ここから本文です

投稿コメント一覧 (593コメント)

  • アルガルベカップ2018のメンバーが発表されました。
    このメンバーの個人的感想は今の時点では無しにしておきましょう。

    で、そのアルガルベカップはオランダ・アイスランド・デンマークと対戦、と。
    強豪と目されるアメリカ・ドイツ・フランス・ブラジル相手ではないけども、
    な・なんと、オランダは現欧州チャンピオン、2位がデンマーク、
    アイスランドはW杯欧州予選でドイツを撃破、とな。
    こりゃあ強化の意味では実に望ましい相手じゃなかろうか。
    今一番身近な本番は4月のフランスW杯予選となるアジアカップなんだから、
    このアルガルベカップは勝つにしろ負けるにしろ内容が伴って欲しいもんだ。

    そしてそのアジアカップ、ななな・なんと、「出場8カ国でW杯出場権は5カ国に」、だと。
    これは「よもやの取り逃し」、は恐らく高い確率で無いであろうと思われるけど、
    W杯本番で上位に行ける手ごたえとなりうる内容・結果が
    アルガルベ・アジアの両大会で欲しいところだな。

    あと、「メンバーの個人的感想は今の時点では無しに」と言っておきながらひとつだけ。
    増矢、そろそろ本格ブレイクしてくれないかな・・・。
    「宮間の後継者」的に見てたんだけど、「○○の後継者」よりも
    「私がニッポンの増矢だ!」的な存在になって欲しいわ。
    それこそ横山は「私がニッポンの横山だ!」に近くなってきてるんじゃないかな。
    「増矢が組み立ての中心で横山がフィニッシャーで」、こんな勝ちパターンの確立を希望!!
    ・・・って、これは攻撃に長けてないシロートの目線だろうか???(笑)

  • 恥ずかしながら・・・・・、
    高校女子サッカー7日の決勝の録画、超絶多忙により全然見られず、本日やっと見ました(呆)。
    もう“今さら感”ありありですが、さらっと感想レベルでコメントをさせていただきましょうか。

    まず、単純に引き締まった好ゲームで、両チーム選手個々の技術も高いほうと感じ、
    観る側としては純粋に楽しめたという印象。
    順心は先発も控えも1・2年生が多めで来期・さ来期もまた好チームを
    作ってくるんだろうなと予想。
    作陽の池田監督、まだ若く、この先女子サッカー界に名を残す名将になりそうに思う。
    残念なのは、順心の2点目で作陽のDF陣がオフサイドをアピールして足が止まってた事。
    やっぱりアピールしながらも笛が鳴るまで止めちゃだめだよね。
    作陽に限らず、これは教訓にして欲しいシーンになりました。
    ただ実際オフサイドか否か、すごく際どくは見えたけどね。
    TBS、それ見えるカメラ配置してリプレー見せんかい!!って思ったわ。

    最後に、順心の岩下選手のように、本来レギュラー・主力の選手がケガで出られない、ってのを
    見るのは辛いね。
    学生競技、3年という限られた時間、卒業後はメンバーそれぞれに進路が有り
    共に闘う期間も限られている。
    だからこそそこには強い思いが存在し、ドラマも生まれるんだろう。
    ただやっぱり全ての選手にベストコンディションで全力を尽くさせてあげたいけど
    そりゃまあ不可能だろうな・・・。

    ともかく、今大会を闘った全ての選手、この先サッカーを続ける離れるを問わず
    今後の健闘を祈ります。


    そして、くっそ思いっきりの余談ですが、
    今は「高校運動部女子」って風貌ながら、この先5~8年後辺りには
    なかなか美人に成ってそう、と思わせる選手がずいぶんたくさん居たように感じたわぁ~(笑)。

  • >>No. 7459

    ハレルヤさん、こんばんは。

    いやぁ、このサイトの存在をすっかり失念してました。
    じっくり見る時間がなかなかとれそうにもありませんが、
    せめて自分の地区代表校の試合は見ようと思います。


    そして、準決勝の結果は今ここを見て知りましたが、
    たぶん決勝も録画見る前にここを見て結果を知ってしまうんだろうな・・・(笑)

  • tobeusagiさんを筆頭に常連の皆様、本年も宜しくお願い致します。

    12月22日以降昨日までドッタバッタを極め、本日やっとここを開き、
    高校女子選手権をHPで情報収集した次第で、今大会をまともにコメントできません。

    そして例に漏れず、自分の在住地域は決勝戦のみOAで、準決勝はOA無しです。
    当地域代表の試合でさえOA無かったよ。
    さらにとどめと言わんばかりに、7日の決勝もリアルタイムで見られなさそうです。
    8日あたりに録画で見られるかなぁ???

    準決勝も堪能できる地域の方がうらやましい・・・。
    もう情報を得るのに此処頼りで。

  • 昨夜のフジテレビ・THE NEWS αで、
    元ジャパネットタカタ社長、現V・ファーレン長崎社長の高田明氏が取り上げられてました。
    多大な累積赤字でチーム存続の危機的状況にあったクラブの社長を引き受け立て直した、と。
    高田氏就任前は観客動員数平均で5000人にも満たないところを、
    昇格を決めた2017シーズンホーム最終戦ではおよそ3倍近い観衆を集めた。
    高田氏の理念は「全てはお客様のため、そして選手のため」で
    お客様には、「見に来てくれたお客様にとって大事なのは試合時間だけでは無く、
    試合の前後を含めた“計5時間”だ」と、グルメや試合前、試合後のイベントを充実させた。
    選手には、「クラブハウス内にタニタの食堂を設け食の安定のほか、選手の奥様を対象に
    栄養管理面の講習を実施」などを行った、だそうで。
    ざっくり紹介するとこんな感じでした。

    既に発展に向けて取り組んでいるなでしこリーグのクラブも有ろうかとは思いますが、
    こうした実例を上手く参考にするなり取り入れて、確実に大いに発展してもらいたいものです。

    「女子サッカーを“ブーム”じゃなく“文化”にするため」に。

  • >>No. 7420

    それからtobeusagiさん、
    ちなみに海堀ですが「2017年5月2日、熊本ルネサンスに選手兼コーチとして入団。『(GKとして)散々やられたので、点を取りたい』とFWに転向した」って情報も有りますが、その後どうなったかは「?」です。
    ちょっとびっくりですが・・・(笑)

  • 先日も書きましたが、自分は「中・韓に勝ち、北朝鮮に負けの2勝1敗で御の字」という
    見方だったので、この負けは仕方ないか。
    しかし、前半は悪くは無かった、なんというかダレてない締まった好ゲームで
    すごく時間が過ぎるのが早く感じた。
    35分過ぎた辺りで「へっ?もうそんな経った?」って感じ、同時に「スコアレスドローか1-1のドローかな・・・」って思えて(完全に外れましたが)DFは健闘してるが、得点の気配が感じられなかった。

    DFは、「北朝鮮はパワーとスピードに長け~云々」と言われながらも、スピードでブッちぎられ、ってシーンは無かったように見えた。
    攻撃は、ゴール前でスピーディーにシュートが撃てていない。
    ワンタッチで良い位置にボールをコントロール出来ていない。
    2タッチ、3タッチするんじゃ、そりゃ相手もきっちり寄せて来て撃てなくもならぁな。
    結果、すごくシュートの少ない試合になってしまった。

    で失点ですが、1点目はtobeusgiさんも言ってるようにGK池田に甘さが有った印象。
    ディフェンスが2人寄せてるだけにシュートが来るとの予測では無かったか?
    そして問題の2点目。右サイド高木がブロックに行くがかわされる。
    高木はそれまで健闘してたけど、ここは中途半端だったか。
    でゴール前に入れられるが宇津木が競って相手FWはボールをコントロール出来ず左へ流れ、
    フリーの選手がシュート、と。
    この選手をフリーにしてしまったのは隅田。
    並走してたのに、ペナに入る手前でなぜかスピード緩めて独走させてしまってる。
    言葉は悪いし個人攻撃になってしまうが、あれは最低最悪のプレーだった。
    恐らく、本人も大反省だと思う(してなかったら救いようがないかも)から金輪際あんなプレーは無くしてもらいたい。

    最後に、気になったのは岩渕の表情。インタビューで反省とか決意とか語ってるんだけど、
    なぜいつも半笑いっぽく締りが無く見えてしまうんだろう?
    勝手な憶測で申し訳ないが、本人は深刻・真剣なつもりでもまだそこまで深刻に捉えてないのか?
    本っ当に深刻・真剣ならもっと引き締まった表情・目つきになりそうなもんだがなぁ・・・。
    こう感じるのはオレだけでしょうか・・・・・?

    とにかく本番はW杯予選になるアジアカップなので、しっかり検証・反省をして結果を出して欲しいと思います。

  • 中国戦、もうひとつ思い出した。

    この試合も主審のレベル低過ぎたね。
    ファールを「取らない」のか「取れない」のか。
    後ろから激しく行ってるのにファール取らない&カードも出ない。
    万屋は心配だが、もっと大きなけが人が出る懸念が有ったよ。

    後半にペナで田中美南が倒されたプレーは微妙だったけどね。
    田中の左足(軸足)は相手に刈られてたけど、シュート撃つ右足はボールを蹴らずに相手の足を
    蹴ってて、倒れた原因が左足か右足か判別し辛くて判断が難しかったかな。

    でも田中が後半に、ボール持った相手DFを後ろから倒してファール取られたシーン、
    スライディングで相手を倒し尚且つ足が高く上がってた。
    あれはイエロー出されるレベルだったと思う。
    あの審判だからカード出ずにファールを取られた“だけ”で済んだんじゃないか?
    「前からディフェンスに行く!」って意識もけっこうだが、カード出るレベルは勘弁だわ。
    イエロー累積とか、充分に気を付けて欲しいものです。

  • 中国戦、今回は守備よりも攻撃に思うところが多かった。
    勝手に語らせて頂きますが、攻撃の件なので的外れにならないよう気を付けねば(笑)

    自陣で相手ボールを奪って、「よっしゃ!カウンターだ!」って場面で、「自分で運ぶより周りを見て、出し所を探す」ってなってる時が多いんじゃないか?
    その結果、絶好のカウンターチャンスが遅攻になりがち、だ。
    周りとの連携も大事、独り善がり過ぎるプレーは禁物、それもわかるし大事だけど
    「先ず、自分が行く(自分で運ぶ)べき時」に、そう判断出来ないのもどうか、と思う。

    次に、相手ゴール前へのクロスが少な過ぎでは?
    闇雲に上げ続けるのも頂けないが、「タイミング的にOKだろ」って場面でもほとんど上げずに、
    「大事にいこう」「しっかり組み立てて」「確実に崩して」的な流れの重視のし過ぎだと
    守る側は「日本はほとんどクロスが来ない」と認識し、対応策がひとつ減るから守り易くなるよ。
    もっと臨機応変に行くべきではないか、と感じた。

    終了間際に岩渕がシュートを外したシーン(2本目)、走り込む岩渕に阪口(だったと思う)から
    絶妙のタイミングでスルーパスが出たアレ。
    外したシュート自体も問題だが、パスのスピードがもう少し早かったら、とも思える。
    岩渕、ファーストタッチの直前に、走るスピードを落とさざるを得なかったんだよ。
    トップスピードのままボールを足元に納められればそのまま相手DFを振り切って
    もっと余裕を持ってシュートを撃ててたんじゃないか、と見えた。
    パスのスピードに関してはここで沢山意見が出てるから、この件はこの辺で。

    最後に、個人攻撃は好きじゃないけどどうしても気になったので。
    所属チームで「背番号9番・FW」って選手の大矢をDFは、「???」って印象。
    高倉さんはどういう意図なんだろう。
    サイド攻撃のモビリティを期待して、なのか?
    でも慣れないDFで汲々として攻撃に活かされて無いようだよ。

    まぁあれこれ好き勝手言いましたが、ともかく「苦しみながら」、「課題が多く有りながら」も
    韓国・中国に「連勝」は称えましょう!

    結局自分が「久~しぶりにじっくりと見られてるわぁ~」って喜びが言わせてるだけかも(笑)。

  • 久しぶりにじっくりと見ることが出来ました。録画でだけどね(笑)。

    とりあえず「勝ち」という結果が出たことを良しとしましょう。
    北朝鮮は頭一つ抜きん出ている印象なので、韓国と中国に勝ち北朝鮮に敗れ、の2勝1敗なら
    今回は御の字かと。

    韓国戦をコメントすると、
    日本の1点目、韓国の2点目、どちらも「クロス&シュートの両方でDFが寄せきれておらず(どフリーともいう)」、まさに典型的な失点シーンの形態でした。ここをきっちり出来たら確実に失点は減るでしょう!
    3点目の岩渕のゴールシーン、岩渕だけじゃなく籾木もしっかり詰めてました。
    韓国側は詰められる位置にいたDFは3人いましたが詰めた一人は岩渕のキックフェイントでかわされ、あとの2人は中島のシュートのボールウォッチャーになり詰めることをせず。
    日本のDF陣、このプレーを反面教師として欲しいですな。
    そして、「クロス&シュートのブロックに飛び込むときは、脇を閉めて肘を体に付けるように
    しましょう。ハンドを取られ辛くなります。」

    最後に。
    対韓国戦って、
    男子→フェアプレーもへったくれも無い。
    女子→男子ほど酷くは無い。
    と思ってたけど、今回は酷かった。
    きついファールは受けなかったけど、ちょっとずれてたらかなり危険なスライディングが多かったんじゃないかな。
    それと後半始まって間もなくのドロップボールでのリスタート。
    しれっとそのままプレー続けられて「あわや失点」ってくらいに攻めてきやがった。
    男女関わらず、韓国はやっぱり韓国だ、ってことかしら。
    なでしこジャパンメンバーには良い教訓になったかな。
    まぁ、相手がどこでも「ボールが帰ってくるもんだ」と思い込まず、油断しないことが絶対、
    ってことだな。
    かっこ悪い、恥ずかしい行為のような気もするけどね。
    日本サポ、あそこは凄まじいくらいのブーイング浴びせても良い場面じゃない?
    行儀良い?おとなしい?それともTPOが解って無い?
    なんかすごくモヤモヤしたシーンでした。

  • >>No. 7361

    gooさん、お久しぶりです。

    > 清水梨紗選手
    確か今年3月のアルガルベに召集予定だったもののケガで外れた(辞退だったかな?)はずだった気が。
    長谷川唯と仲が良くて、アルガルベでは長谷川が「清水選手の分も~云々」といったコメントも有ったような・・・。

    それよりも大分前にジャンクスポーツに長谷川&清水(2人とも17歳くらいだったかな?)で出ていた回を思い出しますわ。
    MCの浜ちゃん&女子アナ(宮澤さんだったかな?)の間に3人目のMC(ゲスト)として
    澤さんが居て、「各競技、期待の若手女子選手スペシャル」で。
    澤さんが「清水選手は、とにかくスタミナが凄くて右サイドを圧倒的な運動量で支配する、
    間違いなく将来なでしこで主力で活躍する~」といったような感じで評していた記憶が有ります。
    今回の試合での活躍を期待したいところですな。

    でもこのスイスとの親善試合、悪天候にならなければ良いのですが・・・。
    日テレで放送があるようで、今回自分はリアルタイムでは見られなさそうだけど
    録画では見る時間が取れそうかな。
    久しぶりにじっくりと見られそう v

  • >>No. 7353

    連投失礼します。
    それからA代表の選抜に関わるコメントでボクのご指名(笑)頂きましたが、
    ボクの素人なりの考え方では、ディフェンスもオフェンスも意思疎通は必要ですが、
    オフェンスの方がより難しいように思います。
    双方相手がいる中でのプレーですが、極端な表現ですが「OFは能動寄り・DFは受動寄り」と
    言えようかと。
    OFは個での突破を除けばコンビネーションが必要なのでそこには意思疎通が不可欠でしょう。
    例えば、「今だ、動き出せ、出すから」逆に「今だ、出せ」とか、「Aさん今足元へくれ、ダイレクトでBさんへ出すぞ」とか、場面に応じて様々な選択がある訳で、誰がどのような動きが得意でどんな判断をしがちとか、そういった相互理解もコンビネーション・意思疎通のうちでしょう。
    DFの場合はもっとシンプルと思います。
    「この人が動いてできたスペースはだれが埋める?」とか「2列目から飛び出されたらどうする?」などなど「やらなければならないこと、やっちゃだめなこと」を明確に、意思疎通というよりも「約束事」的な感覚を植え付けたプレーになろうかと。
    で、tobeusagiさんが懸念する「今のA代表のディフェンスの弱体ぶり」ですが
    試合をじっくり見られていない中のボクが言うのもおこがましいのですが、
    ぼんやりとした感覚なんですが、「なんか、落ち着いてない、すごくふわふわしてる」といった印象で。
    強かった当時はもっと「落ち着いた、どっしりした」ような印象でした。
    とにかく最近の失点シーンは「やらなければならないこと」ができていない(単純に、シュートに・クロスに寄せきれていない、簡単に撃たれて・上げられている)ように見えます。
    「じゃ、原因と対策は?」と言われると、なんとも答えが見つからず・・・。
    「逃げ」のような言い回しですが「個のスキルアップ」としか「今は」言えないかなぁ、ってところです。

    なんか、支離滅裂っぽくてスイマセン。
    なんだかんだ言っても結局シロートですわ・・・。

  • >>No. 7352

    tobeusagiさん、お久しぶりです。
    ボクの場合、3月から身辺がとてつもなく慌ただしくなり、アルガルベカップも
    限られた時間で録画をざっと見るしか出来なく、その後女子サッカーに関わる試合を
    ほとんど見られていません。女子サッカーはおろか男子のロシアW杯予選も
    ざっと見で腰を据えて見られていない状況です。
    自分が出るリーグ戦の日はなんとか時間を取り試合には出てましたが・・・。
    (余談ですがあさって最終節で、○か△で2位で、×なら3位です・・・。)

    で、女子のW杯2019フランス大会の予選も気になりますが、
    その前に12月には「EAFF E-1 サッカー選手権(旧名称:東アジアカップ)」がありますので
    そこでの韓国・中国・北朝鮮の3カ国との対戦も楽しみです。
    正直、本番はW杯予選でこの大会は腕試し的な捉え方でも良いかとも思えます。
    但し、相手の3カ国や豪州ほかスカウティングした各国に「日本、与し易し」なんて
    印象は絶対に与えないこと、でしょうけどね。
    ちなみにフジテレビにて生中継が決まったようで、これは腰を据えて見られたらいいなぁ。

  • リトルなでしこ、AFC U-16女子選手権の3位決定戦で中国に勝ってU-17女子W杯への出場権を
    獲得、と。

    いやいやとにかく良かった!
    本大会ではぜひ良い結果を!、と言いたいところだけど
    まずはしっかりと国際舞台を経験し、上のカテゴリーで飛躍のための糧を掴んで欲しいな。
    その上で好結果を出せたら尚良しだ。

    男子はしばらくU-17やU-20でW杯出場を逃していたけど、(それがA代表にどう影響するかは
    判断しかねるが)悔しさを糧に成長するか国際舞台を実際に経験して成長するか、と見たら
    経験したほうが良いんじゃないかと思うな。

    そして、AFC大会の結果は、優勝・北朝鮮、2位・韓国、3位・日本、4位・中国、で
    北朝鮮のキム・キョンヨンが最優秀選手&得点王(9点)とな。(得点女王と表記すべき???)
    この3カ国とはこの先も因縁浅からぬ対決が繰り返され続けるんでしょうな。

    各国が「もう日本にはどうやっても敵わないから、まずはアジア2位ゲットを・・・」なんて
    なってくれたら気持い~んだけどねぇ・・・。(笑)

    とにかくU-16の選手の皆さんお疲れ様。
    この先の成長・活躍を期待しますよ!

  • 見てみたい・・・。

    昨日のメンバーで、
    長谷部と吉田でCBコンビ。

    長谷部のポジションに山口蛍を下げて、
    山口のポジに柴崎を、井手口はそのまま、の3人の中盤の組み合わせ。

    中盤の選手をCBにコンバートといえば、
    ドイツではかつて、ローター・マテウス、オラフ・トーン、マティアス・ザマーらの名手達が
    CB(当時で言うリベロ)にコンバートってのがあったけど。
    長谷部のCB、試してみる余地はないかなぁ・・・???
    クラブ(ブンデス)ではCBを担えても代表ではムリだろ~って結果になるかね???www

  • 事件の背景や実行犯に関して言及は避けますが、

    本人に非が何も無いなか全くもって理不尽な被害を受けたマルク・バルトラの

    一日も一刻も早い回復・復帰を心より祈ります。

  • 自分の在住地域ではアルガルベカップのO・Aは有るのかいな?って心配してたけど、
    無事に放送有り。
    しかし、3月1日から急遽自分の身辺が究極的に慌ただしくなり全然見れず、
    やっと今日時間が取れて、4試合の録画を一気に時短で見るという暴挙に(笑)。
    なので分析・感想のコメも言えません。

    高倉監督は「まだまだ課題が沢山有る。収穫も多少有る」的なコメントが有ったようだけど、
    収穫と言ってもそれがアメリカ・ドイツ・ブラジル・フランスらに通用するものか、
    横山や長谷川の活躍が有ったが、それも上記4カ国らの強豪との対戦なら?という点、
    結局まだまだ強化には時間を要するのではないかと言えそうで。
    こっちが期待するのはタダなので、じっくりとそしてしっかりとやって頂きたいものです。

    あ~そうそう、ひとつだけ強く印象に残ったこと、
    岩清水の解説、なかなか良かったと感じた。
    ごくごく当たり前の事を言ってるだけの時も有るんだけど、現役の強みで普段のチームメイトや
    対戦相手としての視点で言う時なんかに結構良い感じの事言ってる時も多く感じたよ。
    ただ難点は、言い出しの「え~~」が多くて。
    これを減らしてくれたら尚良しだな(笑)。

  • 先日、アルガルベカップ2017の招集メンバーが発表されましたね。

    2011W杯チャンピオンメンバーが23名中5名(鮫島・熊谷・阪口・宇津木・岩渕)になりました。
    若干寂しさは感じるものの、世代交代は必ず有るものなので若い選手たちに大いに期待したいね。

    MF長谷川は、早くから将来を期待されてた代表格ではないかしら。
    10代半ばくらいでジャンクスポーツに出てハマちゃんにイジられてた記憶が有るなぁ。

    FW陣、横山・田中美南・増矢・籾木、ここから誰か超絶ブレイクしてくれないかな・・・。

    DF陣の中村・高木・北川は外国人相手の国際舞台でどれだけやれるか。
    以前高い頻度で招集されていた北原や長船は中堅国相手だとそこそこやれるものの、
    トップクラスの強国相手だと脆さを露呈してしまうなんてのも有ったり、
    さて、上記の3名は果たしてどうだろうか、注目だね。

    ただ、アメリカ・ドイツ・フランス・ブラジルらの強国は出てないので対戦できず、
    グループリーグはスペイン・アイスランド・ノルウェーとの対戦で、
    トップレベルの強豪とやれないからどこまでデキを評価していいものやら?
    とは言えやっぱり楽しみでは有るな(笑)

    そういえば、フジテレビが地上波で生中継らしいけど、
    さて、ウチの地元系列局はO・Aは有るのかいな???



    そういえば、宮間のヒザの回復具合はどうなんだろ?
    湯郷退団の後、どこかと契約したんだったっけ?
    完全復活、して欲しいなぁ~。

  • 日本サッカー界の重鎮がまたひとり逝ってしまわれました。

    岡野俊一郎さん。

    僕は現役時代の姿をリアルタイムで見てはおりません。
    岡野さんと言えば僕の中では「日本を代表する解説者のスリートップの一角」でした。
    岡野俊一郎さん・平木隆三さん・松本育夫さんのスリートップ。
    とにかく熱い平木さん、熱さと緻密な分析を兼ね備えた松本さん、
    そして、ひたすら冷静沈着ながら核心をズバズバ突く岡野さん、そんな印象があります。

    選手から学ぶと同様に解説者から学ぶ事も有ります。
    岡野さんは、当時の僕にとっての先生のうちのひとりでした。

    謹んでお悔やみを申し上げます。

  • >>No. 7265

    tobeusagiさん、本年も宜しくお願い致します。

    新年一発目、なのにグチです(笑)。
    しかも、「またか!」な件です(笑・再)。

    ボクの在住地域、またしても決勝戦しか中継されないようです。

    はぁ~~~~~~ぁ・・・。

本文はここまでです このページの先頭へ