ここから本文です

投稿コメント一覧 (11コメント)

  • 今シーズン、タイガースは7連勝でBクラスですが4位で終えました。
    相変わらずここぞという試合にはめっぽう弱いですが、若手がこれだけ出てきたのは大きな収穫ではないでしょうか。反面昨年までの数字のあった選手が、福留とメッセンジャー以外すべて最悪のシーズンであったと思います。
    この責任は監督より、個々の選手に直接指導するコーチにあるのは明らかです。
    画一的で自信のない指導で、場当たり的な指導法では、それなりに努力もし真摯に向き合う選手により深い悩みを抱かせ、今年の成績になってしまいました。
    選手には自信を持たせることが第一です。成功の後押しができないのは、自身の能力の無さと自覚し、選手と悩みを共有しましょう。そのブレークスルーが向上につながります。
    監督や掛布2軍監督は、実績もあり、見る目もあり、一過言お持ちで、その懐にあるときは良いのですが、コーチの領域に入ると、途端に成績が悪くなる選手が多かったように思います。しかも同じ土俵で悩まず、指導者の立場で向き合うため改善が見られません。
    その半端なコーチも、監督の希望(優秀な人材が集まらない)で、継続するようですが、昨シーズンは監督の決まるのも、それによりコーチが就任するのも非常に遅かったのも事実です。この後すぐに秋季練習に入られるようですので、今シーズンの二の前にならないよう、確信のある方針で、コーチ自身が自信をもって、選手のためなら監督と対立があってもという気概をもって任に当たってもらいたいと思います。そして選手のミスは自分の責任であることを忘れず指導をしていただきたいと思います。
    ファンにコーチだけは変えてくれと、言われないためにもお願いします。

  • >>No. 1419066


    > > 責任の重圧を感じる選手に対応できない、ワンポイントアドバイスができない、常に監督の顔色を窺って、選手に向き合えないコーチが居ます。
    > > 何度も何度もお見合いをする、同じミスを繰り返す、チャンスに打てないのはコーチの責任を自覚してもらいたい。
    >
    > コーチの責任なんやろか?選手が出来が悪いのとちゃう?
    >
    投手・打撃キャプテン・選手会長すべて成績低化は事実です。ミスが多いのも事実です。
    何度も何度も同じミスには、コーチの対応がないのも事実です。画一的な指導は誰でもできる。
    > > 金本監督や2軍監督は非凡なものをお持ちなので、埋もれた才能・非凡な能力を発掘されるのは素晴らしいと思いますが、コーチが画一的な指導ばかりで、すぐ逆戻りで今の成績です。凡人のコーチでも己の現役時代に感じた事もあったはず。
    >
    > 打撃なんて金本や掛負が打撃コーチ差し置いて教えておるよな。打撃コーチもやり辛いやろね。
    そうかも分かりませんが、其の選手にあった的確な指導ができていれば、今年のように往復ばかりでなく定着も多くなり、選手も伸び、成績もよくなる。試合にも勝てる。

    >
    > > 選手の個性を伸ばし、欠点を補う指導ができないのは恥と感じてもらいたい。
    > > 監督にも物言うコーチであってほしいものです。
    >
    > 投手コーチは当番過多などから選手を守るために監督に物申すもので技術的指導で物申すとは?
    将来のエース藤波選手の起用法を見てそんなことが言えますか?ピッチング・コーチの立場からも打撃の事も意見があって当然、戦術にも意見があって当然、コーチ会議で対立もあってよいのではないですか。仲良く己の立場を守りあっていて、この成績です。
    >
    > 貧打阪神のコーチのどこが悪いかは分からないが金本や掛負の越権行為の方が問題なんやないかな♪ウルトラ大爆笑
    良いところがあったら教えてほしい、スーパーウルトラ大爆笑

  • 近代野球はコーチで決まると云うぐらいコーチは重要。元阪神今広島の新井選手を見ても分かるようにコーチが変われば別人です。広島の打撃コーチは動体視力に注目し、キャンプから取り組みました。すべてと言いませんが打撃・守備・投球はキャンプの練習で決まってしまいます。
    今年のコーチは選手を見極めず、己の感性で即席に仕上げたため、オープン戦や最初は調子よかったのですが、夏場までももたなかった。と言うことは昨年以下、素質や体力・緊張感も重要ですが、持久力を鍛えるためには反復練習が重要です。ムードだけのキャンプが、これだけバンドの下手なチームを作ったのです。実力の定まった選手は困惑し、新人はペースが分からないまま走り、2軍で燻っていた選手だけが瞬間花開いたのが今年だったのかナ。
    これからのフロントや監督は、どれだけ優秀なコーチを連れてこられるかで決まると思います。

  • >>No. 1389062

    同意します。
    金本監督は努力の大スターです。ファン人気も絶大です。
    しかし監督業は未知数でしたし、人望も無かった。
    しかるに力のあるコーチが集まらない、無能なコーチの元では
    手あかのついてない若手の選手を即席で使い、自分をめだちたがらせる。
    それでメッキが剥がれ、選手を責める。
    元々のある程度実績のある既存の選手は、コーチの能力を知っているだけに、
    精神的な葛藤があるので、悩んで成績も伸びない。
    ドラフトの導入で、集める選手の能力は均等化してきているはず。
    要はコーチの能力が、チームの力を左右する。
    監督の努力は認めますが、無能なコーチを有効に使っていない。

  • 「流れが悪いのは、誰が見てもそう。これを打破するのは監督、コーチではなく選手個人、個人しかない」
    これが金本監督の言葉だそうです。もうこのチームはおしまいです。あきれました。
    選手個人は個々の力しか無い、個人の力を積み重ね野球をするのです。
    個人は打つ・投げる・捕る・走るしか能力が無い。マネージメントできないコーチ・監督の力は何なんだ!
    監督・コーチは即刻心を入れ替えて、仕事をするか、投げ出すか考えてください。ひどすぎます。

  • 失策やミスに、内野守備コーチが選手を貶すのは、己の無能を言っているようなもの。
    選手のミスは、すべてコーチの責任の自覚が無い。
    金本監督は選手をほめて、コーチを厳しく指導し。
    熱く暑く士気を高め、ホットに燃えてください。

  • タイガースの現状と英国のEU離脱の関係は、無いようであるのです。
    それは軽々に物事を変えると、元には戻らないことです。
    思い出してください、数年前は福留選手もむちゃくちゃ叩かれていました。
    その前は広島で活躍中の新井選手、その前には現金本監督でもありました。
    能力のない指導者は組織をいじったり、変革や改革・維新など聞こえのいいセリフで乗り切ろうとします。
    しかし掛布2軍監督の下で、若トラはずいぶん育ってきました。オールスターに原口・高山・岩貞と新人が3人も出場します。今までにないことです。
    金本監督は、人望は知りませんが、ご自身も努力なされただけに、素晴らしい見る目もお持ちです。星野監督時代気性は激しくとも、選手も燃えていました。失礼ですが、いまいち無能なコーチ陣を強く指導して、ベテラン・中堅・若手の融合を図り、ある程度は打順も固定しさえすれば、CS以上も狙えるはずです。
    すべてそうとは言いませんが、いまいち無能なコーチ任せにせず、育成も戦力ですが勝負事は勝って覚えるのです。
    監督の能力を信じ、コーチを強く指導し、選手を燃えさせ打開していただきたいと思います。

  • 英国のEC離脱でも分かるように、変革は簡単な事ではない。掛布2軍監督が押し上げてもすぐエンストする、サヨナラ負け、1点差負けが多く、そこそこヒットは出るが、ホームランは最低、得点圏打率も最悪、残塁最高、それでもやってこれたのは、選手の頑張りで首脳陣の能力ではないことは明らか。監督はファン人気はあるが人望がない、それで良いコーチが集まらない。監督の経験のなさは最初から分かること、監督も反省して、今までの軋轢は捨て、古株、中堅。若手の融合を図り、今からでも鉄人監督の本領を発揮して、コーチを厳しく指導してチームをまとめてほしいと思います。1点差勝負ができるように!

  • 今一番の問題は得点圏打率、そして大量点の捻出です。それはひとえに首脳陣の知恵の無さにある。昨年得点圏打率の良かった上本が2軍に居るようでは、何が改革と言えますか?

  • 昨日の盗塁シーン、何度見てもアウトに見えます。無口な上本が地団太踏んで憤慨していました。中日戦の福留のキャッチは覆りました。監督は少なくとも選手を信頼して、抗議に行くぐらいの事が出来ないのでしょうか?タイミング的にアウトと思っているならなおさらです。
    これで今シーズンは終わったという事にならなければよいが、球団経営者は監督に一言あるべきと考えます。

本文はここまでです このページの先頭へ