ここから本文です

投稿コメント一覧 (469コメント)

  • リモコンでぶん殴った奴が礼儀礼節を教えるためにやった!自分が一番の膿でありながら膿を出し切る!こやつ誰に向かって言っているだ! 全くモンゴル勢は全然分っとらん。

  • >>No. 3664

    >うんざり。

    親方も駄目、協会も頼りにならんとなれば白鵬は益々頭に乗ってやりたい放題。困ったもんですな~。ならばわたら相撲フアン一人一人が白鵬に反旗を翻して引退に追い込むしか手はない。白鵬への懸賞金を出さない様に企業への働きかけ、現にCM出演はかなり少なくなっている。

  • 膿はほっとくと、どんどん広がって腐ってしまうんじゃないのけ~このままほっとく訳いかんだろ~どげんかせんといかんばい。
    モンゴルの膿、日本の膿、色々あれど、まずはモンゴルの親玉の膿から切り捨てもらいましょう。

  • >>No. 3524

    膿は白鵬そのもの、一時も早く排除せんといかんですな~

  • >>No. 3511

    確かに一理ありますな~だったら国技だなんて高尚な事言わんと
    プロレス並に完全にショ-化して興業オンリー、勝ち上げOKケタグリOK何でもかんでも勝ちさえすればOK、となればモンゴル勢も分かりやすいはず、横綱になったとたん品格云々言われても外人力士には理解不能なはず、今、日本相撲は大きな岐路に立たされている気がする、一方では古来からの日本文化の一つとして脈々と伝統を受け継いで来た面があり、これが日本の美として崇められてきたが、しかし近年これだけ外人力士が入り込んで来ると古来からの伝統を守り抜く事は不可能だと思う、まして国内は少子化やゆとり教育で相撲人口は減少の一途、相撲関係者は相撲人気をどの様にして保っていくか頭が痛いはず。

  • >>No. 3409

    そうでっか~日馬と白鵬の整合性の問題、県警もびっちり調べ上げて貰いたいもんですな、次は白鵬をしょっ引いて、びっちり締め上げて貰いたいもんですな。どうも白鵬の方が主犯格の様な気がするんですがね。日馬はもう失う物はなし、よって自分だけドロをかぶる必要もない、事件全体の流れが分かればそれを誰が指揮したかが明確になり、白鵬の書類送検ともなればまた新たな展開。

  • >>No. 3373

    >俺も大嫌いだもんな。張りて、ダメ押し、かちあげ、横っ飛び、はたき込み、全く横綱らしい相撲でないもんな。

    俺も大嫌い!! 白鵬が土俵入りの時、持ってくる太刀の意味わかってんのか? 正々堂々と正面から戦って負けたら腹を切るんだ。所が白鵬は周りの気に食わない連中を持って来た太刀で切り倒す事と勘違いしとる。歴代の横綱で太刀の一番似合わない横綱それは白鵬をおいて他にいない。

  • 白鵬は千秋楽に「膿を出し切る」と言った。この膿とは何を指すのか? 昨今の白鵬の一連の言動から察するに「我は天下の大横綱だ!この大横綱に意見を云う者、我の言動を非難する者は全て膿だ!よってこれらを排除する」と言っているのである。この急先鋒が貴乃花親方の巡業帯同外し発言、白鵬の腹の内は「俺が憲法であり法律だ文句は言わせない」と意気まいているのである。本来ならこうした言動を否めるのが親方であり協会関係者だが、残念ながら今の親方衆や協会幹部に白鵬に意見の言える幹部はただ一人としていない。今の白鵬はまさに野放しされた人食い虎でやりたい放題。この虎、来場所から益々やりたい放題相撲界を大混乱に落とし入れる事間違いなし。
    今の協会、白鵬に膿と言われても何にも出来ない、まるで借りてきた猫。しっぽ丸めて寝た振りしているだけ。
    ならば、相撲の1フアンとして白鵬の言動を少しでも諫めるには、それは白鵬が取る相撲には懸賞金を一銭もつけない様にする
    。懸賞金を出した企業の製品は買わない様にする。純粋な相撲を愛し大鵬関を応援した1フアンのささやかな抵抗。

  • 危機管理の高野とか云う元検事、ひどい調査報告だね、こんな奴が法治国家日本を牛耳っているかと思うと日本もほんまに怖いよ。このおっさんの手法だと善人を犯罪者に犯罪者を善人にしたて上げるのは朝飯まえ、調査と言いながら事実の合間に自分の主観を挿入してあたかかも日馬富士の暴力に正当性があるような先導の仕方。この話を聞いた善良な国民の8割はあたかも貴乃岩に非があるような錯覚に陥る。これは非常に危険な事だ。

  • 白鵬は千秋楽に「膿を出し切る」と言った。この膿とは何を指すのか? 昨今の白鵬の一連の言動から察するに「我は天下の大横綱だ!この大横綱に意見を云う者、我の言動を非難する者は全て膿だ!よってこれらを排除する」と言っているのである。この急先鋒が貴乃花親方の巡業帯同外し発言、白鵬の腹の内は「俺が憲法であり法律だ文句は言わせない」と意気まいているのである。本来ならこうした言動を否めるのが親方であり協会関係者だが、残念ながら今の親方衆や協会幹部に白鵬に意見の言える幹部はただ一人としていない。今の白鵬はまさに野放しされた人食い虎でやりたい放題。この虎、来場所から益々やりたい放題相撲界を大混乱に落とし入れる事間違いなし。
    今の協会、白鵬に膿と言われても何にも出来ない、まるで借りてきた猫。しっぽ丸めて寝た振りしているだけ。
    ならば、相撲の1フアンとして白鵬の言動を少しでも諫めるには、それは白鵬が取る相撲には懸賞金を一銭もつけない様にする
    。懸賞金を出した企業の製品は買わない様にする。純粋な相撲を愛し大鵬関を応援した1フアンのささやかな抵抗。

  • 春馬富士は辞めて去っていくが、白鵬が残っている以上、白鵬の身勝手な言動振る舞いで相撲界の混乱は益々増えるだろう、一介の力士でしかない白鵬の身勝手にお灸をすえる人間はおらんのかね~? 白鵬の傲慢な態度がまかり通ると同時に平行して日本相撲道は衰退の一途をたどる。

  • やつぱり本当の黒幕は黒鵬か、もうこやつの相撲は見ない、こやつは朝青龍より癖が悪く知能犯だ。八角がもたもたしていると、この黒鵬、調子に乗って「八角理事長のもとでは相撲はとれません」と言われたら、八角理事長どうする? はい分かりましたと黒鵬に理事長のイス譲るのかね? 全く協会は能天気平和ボケばかり、貴乃花親方は今のモンゴル勢に手も足も出せない協会の態度に不満と相撲の将来を危惧しての一連の態度なんだよ。執行部はもっと危機意識を持たんかい。

  • 天下の大横綱に従わない者は全て膿なのだ! と阿保な一人の横綱が言っております。八角さん何とかして下され。
    モンゴル力士まとめて送り帰す事できませんかね~。

  • 白鵬は明らかに相撲協会に挑戦状を突き付けて来ている。
    これからの相撲巡業や場所中において白鵬の何癖は日を追うごとに増えてくるだろう、俺様はモンゴル力士50人を束めている大横綱だ!俺の言う事に文句言う奴は許さん! さて理事長どうする。

  • 白鵬が云う「膿を出し切りとは・・」この阿保な横綱の頭の中にある膿とは協会や貴の花親方を初めとする自分の思う様に動いてくれない相撲協会全体の事を指しており、とんでもない野郎だ。
    協会関係者は早くこの事に気ずいて、野放し状態あるこの虎を早く仕留めて駆除しないと、とんでもない大変な事になる。

  • 危機管理委員会とは何を持って危機とするのか?
    日馬富士暴行問題も危機問題ではあるが、同時に昨今の一連の白鵬の言動こそが危機である。一部白鵬の言動について厳重注意したとあるが、厳重注意だけで済む問題ではなかろう。だいたい理事長の講話の席で白鵬が「貴乃花親方が巡業部長であれば参加したくない」と言っているが、理事長はなんで、「参加したくないなら参加しなくてもよい、但し来年1年間本場所の出場を認めない」位の事を言わないの。今の白鵬の言動はやりたい放題、言いたい放題、一体部屋やら協会
    の白鵬に対するガマナンスはどうなってるの? 今の白鵬の一連の行動こそがこれからの相撲界の最大の危機である。

  • 白鵬が、貴乃花親方が巡業部長だと巡業に参加したくないと言ったとか、全くこのモンゴル何様だと思ってんだ。協会もオタオタせんと、はつきり言ってやれ! 「 あい分かった! 白鵬は巡業に参加せんでよし、同時に初場所から場所にも参加せんでよし。」
    この白鵬ののぼせ上がりは相当のものだ、大鵬やら北の湖が居なくなった今、協会がもたもたしていると完全にモンゴルに乗っ取られてしまうぞ。

  • 日馬富士は礼儀礼節を指導するために暴力を振るってしまったと言っているが、酒の席で指導なんて聞いた事ない。本当に指導する気なら、指導する側も指導される側も素面で向き合ってやるだろう。とに角モンゴル力士はどれもこれも信用できない。

  • 日馬富士は引退会見で「自分達(モンゴルベテラン力士)には若い力士を指導する責任がある」なんて事をぬけぬけと言っていたが、指導するならそんな酒の席ではなくお互い素面で向き合ってやれよ、それも貴ノ岩の高校の同窓会みたいな形を装って呼び出し、横綱3人大関1人で貴ノ岩を取り囲みまるで集団リンチじゃないか。こんな相撲道の相の字も分かっていない連中に横綱や大関を与えるとはとんでもない事だ。白鵬は白鵬で勝敗に不満あると仁王立ちになって最後の一礼に帰って来ないし、はたまた千秋楽の挨拶では力士代表として、日馬富士、貴ノ岩をもう一度土俵に立たせたい、最後は万歳三唱、全く、やる事なす事一介の力士の分際で何様のつもり、こうした一連の言動に対して協会はモンゴル勢に対して何も言えない出来ない、協会の見て見ぬ振りが続く限り、第二第三の暴行傷害八百長事件は消える事はないだろう。

本文はここまでです このページの先頭へ