ここから本文です

投稿コメント一覧 (604コメント)

  • >>No. 7708

    > GPSを利用してピッチ上の動線をすべて把握し、その選手の問題点をチェックするという。
    > こんなGPS、日本でも使われているんだろうか? 
    >初耳だったのでびっくりしたが、なるほど選手のチェックにはぴったりだろう。
    >もし使っていないのなら、すぐさま導入するべきだと思う。

    確か、ラグビー男子日本代表チームはこのGPSを使ってるはずですよ。
    前回のW杯で躍進後に選手が挙ってTV出てた頃に何かのトーク番組で語られていた記憶が。
    ユニフォームの背中と言うか首の後ろと言うか、の辺りに着けているとか。

    ラグビーのようなフルコンタクトする競技で体に支障無く使われてるくらいだから
    サッカーでも使えるだろうに。

    で、サッカーで実際に使われているのかは自分は解りません。
    どなたかご存知の方居ます?

  • 決勝のオーストラリア戦の録画を今日やっと見られました。
    まず、大会直前に「高倉さん、迷走中か?」と言ってしまいスイマセンでした!
    男子代表では監督更迭でドタバタなんてあるけど、監督という立場に関し
    自分の高校時代の野球部監督の体育教師の言葉を思い出したわ。
    曰く「監督ってなぁ、時に割に合わんなって思うぞ。負ければ『監督が悪い!』って言われ、
    でも勝った時は『選手が良くやった!!』って言われてな。」と。
    ともかく高倉さん・選手の皆さんお疲れさまでした。

    しかしアルガルベ杯の辺りのパフォから、この結果は予想できなかったわ。
    5試合で2失点のDF陣の突然且つ格段の進歩には驚いた。

    キャプテン熊谷のインタビューで「試合を重ねるごとにチーム全員が成長していって~~」
    と言っていたが正にその通りでそれに尽きるってところかな。

    とは言えW杯本番はまだ厳しそうかな?
    アメリカ・ドイツ・フランス・ブラジルらを相手にはどうか?
    アルガルベの時に「ユーロでは優勝がオランダ、デンマークが準優勝」なんて紹介があったけど
    ドイツ・フランス・スウェーデン・ノルウェーらはレベルダウン中か?
    本大会までの時間を有効に使って、また更に個人・チームでのレベルアップを期待したい。

  • 前回の投稿で
    >現状ではオーストラリアには勝てないだろ。
    >「勝てない」と言うより「歯が立たない」ってレベルか。
    と予想したけど結果は1-1のドロー。
    見縊ってしまって誠にスマンこってした!
    ただ正直言って、「停滞感が強い攻撃」に大いなる改善の余地だよな。
    しかし、基本中の基本なのに最近できていなかった(ここで自分が度々言っていた)DF陣の
    “ルーズな寄せ”がここ2試合で改善されているんだから、攻撃の改善も期待して良いのかな。
    実際オーストラリア戦は、「ワクワクしない攻撃とヒヤヒヤしない守備」って印象。
    オーストラリアの攻撃に脅威は薄かったが、日本の守備も最近の中では強めの安定を感じたよ。

    で、グループステージを突破してあと2試合戦える。
    優勝狙うはもちろんだろうけど、「選手の経験、戦術、連携の熟成度など」これらの
    上積みが見込めるのは大きいね。
    W杯本大会を見据えてここもしっかりと活かして欲しい。

    ちょっと余談だけど、一部マスコミで「1次リーグ」って表記があるんだけど、
    これ正しい表現なのか、すごく違和感が有る。
    「1次リーグ→2次リーグ」の存在は82年の男子W杯スペイン大会まで、じゃなかったかな。
    でJFAのHPみたら「グループステージ」って表記だったよ。
    ホント、“伝える側”にはしっかりして欲しいと感じるわ。

    最後に、終了間際の時間稼ぎの件。
    これは自分はNo7661のkakさんのコメの冒頭5行に全面同意だわ。
    “興行”なら非難・批判も当然だが、これは結果が求められる“戦い”なんだ。

  • 韓国戦の引き分け、正に“痛恨”だね。
    前半を見てたら全然点取れる気配が無くて、
    E-1の北朝鮮戦・アルガルベのカナダ戦の「またデジャヴかよっ!!」て
    ひとりTVにツッコミ入れちゃったよ。
    でも後半はちょっといい形も出てきて「おやおや~?いけるかも~?」
    なんて淡い期待もしたけど・・・。

    で、だ。
    現状ではオーストラリアには勝てないだろ。
    「勝てない」と言うより「歯が立たない」ってレベルか。
    オーストラリアに引き分けたところで韓国がベトナムに5点差以上で勝てば、
    もうそれで日本はグループ3位なんだし。
    だもんで早急に5位決定戦に予想される相手のスカウティングをすべし!
    オーストラリアの研究と対策なんてボチボチ程度で良し、だな。

  • ザッケローニ
    アギーレ
    ハリルホジッチ
    監督招聘3連敗って。
    「たまたま失敗が有った」、じゃ無くて「3連敗」だよ。
    この土壇場でハリルホジッチ解任って、
    こんなん協会が自らの無能さを証明し、正に「自己紹介」じゃん。

    どうせ結局協会は誰も・何も責任を取らないんだろうな。
    どうせ責任云々なんて言葉さえも微塵も出ないんだろうな。
    日本サッカー界にとって日本サッカー協会が獅子身中の虫になって
    成長・発展の停滞を招いているなんて、何と嘆かわしい事だろうか。

    もう「サッカーの試合のひとつ」として見ることにはなるだろうけど、
    日本代表の結果に一喜一憂はしなくなるな。
    応援する価値・気力が喪失だ。

    ますます「自分が生きてる間に日本代表がW杯で上位進出」は遠のいたな・・・・・。

  • なんと、オーストラリア対韓国はスコアレスドローとな。
    オーストラリアが前評判ほど良くは無いのか、はたまた韓国が絶好調なのか?
    こりゃあ縺れそうだね。
    対オーストラリアは考えずに韓国に全力を挙げて勝って、早々に勝ち点6積んで
    グループリーグ突破をとっとと決めてくれたら見てるこっちは気楽になるけどねぇ~。

    昨日のベトナム戦は、失礼な言い方をしてしまえばベトナムは所謂「草刈り場」なもんで、
    試合の分析・コメントは割愛しておこうかなっと。

  • >>No. 7575

    連投失礼。
    ハレルヤさん、
    > これにて終了したいと思います。
      ↑
    これだけで充分ですよ。

    > しばらく 自分から謹慎し、投稿を控えようと思います。
      ↑
    これは必要無いですよ。
    また試合に関していつもの“ハレルヤさん的考察”をお願いしますよ!

  • ガーナ、アフリカ勢特有の身体能力の高さは出してきていたものの、
    サッカーの質・組織レベルはまだまだって感じだったね。

    そんな相手との試合だけど、率直に感じたことを語らせて頂くと、
    怖さを感じる攻撃を受ける頻度が低く守備機会が少なかった事も有り、
    DF陣にはほとんど考えさせられる点は無し。
    とにかく、途中で解説の大竹さんも言っていたけど「確実な寄せ」の徹底をするしかないね。
    しかしすごーーーく心配なのはCBの層の薄さ。
    宇津木や鮫ちゃんも居るとはいえ、熊谷に“万一の事”が無いよう祈る!
    市瀬は「期待の有望株」なのかもしれないけど、今日の相手では全く参考にならず。
    先にtobeusagiさんも「あぶなっかしい」とコメントされてたと思うけど、
    アルガルベで、ボール扱い(特にトラップ)の雑さ、判断・反応の遅さで招くピンチ、
    などあって自分も同じように感じてたんだけどこの辺の改善が求められるのかな。
    まあまだ若いから長い目で見ようというところか。

    そして、清水は良いねぇ~~~。
    守備力をもっと見たかったんだけど今日は守備機会がほとんど無し。
    攻撃は上々の出来で、強豪相手でも良い場面を見せて欲しいわ。

    今日のようなプレーをぜひ強豪相手にも、ってのは増矢もだな。
    佐々木監督時代の彼女がA代表デビューしたての頃、どこか忘れたけどあまり強くなかった相手
    ながらなかなか良いプレーをしてた印象が強いんだよねぇ。
    FW登録だけど中盤でのプレーで、自分でドリブル仕掛ける・球の散らしも良い感じ・
    タイミングの良いスルーパス・センターサークル近くまで下がったところからサイドの裏の
    オープンスペースへミドルパスを出す視野が有る、などなどが有ったもんで、
    「これは点取る側よりも宮間の後継者的なポジで!」って思ったんだよね。
    というわけで彼女もこの先に期待をしてます。

    最後に、川澄に触れないわけにはいかんでしょうな。
    こんな「安心して見てられる」って感覚は随分と久しぶりだわ。
    ほんと今日は「流石、恐れ入りました」って感じかな。
    高倉さんは「彼女はいつ呼んでも大丈夫。それよりもっと見ておきたい選手が居るから」ってんで
    呼ぶのを控えてた???
    交代で入った直後に映ってた川澄の応援ボード持ってたサポの女の子感極まって泣いてなかった?
    川澄さん、選手冥利に尽きるねぇ~。

  • アジアカップの代表メンバーが発表された、と。

    これまでコンスタントに召集されていた籾木や櫨が選ばれず、
    本来FWながら右サイドバックで起用されていた大矢も外れ。

    でなぜか菅澤が残り、そしてなんとなんと川澄が復帰とな。

    あと個人的な見方になるが、アルガルベで「最もA代表レベルに至って無い」と
    自分が感じた市瀬がここでも選出され。

    若干「高倉さん迷走中か?」と感じてしまう・・・。

    まあそうは言ってもこれで選出・発表されてしまったから、
    このメンバーでなんとしてもW杯の出場権をもぎ取ってもらわんとならんわな。

    願わくば、大会終了時に「迷走中」なんて言ってスンマセンでした!って言わせて欲しいな~。

  • うーーーむ、今後も応援は続けるけど期待感はガクンと下がったわ。

    あのオランダ戦でひと試合毎にコメントする気が無くなっちゃったよ。
    リーグ開幕前で試合感が薄れてるだの雨だのピッチがでこぼこで不良だの、
    諸々あったにせよそれにしても酷い内容だったかな。

    とにかく、「絶対やっちゃダメな事をやっちゃって、やらなければならない事が
    やれていないザルなDF陣」をどーにかしてくれ。
    少し前に、確かtobeusagiさんから御指名を頂いて書いた気がするんだけど
    また同じように進歩無くやっちゃってるよ。

    OF陣は、応援目線じゃ無く「相手DF目線」で見てたんだけど、
    カナダ戦が一番ひどかったな。
    先のE-1での北朝鮮戦のデジャブ?って感じで、全く点を取れる気配・匂いが感じられず
    怖さ・威圧感が皆無だったわ。
    オランダ・アイスランド・デンマークの3戦はフィニッシュに問題は有ったものの
    まだ機能してて良い形は多かったと感じたよ。

    で、こんな体たらくだけどアジアカップ(W杯予選)も目前なだけに
    さすがに今から監督交代は現実的ではないだろうし、もう「高倉さんと心中」だよね。
    もう第5枠でいいからとりあえずW杯出場権だけは確保してもらわんと。

    結局、澤さんや宮間など傑出した「個」が去って、次が出て来ず著しく低下した、って
    ことなんだよなぁ・・・。

    ああそうそう、最後にひとつ思い出した。
    PKキッカー、アジアカップでは固定してくれ。
    「PK獲得者」に蹴らせるんじゃ無くてね。
    現に田中は超甘々コースに蹴っちゃってセーブされ、岩渕は決めたもののコースは甘かったし。

  • たくさんの女性アスリートたちが大活躍した平昌五輪が閉幕し、
    さあ次はなでしこジャパンのアルガルベカップ。
    大会の規模はまあさておき、
    怪我で辞退なども無く先ごろ発表されたメンバーが無事集合されたようだね。
    カーリングの本橋さんが言ってたけど「(世間から)カーリングって4年に一回(注目される)
    でしょ、って言われる(笑)」って。
    女子サッカーも世間から忘れ去られないように、アルガルベ→W杯予選→W杯本大会上位進出、
    って結果を出していかないとね。

    で、空前絶後のぉ~ 超絶怒涛の(多忙な)年末年始で、
    サッカーを愛し、サッカーに愛されたかどうかは解らない自分は、
    今回のアルガルベカップはどうにか見られそうかな、と。
    ウチの地域、無事OAあるようで一安心!
    選手の皆さんには怪我無くW杯予選に向けてしっかりと準備を整えて欲しいもので。
    こっちは期待する分にはタダなんで(笑)しっかりと期待をしておきます。

    オマケに、カーリングの話題出しちゃったからちょいと余談ですが、
    LS北見の皆さん、確かにかわいかった。現地でも好評だったようで。
    ロンドン五輪の決勝だったっけ、アメリカのGKホープ・ソロに「結婚して!」って
    スタンドで掲げてた白人男性の姿が映ってたの。
    平昌でLS北見のメンバーにはそういうのは無かったようだね(笑)。
    ボクは吉田知那美選手にすっかり魅了されてしまいました。
    出勤するボクの背中に「やぁ~っぷ!やぁ~~~っぷ!」って声を掛けて貰いたい(笑)
    3位決定戦、先に結果を知ってしまわぬよう細心の注意を払いながら録画を見て、
    勝利が決定し泣き笑いで喜んでいる選手たちを見て
    しっかり泣いていた夜中3時頃の自分の姿は家族には決して見せられません(笑)

    次は女子サッカーW杯本大会での好成績で泣けたら良いなぁ・・・。

  • アルガルベカップ2018のメンバーが発表されました。
    このメンバーの個人的感想は今の時点では無しにしておきましょう。

    で、そのアルガルベカップはオランダ・アイスランド・デンマークと対戦、と。
    強豪と目されるアメリカ・ドイツ・フランス・ブラジル相手ではないけども、
    な・なんと、オランダは現欧州チャンピオン、2位がデンマーク、
    アイスランドはW杯欧州予選でドイツを撃破、とな。
    こりゃあ強化の意味では実に望ましい相手じゃなかろうか。
    今一番身近な本番は4月のフランスW杯予選となるアジアカップなんだから、
    このアルガルベカップは勝つにしろ負けるにしろ内容が伴って欲しいもんだ。

    そしてそのアジアカップ、ななな・なんと、「出場8カ国でW杯出場権は5カ国に」、だと。
    これは「よもやの取り逃し」、は恐らく高い確率で無いであろうと思われるけど、
    W杯本番で上位に行ける手ごたえとなりうる内容・結果が
    アルガルベ・アジアの両大会で欲しいところだな。

    あと、「メンバーの個人的感想は今の時点では無しに」と言っておきながらひとつだけ。
    増矢、そろそろ本格ブレイクしてくれないかな・・・。
    「宮間の後継者」的に見てたんだけど、「○○の後継者」よりも
    「私がニッポンの増矢だ!」的な存在になって欲しいわ。
    それこそ横山は「私がニッポンの横山だ!」に近くなってきてるんじゃないかな。
    「増矢が組み立ての中心で横山がフィニッシャーで」、こんな勝ちパターンの確立を希望!!
    ・・・って、これは攻撃に長けてないシロートの目線だろうか???(笑)

  • 恥ずかしながら・・・・・、
    高校女子サッカー7日の決勝の録画、超絶多忙により全然見られず、本日やっと見ました(呆)。
    もう“今さら感”ありありですが、さらっと感想レベルでコメントをさせていただきましょうか。

    まず、単純に引き締まった好ゲームで、両チーム選手個々の技術も高いほうと感じ、
    観る側としては純粋に楽しめたという印象。
    順心は先発も控えも1・2年生が多めで来期・さ来期もまた好チームを
    作ってくるんだろうなと予想。
    作陽の池田監督、まだ若く、この先女子サッカー界に名を残す名将になりそうに思う。
    残念なのは、順心の2点目で作陽のDF陣がオフサイドをアピールして足が止まってた事。
    やっぱりアピールしながらも笛が鳴るまで止めちゃだめだよね。
    作陽に限らず、これは教訓にして欲しいシーンになりました。
    ただ実際オフサイドか否か、すごく際どくは見えたけどね。
    TBS、それ見えるカメラ配置してリプレー見せんかい!!って思ったわ。

    最後に、順心の岩下選手のように、本来レギュラー・主力の選手がケガで出られない、ってのを
    見るのは辛いね。
    学生競技、3年という限られた時間、卒業後はメンバーそれぞれに進路が有り
    共に闘う期間も限られている。
    だからこそそこには強い思いが存在し、ドラマも生まれるんだろう。
    ただやっぱり全ての選手にベストコンディションで全力を尽くさせてあげたいけど
    そりゃまあ不可能だろうな・・・。

    ともかく、今大会を闘った全ての選手、この先サッカーを続ける離れるを問わず
    今後の健闘を祈ります。


    そして、くっそ思いっきりの余談ですが、
    今は「高校運動部女子」って風貌ながら、この先5~8年後辺りには
    なかなか美人に成ってそう、と思わせる選手がずいぶんたくさん居たように感じたわぁ~(笑)。

  • >>No. 7459

    ハレルヤさん、こんばんは。

    いやぁ、このサイトの存在をすっかり失念してました。
    じっくり見る時間がなかなかとれそうにもありませんが、
    せめて自分の地区代表校の試合は見ようと思います。


    そして、準決勝の結果は今ここを見て知りましたが、
    たぶん決勝も録画見る前にここを見て結果を知ってしまうんだろうな・・・(笑)

  • tobeusagiさんを筆頭に常連の皆様、本年も宜しくお願い致します。

    12月22日以降昨日までドッタバッタを極め、本日やっとここを開き、
    高校女子選手権をHPで情報収集した次第で、今大会をまともにコメントできません。

    そして例に漏れず、自分の在住地域は決勝戦のみOAで、準決勝はOA無しです。
    当地域代表の試合でさえOA無かったよ。
    さらにとどめと言わんばかりに、7日の決勝もリアルタイムで見られなさそうです。
    8日あたりに録画で見られるかなぁ???

    準決勝も堪能できる地域の方がうらやましい・・・。
    もう情報を得るのに此処頼りで。

  • 昨夜のフジテレビ・THE NEWS αで、
    元ジャパネットタカタ社長、現V・ファーレン長崎社長の高田明氏が取り上げられてました。
    多大な累積赤字でチーム存続の危機的状況にあったクラブの社長を引き受け立て直した、と。
    高田氏就任前は観客動員数平均で5000人にも満たないところを、
    昇格を決めた2017シーズンホーム最終戦ではおよそ3倍近い観衆を集めた。
    高田氏の理念は「全てはお客様のため、そして選手のため」で
    お客様には、「見に来てくれたお客様にとって大事なのは試合時間だけでは無く、
    試合の前後を含めた“計5時間”だ」と、グルメや試合前、試合後のイベントを充実させた。
    選手には、「クラブハウス内にタニタの食堂を設け食の安定のほか、選手の奥様を対象に
    栄養管理面の講習を実施」などを行った、だそうで。
    ざっくり紹介するとこんな感じでした。

    既に発展に向けて取り組んでいるなでしこリーグのクラブも有ろうかとは思いますが、
    こうした実例を上手く参考にするなり取り入れて、確実に大いに発展してもらいたいものです。

    「女子サッカーを“ブーム”じゃなく“文化”にするため」に。

  • >>No. 7420

    それからtobeusagiさん、
    ちなみに海堀ですが「2017年5月2日、熊本ルネサンスに選手兼コーチとして入団。『(GKとして)散々やられたので、点を取りたい』とFWに転向した」って情報も有りますが、その後どうなったかは「?」です。
    ちょっとびっくりですが・・・(笑)

  • 先日も書きましたが、自分は「中・韓に勝ち、北朝鮮に負けの2勝1敗で御の字」という
    見方だったので、この負けは仕方ないか。
    しかし、前半は悪くは無かった、なんというかダレてない締まった好ゲームで
    すごく時間が過ぎるのが早く感じた。
    35分過ぎた辺りで「へっ?もうそんな経った?」って感じ、同時に「スコアレスドローか1-1のドローかな・・・」って思えて(完全に外れましたが)DFは健闘してるが、得点の気配が感じられなかった。

    DFは、「北朝鮮はパワーとスピードに長け~云々」と言われながらも、スピードでブッちぎられ、ってシーンは無かったように見えた。
    攻撃は、ゴール前でスピーディーにシュートが撃てていない。
    ワンタッチで良い位置にボールをコントロール出来ていない。
    2タッチ、3タッチするんじゃ、そりゃ相手もきっちり寄せて来て撃てなくもならぁな。
    結果、すごくシュートの少ない試合になってしまった。

    で失点ですが、1点目はtobeusgiさんも言ってるようにGK池田に甘さが有った印象。
    ディフェンスが2人寄せてるだけにシュートが来るとの予測では無かったか?
    そして問題の2点目。右サイド高木がブロックに行くがかわされる。
    高木はそれまで健闘してたけど、ここは中途半端だったか。
    でゴール前に入れられるが宇津木が競って相手FWはボールをコントロール出来ず左へ流れ、
    フリーの選手がシュート、と。
    この選手をフリーにしてしまったのは隅田。
    並走してたのに、ペナに入る手前でなぜかスピード緩めて独走させてしまってる。
    言葉は悪いし個人攻撃になってしまうが、あれは最低最悪のプレーだった。
    恐らく、本人も大反省だと思う(してなかったら救いようがないかも)から金輪際あんなプレーは無くしてもらいたい。

    最後に、気になったのは岩渕の表情。インタビューで反省とか決意とか語ってるんだけど、
    なぜいつも半笑いっぽく締りが無く見えてしまうんだろう?
    勝手な憶測で申し訳ないが、本人は深刻・真剣なつもりでもまだそこまで深刻に捉えてないのか?
    本っ当に深刻・真剣ならもっと引き締まった表情・目つきになりそうなもんだがなぁ・・・。
    こう感じるのはオレだけでしょうか・・・・・?

    とにかく本番はW杯予選になるアジアカップなので、しっかり検証・反省をして結果を出して欲しいと思います。

  • 中国戦、もうひとつ思い出した。

    この試合も主審のレベル低過ぎたね。
    ファールを「取らない」のか「取れない」のか。
    後ろから激しく行ってるのにファール取らない&カードも出ない。
    万屋は心配だが、もっと大きなけが人が出る懸念が有ったよ。

    後半にペナで田中美南が倒されたプレーは微妙だったけどね。
    田中の左足(軸足)は相手に刈られてたけど、シュート撃つ右足はボールを蹴らずに相手の足を
    蹴ってて、倒れた原因が左足か右足か判別し辛くて判断が難しかったかな。

    でも田中が後半に、ボール持った相手DFを後ろから倒してファール取られたシーン、
    スライディングで相手を倒し尚且つ足が高く上がってた。
    あれはイエロー出されるレベルだったと思う。
    あの審判だからカード出ずにファールを取られた“だけ”で済んだんじゃないか?
    「前からディフェンスに行く!」って意識もけっこうだが、カード出るレベルは勘弁だわ。
    イエロー累積とか、充分に気を付けて欲しいものです。

  • 中国戦、今回は守備よりも攻撃に思うところが多かった。
    勝手に語らせて頂きますが、攻撃の件なので的外れにならないよう気を付けねば(笑)

    自陣で相手ボールを奪って、「よっしゃ!カウンターだ!」って場面で、「自分で運ぶより周りを見て、出し所を探す」ってなってる時が多いんじゃないか?
    その結果、絶好のカウンターチャンスが遅攻になりがち、だ。
    周りとの連携も大事、独り善がり過ぎるプレーは禁物、それもわかるし大事だけど
    「先ず、自分が行く(自分で運ぶ)べき時」に、そう判断出来ないのもどうか、と思う。

    次に、相手ゴール前へのクロスが少な過ぎでは?
    闇雲に上げ続けるのも頂けないが、「タイミング的にOKだろ」って場面でもほとんど上げずに、
    「大事にいこう」「しっかり組み立てて」「確実に崩して」的な流れの重視のし過ぎだと
    守る側は「日本はほとんどクロスが来ない」と認識し、対応策がひとつ減るから守り易くなるよ。
    もっと臨機応変に行くべきではないか、と感じた。

    終了間際に岩渕がシュートを外したシーン(2本目)、走り込む岩渕に阪口(だったと思う)から
    絶妙のタイミングでスルーパスが出たアレ。
    外したシュート自体も問題だが、パスのスピードがもう少し早かったら、とも思える。
    岩渕、ファーストタッチの直前に、走るスピードを落とさざるを得なかったんだよ。
    トップスピードのままボールを足元に納められればそのまま相手DFを振り切って
    もっと余裕を持ってシュートを撃ててたんじゃないか、と見えた。
    パスのスピードに関してはここで沢山意見が出てるから、この件はこの辺で。

    最後に、個人攻撃は好きじゃないけどどうしても気になったので。
    所属チームで「背番号9番・FW」って選手の大矢をDFは、「???」って印象。
    高倉さんはどういう意図なんだろう。
    サイド攻撃のモビリティを期待して、なのか?
    でも慣れないDFで汲々として攻撃に活かされて無いようだよ。

    まぁあれこれ好き勝手言いましたが、ともかく「苦しみながら」、「課題が多く有りながら」も
    韓国・中国に「連勝」は称えましょう!

    結局自分が「久~しぶりにじっくりと見られてるわぁ~」って喜びが言わせてるだけかも(笑)。

本文はここまでです このページの先頭へ