ここから本文です

投稿コメント一覧 (5938コメント)

  • ●売り屋さんたちの売り攻勢に耐える、胆力が問われるのかな!!

    まぁ、株って、そんなもんでしょう!!

  • ●増し担保は人気銘柄のアカシヤサンマ!! 

    今日も売り屋さんたち、度肝を抜く売り気配攻勢、仕掛けてきそう!!

    ビビッて売らされないようにね   (笑)

  • ■■ヒアラブル端末、5兆円市場、秋にはグーグルとのAIスピーカーコラボが控える■■

  • ■■ヒアラブル端末市場、5兆円!! 画期的医療分野ヒアラブル端末(広島大との医療コラボ)でも先駆■■

  • ■■資金調達も無事完了!! 今夏の2大イベントへの備えも無事完了■■

    【2大イベント】
    ●車載スピーカーのインド新工場、今夏量産開始。

    ●アマゾンAIスピーカーを、今夏以降米国発売 2020年度まで年400億円の売上。(★AmazonのAlexaを採用したスピーカーVC-FLX1。)

  • ●ダウ+143、ナス+87、ドル円:112.15  地合い良好!!

    ●15億円の資金調達完了!!  

    ■■大材料目白押し!! 関連IR・お知らせリリース頻繫!! いつ噴火するかもしれない活火山■■

    ●6/28 日経報道、「ヒアラブル端末ー市場、5兆円、「当初予想の3倍売れている」とするのは、オンキヨー&パイオニア イノベーションズ 代表取締役の宮城謙二氏」

    ●6/27 ハイレゾセット発売と広島大との医療コラボリリース!!

    ●2017.06.23
    Lightning 接続専用ノイズキャンセリング機能付きインナーイヤーヘッドホン“RAYZ Plus” Apple Store でグローバルに展開

    ●6/21よりiPhone用スピーカーフォン世界発売 2年で250万個、価格1.4万、2年間350億の売上。

    ●6/21 世界初IR3連発!!!

    ●世界初 Lightning 端子から給電 RAYZ Rally 世界各国のアップルストアや、家電量販店などで販売。

    ●世界的な対話型AIのリーディングカンパニーSoundHound Inc.Rと、グローバルパートナーシップ提携。

    【PRTIMES 2017年2月1日】
    SoundHound社、7500万ドルの資金調達を実施し、Houndify AI音声技術プラットフォーム(コレクティブAI)の成長と国際化を推進。
    Samsung、NVIDIA、野村ホールディングス、損保ジャパン日本興亜、リクルートなどの戦略的投資家を迎え、Houndify AI プラットフォームのグローバル展開を加速。

    ●車載スピーカーのインド新工場、今夏量産開始。

    ●アマゾンAI機器を、今夏以降米国発売 2020年度まで年400億円の売上。(★AmazonのAlexaを採用したスピーカーVC-FLX1。)

    ●秋には、グーグルのAI搭載スピーカー発売。

    ●「音声認識AI」は、日本政府もスマートフォンの次の時代の技術開発分野として官民挙げてこの分野に注力する姿勢を示している。

     NTTドコモも参入を表明した!!

  • PTS→始値:250<246~262> 終値:249.7(+10.7:+4.48%) 出来高:7.63万株

    ●+4.48%、29日は+80かな   (笑)

  • ●英語レクチャー:Hey,take a hike !

    ここの売り屋さんたちに  (笑)

  • ●英語識者はテンバガーor ten-bagger を使用!!

    アホはテンバーガーを使用

    「テンバガー(ten-bagger)=10倍株、」

  • ■■大材料目白押し!! 関連IR・お知らせリリース頻繫!! いつ噴火するかもしれない活火山■■

    ●6/28 日経報道、「ヒアラブル端末ー市場、5兆円、「当初予想の3倍売れている」とするのは、オンキヨー&パイオニア イノベーションズ 代表取締役の宮城謙二氏」

    ●6/27 ハイレゾセット発売と広島大との医療コラボリリース!!

    ●2017.06.23
    Lightning 接続専用ノイズキャンセリング機能付きインナーイヤーヘッドホン“RAYZ Plus” Apple Store でグローバルに展開

    ●6/21よりiPhone用スピーカーフォン世界発売 2年で250万個、価格1.4万、2年間350億の売上。

    ●6/21 世界初IR3連発!!!

    ●世界初 Lightning 端子から給電 RAYZ Rally 世界各国のアップルストアや、家電量販店などで販売。

    ●世界的な対話型AIのリーディングカンパニーSoundHound Inc.Rと、グローバルパートナーシップ提携。

    【PRTIMES 2017年2月1日】
    SoundHound社、7500万ドルの資金調達を実施し、Houndify AI音声技術プラットフォーム(コレクティブAI)の成長と国際化を推進。
    Samsung、NVIDIA、野村ホールディングス、損保ジャパン日本興亜、リクルートなどの戦略的投資家を迎え、Houndify AI プラットフォームのグローバル展開を加速。

    ●車載スピーカーのインド新工場、今夏量産開始。

    ●アマゾンAI機器を、今夏以降米国発売 2020年度まで年400億円の売上。(★AmazonのAlexaを採用したスピーカーVC-FLX1。)

    ●秋には、グーグルのAI搭載スピーカー発売。

    ●「音声認識AI」は、日本政府もスマートフォンの次の時代の技術開発分野として官民挙げてこの分野に注力する姿勢を示している。

     NTTドコモも参入を表明した!!

  • ●ダウ:3桁の大幅反発始まり、ドル円:112円台キープ!! 地合いは良さげ!!

    ●PTSも+4%を超える上昇!!  明日は+80の可能性もありか!!

    ●増担保規制は人気銘柄の証やサンマ、テンバガー銘柄は必ずくぐらなければならいもの!!

    オンキヨーもその域に達したということかな!!

  • ●PTS→始値:250 高値:262 安値:250 現在値(18:15):255

    ●明日は+80かな   (笑)

  • ●明日は+80!!  円安維持:112円台キープ!!

    昨日の安値:236をキープ!! IR・お知らせリリース頻繫!!

    15億の借り入れで、自社株買い、4桁に持って行くのかな!!

  • ●AIは時代の趨勢!! AIスピーカーもまた然(しか)り!!

    AI活用した技術などの展示会 人手不足解消に注目
    6月28日 16時54分 NHK-WEBNEWS

    AI=人工知能を活用した技術やサービスの展示会が28日から東京で始まり、さまざまな業界で人手不足が課題となる中、人に代わって仕事や作業をこなすAIに注目が集まっています。
    28日から東京・江東区の東京ビッグサイトで開かれている展示会には、AIの技術やサービスを展開する企業100社余りが参加しています。

  • ●明日は+80!!  株価ってそんなもんでしょう!!

  • ●海外勢、420万株の買い越し:後場上がるってことかな!!

  • ●地合い悪化で短期資金、オンキョーに一極集中かも!!

  • ●ハイレゾセット発売開始と広島大との医療コラボリリース2発も絶妙のタイミング!!

    ●500越え確信的領域へ!!

  • ●+80確定的!!

    ■3年後には世界で5兆円市場に 
    <日経電子版記事抜粋>

     ヒアラブル端末への関心は高まるばかりだ。例えば、米国のクラウドファンディングに出展されたヒアラブル端末約40種類に対する“投資額”は約3000万ドル(1米ドル=112円で約34億円)を超えた。

     投資額の筆頭は米Waverly Labsの「Pilot」に対する450万米ドル(約5億円)だ。日本のCFであるMakuakeに出展された、中国Crazybabyの「Air」にも、Makuakeとしての最高額である9447万4700円が集まった。

     既に発売済みのAppleの「AirPods」を含む幾つかの製品も、非常に人気が高く、品薄状態の製品が多い。ワイヤレスヘッドホンなどを含むヒアラブル端末製品市場全体は、2020年には2016年の4倍の約5兆円弱になるという予測もある。

    ヘッドホンや補聴器なども含めたヒアラブル端末の市場規模予測。2020年には市場全体で約5兆円弱、補聴器を含むイヤホン型端末だけでも約2兆円の市場になるとする

     ★「当初予想の3倍売れている」とするのは、オンキヨー&パイオニア イノベーションズ 代表取締役の宮城謙二氏だ。同社は2016年10月に★日本のメーカーとして初めてTWSイヤホン「W800BT」を発売した。

  • ●連チャンアリソウ!! 近々、一気に500越え見られそう!!

    取り敢えず今日の+80は確定的!!

本文はここまでです このページの先頭へ