ここから本文です

投稿コメント一覧 (5858コメント)

  • 20:38  男子100決勝  ケンブリッジかなサニーブラウンかな!!

  • 9:45から、ダルと田中バトル中継あり、これも面白そうだ

  • ●オンキョーのannouncementsリリース頻繫!!  4月は15回もあり!! 

    土日休みでほぼ毎日のような感じだった!! 

    ●場中でのリリースも多々あり、23日(金)もそうだった!!

    週明け以降もアップル関連等リリースラッシュありかな!! 切れ者副社長、やる気満々!!

  • ●●「AIスピーカー」、ドコモ参入で更に活況化!! ニュース報道、IR・PRリリースラッシュアリソウ!!

    週明け早々、リリース有るかもしれないよ!! 

    ●●アップル、アマゾン、グーグル、SoundHoundとの「AIスピーカー」コラボ!!

    「AIスピーカー」、ドコモも参入で世界中で大活況化へ!!

    ●●「AIスピーカー」の要部分「アンプ、スピーカー」をコアにオンキョーのハード大活躍!!

    ●2017.06.23
    Lightning 接続専用ノイズキャンセリング機能付きインナーイヤーヘッドホン“RAYZ Plus” Apple Store でグローバルに展開

    ●6/21よりiPhone用スピーカーフォン世界発売 2年で250万個、価格1.4万、2年間350億の売上。

    ●6/21 世界初IR3連発!!!

    ●世界初 Lightning 端子から給電 RAYZ Rally 世界各国のアップルストアや、家電量販店などで販売。

    ●世界的な対話型AIのリーディングカンパニーSoundHound Inc.Rと、グローバルパートナーシップ提携。

    【PRTIMES 2017年2月1日】
    SoundHound社、7500万ドルの資金調達を実施し、Houndify AI音声技術プラットフォーム(コレクティブAI)の成長と国際化を推進。
    Samsung、NVIDIA、野村ホールディングス、損保ジャパン日本興亜、リクルートなどの戦略的投資家を迎え、Houndify AI プラットフォームのグローバル展開を加速。

    ●車載スピーカーのインド新工場、今夏量産開始。

    ●アマゾンAI機器を、今夏以降米国発売 2020年度まで年400億円の売上。(★AmazonのAlexaを採用したスピーカーVC-FLX1。)

    ●秋には、グーグルのAI搭載スピーカー発売。

    ●「音声認識AI」は、日本政府もスマートフォンの次の時代の技術開発分野として官民挙げてこの分野に注力する姿勢を示している。

     NTTドコモも参入を表明した!!

  • ●相場は波に乗ることが重要!!  人気化すれば25日線を大幅に乖離するのは当然!!

    オンキョーは黒岩さんの言うように「乗ってみる」価値は十二分にありそうだ!!

    <全てを晒す意味で敢えて投稿>

    <最も25日平均線との乖離幅が拡大している銘柄> 06月23日

    2017/06/24(07:41)

    ■ 最も25日移動平均線との乖離幅が拡大している銘柄
    06月23日の終値時点で最も25日移動平均線との乖離幅が拡大している銘柄は、
    オンキヨー(6628)で、乖離率は06月23日10:00のLightning接続専用ノイズキャンセリング機能付きインナーイヤーヘッドホン“RAYZ Plus”Apple Storeでグローバルに展開およびLightning接続専用ノイズキャンセリング機能付きインナーイヤーヘッドホン“RAYZ Plus”本日より全国のApple Storeにて取り扱いを開始の発表を受け、100.27%となりました。
    20%を超えて加熱度合いが顕著となっており、早々に調整が入る可能性があります。
    みんかぶ予想の目標株価は138.1円で、06月23日の終値(290.0円)に対して151.8円の下値余地があるとみています。
    なお、06月23日の取引終了後に、同社から適時開示に該当する発表はなされていません。

    【25日移動平均線乖離率ランキング】
    1.オンキヨー(6628) - 290.0円(前日比48.0円高)
    2.エス・サイエンス(5721) - 107.0円(前日比5.0円高)
    3.堀田丸正(8105) - 371.0円(前日比65.0円高)

  • ●場中調整をしながらの上昇!!  短期的、需給悪化懸念、排除・解消化へ!!

    ●23日(金)の引け味良し:290に53.35万株買いで終了!!

  • ●みん株:買い予想、NO.1と人気化!!

    ●【買い】オンキヨー(6628)、高値を更新。短期的な需給悪化懸念はあるが・・・

    2017/06/24(05:31) 黒岩アセットマネジメント

    真空地帯を通過中、どうせ乗るなら・・・
    買い一巡後にマイナス圏に転じる場面があったものの、その後は一気に切り返し。高値を更新している。出来高が膨らんだことから、短期的な需給悪化懸念はあるが、投資家の注目が一気に集まっており、さらに短期資金を引き込む可能性もある。材料はiPhone対応のAIスピーカーを発売したこと。業績への寄与は未知数だが、今期黒字転換の買い安心感もあって、個人投資家の人気を集めている。チャートは新高値を更新しており、いわば真空地帯を通過中。どうせ乗るなら早めに乗車するしかないだろう。

  • ●出来高半端ない!!  23日(金)は1億株突破:1億501万株の凄まじさで株価も大幅上昇!!

    ●「AIスピーカー」、ドコモ参入で今夏、相場の主役となる可能性濃厚!!

    ●PTS  始値:300<291~306.5> 終値:300.5(+10.5:+3.62%)

         出来高:21.32万株

    ●今後も「AIスピーカー」関連報道、IR・PRリリースラッシュとなる模様!!

  • ●●アップル、アマゾン、グーグル、SoundHoundとの「AIスピーカー」コラボ!!

    「AIスピーカー」、ドコモも参入で世界中で大活況化へ!!

    ●●「AIスピーカー」の要部分「アンプ、スピーカー」をコアににオンキョーのハード大活躍!!

    ●2017.06.23
    Lightning 接続専用ノイズキャンセリング機能付きインナーイヤーヘッドホン“RAYZ Plus” Apple Store でグローバルに展開

    ●6/21よりiPhone用スピーカーフォン世界発売 2年で250万個、価格1.4万、2年間350億の売上。

    ●6/21 世界初IR3連発!!!

    ●世界初 Lightning 端子から給電 RAYZ Rally 世界各国のアップルストアや、家電量販店などで販売。

    ●世界的な対話型AIのリーディングカンパニーSoundHound Inc.Rと、グローバルパートナーシップ提携。

    【PRTIMES 2017年2月1日】
    SoundHound社、7500万ドルの資金調達を実施し、Houndify AI音声技術プラットフォーム(コレクティブAI)の成長と国際化を推進。
    Samsung、NVIDIA、野村ホールディングス、損保ジャパン日本興亜、リクルートなどの戦略的投資家を迎え、Houndify AI プラットフォームのグローバル展開を加速。

    ●車載スピーカーのインド新工場、今夏量産開始。

    ●アマゾンAI機器を、今夏以降米国発売 2020年度まで年400億円の売上。(★AmazonのAlexaを採用したスピーカーVC-FLX1。)

    ●秋には、グーグルのAI搭載スピーカー発売。

    ●「音声認識AI」は、日本政府もスマートフォンの次の時代の技術開発分野として官民挙げてこの分野に注力する姿勢を示している。

     NTTドコモも参入を表明した!!

  • ●世界のアップル、グーグル、アマゾンと「AIスピーカー」でコラボ!!

    殊に、アップル関連ハード秀逸!!  200円台は今日が最終かな!!

  • ■アップルとのハード面コラボで500越えほぼ当確か!!

    ●2017.06.23
    Lightning 接続専用ノイズキャンセリング機能付きインナーイヤーヘッドホン“RAYZ Plus” Apple Store でグローバルに展開

    ●6/21よりiPhone用スピーカーフォン世界発売 2年で250万個、価格1.4万、2年間350億の売上。

    ●6/21 世界初IR3連発!!!

    ●世界初 Lightning 端子から給電 RAYZ Rally 世界各国のアップルストアや、家電量販店などで販売。

    ●世界的な対話型AIのリーディングカンパニーSoundHound Inc.Rと、グローバルパートナーシップ提携。

    【PRTIMES 2017年2月1日】
    SoundHound社、7500万ドルの資金調達を実施し、Houndify AI音声技術プラットフォーム(コレクティブAI)の成長と国際化を推進。
    Samsung、NVIDIA、野村ホールディングス、損保ジャパン日本興亜、リクルートなどの戦略的投資家を迎え、Houndify AI プラットフォームのグローバル展開を加速。

    ●車載スピーカーのインド新工場、今夏量産開始。

    ●アマゾンAI機器を、今夏以降米国発売 2020年度まで年400億円の売上。(★AmazonのAlexaを採用したスピーカーVC-FLX1。)

    ●秋には、グーグルのAI搭載スピーカー発売。

    ●「音声認識AI」は、日本政府もスマートフォンの次の時代の技術開発分野として官民挙げてこの分野に注力する姿勢を示している。

     NTTドコモも18年から参入を表明した!!

  • ●「AIスピーカー」、オンキョーはハードでグーグルやアマゾン、アップルとコラボしている!!

    世界中でオンキョーのハード、引っ張りだこ!!  世界中での需要膨大!!

    ●「AIのソフトに関しては、米アマゾンや米グーグルのシステムを使い、ハードに専念するようです」

  • ●【買い】オンキヨー (6628) AI家電 100億円投資 ★アンプとスピーカーが必要に注目 

    【今日の半歩先読み】

    AI家電 100億円投資 日本経済新聞 企業5面
    オンキヨー (6628)はAI(人工知能)を活用した新型家電を相次ぎ販売するとの記事に注目です。話しかけると音楽再生や天気確認などができるスピーカーを今夏以降に米国で販売する予定だそうです。「AI家電」と呼ぶ製品の開発に最大100億円を投じて、2020年度までに同分野で年400億円の売上を狙うそうです。16/3期で売上高約644億円のオンキョーにとっては、かなり野心的な計画です。また、注目ポイントとしてはオンキョーの中野副社長が語った「音声の認識には必ず★アンプとスピーカーが必要で当社の強みを生かせる」です。AIのソフトに関しては、米アマゾンや米グーグルのシステムを使い、ハードに専念するようです。今後、中・長期的に投資家の注目を集めそうです。

  • ●AIスピーカーは時代の趨勢!!

    AIスピーカーにドコモ参入、「ペトコ」8月発売
    6/23(金) 13:45配信  日刊工業新聞

    北欧のデザイナーによる円すい状の外観の対話機器「ペトコ」。子どもを持つ共働き家族向けに普及を目指す
    ■共働き家族に照準 存在感示す
     米アマゾン・ドット・コムの「エコー」や米グーグルの「グーグルホーム」など人工知能(AI)の音声認識機能付きスピーカーが世界的に注目される。日本でもこうした「AIスピーカー」が席巻するとの見方もある。そんな中、NTTドコモとフォーティーズ(東京都港区)は家庭用音声対話機器「ペトコ」を8月にも発売する。子どもを持つ共働き家族をおもな利用層に想定し、存在感を出す。

  • ●ドコモ参入で「AIスピーカー」関連銘柄が相場の柱になりそうだ!!

    日経報道あれば更に良し!!  週明けは+80かな!!

  • ●NTTドコモも参入で株探特集「AIスピーカー」大ヒット、日経報道もあるだろう!!

    オンキョーも更に注目度UP!!  週明けは+80となりそう!!

    ●2017.06.23
    Lightning 接続専用ノイズキャンセリング機能付きインナーイヤーヘッドホン“RAYZ Plus” Apple Store でグローバルに展開

    ●6/21よりiPhone用スピーカーフォン世界発売 2年で250万個、価格1.4万、2年間350億の売上。

    ●6/21 世界初IR3連発!!!

    ●世界初 Lightning 端子から給電 RAYZ Rally 世界各国のアップルストアや、家電量販店などで販売。

    ●世界的な対話型AIのリーディングカンパニーSoundHound Inc.Rと、グローバルパートナーシップ提携。

    【PRTIMES 2017年2月1日】
    SoundHound社、7500万ドルの資金調達を実施し、Houndify AI音声技術プラットフォーム(コレクティブAI)の成長と国際化を推進。
    Samsung、NVIDIA、野村ホールディングス、損保ジャパン日本興亜、リクルートなどの戦略的投資家を迎え、Houndify AI プラットフォームのグローバル展開を加速。

    ●車載スピーカーのインド新工場、今夏量産開始。

    ●アマゾンAI機器を、今夏以降米国発売 2020年度まで年400億円の売上。(★AmazonのAlexaを採用したスピーカーVC-FLX1。)

    ●秋には、グーグルのAI搭載スピーカー発売。

    ●「音声認識AI」は、日本政府もスマートフォンの次の時代の技術開発分野として官民挙げてこの分野に注力する姿勢を示している。

     ★NTTドコモも18年から参入を表明した!!

  • ●週明けは+80確定か!!

    ■NTTドコモ 音声操作分野への参入を発表■
    6月23日 17時20分
    NTTドコモは、人工知能を使って話しかけるだけで家電製品の操作や情報の検索などができる音声操作の分野に来年度から参入し、他社にも技術を提供すると発表しました。この分野にはアメリカのIT各社や通信アプリ大手のLINEもすでに参入を決めていて、競争が激しくなりそうです。
    NTTドコモは23日、人工知能を使って話しかけるだけで家電製品の操作や情報の検索などができる音声操作の分野に、来年度から新たに参入することを発表しました。
    都内で開かれた発表会では、「テレビをつけて」と話しかけるとスイッチが入り、人工知能から録画している番組の視聴をすすめられる機能や音声で買い物の注文をしたりタクシーを呼んだりする機能が紹介されました。
    今後、この技術を他社にも提供し、それぞれの企業でも機器やサービスの開発を進めていくということで、23日は併せて半導体メーカーのインテルや大手デパートの高島屋などとの提携を発表しました。

    この分野では、声で操作する「AIスピーカー」をアメリカの大手IT企業が相次いで手がけ、日本市場への進出を計画しているほか、通信アプリ大手のLINEもこの夏に製品を発売する予定で競争が激しくなりそうです。

    NTTドコモの大野友義執行役員は「日本語の音声を認識し、意図を解釈する技術では高い技術を持っており強みになると考えている」と話しています。

  • ■大材料!! これでもかの目白押し!! 関連IR・PRリリースも順次放出ラッシュ!!■

    ●6/21よりiPhone用スピーカーフォン世界発売 2年で250万個、価格1.4万、2年間350億の売上。

    ●6/21 世界初IR3連発!!!

    ●世界初 Lightning 端子から給電 RAYZ Rally 世界各国のアップルストアや、家電量販店などで販売。

    ●世界的な対話型AIのリーディングカンパニーSoundHound Inc.Rと、グローバルパートナーシップ提携。

    【PRTIMES 2017年2月1日】
    SoundHound社、7500万ドルの資金調達を実施し、Houndify AI音声技術プラットフォーム(コレクティブAI)の成長と国際化を推進。
    Samsung、NVIDIA、野村ホールディングス、損保ジャパン日本興亜、リクルートなどの戦略的投資家を迎え、Houndify AI プラットフォームのグローバル展開を加速。

    ●車載スピーカーのインド新工場、今夏量産開始。

    ●アマゾンAI機器を、今夏以降米国発売 2020年度まで年400億円の売上。(★AmazonのAlexaを採用したスピーカーVC-FLX1。)

    ●秋には、グーグルのAI搭載スピーカー発売。

    ●「音声認識AI」は、日本政府もスマートフォンの次の時代の技術開発分野として官民挙げてこの分野に注力する姿勢を示している。

    <浮動株> 7.6%
    上場来高値 320 (17/06/23)

  • ●オンキョーの「お知らせ」コーナー要チェック!!

    最近リリース連発!!  株価押し上げ起爆剤!!

    2017.06.23
    Lightning 接続専用ノイズキャンセリング機能付きインナーイヤーヘッドホン“RAYZ Plus” Apple Store でグローバルに展開

  • ●オンキヨーが急騰、アップルストア限定色のLightning接続専用ヘッドホン発売 <6628.T>

    国内向け、グローバル向け2本リリース

    ★Lightning 接続専用ノイズキャンセリング機能付きインナーイヤーヘッドホン“RAYZ Plus” 本日より全国の Apple Store にて取り扱いを開始 ~Apple Store 限定色を採用したモデルを発売~

    ★Lightning 接続専用ノイズキャンセリング機能付きインナーイヤーヘッドホン“RAYZ Plus” Apple Store でグローバルに展開 ~Apple Store 限定色を採用したモデルを発売~

本文はここまでです このページの先頭へ