銘柄買い と言っているような印象を与える。
    同じ業績で 低PBRと高PBR とどちらがいいかといったら 体力のある低PBRがいいに決まっている。

  • >>No. 458

    15日の日経電子版には 機械より人が価値を生む 強まる高PBR銘柄買い との記事があるそうですね。

    割安(低PBR、低PER?)であること自体が売られる原因 とか高PBR銘柄買い とか日経の編集委員がそう思っているわけではないだろうが言葉を引用して タイトルだけ見ればあたかも割安株を売って、割高株を買うべきだとの
    印象を与える記事は如何なものか。
    昔読んだ本に日経とかはファンドとか機関の依頼を受けて提灯記事を書くというものがあったが疑いたくもなる見識のなさ。

  • 日経22面の記事が最悪 引き潮 割安株に試練
    割安であること自体が売られる原因 馬鹿馬鹿しいが現に割安株が一斉に大幅下落になっているのだから仕方ないですね。
    絶好のチャンスと買い増ししたいがもう買いすぎているので静観、いつも下手です。

  • 日経22面の記事のせいかどうかは?ですが商社株とか割安株が一斉に大幅下落
    割安株であること自体が売られる原因 とか言われたら投資基準がなくなってしまう。
    買い増ししたらいいのでしょうが?もう十分に買いすぎているのでじっと我慢しかないです。

  • 日経22面の記事 引き潮 割安株に試練
    ここに具体例として名前がでて商社株一番の下落率
    割安であること自体が売られる原因になっている 本当に馬鹿げた事だが仕方なくじっと我慢でしょうか?
    それにしてもこんな記事を書く日経新聞もおかしな動きです。

  • 日経22面の記事 最悪ですね。
    引き潮、割安株に試練  割安であること自体が売られる原因になっている 
    そんな馬鹿なといいたいですが、今日は一斉に割安株がさらに下落 特に名前がでてる住商が一番の下落率

    日経新聞もなにか誰かに頼まれてこんな記事を載せているのかと疑いたくもなります。

  • 時価総額2兆円超 化学品部門で5位 ほぼ化粧品一本で総合化学大手 三菱ケミカル(予想利益1800億円)、住友化学(同1200億円)の上
    利益は特殊要因を除いても今期500億円は無理でしょうし、仮に中計の目標営業利益1000億円を達成しても純利益は700億円前後でしょう。
    理屈を言っても株価は騰がるのだから買った人は立派で、負けてる空売り派はただただ脱帽して見守るだけです。

  • 上半期 基礎営業キャッシュフロー  
     三菱商事  約4200億円 (純利益 2540億円)
     三井物産   3000億円 (    2383  )
     伊藤忠    2100億円 (    2425  )
     住商     1600億円 (    1553  )
     丸紅     1500億円 (    1046  )

    収益計上と現金化には期ズレもあるので単純には比較できないですが、やはり伊藤忠だけがCFが利益を下回っています。持分法適用会社の利益は持分だけ100%取り込み、配当受取は20~30%といった会社が他商社に比べて多いのが原因で特にCITICとかは顕著です。

    この配当として受け取っていない70~80%部分をどう処理していくのかがちょっと気懸りではあります。
    勿論半期2100億円ものキャッシュフローを生み出しているのですから問題はないのですが毎期、毎期の増益、増益だとなんでそんなに右肩上がりが続けられるのかと不思議な気はしています。

  • 2017年9月末の投資、融資、保証 残高は ブラジル483億円となっています。
    ブラジルのカントリーリスクを考慮して大幅に減額させているのでしょうかね。

  • ブラジルでの投融資残がダントツで多いのは三井物産で伊藤忠はそんなにたいした額ではなかったような。
    ちょっと勘違いされているのでは?

  • 上方修正の三井金属は一時ストップ高、据え置きのここは下落
    つい数か月前はここの時価総額が上だったのに、いまでは逆転されて30%以上も下、
    DOWA買い、三井金属売りで遊んでみます。

  • >現在の日経平均のPERは15倍で、今の日経平均が、3万円に到達しても、日経平均の
    PERは20倍程度ですので、割安感もあります。また、内部、外部環境も良好なので、
    年末にかけて株価上昇も期待でき、今は、良い買い場だと思います。

    色んな銘柄でしかも何度も同じ投稿を繰り返すのはいい加減にやめませんか。

  • ここは中期経営計画でキャッシュフロー4000億円をベースに3年間最低1000億円(約60円配当)を配当原資とすること確約、増加分については、増配、自社株買いの株主還元、有利子負債の返済、投資の増に振り分けるとしている。他社にくらべて多い発行株数から自社株買い、資源投資の宿命(残存埋蔵量、権益期間の減少)から新規投資、も重要なのだから今期業績がさらにはっきりするまで3か月程度待ちたいというのは当たり前の判断でしょう。

    増配発表した住商との比較にしても元々60円だから増配発表した住商の56円よりは上です。株主が、株主が、となにをグダグダ言っているのか理解できない。株主、株主と騒ぐのはある程度長期の人が言えること、長期なら配当いくらでも消えてなくなるわけではなく3%超の配当で自己資本が充実していくなら問題ないでしょう。

  • 日本株はPER15倍前後とまだまだ割安感があるとのコメントあるがPER7~9倍の商社株、10倍前後の主力化学品、自動車、非鉄等のおかげで食品、薬品、化粧品は30倍、40倍、50倍がごろごろ、それがまた騰がるという歪な状態。
    今回の商社好決算の確認、資源価格の安定上昇で急激に好転すると期待したが相変わらず。やはり大手証券、ファンド等が暗黙の了解のもと目標株価等で操作しているような感じ??

    なにしろ2007年、8年の高値から未だ60~70%の水準、業績、内部留保、配当、日経地合い、殆どすべてにわたって当時より大幅に改善しているのにです。
    外人が商社の内容を理解していないとか嫌いとかの解説もあるが外人持ち株比率も30%前後と以前より増加しているのはずで説得力なし。
    結局は大口さん達の暗黙のカルテル操作のような気がします。

  • 配当3年間最低60円確約 今期は株主還元策検討を約束だから最低でも5円増配の65円は堅いところ。
    60円で利回り約3.5%、65円なら約3.8%、一過性ならいざしらず3年間は確定なのだからどうして下がるのか、下げるのか不思議です。
    なんとなく騰がる気がしないのは確かですが商社のなかで年初来高値を更新していない割安株、下がれば買い増し、買い増しで対処しています。

  • >>No. 120

    私も一応PTSのサイトをみたつもりだったのですが見方が悪かったようで失礼な書き方をして申し訳ありませんでした。

  • 年初来高値は3月1日の1753円 その頃の日経は19000円前後 これだけ日経騰がって、さらに資源価格堅調で業績もそのころよりアップ見込み
    それでいて高値から5%安、これは三菱商事も同じです。

    日経上昇時には殆ど反応しなくてちょっと下がれば今日のように下がるの繰り返しでじわじわ下げてきています。大口さんのご機嫌のままだから資源価格がどうの、業績がどうのと言っても仕方のないのが商社株でしょう。イライラしないで配当だけを楽しみにじっと待つしかないのでしょう。社長が悪いとか馬鹿馬鹿しいかぎりです。

    商事、物産、住商ともに2007年、8年の高値の60~70%の水準、外部環境も業績も悪くなく、自己資本は2倍以上に積み上がり、配当の大幅にアップしているのにです。

  • jpモルガン レーティング
    15年4月1日  7400円→8800円
      間は?なるも何時か 4600円まで下げて
    17年5月23日  4600円→6400円
    17年10月19日 6400→11000円
    今回の引き上げ理由は 国内高齢化でヤクルト対象人口増加とか中国での成長余地が大きいとか

    なんといういい加減なインチキ格付け この5か月で変わったこととはとうてい思えない。

  • >>No. 111

    pts株価(デイ)4,000円 とはなんの数字ですか?
    昨日PTSが4000円だったということですか? 虚偽の書き込みではないですよね。

本文はここまでです このページの先頭へ